Configuration Manager のハードウェア インベントリの拡張方法How to extend hardware inventory in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

ハードウェア インベントリは、Windows Management Instrumentation (WMI) を使用して、Windows PC から情報を読み取ります。Hardware inventory reads information from Windows PCs by using Windows Management Instrumentation (WMI). WMI は、企業の管理情報にアクセスするための業界標準である Web-Based Enterprise Management (WBEM) を Microsoft が実装したものです。WMI is the Microsoft implementation of web-based Enterprise Management (WBEM), an industry standard for accessing management information in an enterprise. 以前のバージョンの Configuration Manager では、サイト サーバー上のファイル sms_def.mof を変更してハードウェア インベントリを拡張しました。In previous versions of Configuration Manager, you extended hardware inventory by modifying the file sms_def.mof on the site server. このファイルには、ハードウェア インベントリで読み取ることができる WMI クラスのリストが含まれていました。This file contained a list of WMI classes that could be read by hardware inventory. このファイルを編集すると、既存のクラスを有効および無効にでき、インベントリする新しいクラスを作成することもできました。Editing this file, you could enable and disable existing classes, and also create new classes to inventory.

Configuration.mof ファイルは、クライアント上でハードウェア インベントリによってインベントリするデータ クラスを定義するために使用し、Configuration Manager 2012 から変更されていません。The Configuration.mof file is used to define the data classes to be inventoried by hardware inventory on the client and is unchanged from Configuration Manager 2012. クライアント システムに存在する既存またはカスタムの WMI リポジトリ データ クラスまたはレジストリ キーをインベントリする、データ クラスを作成できます。You can create data classes to inventory existing or custom WMI repository data classes or registry keys present on client systems.

また、Configuration.mof ファイルでは、ハードウェア インベントリ時にデバイス情報にアクセスする WMI プロバイダーを定義および登録します。The Configuration.mof file also defines and registers the WMI providers that access device information during hardware inventory. プロバイダーを登録することによって、使用するプロバイダーの種類とプロバイダーがサポートするクラスが定義されます。Registering providers defines the type of provider to be used and the classes that the provider supports.

Configuration Manager クライアントがポリシーを要求したときに、ポリシー本文に Configuration.mof が添付されます。When Configuration Manager clients request policy, the Configuration.mof is attached to the policy body. このファイルをクライアントがダウンロードしてコンパイルします。This file is then downloaded and compiled by clients. Configuration.mof ファイルでデータ クラスの追加、変更、または削除が行われると、クライアントは、インベントリ関連のデータ クラスに対して行われたこれらの変更内容を自動的にコンパイルします。When you add, modify, or delete data classes from the Configuration.mof file, clients automatically compile these changes that are made to inventory-related data classes. 構成マネージャー クライアントで新規または変更されたデータ クラスをインベントリするための追加の操作は必要ありません。No further action is necessary to inventory new or modified data classes on Configuration Manager clients. このファイルはプライマリ サイト サーバーの <CMInstallLocation>\Inboxes\clifiles.src\hinv\ にあります。This file is located in <CMInstallLocation>\Inboxes\clifiles.src\hinv\ on primary site servers.

Configuration Manager では、Configuration Manager 2007 で行ったように sms_def.mof ファイルを編集する必要がなくなりました。In Configuration Manager, you no longer edit the sms_def.mof file as you did in Configuration Manager 2007. 代わりに、WMI クラスを有効または無効にし、クライアント設定を使用して、ハードウェア インベントリで収集する新しいクラスを追加できます。Instead, you can enable and disable WMI classes, and add new classes to collect by hardware inventory by using client settings. Configuration Manager では、以下の方法を使用してハードウェア インベントリを拡張できます。Configuration Manager provides the following methods to extend hardware inventory.

