Microsoft 365 でのデータの保持、削除、破棄Data retention, deletion, and destruction in Microsoft 365

Microsoft には、削除後に顧客データを保持する期間を指定する Microsoft 365 のデータ処理標準ポリシーがあります。Microsoft has a Data Handling Standard policy for Microsoft 365 that specifies how long customer data is retained after deletion. 一般に、顧客データが削除されるシナリオは 2 つあります。There are generally two scenarios in which customer data is deleted:

  • アクティブな削除: テナントにアクティブなサブスクリプションが設定され、ユーザーまたは管理者がデータを削除するか、管理者がユーザーを削除します。Active Deletion: The tenant has an active subscription and a user or administrator deletes data, or administrators delete a user.
  • パッシブ削除: テナント サブスクリプションが終了します。Passive Deletion: The tenant subscription ends.

データ保持Data Retention

これらの削除シナリオのそれぞれについて、次の表に、データ カテゴリと分類別の最大データ保持期間を示します。For each of these deletion scenarios, the following table shows the maximum data retention period, by data category and classification:

データ カテゴリData Category データ分類Data Classification 説明Description Examples 保持期間Retention Period
顧客データCustomer Data 顧客コンテンツCustomer Content 管理者とユーザーが直接提供/作成するコンテンツContent directly provided/created by admins and users

Microsoft 365 でサービスを使用する場合、Microsoft データ センターで作成および保存されたテキスト、サウンド、ビデオ、イメージ ファイル、およびソフトウェアが含まれます。Includes all text, sound, video, image files, and software created and stored in Microsoft data centers when using the services in Microsoft 365
ユーザーがデータを作成できる最も一般的に使用される Microsoft 365 アプリケーションの例には、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote があります。Examples of the most commonly used Microsoft 365 applications that allow users to author data include Word, Excel, PowerPoint, Outlook, and OneNote

顧客コンテンツには、顧客が所有/提供するシークレット (パスワード、証明書、暗号化キー、ストレージ キー) も含まれます。Customer content also includes customer-owned/provided secrets (passwords, certificates, encryption keys, storage keys)
アクティブな削除シナリオ: 最大 30 日間Active Deletion Scenario: at most 30 days

パッシブ削除のシナリオ: 最大 180 日間Passive Deletion Scenario: at most 180 days
顧客データCustomer Data エンド ユーザー識別可能な情報 (EUII)End User Identifiable Information (EUII) Microsoft サービスのユーザーを識別または識別するために使用できるデータ。Data that identifies or could be used to identify the user of a Microsoft service. EUII に顧客コンテンツが含まれているEUII does not contain Customer content ユーザー名または表示名 (DOMAIN\UserName)User name or display name (DOMAIN\UserName)

ユーザー プリンシパル名 (name@domain)User principal name (name@domain)

ユーザー固有の IP アドレスUser-specific IP addresses
アクティブな削除シナリオ: 最大 180 日 (テナント管理者のアクションのみ)Active Deletion Scenario: at most 180 days (only a tenant administrator action)

パッシブ削除のシナリオ: 最大 180 日間Passive Deletion Scenario: at most 180 days
個人データPersonal Data
(顧客データに含まれていないデータ)(data not included in Customer Data)
エンド ユーザー仮名識別子 (EUPI)End User Pseudonymous Identifiers (EUPI) Microsoft によって作成された識別子は、Microsoft サービスのユーザーに関連付けされます。An identifier created by Microsoft tied to the user of a Microsoft service. マッピング テーブルなどの他の情報と組み合わせると、EUPI はエンド ユーザーを識別します。When combined with other information, such as a mapping table, EUPI identifies the end user

EUPI には、顧客がアップロードまたは作成した情報が含まれているEUPI does not contain information uploaded or created by the customer
ユーザー GUID、PUID、または GUIDUser GUIDs, PUIDs, or SIDs

セッション IDSession IDs
アクティブな削除シナリオ: 最大 30 日間Active Deletion Scenario: at most 30 days

パッシブ削除のシナリオ: 最大 180 日間Passive Deletion Scenario: at most 180 days

サブスクリプションの保持Subscription Retention

アクティブなサブスクリプションの用語では、サブスクライバーは Microsoft 365 に保存されている顧客データにアクセス、抽出、または削除できます。In the term of an active subscription, a subscriber can access, extract, or delete customer data stored in Microsoft 365. 有料サブスクリプションが終了または終了した場合、Microsoft は Microsoft 365 に保存されている顧客データを 90 日間限定機能アカウントに保持し、購読者がデータを抽出できます。If a paid subscription ends or is terminated, Microsoft retains customer data stored in Microsoft 365 in a limited-function account for 90 days to enable the subscriber to extract the data. 90 日間の保持期間が終了すると、Microsoft はアカウントを無効にし、顧客データを削除します。After the 90-day retention period ends, Microsoft disables the account and deletes the customer data. Microsoft 365 のサブスクリプションの期限切れまたは終了後 180 日以内に、Microsoft はアカウントを無効にし、すべての顧客データをアカウントから削除します。No more than 180 days after expiration or termination of a subscription to Microsoft 365, Microsoft disables the account and deletes all customer data from the account. データの最大保存期間が経過すると、そのデータは商業的に回復できなくなります。Once the maximum retention period for any data has elapsed, the data is rendered commercially unrecoverable.

無料試用版の場合、アカウントはほとんどの国と地域で 30 日間猶予状態に移動します。For a free trial, your account moves into a grace status for 30 days in most countries and regions. この猶予期間中に、Microsoft 365 を購入できます。During this grace period, you can purchase Microsoft 365. Microsoft 365 を購入しない場合は、試用版をキャンセルするか、猶予期間が終了するまでそのままにしておくことができます。そのようにすると、試用版のアカウント情報とデータは削除されます。If you decide not to buy Microsoft 365, you can either cancel your trial or let the grace period expire, and your trial account information and data is deleted.

迅速な削除Expedited Deletion

サブスクリプションについては、サブスクライバーは Microsoft サポートに連絡して、サブスクリプションのデプロビジョニングの迅速化を要求できます。For any subscription, a subscriber can contact Microsoft Support and request expedited subscription de-provisioning. このプロセスでは、管理者が Microsoft から提供されたロックアウト コードを入力してから 3 日後にすべてのユーザー データが削除されます。In this process, all user data is deleted three days after the administrator enters the lockout code provided by Microsoft. これには、SharePoint Online と Exchange Online のデータが保持されているか、非アクティブなメールボックスに格納されています。This includes data in SharePoint Online and Exchange Online under hold or stored in inactive mailboxes.

迅速なプロビジョニング解除の詳細については、「サブスクリプションをキャンセル する」を参照してくださいFor more information on expedited de-provisioning, see Cancel your subscription.