Configuration Manager でのアプリケーションの展開Deploy applications with Configuration Manager

適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

Configuration Manager でデバイスまたはユーザーのコレクションに対するアプリケーションの展開を作成またはシミュレートするCreate or simulate a deployment of an application to a device or user collection in Configuration Manager. この展開では、Configuration Manager クライアントにいつどのような方法でソフトウェアをインストールするかを指示します。This deployment gives instructions to the Configuration Manager client on how and when to install the software.

アプリケーションを展開する前に、アプリケーションに少なくとも 1 つの展開を作成する必要があります。Before you can deploy an application, create at least one deployment type for the application. 詳細については、「Create applications」 (アプリケーションを作成する) を参照してください。For more information, see Create applications.

バージョン 1906 以降では、1 つの展開としてユーザーまたはデバイス コレクションに送信できるアプリケーションのグループを作成できます。Starting in version 1906, you can create a group of applications that you can send to a user or device collection as a single deployment. 詳しくは、「アプリケーション グループの作成」をご覧ください。For more information, see Create application groups.

アプリケーションの展開をシミュレーションすることもできます。You can also simulate an application deployment. このシミュレーションは、アプリケーションをインストールまたはアンインストールせずに、展開の適用性をテストします。This simulation tests the applicability of a deployment without installing or uninstalling the application. シミュレーションされた展開は、展開の種類について検出された方法、要件、依存関係を評価し、 [監視] ワークスペースの [展開] ノードに結果を表示します。A simulated deployment evaluates the detection method, requirements, and dependencies for a deployment type and reports the results in the Deployments node of the Monitoring workspace. 詳細については、「System Center Configuration Manager でアプリケーションの展開をシミュレートする」をご覧ください。For more information, see Simulate application deployments.

注意

必須アプリケーションの展開をシミュレートできますが、パッケージやソフトウェア更新プログラムは展開できません。You can only simulate the deployment of required applications, but not packages or software updates.

MDM 登録デバイスは、シミュレートされた展開、ユーザー エクスペリエンス、またはスケジュール設定をサポートしていません。MDM-enrolled devices don't support simulated deployments, user experience, or scheduling settings.

アプリケーションの展開Deploy an application

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して、 [アプリケーション] ノードまたは [アプリケーション グループ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select either the Applications or Application Groups node.

  2. デプロイするアプリケーションまたはアプリケーショングループを一覧から選択します。Select an application or application group from the list to deploy. リボンで [展開] をクリックします。In the ribbon, click Deploy.

注意

既存の展開のプロパティを表示するときに、展開のプロパティ ウィンドウのタブに対応するセクションには次のようなものがあります。When you view the properties of an existing deployment, the following sections correspond to tabs of the deployment properties window:

展開の全般情報Deployment General information

ソフトウェアの展開ウィザードの [全般] ページで、次の情報を指定します。On the General page of the Deploy Software wizard, specify the following information:

  • [ソフトウェア] -- この値は、展開するアプリケーションを表示します。Software: This value displays the application to deploy. [参照] をクリックすると、別のアプリケーションを選択できます。Click Browse to select a different application.

  • [コレクション] -- [参照] をクリックして、アプリケーションを展開するコレクションを選択します。Collection: Click Browse to select the collection to deploy the application to.

  • [このコレクションに関連付けられている既定の配布ポイント グループを使用する] -- 既定の配布ポイント グループにコレクションのアプリケーション コンテンツを保存します。Use default distribution point groups associated to this collection: Store the application content on the collection's default distribution point group. 選択したコレクションが配布ポイント グループと関連付けられていない場合は、このオプションは淡色表示されます。If you haven't associated the selected collection with a distribution point group, this option is grayed out.

  • [依存している項目のコンテンツを自動的に配布する] : アプリケーションの展開の種類に依存している関係が含まれていると、サイトは、依存アプリケーションのコンテンツも配布ポイントに送信します。Automatically distribute content for dependencies: If any of the deployment types in the application have dependencies, then the site also sends dependent application content to distribution points.

    注意

    プライマリ アプリケーションの展開後に依存アプリケーションを更新しても、サイトは、依存関係の新しい項目を自動的に配布しません。If you update the dependent application after deploying the primary application, the site doesn't automatically distribute any new content for the dependency.

