Configuration Manager のソフトウェア メータリングSoftware metering in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

このトピックには、Configuration Manager のソフトウェア使用状況測定を使用するときに実行する可能性がある、すべての操作の参照が含まれています。This topic contains a reference for all of the operations you might perform when using Configuration Manager software metering.

重要

ソフトウェア使用状況測定は、ファイル名の末尾が .exeの Windows PC デスクトップ アプリを監視するときに使用されます。Software metering is used to monitor Windows PC desktop apps with a filename ending in .exe. Windows モダン アプリ (Windows 8 で使用されるアプリなど) は監視されません。Software metering does not monitor modern Windows apps (such as those used by Windows 8).

ソフトウェア使用状況測定の前提条件Prerequisites for software metering

ソフトウェア使用状況測定には外部依存関係はありません。依存関係は製品内にのみ存在します。Software metering has no external dependencies, only dependencies within the product.

依存関係Dependency 説明More information
ソフトウェア使用状況測定のクライアント設定Client settings for software metering. ソフトウェア使用状況測定を使用するには、クライアント設定 [クライアントのソフトウェア使用状況の測定を有効にする] が有効で、コンピューターに展開されている必要があります。To use software metering, the client setting Enable software metering on clients must be enabled and deployed to computers. ソフトウェア使用状況測定の設定を階層内のすべてのコンピューターに展開したり、カスタム設定をコンピューター グループに展開したりできます。You can deploy software metering settings to all computers in the hierarchy, or you can deploy custom settings to groups of computers. このトピックの「ソフトウェア使用状況測定の構成」を参照してください。See Configure software metering in this topic.
レポート サービス ポイントThe reporting services point. ソフトウェア使用状況の測定レポートを表示するには、事前にレポート サービス ポイントを構成する必要があります。You must configure a reporting services point before you can view software metering reports. 詳細については、「レポート」を参照してください。For more information, see Reporting.

ソフトウェア使用状況測定の構成Configure software metering

この手順に従って、ソフトウェア使用状況の測定に既定のクライアント設定を構成し、階層内のすべてのコンピューターに適用します。This procedure configures the default client settings for software metering and applies to all computers in your hierarchy. これらの設定を一部のコンピューターのみに適用する場合は、カスタム クライアント デバイス設定を作成して、ソフトウェア使用状況測定を使用するコンピューターを含むコレクションに展開します。If you want these settings to apply to only some computers, create a custom device client setting and deploy it to a collection that contains the computers on which you want to use software metering. カスタムのデバイス設定の作成方法について詳しくは、「Configure client settings」 (クライアント設定の構成) を参照してください。For more information about how to create custom device settings, see Configure client settings.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順にクリックします。In the Configuration Manager console, click Administration > Client Settings > Default Client Settings.

  2. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、 [プロパティ] をクリックします。On the Home tab, in the Properties group, click Properties.

  3. 既定の設定の ダイアログ ボックスで、をクリックして ソフトウェア使用状況測定です。In the Default Settings dialog box, click Software Metering.

  4. [デバイスの設定] 一覧で、次を構成します。In the Device Settings list, configure the following:

    • クライアントのソフトウェア使用状況の測定を有効にする:ソフトウェア使用状況の測定を有効にするには [True] を選択します。Enable software metering on clients: Select True to enable software metering.

    • [データ コレクションのスケジュール] :ソフトウェア使用状況測定データをクライアント コンピューターから収集する頻度を構成します。Schedule data collection: Configure how often software metering data is collected from client computers. 既定値を使用してすべて 7 日間 をクリックしてまたは スケジュール カスタム スケジュールを指定します。Use the default value of every 7 days or click Schedule to specify a custom schedule.

  5. [OK] をクリックして [既定の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Default Settings dialog box.

    クライアント コンピューターは、次にクライアント ポリシーをダウンロードするときに、これらの設定で構成されます。Client computers are configured with these settings the next time they download client policy. 1 つのクライアントのポリシーの取得を開始する場合は、「Manage clients」 (クライアントの管理) を参照してください。To initiate policy retrieval for a single client, see Manage clients.

ソフトウェア使用状況測定規則の作成Create software metering rules

ソフトウェア使用状況測定規則の作成ウィザードを使って Configuration Manager サイトの新しいソフトウェア使用状況測定規則を作成します。Use the Create Software Metering Rule wizard to create a new software metering rule for your Configuration Manager site.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とコンプライアンス] > [ソフトウェア使用状況の測定] の順にクリックします。In the Configuration Manager console, click Assets and Compliance > Software Metering.

