Configuration Manager で共同管理を有効にする方法How to enable co-management in Configuration Manager

共同管理を有効にした直後に機能が追加されます。When you enable co-management, you can gain immediate value. その後、準備ができたら、環境で必要に応じてワークロードの移行を開始できます。Then once you're ready, you can start transitioning workloads as needed in your environment.

このプロセスを開始する前に、必ず共同管理の前提条件を設定してください。Make sure the co-management prerequisites are set up before you start this process. 詳細については、「前提条件」を参照してください。For more information, see Prerequisites.

バージョン 1906 以降での共同管理の有効化Enable co-management starting in version 1906

Configuration Manager バージョン 1906 以降で共同管理を有効化するには、次の手順に従います。To enable co-management starting in Configuration Manager version 1906, follow the instructions below:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [共同管理] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Co-management node. リボン内の [共同管理の構成] をクリックし、共同管理構成ウィザードを開きます。Click Configure co-management in the ribbon to open the Co-management Configuration Wizard.

  2. ウィザードの [サブスクリプション] ページで、次の設定を構成します。On the Subscription page of the wizard, configure the following settings:

    • 使用する Azure 環境The Azure environment to use. たとえば、Azure パブリック クラウドや Azure 米国政府クラウドです。For example, the Azure Public Cloud or the Azure US Government Cloud.

    • [サインイン] を選択します。Select Sign In. Intune テナントにサインインし、 [次へ] を選択します。Sign in to your Intune tenant, and then select Next.

  3. [有効化] ページで、次の設定を選択します。On the Enablement page, choose the following settings:

    • [Automatic enrollment into Intune](Intune への自動登録) - 既存の Configuration Manager クライアントに対して、Intune で自動クライアント登録が有効になります。Automatic enrollment into Intune - Enables automatic client enrollment in Intune for existing Configuration Manager clients. このオプションにより、クライアントのサブセットで共同管理を有効にして初期テストを行ってから、段階的アプローチでロールアウトできます。This option allows you to enable co-management on a subset of clients to initially test co-management, and rollout co-management using a phased approach. デバイスがユーザーによって登録解除された場合、ポリシーの次の評価の際に再登録されます。If a device is unenrolled by the user, on the next evaluation of the policy, it will re-enroll.

      • [パイロット] - Intune 自動登録コレクションのメンバーである Configuration Manager クライアントのみが Intune に自動的に登録されます。Pilot - Only the Configuration Manager clients that are members of the Intune Auto Enrollment collection are automatically enrolled to Intune.
      • [すべて] - Windows 10、バージョン 1709 以降、クライアントに対して、自動登録を有効にします。All - Enable automatic enrollment for all Windows 10, version 1709 or later, clients.
    • [Intune 自動登録] - このコレクションには、共同管理に取り入れるすべてのクライアントを含める必要があります。Intune Auto Enrollment - This collection should contain all of the clients you want to onboard into co-management. 基本的には、その他すべてのステージング コレクションのスーパーセットになります。It's essentially a superset of all the other staging collections.

    Intune 自動登録の指定Specify Intune auto enrollment collection

    注意

    バージョン 1806 以降では、すべてのクライアントの自動登録がすぐに行われるのではありません。Starting in version 1806, automatic enrollment isn't immediate for all clients. この動作は、大規模な環境に対する登録のスケーリング向上に役立ちます。This behavior helps enrollment scale better for large environments. Configuration Manager は、クライアントの数に基づいて登録をランダム化します。Configuration Manager randomizes enrollment based on the number of clients. たとえば、環境に 100,000 のクライアントがある場合、この設定を有効にすると、登録は数日間にわたって行われます。For example, if your environment has 100,000 clients, when you enable this setting, enrollment occurs over several days.

    バージョン 1906 以降:Starting in version 1906:

    • 新しい共同管理デバイスが、その Azure Active Directory (Azure AD) "デバイス" トークンに基づいて、Microsoft Intune サービスに自動的に登録されるようになりました。A new co-managed device now automatically enrolls to the Microsoft Intune service based on its Azure Active Directory (Azure AD) device token. 自動登録を開始するのに、ユーザーがデバイスにサインインするのを待機する必要はありません。It doesn't need to wait for a user to sign in to the device for auto-enrollment to start. この変更により、登録状態が "ユーザー サインインの保留中" のデバイスの数を減らすことができます。This change helps to reduce the number of devices with the enrollment status Pending user sign in. この動作をサポートするには、デバイスで Windows 10 バージョン 1803 以降が実行されている必要があります。To support this behavior, the device needs to be running Windows 10, version 1803 or later. 詳細については、「共同管理の状態」を参照してください。For more information, see Co-management enrollment status.