  • [コメント (オプション)] – 必要に応じて、展開の説明を入力します。Comments (optional): Optionally, enter a description for this deployment.

展開のコンテンツ オプションDeployment Content options

[コンテンツ] ページで [追加] をクリックし、このアプリケーションのコンテンツを配布ポイントまたは配布ポイント グループに配布します。On the Content page, click Add to distribute the content for this application to a distribution point or a distribution point group.

[全般] ページで [このコレクションに関連付けられている既定の配布ポイントを使用する] オプションを選択した場合、このオプションは自動的に入力されます。If you selected the option to Use default distribution points associated to this collection on the General page, then this option is automatically populated. アプリケーションの管理者セキュリティ ロールのメンバーのみを変更できます。Only a member of the Application Administrator security role can modify it.

アプリケーションのコンテンツが既に配布されている場合は、ここにコンテンツが表示されます。If the application content is already distributed, then they appear here.

展開の設定Deployment Settings

[展開設定] ページで、次の情報を指定します。On the Deployment Settings page, specify the following information:

  • [操作] : ドロップダウン リストから、展開がアプリケーションの [インストール] であるのか [アンインストール] であるのかを選択します。Action: From the drop-down list, choose whether this deployment is to Install or Uninstall the application.

    注意

    アプリを [インストール] する展開と、同じアプリを同じデバイス上で [アンインストール] する別の展開を作成する場合、 [インストール] する展開が優先されます。If you create a deployment to Install an app and another deployment to Uninstall the same app on the same device, the Install deployment takes priority.

    展開の操作は、作成後には変更できません。You can't change the action of a deployment after you create it.

  • [目的] : ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選びます。Purpose: From the drop-down list, choose one of the following options:

    • [利用可能] : ソフトウェア センターでユーザーにアプリケーションが表示されます。Available: The user sees the application in Software Center. これをオンデマンドでインストールすることができます。They can install it on demand.

    • [必須] : 設定したスケジュールに従って、アプリがクライアントによって自動的にインストールされます。Required: The client automatically installs the app according to the schedule that you set. アプリケーションが非表示でない場合、ユーザーは展開状態を追跡できます。If the application isn't hidden, a user can track its deployment status. ソフトウェア センターを使用して、期限前にアプリケーションをインストールすることもできます。They can also use Software Center to install the application before the deadline.

      注意

      展開操作を [アンインストール] に設定すると、展開目的に [必須] が自動的に設定されます。When you set the deployment action to Uninstall, the deployment purpose is automatically set to Required. この動作を変更することはできません。You can't change this behavior.

  • エンド ユーザーがこのアプリケーションの修復を試すことを許可する: バージョン 1810 以降では、修復コマンド ラインでアプリケーションを作成した場合、このオプションを有効にします。Allow end users to attempt to repair this application: Starting in version 1810, if you created the application with a repair command line, enable this option. ユーザーには、アプリケーションを修復するためのオプションがソフトウェア センターで表示されます。Users see an option in Software Center to Repair the application.

  • [ユーザーのプライマリ デバイスにソフトウェアを事前に展開する] : ユーザーに展開する場合は、このオプションを選択して、アプリケーションをユーザーのプライマリ デバイスに展開します。Pre-deploy software to the user's primary device: If the deployment is to a user, select this option to deploy the application to the user’s primary device. この設定では、展開が実行される前にユーザーがサインインする必要はありません。This setting doesn't require the user to sign in before the deployment runs. インストールのためにユーザーの入力が必要な場合は、このオプションを選択しないでください。If the user must interact with the installation, don't select this option. このオプションは、展開が [必須] の場合のみ使用できます。This option is only available when the deployment is Required.

  • [ウェイクアップ パケットを送信する] : 展開が [必須] の場合、クライアントが展開を実行する前に、Configuration Manager によってコンピューターにウェイクアップ パケットが送信されます。Send wake-up packets: If the deployment is Required, Configuration Manager sends a wake-up packet to computers before the client runs the deployment. このパケットで、インストールの期限時間にコンピューターのスリープ状態が解除されます。This packet wakes the computers at the installation deadline time. このオプションを使用する前に、コンピューターおよびネットワークを Wake On Lan 用に構成する必要があります。Before using this option, computers and networks must be configured for Wake On LAN. 詳細については、「クライアントをウェイクアップする方法の計画」をご覧ください。For more information, see Plan how to wake up clients.