  2. ホーム ] タブで、 作成 グループで、[ ソフトウェア使用状況測定規則の作成です。On the Home tab, in the Create group, click Create Software Metering Rule.

  3. ソフトウェア使用状況測定規則の作成ウィザードの [全般] ページで、次の情報を指定します。On the General page of the Create Software Metering Rule wizard, specify the following information:

    • 名前 - ソフトウェア使用状況測定規則の名前。Name - The name of the software metering rule. 一意でわかりやすい名前にする必要があります。This should be unique and descriptive.

      注意

      ソフトウェア メータリングの規則は、規則に含まれるファイル名が異なるのであれば同じ名前を使用できます。Software metering rules can share the same name if the file name contained in the rules is different.

    • ファイル名 - 使用状況を測定するプログラム ファイルの名前。File Name - The name of the program file that you want to meter. クリックして 参照 を表示する、 開く ダイアログ ボックスを使用するプログラム ファイルを選択できます。You can click Browse to display the Open dialog box, in which you can select the program file to use.

      注意

      [ファイル名] フィールドに実行可能なファイル名を入力しても、そのファイルが存在するかどうか、または必要なヘッダー情報がそのファイルに含まれているかどうかはチェックされません。If you type the executable file name in the File name box, no checks are carried out to determine whether this file exists or whether it contains the necessary header information. なるべく、 [参照] ボタンを使用して使用状況を測定する実行可能ファイルを指定するようにしてください。When possible, click Browse and select the executable file to be metered.

      ファイル名にはワイルドカード文字は使用できません。Wildcard characters are not permitted in the file name.

      [元のファイル名] に値を指定している場合、このボックスは任意指定です。This box is optional if a value for Original file name is specified.

    • 元のファイル名 - 使用状況を測定する実行可能なファイルの名前。Original File Name - The name of the executable file that you want to meter. この名前は、ファイル名そのものではなくファイルのヘッダーに含まれる情報と一致するので、名前を変更した実行可能ファイルを元の名前で使用状況測定する場合に役立ちます。This name matches information in the header of the file, not the file name itself so that it can be useful in cases where the executable file has been renamed but you want to meter it by the original name.

      注意

      元のファイル名にはワイルドカード文字は使用できません。Wildcard characters are not permitted in the original file name.

      [ファイル名] に値を指定している場合、このボックスは任意指定です。This box is optional if a value for File Name is specified.

    • バージョン -使用状況を測定する実行可能ファイルのバージョン。Version - The version of the executable file you that want to meter. ワイルドカード文字 ( * ) を任意の文字列の代わりに使用できます。または、ワイルドカード文字 (?You can use the wildcard character ( * ) to represent any string of characters or the wildcard character ( ? ) を任意の 1 文字の代わりに使用できます。) to represent any single character. すべてのバージョンの実行可能ファイルの使用状況を測定するには、既定値 ( * ) を使用します。If you want to meter for all versions of an executable file, use the default value ( * ).

    • 言語 - 使用状況を測定する実行可能ファイルの言語。Language - The language of the executable file to meter. 既定値は使用しているオペレーティング システムの現在の設定言語です。The default value is the current locale of the operating system you are using. 使用状況を測定する実行可能ファイルを [参照] ボタンをクリックして選択する場合、そのファイルのヘッダーに言語情報が存在すれば、このボックスは自動的に入力されます。If you select an executable file to be metered by clicking the Browse button, this box is automatically filled if language information is present in the header of the file. ファイルのすべての言語バージョンの使用状況を測定するには、ドロップダウン リストで [任意] を選択します。To meter all language versions of a file, select Any in the drop-down list.

    • 説明 - ソフトウェア使用状況測定規則の説明 (任意指定)。Description - An optional description for the software metering rule.

    • このソフトウェアの使用状況測定規則を次のクライアントに適用 – 使用状況測定規則で指定されたサイトに割り当てられているクライアントを階層内のすべてのクライアントにソフトウェアを適用するかどうかを サイト ボックスの一覧です。Apply this software metering rule to the following clients – Select whether you want to apply the software metering rule to all clients in the hierarchy or to the clients that are assigned to the site specified in the Site list.