    • 既に共同管理に登録されているデバイスがある場合は、前提条件を満たせば、新しいデバイスがすぐに登録されるようになりました。If you already have devices enrolled to co-management, new devices now enroll immediately once they meet the prerequisites.

  4. Intune に登録済みのインターネットベースのデバイスについては、 [有効化] ページのコマンド ラインをコピーして保存ください。For internet-based devices that are already enrolled in Intune, copy and save the command line on the Enablement page. このコマンド ラインを利用して、Intune のインターネットベースのデバイス用アプリとして、Configuration Manager クライアントをインストールできます。You'll use this command line to install the Configuration Manager client as an app in Intune for internet-based devices. ここでこのコマンド ラインを保存しない場合は、いつでも共同管理の設定を確認してこのコマンド ラインを取得するできます。If you don't save this command line now, you can review the co-management configuration at any time to get this command line.

  5. [ワークロード] ページで、各ワークロードについて、Intune による管理のために移動するデバイス グループを選択します。On the Workloads page, for each workload, choose which device group to move over for management with Intune. 詳細については、「ワークロード」を参照してください。For more information, see Workloads. 共同管理を有効にするだけの場合、今すぐワークロードを切り替える必要はありません。If you only want to enable co-management, you don't need to switch workloads now. 後でワークロードを切り替えることができます。You can switch workloads later. 詳細については、ワークロードを切り替える方法に関するページをご覧ください。For more information, see How to switch workloads.

    • [パイロット Intune] - [ステージング] ページで指定したパイロット コレクション内のデバイスに対してのみ、関連付けられたワークロードを切り替えることができます。Pilot Intune - Switches the associated workload only for the devices in the pilot collections you'll specify on the Staging page. 各ワークロードは、異なるパイロット コレクションを持つことができます。Each workload can have a different pilot collection.
    • [Intune] : 共同管理されるすべての Windows 10 デバイスに対する関連ワークロードを切り替えます。Intune - Switches the associated workload for all co-managed Windows 10 devices.

    重要

    ワークロードを切り替える前に、それに対応するワークロードが Intune で適切に構成され、展開されていることを確認します。Before you switch any workloads, make sure you properly configure and deploy the corresponding workload in Intune. デバイス用の管理ツールのいずれかでワークロードが常に管理されていることを確認します。Make sure that workloads are always managed by one of the management tools for your devices.

  6. [ステージング] ページで、パイロット Intune に設定された各ワークロードのパイロット コレクションを指定します。On the Staging page, specify the pilot collection for each of the workloads that are set to Pilot Intune.

    Intune 自動登録の指定Specify Intune auto enrollment collection

  7. 共同管理を有効にするには、ウィザードを終了します。To enable co-management, complete the wizard.

バージョン 1902 以前での共同管理の有効化Enable co-management in version 1902 and earlier

Configuration Manager バージョン 1902 以前で共同管理を有効化するには、次の手順に従います。To enable co-management for Configuration Manager version 1902 and earlier, follow the instructions below:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [共同管理] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Co-management node. リボン内の [共同管理の構成] をクリックし、共同管理構成ウィザードを開きます。Click Configure co-management in the ribbon to open the Co-management Configuration Wizard.

  2. ウィザードの [サブスクリプション] ページで [サインイン] を選択します。On the Subscription page of the wizard, select Sign In. Intune テナントにサインインし、 [次へ] を選択します。Sign in to your Intune tenant, and then select Next.

  3. [有効化] ページで [Automatic enrollment into Intune](Intune への自動登録) 設定として [パイロット] または [すべて] を選択します。On the Enablement page, choose your Automatic enrollment into Intune setting, either Pilot or All. デバイスがユーザーによって登録解除された場合、ポリシーの次の評価の際に再登録されます。If a device is unenrolled by the user, on the next evaluation of the policy, it will re-enroll.