  • [インストールの期限後、クライアントが従量制のインターネット接続を使用してコンテンツをダウンロードできるようにする (追加料金が生じる可能性があります)] : このオプションは、目的が [必須] の展開でのみ使用できます。Allow clients on a metered Internet connection to download content after the installation deadline, which might incur additional costs: This option is only available for deployments with a purpose of Required.

  • [このアプリケーションの置き換えられるバージョンを自動的にアップグレードする] -- クライアントは、アプリケーションの置き換えられるバージョンを、優先されるアプリケーションでアップグレードします。Automatically upgrade any superseded version of this application: The client upgrades any superseded version of the application with the superseding application.

    注意

    このオプションは、管理者の承認に関係なく機能します。This option works regardless of administrator approval. 管理者が既に置き換えられるバージョンを承認している場合は、同様に置き換えられるバージョンを承認する必要はありません。If an administrator already approved the superseded version, they don't need to also approve the superseding version. 承認は新しい要求のみに向けたもので、置き換えられるアップグレードに向けたものではありません。Approval is only for new requests, not superseding upgrades.

    [利用可能] インストールのために、このオプションを有効または無効にすることができます。For Available install purpose, you can enable or disable this option.

承認設定Approval settings

アプリケーションの承認動作は、推奨されるオプション機能を有効にするかどうか、デバイスごとにユーザーのアプリケーション要求を承認するかどうかによって異なります。The application approval behavior depends upon whether you enable the recommended optional feature, Approve application requests for users per device.

  • [管理者は、デバイス上のこのアプリケーションへの要求を承認する必要があります] : このオプション機能を有効にすると、ユーザーが要求されたデバイスにインストールするには、事前に管理者がアプリケーションに対するすべてのユーザー要求を承認する必要があります。An administrator must approve a request for this application on the device: If you enable the optional feature, the administrator approves any user requests for the application before the user can install it on the requested device. 管理者が要求を承認した場合、ユーザーはそのデバイスにのみアプリケーションをインストールできます。If the administrator approves the request, the user is only able to install the application on that device. 別のデバイスにアプリケーションをインストールするには、ユーザーは別の要求を送信する必要があります。The user must submit another request to install the application on another device. 展開目的が [必須] である場合、またはアプリケーションをデバイス コレクションに展開する場合は、このオプションは淡色表示されます。This option is grayed out when the deployment purpose is Required, or when you deploy the application to a device collection.

  • [ユーザーがこのアプリケーションを要求した場合に管理者の承認を必要とする] : このオプション機能を有効にしない場合、ユーザーがアプリケーションをインストールするには、事前に管理者がそのアプリケーションに対するすべてのユーザー要求を承認する必要があります。Require administrator approval if users request this application: If you don't enable the optional feature, the administrator approves any user requests for the application before the user can install it. 展開目的が [必須] である場合、またはアプリケーションをデバイス コレクションに展開する場合は、このオプションは淡色表示されます。This option is grayed out when the deployment purpose is Required, or when you deploy the application to a device collection.

詳細については、アプリケーションの承認に関するページを参照してください。For more information, see Approve applications.

展開のプロパティの展開の設定Deployment properties Deployment Settings

展開のプロパティを表示する際、展開の種類のテクノロジをサポートしている場合は、 [展開の設定] タブで次のオプションが表示されます。When you view the properties of a deployment, if supported by the deployment type technology, the following option appears on the Deployment Settings tab:

[展開の種類プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで指定した実行中の実行可能ファイルをすべて自動的に閉じるAutomatically close any running executables you specified on the install behavior tab of the deployment type properties dialog box. 詳細については、「アプリケーションをインストールする前に実行中の実行可能ファイルを確認する」をご覧ください。For more information, see check for running executable files before installing an application.

展開のスケジュール設定Deployment Scheduling settings

[スケジュール] ページで、アプリケーションが展開され、クライアント デバイスで使用できるようになる時間を設定します。On the Scheduling page, set the time when this application is deployed or available to client devices.