注意

カスタム インベントリ クラスを追加するために Configuration.mof ファイルを手動で変更した場合は、バージョン 1602 への更新時に、これらの変更が上書きされます。If you've manually changed the Configuration.mof file to add custom inventory classes, these changes will be overwritten when you update to version 1602. 更新後にカスタム クラスを引き続き使用するには、1602 への更新後に、Configuration.mof ファイルの "Added extensions" セクションにカスタム クラスを追加する必要があります。To keep using custom classes after you update, you must add them to the "Added extensions" section of the Configuration.mof file after you update to 1602.
ただし、このセクションの上にある記述は変更しないでください。これらのセクションは Configuration Manager による変更のために予約されています。However, you must not modify anything above this section, as these sections are reserved for modification by Configuration Manager. カスタム Configuration.mof のバックアップは、A backup of your custom Configuration.mof can be found in:
<CM のインストール ディレクトリ>\data\hinvarchive\ にあります。<CM Install dir>\data\hinvarchive\.

メソッドMethod 説明More information
既存のインベントリ クラスを有効または無効にするEnable or disable existing inventory classes 既定のインベントリ クラスを有効または無効にしたり、指定のクライアントのコレクションからさまざまなハードウェア インベントリ クラスを収集したりできるようにする、カスタム クライアント設定を作成します。Enable or disable the default inventory classes or create custom client settings that allow you to collect different hardware inventory classes from specified collections of clients. この記事の手順「既存のインベントリ クラスを有効または無効にするには」を参照してください。See the To enable or disable existing inventory classes procedure in this article.
新しいインベントリ クラスを追加するAdd a new inventory class 別のデバイスの WMI 名前空間から新しいインベントリ クラスを追加します。Add a new inventory class from the WMI namespace of another device. この記事の手順「新しいインベントリ クラスを追加するには」を参照してください。See the To add a new inventory class procedure in this article.
ハードウェア インベントリ クラスをインポートおよびエクスポートするImport and export hardware inventory classes Configuration Manager コンソールから、インベントリ クラスが含まれているマネージド オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルをインポートおよびエクスポートします。Import and export Managed Object Format (MOF) files that contain inventory classes from the Configuration Manager console. この記事の「ハードウェア インベントリ クラスをインポートするには」および「ハードウェア インベントリ クラスをエクスポートするには」の手順を参照してください。See the To import hardware inventory classes and To export hardware inventory classes procedures in this article.
NOIDMIF ファイルを作成するCreate NOIDMIF Files NOIDMIF ファイルは、Configuration Manager ではインベントリできないクライアント デバイスに関する情報を収集するために使用します。Use NOIDMIF files to collect information about client devices that cannot be inventoried by Configuration Manager. たとえば、デバイス上にラベルとしてのみ存在するデバイス資産番号情報を収集できます。For example, you might want to collect device asset number information that exists only as a label on the device. NOIDMIF のインベントリは、収集元のクライアント デバイスに自動的に関連付けられます。NOIDMIF inventory is automatically associated with the client device that it was collected from. この記事の「NOIDMIF ファイルを作成するには」を参照してください。See To create NOIDMIF files in this article.
IDMIF ファイルを作成するCreate IDMIF Files IDMIF ファイルは、プロジェクター、複写機、ネットワーク プリンターなどの、構成マネージャー クライアントに関連付けられていない組織内の資産に関する情報を収集するために使用します。Use IDMIF files to collect information about assets in your organization that are not associated with a Configuration Manager client, for example, projectors, photocopiers and network printers. この記事の「IDMIF ファイルを作成するには」を参照してください。See To create IDMIF files in this article.

ハードウェア インベントリを拡張する手順Procedures to extend hardware inventory

この手順に従うと、ハードウェア インベントリに既定のクライアント設定を構成して、これらの設定を階層内のすべてのクライアントに適用できます。These procedures help you to configure the default client settings for hardware inventory and they apply to all the clients in your hierarchy. これらの設定を一部のクライアントにのみ適用するには、カスタム クライアント デバイス設定を作成して、特定のクライアントのコレクションに割り当てます。If you want these settings to apply to only some clients, create a custom client device setting and assign it to a collection of specific clients. クライアント設定を構成する方法に関するページを参照してください。See How to configure client settings.

既存のインベントリ クラスを有効または無効にするにはTo enable or disable existing inventory classes

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順に選択します。In the Configuration Manager console, choose Administration > Client Settings > Default Client Settings.

  2. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、[プロパティ] を選択します。On the Home tab, in the Properties group, choose Properties.