  4. 続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

  5. 設定を確認して確定し、ウィザードを完了してソフトウェア使用状況測定規則を作成します。Review and confirm the settings and then complete the wizard to create the software metering rule. 新しいソフトウェア メータリングの規則が表示される、 ソフトウェア使用状況測定 内のノード、 資産とコンプライアンス ワークスペース。The new software metering rule is displayed in the Software Metering node in the Assets and Compliance workspace.

自動ソフトウェア使用状況測定規則の構成Configure automatic software metering rules

Configuration Manager では、ソフトウェア使用状況の測定を構成して、サイト データベースに保持されている最新の利用状況インベントリ データから無効になったソフトウェア使用状況測定規則を自動的に生成できます。You can configure software metering in Configuration Manager to automatically generate disabled software metering rules from recent usage inventory data held in the site database. このインベントリ データを構成して、指定した割合のコンピューターで使用されるアプリケーションのみに測定規則が作成されるように構成できます。You can configure this inventory data so that only for applications that are used on a specified percentage of computers metering rules are created. サイトで許可する自動的に生成されるソフトウェア メータリング規則の最大数も指定できます。You can also specify the maximum number of automatically generated software metering rules allowed on the site.

注意

既定では、自動的に作成されたソフトウェア使用状況測定規則は、無効になっています。By default, software metering rules that are automatically created are disabled. これらの規則から使用状況データを収集するには、規則を有効にする必要があります。Before you can begin to collect usage data from these rules, you must enable them.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とアプライアンス] > [ソフトウェア使用状況の測定] の順にクリックしてから、 [ホーム] タブの [設定] グループで、 [ソフトウェア使用状況測定規則のプロパティ] をクリックします。In the Configuration Manager console, click Assets and Compliance > Software Metering, and then, in the Home tab, in the Settings group, click Software Metering Properties.

  2. [ソフトウェア使用状況測定規則のプロパティ] をクリックして、次を構成します。In the Software Metering Properties dialog box, configure the following:

    • [データの保管日数] - ソフトウェア使用状況測定規則で生成されたデータがサイト データベースに保持される期間を指定します。Data retention (in days) - Specifies the amount of time that data generated by software metering rules are kept in the site database. 既定値は 90 日です。The default value is 90 days.

    • [最新の使用状況インベントリ データから、無効にした使用状況測定規則を自動的に作成する] を有効にします。Enable the option Automatically create disabled metering rules from recent usage inventory data.

    • [階層内でプログラムを使用する必要のあるコンピューターの割合 (%) が次の値に達すると、ソフトウェア使用状況測定規則が自動的に作成されるようにする] - 既定値は [10] パーセントです。Specify the percentage of computers in the hierarchy that must use a program before a software metering rule is automatically created - The default value is 10 percent.

    • [階層内にあるソフトウェア使用状況測定規則が次の数に達すると、規則の自動作成を無効にする] - 既定値は [100] 規則です。Specify the number of software metering rules that must be exceeded in the hierarchy before the automatic creation of rules is disabled - The default value is 100 rules.

  3. [OK] をクリックして [既定の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Software Metering Properties dialog box.

ソフトウェア使用状況測定規則の管理Manage software metering rules

資産とコンプライアンス ワークスペースで、 ソフトウェア使用状況測定, 使用状況測定規則を管理するソフトウェアを選択し、管理タスクを選択しています。In the Assets and Compliance workspace, select Software Metering, select the software metering rule to manage, and then select a management task.

次の表で、管理タスクに関する詳細と、各タスクを選択する前に必要となる追加情報について説明します。Use the following table for more information about the management tasks that might require some information before you select them.

管理タスクManagement Task 詳細Details
有効化Enable

無効化Disable
ソフトウェア使用状況測定規則の有効化または無効化Enables or disables a software metering rule. この設定はに従ってクライアント コンピュータにダウンロード、 クライアント ポリシーのポーリング間隔 で、 クライアント ポリシー (既定では 60 分ごと) のクライアント設定のセクションです。This setting is downloaded to client computers according to the Client policy polling interval in the Client Policy section of client settings (by default, every 60 minutes).

Configure client settings」 (クライアント設定の構成) を参照してください。See Configure client settings .

ソフトウェア使用状況測定の監視Monitor software metering

Configuration Manager のソフトウェア使用状況の測定機能には、ソフトウェア使用状況測定操作に関する情報を監視できる複数の組み込みレポートが含まれています。Software metering in Configuration Manager includes a number of built-in reports which allow you to monitor information about software metering operations. これらのレポートは、 ソフトウェア使用状況測定に分類されています。These reports have the report category of Software Metering.