既定では、Configuration Manager によってすぐにクライアントが展開ポリシーを使用できるようになります。By default, Configuration Manager makes the deployment policy available to clients right away. 作成する展開を、後の日付までクライアントが使用できないようにする場合は、 [アプリケーションが使用可能になる日時を指定する] オプションを構成します。If you want to create the deployment, but not make it available to clients until a later date, configure the option to Schedule the application to be available. 次に日付と時刻を (UTC を使用するのか、クライアントのローカル時刻を使用するのかも含めて) 選択します。Then select the date and time, including whether that's based on UTC or the client's local time.

展開が [必須] である場合は、 [インストールの期限] も指定します。If the deployment is Required, also specify the Installation deadline. 既定では、この期限は可能な限り短く設定されます。By default this deadline is as soon as possible.

たとえば、新しい基幹業務アプリケーションを展開する必要があるとします。For example, you need to deploy a new line-of-business application. すべてのユーザーが特定の日時までにアプリをインストールする必要がありますが、事前にオプトインするオプションをユーザーに与える必要もあります。All users need to install it by a certain time, but you want to give them the option to opt-in early. また、サイトがすべての配布ポイントにコンテンツを配布したかどうかを確認する必要もあります。You also need to make sure that the site has distributed the content to all distribution points. 今日から 5 日後にアプリケーションを使用できるようにスケジュールします。You schedule the application to be available in five days from today. このスケジュールによって、コンテンツを配布してその状態を確認する時間ができます。This schedule gives you time to distribute the content and confirm its status. 次に、インストールの期限を今日から 1 か月間に設定します。You then set the installation deadline for one month from today. 5 日後に利用可能になると、ソフトウェア センター内でアプリケーションがユーザーに表示されます。Users see the application in Software Center when it's available in five days. ユーザーが何もしない場合は、インストールの期限にクライアントによってアプリケーションが自動的にインストールされます。If they do nothing, the client automatically installs the application at the installation deadline.

展開するアプリケーションが他のアプリケーションを置き換える場合は、ユーザーが新しいアプリケーションを受信するタイミングに、インストールの期限を設定します。If the application you're deploying supersedes another application, set the installation deadline when users receive the new application. [インストールの期限] 設定して、置換対象のアプリケーションでユーザーをアップグレードします。Set the Installation Deadline to upgrade users with the superseded application.

猶予期間を使用して実施を延期するDelay enforcement with a grace period

ユーザーが必須アプリケーションをインストールするまでに、設定した期限のいずれよりも "長い" 時間を与える必要がある場合があります。You might want to give users more time to install required applications beyond any deadlines you set. 通常、この動作が必要になるのは、長い間コンピューターの電源がオフになっていて、多数のアプリケーションをインストールする必要がある場合です。This behavior is typically required when a computer is turned off for a long time, and needs to install many applications. たとえば、ユーザーが休暇から戻ってきて、期限を過ぎた展開をクライアントがインストールするのを長時間待たなければならないような場合です。For example, when a user returns from vacation, they have to wait for a long time as the client installs overdue deployments. この問題を解決するには、実施の猶予期間を定義します。To help solve this problem, define an enforcement grace period.

  • まず、クライアント設定の [展開期限後の実施の猶予期間 (時間)] プロパティを使用してこの猶予期間を構成します。First, configure this grace period with the property Grace period for enforcement after deployment deadline (hours) in client settings. 詳細については、「コンピューター エージェント」グループをご覧ください。For more information, see the Computer agent group. 1 時間から 120 時間までの値を指定します。Specify a value between 1 and 120 hours.

  • 必須アプリケーションの展開の [スケジュール] ページで [ユーザー設定に従い、クライアント設定で定義された猶予期間が終了するまでこの展開の実施を延期する] オプションを有効にします。On the Scheduling page of a required application deployment, enable the option to Delay enforcement of this deployment according to user preferences, up to the grace period defined in client settings. このチェック ボックスがオンになっていて、クライアント設定も展開するデバイスを対象としているすべての展開に適用猶予期間が適用されます。The enforcement grace period applies to all deployments with this option enabled and targeted to devices to which you also deployed the client setting.