  3. [既定のクライアント設定] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア インベントリ] を選択します。In the Default Client Settings dialog box, choose Hardware Inventory.

  4. [デバイス設定] の一覧で、[クラスの設定] をクリックします。In the Device Settings list, click Set Classes.

  5. [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスで、ハードウェア インベントリで収集するクラスおよびクラス プロパティをオンまたはオフにします。In the Hardware Inventory Classes dialog box, select or clear the classes and class properties to be collected by hardware inventory. クラスを展開して、そのクラス内の個々のプロパティをオンまたはオフにできます。You can expand classes to select or clear individual properties within that class. 個々のクラスを検索するには、[インベントリ クラスの検索] フィールドを使用します。Use the Search for inventory classes field to search for individual classes.

    重要

    構成マネージャー ハードウェア インベントリに新しいクラスを追加すると、収集されてサイト サーバーに送信されるインベントリ ファイルのサイズが大きくなります。When you add new classes to Configuration Manager hardware inventory, the size of the inventory file that is collected and sent to the site server will increase. そのため、ネットワークと Configuration Manager サイトのパフォーマンスが低下する可能性があります。This might negatively affect the performance of your network and Configuration Manager site. 収集するインベントリ クラスのみ有効にしてください。Enable only the inventory classes that you want to collect.

新しいインベントリ クラスを追加するにはTo add a new inventory class

インベントリ クラスは、既定のクライアント設定を変更して、階層の最上位のサーバーからのみ追加できます。You can only add inventory classes from the hierarchy's top level server by modifying the default client settings. このオプションは、カスタム デバイス設定を作成する場合は使用できません。This option is not available when you create custom device settings.

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順に選択します。In the Configuration Manager console, choose Administration > Client Settings > Default Client Settings.

  2. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、[プロパティ] を選択します。On the Home tab, in the Properties group, choose Properties.

  3. [既定のクライアント設定] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア インベントリ] を選択します。In the Default Client Settings dialog box, choose Hardware Inventory.

  4. [デバイス設定] リストで、[クラスの設定] を選択します。In the Device Settings list, choose Set Classes.

  5. [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスで、[追加] を選択します。In the Hardware Inventory Classes dialog box, choose Add.

  6. [ハードウェア インベントリ クラスの追加] ダイアログ ボックスで、[接続] をクリックします。In the Add Hardware Inventory Class dialog box, click Connect.

  7. [Windows Management Instrumentation (WMI) に接続] ダイアログ ボックスで、WMI クラスを取得するコンピューターの名前、およびクラスの取得に使用する WMI 名前空間を指定します。In the Connect to Windows Management Instrumentation (WMI) dialog box, specify the name of the computer from which you will retrieve the WMI classes and the WMI namespace to use for retrieving the classes. 指定した WMI 名前空間のすべてのクラスを取得する場合は、[繰り返し] をクリックします。If you want to retrieve all classes below the WMI namespace that you specified, click Recursive. 接続しているコンピューターがローカル コンピューターでない場合は、リモート コンピューターの WMI へのアクセス許可があるログイン資格情報を指定します。If the computer you are connecting to is not the local computer, supply login credentials for an account that has permission to access WMI on the remote computer.

  8. [接続] を選択します。Choose Connect.

  9. [ハードウェア インベントリ クラスの追加] ダイアログ ボックスの [インベントリ クラス] の一覧で、構成マネージャー ハードウェア インベントリに追加する WMI クラスを選択します。In the Add Hardware Inventory Class dialog box, in the Inventory classes list, select the WMI classes that you want to add to Configuration Manager hardware inventory.

  10. 選択した WMI クラスに関する情報を編集するには、[編集] を選択して、[クラスの修飾子] ダイアログ ボックスに以下の情報を指定します。If you want to edit information about the selected WMI class, choose Edit, and in the Class qualifiers dialog box, provide the following information:

    • 表示名 - この名前はリソース エクスプローラーに表示されます。Display name - This name will be displayed in Resource Explorer.

    • [プロパティ] - WMI クラスの各プロパティを表示する単位を指定します。Properties - Specify the units in which each property of the WMI class will be displayed.