    このアクションによって、既存の Configuration Manager クライアントに対して、Intune で自動クライアント登録が有効になります。This action enables automatic client enrollment in Intune for existing Configuration Manager clients. [パイロット] を選択すると、パイロット コレクションのメンバーである Configuration Manager クライアントのみが Intune に自動的に登録されます。When you choose Pilot, only the Configuration Manager clients that are members of the pilot collection are automatically enrolled to Intune. このオプションにより、クライアントのサブセットで共同管理を有効にして初期テストを行ってから、段階的アプローチでロールアウトできます。This option allows you to enable co-management on a subset of clients to initially test co-management, and rollout co-management using a phased approach.

    注意

    バージョン 1806 以降では、すべてのクライアントの自動登録がすぐに行われるのではありません。Starting in version 1806, automatic enrollment isn't immediate for all clients. この動作は、大規模な環境に対する登録のスケーリング向上に役立ちます。This behavior helps enrollment scale better for large environments. Configuration Manager は、クライアントの数に基づいて登録をランダム化します。Configuration Manager randomizes enrollment based on the number of clients. たとえば、環境に 100,000 のクライアントがある場合、この設定を有効にすると、登録は数日間にわたって行われます。For example, if your environment has 100,000 clients, when you enable this setting, enrollment occurs over several days.

  4. Intune に登録済みのインターネットベースのデバイスについては、 [有効化] ページのコマンド ラインをコピーして保存ください。For internet-based devices that are already enrolled in Intune, copy and save the command line on the Enablement page. このコマンド ラインを利用し、Intune にアプリとして Configuration Manager クライアントをインストールできます。You can use this command line to install the Configuration Manager client as an app in Intune. ここでこのコマンド ラインを保存しない場合は、いつでも共同管理の設定を確認してこのコマンド ラインを取得するできます。If you don't save this command line now, you can review the co-management configuration at any time to get this command line.

  5. [ワークロード] ページで、各ワークロードについて、Intune による管理のために移動するデバイス グループを選択します。On the Workloads page, for each workload, choose which device group to move over for management with Intune. 詳細については、「ワークロード」を参照してください。For more information, see Workloads.

    共同管理を有効にするだけの場合、今すぐワークロードを切り替える必要はありません。If you only want to enable co-management, you don't need to switch workloads now. 後でワークロードを切り替えることができます。You can switch workloads later. 詳細については、ワークロードを切り替える方法に関するページをご覧ください。For more information, see How to switch workloads.

    [パイロット Intune] 設定を選択すると、パイロット コレクションのデバイスの場合にのみ、関連するワークロードが切り替えられます。The Pilot Intune setting switches the associated workload only for the devices in the pilot collection. [Intune] 設定を選択すると、共同管理されているすべての Windows 10 デバイスについて関連するワークロードを切り替えます。The Intune setting switches the associated workload for all co-managed Windows 10 devices.

    重要

    ワークロードを切り替える前に、それに対応するワークロードが Intune で適切に構成され、展開されていることを確認します。Before you switch any workloads, make sure you properly configure and deploy the corresponding workload in Intune. デバイス用の管理ツールのいずれかでワークロードが常に管理されていることを確認します。Make sure that workloads are always managed by one of the management tools for your devices.

  6. [ステージング] ページで、次の設定を構成します。On the Staging page, configure the following settings:

    • パイロット:パイロット グループには、選択した 1 つまたは複数のコレクションが含まれます。Pilot: The pilot group contains one or more collections that you select. 共同管理の段階的なロールアウトの一部としてこのグループを使います。Use this group as part of your phased rollout of co-management. 小規模なテスト コレクションで開始し、共同管理をロールアウトするユーザーとデバイスを増やしながら、パイロット グループにコレクションを追加します。Start with a small test collection, and then add more collections to the pilot group as you roll out co-management to more users and devices. パイロット グループのコレクションはいつでも変更できます。You can change the collections in the pilot group at any time.

    • Production:1 つまたは複数のコレクションで [Exclusion group](除外グループ) を構成します。Production: Configure the Exclusion group with one or more collections. このグループのいずれかのコレクションのメンバーであるデバイスは、共同管理から除外されます。Devices that are members of any of the collections in this group are excluded from using co-management.

  7. 共同管理を有効にするには、ウィザードを終了します。To enable co-management, complete the wizard.

次のステップNext steps

これで共同管理が有効になりました。直後に環境に追加される機能については次の記事をお読みください。Now that you've enabled co-management, look at the following articles for immediate value you can gain in your environment: