az webapp config ssl

Web アプリの SSL 証明書を構成します。

コマンド

az webapp config ssl bind

SSL 証明書を Web アプリにバインドします。

az webapp config ssl create

Web アプリでホスト名のマネージド証明書を作成します。

az webapp config ssl delete

Web アプリから SSL 証明書を削除します。

az webapp config ssl import

WEB アプリに SSL またはApp Service 証明書をインポートするには、次のKey Vault。

az webapp config ssl list

Web アプリの SSL 証明書を一覧表示します。

az webapp config ssl show

Web アプリの SSL 証明書の詳細を表示します。

az webapp config ssl unbind

Web アプリから SSL 証明書のバインドを解除します。

az webapp config ssl upload

Web アプリに SSL 証明書をアップロードします。

az webapp config ssl bind

SSL 証明書を Web アプリにバインドします。

az webapp config ssl bind --certificate-thumbprint
                          --ssl-type {IP, SNI}
                          [--ids]
                          [--name]
                          [--resource-group]
                          [--slot]
                          [--subscription]

SSL 証明書を Web アプリにバインドします。 (自動生成)

az webapp config ssl bind --certificate-thumbprint {certificate-thumbprint} --name MyWebapp --resource-group MyResourceGroup --ssl-type SNI

必須のパラメーター

--certificate-thumbprint

ssl 証明書の拇印。

--ssl-type

ssl 証明書の種類。

承認された値: IP, SNI

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定されていない場合は、名前がランダムに生成されます。 既定値は を使用して構成できます az configure --defaults web=<name>

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で productions スロットが使用されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl create

Web アプリでホスト名のマネージド証明書を作成します。

az webapp config ssl create --hostname
                            --name
                            --resource-group
                            [--slot]
                            [--subscription]

管理用のマネージド証明書を作成 cname.mycustomdomain.com。

az webapp config ssl create --resource-group MyResourceGroup --name MyWebapp --hostname cname.mycustomdomain.com

必須のパラメーター

--hostname

カスタム ドメイン名。

--name -n

Web アプリの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で productions スロットが使用されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl delete

Web アプリから SSL 証明書を削除します。

az webapp config ssl delete --certificate-thumbprint
                            --resource-group
                            [--subscription]

Web アプリから SSL 証明書を削除します。 (自動生成)

az webapp config ssl delete --certificate-thumbprint {certificate-thumbprint} --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--certificate-thumbprint

ssl 証明書の拇印。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl import

WEB アプリに SSL またはApp Service 証明書をインポートするには、次のKey Vault。

az webapp config ssl import --key-vault
                            --key-vault-certificate-name
                            [--ids]
                            [--name]
                            [--resource-group]
                            [--subscription]

SSL 証明書または証明書App Service 証明書から Web アプリにインポートKey Vault。

az webapp config ssl import --resource-group MyResourceGroup --name MyWebapp --key-vault MyKeyVault --key-vault-certificate-name MyCertificateName

リソース ID を使用して App Service 証明書 から Web アプリに SSL またはKey Vaultをインポートします (通常、Key Vaultが別のサブスクリプションにある場合)。

az webapp config ssl import --resource-group MyResourceGroup --name MyWebapp --key-vault '/subscriptions/[sub id]/resourceGroups/[rg]/providers/Microsoft.KeyVault/vaults/[vault name]' --key-vault-certificate-name MyCertificateName

必須のパラメーター

--key-vault

オブジェクトの名前またはリソース ID Key Vault。

--key-vault-certificate-name

証明書内の証明書のKey Vault。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定されていない場合は、名前がランダムに生成されます。 既定値は を使用して構成できます az configure --defaults web=<name>

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl list

Web アプリの SSL 証明書を一覧表示します。

az webapp config ssl list --resource-group
                          [--query-examples]
                          [--subscription]

Web アプリの SSL 証明書を一覧表示します。 (自動生成)

az webapp config ssl list --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--query-examples

JMESPath 文字列をお勧めします。 クエリの 1 つをコピーし、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで貼り付け、結果を表示できます。 これらのキーワードに基づいて候補を指定できるよう、1 つ以上の位置指定キーワードを追加できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl show

Web アプリの SSL 証明書の詳細を表示します。

az webapp config ssl show --certificate-name
                          --resource-group
                          [--query-examples]
                          [--subscription]

Web アプリの SSL 証明書の詳細を表示します。 (自動生成)

az webapp config ssl show --resource-group MyResourceGroup --certificate-name cname.mycustomdomain.com

必須のパラメーター

--certificate-name

証明書の名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--query-examples

JMESPath 文字列をお勧めします。 クエリの 1 つをコピーし、--query パラメーターの後に二重引用符で囲んで貼り付け、結果を表示できます。 これらのキーワードに基づいて候補を指定できるよう、1 つ以上の位置指定キーワードを追加できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl unbind

Web アプリから SSL 証明書のバインドを解除します。

az webapp config ssl unbind --certificate-thumbprint
                            [--ids]
                            [--name]
                            [--resource-group]
                            [--slot]
                            [--subscription]

必須のパラメーター

--certificate-thumbprint

ssl 証明書の拇印。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定されていない場合は、名前がランダムに生成されます。 既定値は を使用して構成できます az configure --defaults web=<name>

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で productions スロットが使用されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID

az webapp config ssl upload

Web アプリに SSL 証明書をアップロードします。

az webapp config ssl upload --certificate-file
                            --certificate-password
                            [--ids]
                            [--name]
                            [--resource-group]
                            [--slot]
                            [--subscription]

Web アプリに SSL 証明書をアップロードします。 (自動生成)

az webapp config ssl upload --certificate-file {certificate-file} --certificate-password {certificate-password} --name MyWebapp     --resource-group MyResourceGroup

必須のパラメーター

--certificate-file

.pfx ファイルのファイルパス。

--certificate-password

ssl 証明書のパスワード。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つ以上のリソース ID (スペース区切り)。 'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

Web アプリの名前。 指定されていない場合は、名前がランダムに生成されます。 既定値は を使用して構成できます az configure --defaults web=<name>

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--slot -s

スロットの名前。 指定されていない場合は、既定で productions スロットが使用されます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます az account set -s NAME_OR_ID