Configuration Manager でのレポートの構成方法に関して詳しくは、「レポート」をご覧ください。For more information about how to configure reporting in Configuration Manager, see Reporting.

また、ソフトウェア使用状況の測定機能によって Configuration Manager データベースに格納されたデータを使用して、クエリとコレクションを作成することもできます。Additionally, you can create queries and collections based on the data stored in the Configuration Manager database by software metering.

Configuration Manager のコレクションについて詳しくは、「コレクションの概要」を参照してください。For more information about collections in Configuration Manager, see Introduction to collections.

Configuration Manager のクエリについて詳しくは、「クエリの概要」を参照してください。For more information about queries in Configuration Manager, see Introduction to queries.

ソフトウェア使用状況測定のセキュリティとプライバシーSecurity and privacy for software metering

ソフトウェア使用状況の測定に関するセキュリティの問題Security Issues for Software Metering

攻撃者は、ソフトウェア使用状況測定のクライアント設定が無効化されていても管理ポイントが受け付けてしまう、無効なソフトウェア使用状況測定情報を Configuration Managerに送ってくる可能性があります。An attacker could send invalid software metering information to Configuration Manager, which will be accepted by the management point even when the software metering client setting is disabled. これにより多くの使用状況測定規則が階層内全体でレプリケートされ、ネットワークおよび Configuration Manager サイト サーバーでサービス拒否攻撃を引き起こす可能性があります。This might result in a large number of metering rules that are replicated throughout the hierarchy, causing a denial of service on the network and to Configuration Manager site servers.

攻撃者が無効なソフトウェア使用状況測定データを作成できるため、ソフトウェア使用状況測定情報は必ず正しいと考えないでください。Because an attacker can create invalid software metering data, do not consider software metering information to be authoritative.

ソフトウェア使用状況の測定は、クライアント設定として既定で有効になっています。Software metering is enabled by default as a client setting.

ソフトウェア使用状況の測定に関するプライバシー情報Privacy Information for Software Metering

ソフトウェア メータリングにより、クライアント コンピューターでのアプリケーションの使用状況が監視されます。Software metering monitors the usage of applications on client computers. 既定では、ソフトウェア使用状況の測定は有効になっています。Software metering is enabled by default. どのアプリケーションの使用状況を監視するかを構成する必要があります。You must configure which applications to meter. 使用状況測定情報は Configuration Manager データベースに格納されます。Metering information is stored in the Configuration Manager database. 情報は管理ポイントへの転送中に暗号化されますが、暗号化された形式で Configuration Manager データベースに格納されるわけではありません。The information is encrypted during transfer to a management point but it is not stored in encrypted form in the Configuration Manager database.

この情報は、サイト メンテナンス タスクによって削除されるまで、データベースに保存されます。 期限切れのソフトウェア使用状況測定データの削除 (5 日ごと) および 期限切れのソフトウェア メータリング概要データの削除 (270 日ごと)。This information is retained in the database until it is deleted by the site maintenance tasks Delete Aged Software Metering Data (every five days) and Delete Aged Software Metering Summary Data (every 270 days). 削除間隔は構成できます。You can configure the deletion interval. 使用状況測定情報がマイクロソフトに送信されることはありません。Metering information is not sent to Microsoft.

ソフトウェア使用状況の測定を構成する前に、プライバシー要件について検討してください。Before you configure software metering, consider your privacy requirements.

ソフトウェア使用状況測定の使用のシナリオ例Example scenario for using software metering

このセクションでは、次のビジネス要件の解決に役立つソフトウェア使用状況測定規則の例を作成します。In this section, you'll create an example software metering rule that can help you solve the following business requirements:

  • 社内にある特定のアプリのコピーの数を調べるDetermine how many copies of a particular app are in your company

  • アプリケーションの未使用のコピーを検出するDiscover any unused copies of an app

  • 特定のアプリケーションを定期的に使用しているユーザーを調べるDetermine which users regularly use a particular app

    Woodgrove Bank では、標準のオフィス生産性スイートとして Microsoft Office 2010 を導入しました。Woodgrove Bank has deployed Microsoft Office 2010 as its standard office productivity suite. しかし、レガシ アプリケーションをサポートするために、一部のコンピューターでは引き続き Microsoft Office Word 2003 を実行する必要があります。However, to support a legacy application, some computers must continue to run Microsoft Office Word 2003. IT 部門は、レガシ アプリケーションが使用されなくなった場合に、これらの Word 2003 を削除することによって、サポートおよびライセンス管理のコストを削減したいと思っています。The IT department wants to reduce support and licensing costs by removing these copies of Word 2003 if the legacy application is no longer used. また、ヘルプ デスクも、レガシ アプリケーションを使用しているユーザーを特定したいと思っています。The help desk also wants to identify which users use the legacy application.