期限に達すると、クライアントは、その猶予期間までに、ユーザーが構成した最初の非ビジネス ウィンドウで、アプリケーションをインストールします。After the deadline, the client installs the application in the first non-business window, which the user configured, up to this grace period. ただし、ユーザーは引き続き、ソフトウェア センターを開いていつでもアプリケーションをインストールできます。However, the user can still open Software Center and install the application at any time. 猶予期間が切れると、適用は期限切れの展開に対する通常の動作に戻ります。Once the grace period expires, enforcement reverts to normal behavior for overdue deployments.

猶予期間のタイムラインの図

注意

ほとんどの場合、この機能によって対処されるシナリオは、ユーザーが職場から離れている間にデバイスの電源がオフになっている場合です。Most of the time, this feature addresses the scenario when the device is powered off while the user is out of the office. 技術的には、猶予期間は、展開期限の後にクライアントがポリシーを受け取った時点から開始されます。Technically, the grace period starts when the client gets policy after the deployment deadline. Configuration Manager クライアント サービス (CcmExec) を停止させ、展開期限後のある時点で再起動させた場合にも、同じ動作が生じます。The same behavior happens if you stop the Configuration Manager client service (CcmExec), and then restart it at some time after the deployment deadline.

展開のユーザー エクスペリエンス設定Deployment User Experience settings

[ユーザー エクスペリエンス] ページで、アプリケーションのインストールにおけるユーザーの対話方法に関する情報を指定します。On the User Experience page, specify information about how users can interact with the application installation.

  • [ユーザー通知] : 構成した使用可能時間に、ソフトウェア センターで通知を表示するかどうかを指定します。User notifications: Specify whether to display notification in Software Center at the configured available time. この設定では、クライアント コンピューターのユーザーに通知するかどうかも制御します。This setting also controls whether to notify users on the client computers. 使用可能な展開では、 [すべての通知をソフトウェア センターで非表示にし、ユーザーにも通知しない] オプションを選択することはできません。For available deployments, you can't select the option to Hide in Software Center and all notifications.

    • [When software changes are required, show a dialog window to the user instead of a toast notification](ソフトウェアの変更が必要な場合、トースト通知ではなくダイアログ ウィンドウをユーザーに表示する)When software changes are required, show a dialog window to the user instead of a toast notification: バージョン 1902 以降では、このオプションを選択すると、ユーザー エクスペリエンスがより頻繁に表示されるようになります。: Starting in version 1902, select this option to change the user experience to be more intrusive. 必要な展開にのみ適用します。It only applies to required deployments. 詳細については、ソフトウェア センターの計画に関するセクションを参照してください。For more information, see Plan for Software Center.
  • [ソフトウェアのインストール] および [システムの再起動] : これらの設定は必須の展開に対してのみ構成します。Software Installation and System restart: Only configure these settings for required deployments. これらは、展開が定義済みのメンテナンス期間外の期限に達したときの動作を指定します。They specify the behaviors when the deployment reaches the deadline outside of any defined maintenance windows. メンテナンス期間について詳しくは、「メンテナンス期間を使用する方法」を参照してください。For more information about maintenance windows, see How to use maintenance windows.

  • Windows Embedded デバイスに対してフィルター処理を書き込む: この設定は、書き込みフィルターを使用して有効になっている Windows Embedded デバイス上のインストールの動作を制御します。Write filter handling for Windows Embedded devices: This setting controls the installation behavior on Windows Embedded devices that are enabled with a write filter. インストールの期限またはメンテナンス期間中に変更をコミットするオプションを選択します。Choose the option to commit changes at the installation deadline or during a maintenance window. このオプションを選択する場合、再起動が必要で、変更はデバイスに保持されます。When you select this option, a restart is required and the changes persist on the device. それ以外の場合、アプリケーションは一時的なオーバーレイにインストールされ、後でコミットされます。Otherwise, the application is installed to the temporary overlay, and committed later.

    • ソフトウェア更新プログラムを Windows Embedded デバイスに展開する場合、デバイスが、メンテナンス期間が構成されたコレクションのメンバーであることを確認します。When you deploy a software update to a Windows Embedded device, make sure the device is a member of a collection that has a configured maintenance window. メンテナンス期間と Windows Embedded デバイスの詳細については、「Windows Embedded アプリケーションの作成」をご覧ください。For more information about maintenance windows and Windows Embedded devices, see Create Windows Embedded applications.

展開のアラートDeployment Alerts

[アラート] ページで、Configuration Manager がこの展開のアラートを生成する方法を構成します。On the Alerts page, configure how Configuration Manager generates alerts for this deployment. System Center Operations Manager も使用している場合は、そのアラートも構成します。If you're also using System Center Operations Manager, configure its alerts as well. 構成できるのは、必須の展開用のいくつかのアラートのみです。You can only configure some alerts for required deployments.

iOS: アプリ構成ポリシーiOS: App Configuration Policies

iOS の展開の種類を展開する場合は、アプリ構成ポリシー ページも確認します。When deploying an iOS deployment type, you'll also see the App Configuration Policies page. iOS のアプリ構成ポリシーを既に作成している場合は、 [新規] をクリックして、この展開をポリシーに関連付けます。If you've already created an iOS app configuration policy, click New to associate this deployment with the policy. このタイプのポリシーについて詳しくは、「Configure iOS apps with app configuration policies」 (アプリ構成ポリシーを使用した iOS アプリの構成) をご覧ください。For more information about this type of policy, see Configure iOS apps with app configuration policies.

段階的な展開の作成Create a phased deployment

バージョン 1806 以降では、アプリケーションの段階的な展開を作成します。Starting in version 1806, create a phased deployment for an application. 段階的な展開を使用すると、カスタマイズ可能な条件およびグループに基づいて、調整およびシーケンス化されたソフトウェアの展開をまとめることができます。Phased deployments allow you to orchestrate a coordinated, sequenced rollout of software based on customizable criteria and groups. たとえば、アプリケーションをパイロット コレクションに展開し、成功条件に基づいてロールアウトを自動続行します。For example, deploy the application to a pilot collection, and then automatically continue the rollout based on success criteria.

詳細については、以下の記事を参照してください。For more information, see the following articles:

デプロイの削除Delete a deployment

  1. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [アプリケーション管理] を展開して、 [アプリケーション] ノードまたは [アプリケーション グループ] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand Application Management, and select either the Applications or Application Groups node.

  2. 削除する展開を含むアプリケーションまたはアプリケーション グループを選択します。Select the application or application group that includes the deployment you want to delete.

  3. 詳細ウィンドウの [展開] タブに切り替えて、展開を選択します。Switch to the Deployments tab of the details pane, and select the deployment.

  4. [展開] タブと [展開] グループのリボンで、 [削除] をクリックします。In the ribbon, on the Deployment tab and the Deployment group, click Delete.

アプリケーションの展開を削除しても、クライアントが既にインストールしているアプリケーションのインスタンスは削除されません。When you delete an application deployment, any instances of the application that clients have already installed aren't removed. これらのアプリケーションを削除するには、コンピューターに対して [アンインストール] を行うアプリケーションを展開します。To remove these applications, deploy the application to computers to Uninstall. アプリケーションの展開を削除したり、展開先コレクションからリソースを削除したりすると、そのアプリケーションはソフトウェア センターに表示されなくなります。If you delete an application deployment, or remove a resource from the collection to which you're deploying, the application is no longer visible in Software Center.

必要な展開のユーザー通知User notifications for required deployments

必須ソフトウェアを受信したユーザーが、 [次の時間が経過したら再通知する] 設定を選択した場合、ユーザーは次のオプションから選択できます。When users receive required software, and select the Snooze and remind me setting, they can choose from the following options:

  • [後で] : クライアント設定で構成されている通知の設定に基づいて通知をスケジュールすることを指定します。Later: Specifies that notifications are scheduled based on the notification settings configured in client settings.

  • [定時] : 選択した時間後にもう一度通知を表示するように指定します。Fixed time: Specifies that the notification is scheduled to display again after the selected time. たとえば、30 分を選択した場合、その通知が 30 分後にもう一度表示されます。For example, if you select 30 minutes, the notification displays again in 30 minutes.