    Woodgrove Bank の IT システム マネージャーは、Configuration Manager のソフトウェア使用状況測定を使って、これらのビジネス目標を達成します。Woodgrove Bank's IT Systems Manager uses software metering in Configuration Manager to achieve these business objectives. 管理者は次のアクションを実行します。The Admin performs the following actions:

  • ソフトウェア使用状況測定の前提条件をチェックし、レポート サービス ポイントがインストールされて機能していることを確認します。Checks the prerequisites for software metering and confirms that the reporting services point is installed and operational.

  • ソフトウェア使用状況測定のための既定のクライアント設定を構成します。Configures the default client settings for software metering:
    管理者はソフトウェア使用状況測定を有効にし、7 日ごとに 1 回という既定のデータ収集スケジュールを使用します。The Admin enables software metering and uses the default data collection schedule of once every seven days.
    管理者は、ソフトウェア インベントリのクライアント設定 [これらのファイルの種類をインベントリ対象とする] を構成することで、拡張子 .exe を持つファイルに対してインベントリを実行するようにソフトウェア インベントリを構成します。The Admin configures software inventory to inventory files that have the extension .exe by configuring the software inventory client setting Inventory these file types.
    管理者は、woodgrove.exe という名前の新しいソフトウェア使用状況測定の規則を追加して、レガシ アプリケーションを監視します。The Admin adds a new software metering rule, named woodgrove.exe, to monitor the legacy application.

  • 7 日間待機します。その後、クライアント コンピューターによって woodgrove.exe 実行可能ファイルの使用状況データのレポートが開始されます。Waits for seven days, after which the client computers begin to report usage data for the woodgrove.exe executable.

  • 管理者は、Configuration Manager レポートの [メータリングされたソフトウェア プログラムすべてのインストール ベース] を使用して、アプリケーション woodgrove.exe がどのコンピューターに読み込まれたのかを確認します。The Admin uses the Configuration Manager report Install base for all metered software programs to see which computers have the application woodgrove.exe loaded.

  • 6 か月後、管理者は、ソフトウェア使用状況測定の規則と過去 6 か月以内の日付を指定して、 [指定した日以降、インストール済みのメータリングされたプログラムが実行されていないコンピューター] レポートを実行します。After six months, the Admin runs the report Computers that have a metered program installed, but have not run the program since a specified date, specifying the software metering rule and a date six months in the past. このレポートでは、6 か月以内にこのプログラムを実行しなかった 120 台のコンピューターが特定されます。This report identifies 120 computers that have not run the program in the past six months.

  • 管理者は、特定したコンピューター上でレガシ アプリケーションが不要であることを確認するために、さらにいくつかのチェックを行います。The Admin makes some further checks to confirm that the legacy application is not required on the identified computers. その後、管理者はレガシ アプリケーションと Word 2003 をこれらのコンピューターからアンインストールします。The Admin then uninstalls the legacy application and the copy of Word 2003 from these computers.
    管理者は、レポート [特定のメータリングされたソフトウェア プログラムを実行したユーザー] を実行し、レガシ アプリケーションを使用し続けているユーザーのリストをヘルプ デスクに提供します。The Admin runs the report Users that have run a specific metered software program to provide the help desk with a list of users who continue to use the legacy application.

  • 管理者は、ソフトウェア使用状況測定レポートを週次で確認し続け、必要に応じて改善策を実行します。The Admin continues to check the software metering reports weekly and takes remedial action if necessary.

    この一連のアクションの結果として、不要になったアプリケーションを削除することで、IT サポートとライセンスのコストが削減されます。As a result of this course of action, IT support and licensing costs are reduced by removing the applications that are no longer required. さらに、ヘルプ デスクは、必要としていた、レガシ アプリケーションを実行するユーザーの一覧を入手することができました。In addition, the help desk now has the list that it wanted of the users who run the legacy application.