既定のクライアント設定のコンピューター エージェント グループ

最大の再通知時間は、展開のタイムラインに沿って、クライアント設定で毎回構成された値に常に基づきます。The maximum snooze time is always based on the notification values configured in the client settings at every time along the deployment timeline. 次に例を示します。For example:

  • [コンピューター エージェント] ページの [Deployment deadline greater than 24 hours, remind users every (hours)](展開期限まで 24 時間以上の場合に、ユーザーに通知する間隔 (時間)) を 10 時間に構成します。You configure the Deployment deadline greater than 24 hours, remind users every (hours) setting on the Computer Agent page for 10 hours.

  • クライアントは、展開期限の 24 時間以上前に通知ダイアログ ボックスを表示します。The client displays the notification dialog more than 24 hours before the deployment deadline.

  • ダイアログ ボックスには、最大 10 時間までの再通知オプションがあります。The dialog shows snooze options up to but never greater than 10 hours.

  • 展開の期限が近づくと、ダイアログ ボックスに表示されるオプションが少なくなります。As the deployment deadline approaches, the dialog shows fewer options. 展開タイムラインの各コンポーネントに関連するクライアント設定に合わせたオプションが表示されます。These options are consistent with the relevant client settings for each component of the deployment timeline.

オペレーティング システムを展開するタスク シーケンスなど、危険度の高い展開に対しては、ユーザー通知のエクスペリエンスがより煩わしいものになりました。For a high-risk deployment, such as a task sequence that deploys an operating system, the user notification experience is more intrusive. 一時的なタスク バー通知ではなく、重要なソフトウェア メンテナンスが必要なことがユーザーに通知されるたび、次のようなダイアログ ボックスが表示されます。Instead of a transient taskbar notification, a dialog box like the following displays each time you're notified that critical software maintenance is required:

必要なソフトウェアのダイアログでは、重要なソフトウェア メンテナンスをユーザーに通知します。

実行中の実行可能ファイルを確認するCheck for running executable files

特定の実行可能ファイルがクライアントで実行されているかどうかを確認する展開を構成します。Configure a deployment to check if certain executable files are running on the client. アプリケーションのインストールを中断させている可能性があるプロセスを確認するには、このオプションを使用します。Use this option to check for processes that might disrupt the installation of the application. これらの実行可能ファイルのいずれかが実行中である場合、クライアントではこの展開の種類のインストールがブロックされます。If one of these executable files is running, the client blocks the installation of the deployment type. クライアントが、展開の種類をインストールする前に、実行されている実行可能ファイルを閉じる必要があります。The user must close the running executable file before the client can install the deployment type. 展開の目的が必須である場合、クライアントは実行中の実行可能ファイルを自動的に閉じることができます。For deployments with a purpose of required, the client can automatically close the running executable file.

  1. 展開の種類の [プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the Properties dialog box for the deployment type.

  2. [インストールの処理] タブに切り替えて、 [追加] をクリックします。Switch to the Install Behavior tab, and click Add.

  3. [実行可能ファイルの追加] ダイアログ ボックスに、ターゲット実行可能ファイルの名前を入力します。In the Add Executable File dialog box, enter the name of the target executable file. 必要に応じて、一覧で識別しやすいようにアプリケーションのフレンドリ名を入力します。Optionally, enter a friendly name for the application to help you identify it in the list.

  4. [OK] をクリックした後、 [OK] をクリックして展開の種類プロパティのウィンドウを閉じます。Click OK, then click OK to close the deployment type properties window.

  5. アプリケーションを展開するときに、 [[展開の種類プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで指定した実行中の実行可能ファイルをすべて自動的に閉じる] オプションを選択します。When you deploy the application, select the option to Automatically close any running executables you specified on the install behavior tab of the deployment type properties dialog box. このオプションは、展開のプロパティの [展開の設定] タブにあります。This option is on the Deployment Settings tab of the deployment properties.

注意

実行中の実行可能ファイルをチェックするようにアプリケーションを構成し、[アプリケーションのインストール] タスクシーケンスステップに含める場合、タスクシーケンスはインストールできません。If you configure an application to check for running executable files, and include it in the Install Application task sequence step, the task sequence will fail to install it. このタスクシーケンスステップをエラー時に続行するように構成しなかった場合、タスクシーケンス全体が失敗します。If you don't configure this task sequence step to continue on error, then the entire task sequence fails.

クライアントの動作とユーザー通知Client behaviors and user notifications

クライアントが展開を受信した後に、次の動作が適用されます。After clients receive the deployment, the following behavior applies:

  • アプリケーションを [使用可能] として展開し、ユーザーがアプリケーションをインストールしようとした場合、クライアントは、インストールを続行する前に、指定した実行中の実行可能ファイルを終了するようにユーザーに求めます。If you deployed the application as Available, and a user tries to install it, the client prompts the user to close the specified running executable files before proceeding with the installation.

  • アプリケーションを [必須] として展開し、 [[展開の種類プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで指定した実行中の実行可能ファイルをすべて自動的に閉じる] を指定した場合、クライアントによって通知が表示されます。If you deployed the application as Required, and specified to Automatically close any running executables you specified on the install behavior tab of the deployment type properties dialog box, then the client displays a notification. これは、アプリケーションのインストール期限に達したときに、指定した実行可能ファイルが自動的に閉じられることをユーザーに通知します。It informs the user that the specified executable files are automatically closed when the application installation deadline is reached.

    • クライアント設定の [コンピューター エージェント] グループで、これらのダイアログをスケジュールします。Schedule these dialogs in the Computer Agent group of client settings. 詳細については、「コンピューター エージェント」をご覧ください。For more information, see Computer agent.

    • これらのメッセージをユーザーに表示しない場合は、展開のプロパティの [ユーザー エクスペリエンス] タブで [すべての通知をソフトウェア センターで非表示にし、ユーザーにも通知しない] オプションを選択します。If you don’t want the user to see these messages, select the option to Hide in Software Center and all notifications on the User Experience tab of the deployment's properties. 詳細については、「展開のユーザー エクスペリエンス設定」をご覧ください。For more information, see Deployment User Experience settings.

  • アプリケーションを [必須] として展開し、 [[展開の種類プロパティ] ダイアログ ボックスの [インストールの処理] タブで指定した実行中の実行可能ファイルをすべて自動的に閉じる] がオフの場合、指定したアプリケーションの 1 つまたは複数が実行中の場合、アプリのインストールは失敗します。If you deployed the application as Required, and didn't specify to Automatically close any running executables you specified on the install behavior tab of the deployment type properties dialog box, then the installation of the app fails if one or more of the specified applications are running.

Azure AD 参加デバイスにユーザーが利用できるアプリケーションを展開する方法Deploy user-available applications on Azure AD-joined devices

ユーザーが利用できるようにアプリケーションを展開した場合、ユーザーは Azure Active Directory (Azure AD) デバイスのソフトウェア センターでアプリケーションを参照してインストールできます。If you deploy applications as available to users, they can browse and install them through Software Center on Azure Active Directory (Azure AD) devices.

[前提条件]Prerequisites

  • 管理ポイントで HTTPS を有効にします。Enable HTTPS on the management point

  • クラウド管理のためにサイトを Azure AD と統合しますIntegrate the site with Azure AD for Cloud Management

  • Azure AD からユーザーのコレクションに利用可能なアプリケーションを展開しますDeploy an application as available to a collection of users from Azure AD

  • アプリケーション コンテンツをクラウド配布ポイントに配布しますDistribute any application content to a cloud distribution point

  • [コンピューター エージェント] グループで、クライアント設定 [新しいソフトウェア センターを使用する] を有効にします。Enable the client setting Use new Software Center in the Computer agent group

  • クライアント OS は、Windows 10 で、Azure AD に参加している必要があります。The client OS must be Windows 10, and joined to Azure AD. 純粋なクラウド ドメインへの参加、またはハイブリッド Azure AD への参加です。Either as purely cloud domain-joined, or hybrid Azure AD-joined.

  • インターネット ベースのクライアントをサポートするには:To support internet-based clients:

  • イントラネット上のクライアントをサポートするにはTo support clients on the intranet:

    • クライアントによって使われる境界グループに、クラウド配布ポイントを追加しますAdd the cloud distribution point to a boundary group used by the clients

    • クライアントは、HTTPS が有効な管理ポイントの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を解決する必要がありますClients must resolve the fully qualified domain name (FQDN) of the HTTPS-enabled management point

次のステップNext steps