      クラスの各インスタンスを一意に識別できるように、プロパティをキー プロパティとして指定することもできます。You can also designate properties as a key property to help uniquely identify each instance of the class. クラスにキーが定義されておらず、クラスの複数のインスタンスがクライアントからレポートされる場合は、見つかった最新のインスタンスのみデータベースに格納されます。If no key is defined for the class and multiple instances of the class are reported from the client, only the latest instance that is found is stored in the database.

      プロパティの構成が終了したら、[OK] をクリックして [クラスの修飾子] ダイアログ ボックスとその他の開いているダイアログを閉じます。When you've finished configuring the properties, click OK to close the Class qualifiers dialog box and the other open dialogs.

ハードウェア インベントリ クラスをインポートするにはTo import hardware inventory classes

既定のクライアント設定を変更している場合は、インベントリ クラスのみインポートできます。You can only import inventory classes when you modify the default client settings. ただし、カスタム クライアント設定を使用して、[True] から [False] への既存のクラスのプロパティの変更などの、スキーマ変更が含まれていない情報をインポートできます。However, you can use custom client settings to import information that doesn't include a schema change, such as changing the property of an existing class from True to False.

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順に選択します。In the Configuration Manager console, choose Administration > Client Settings > Default Client Settings.

  2. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、[プロパティ] を選択します。On the Home tab, in the Properties group, choose Properties.

  3. [既定のクライアント設定] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア インベントリ] を選択します。In the Default Client Settings dialog box, choose Hardware Inventory.

  4. [デバイス設定] リストで、[クラスの設定] を選択します。In the Device Settings list, choose Set Classes.

  5. [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスで、[インポート] を選択します。In the Hardware Inventory Classes dialog box, choose Import.

  6. [インポート] ダイアログ ボックスで、インポートするマネージド オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルを選択し、[OK] を選択します。In the Import dialog box, select the Managed Object Format (MOF) file that you want to import, and then choose OK. インポートされる項目を確認したら、[インポート] をクリックします。Review the items that will be imported, and then click Import.

ハードウェア インベントリ クラスをエクスポートするにはTo export hardware inventory classes

  1. Configuration Manager コンソールで、[管理] > [クライアント設定] > [既定のクライアント設定] の順に選択します。In the Configuration Manager console, choose Administration > Client Settings > Default Client Settings.

  2. [ホーム] タブの [プロパティ] グループで、[プロパティ] を選択します。On the Home tab, in the Properties group, choose Properties.

  3. [既定のクライアント設定] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア インベントリ] を選択します。In the Default Client Settings dialog box, choose Hardware Inventory.

  4. [デバイス設定] リストで、[クラスの設定] を選択します。In the Device Settings list, choose Set Classes.

  5. [ハードウェア インベントリ クラス] ダイアログ ボックスで、[エクスポート] を選択します。In the Hardware Inventory Classes dialog box, choose Export.

    注意

    クラスをエクスポートする際、現在選択されているすべてのクラスがエクスポートされます。When you export classes, all currently selected classes will be exported.

  6. [エクスポート] ダイアログ ボックスで、クラスをエクスポートするマネージド オブジェクト フォーマット (MOF) ファイルを指定し、[保存] を選択します。In the Export dialog box, specify the Managed Object Format (MOF) file that you want to export the classes to, and then choose Save.

255 文字以上の文字列を収集するようにハードウェア インベントリを構成するConfigure hardware inventory to collect strings larger than 255 characters

Configuration Manager 1802 以降、ハードウェア インベントリ プロパティに対して、文字列の長さを 255 文字以上に構成できます。Beginning in Configuration Manager 1802, you can specify the length of strings to be greater than 255 characters for hardware inventory properties. この変更は、新しく追加されたクラスと、キーではないハードウェア インベントリ プロパティに対してのみ適用されます。This change applies only to newly added classes and for hardware inventory properties that aren't keys.

  1. [管理] ワークスペースで、[クライアント設定] をクリックして、編集するクライアント デバイス設定を強調表示し、右クリックして [プロパティ] を選択します。In the Administration workspace, click on Client Settings highlight a client device setting to edit, right-click then select Properties.

  2. [ハードウェア インベントリ][クラスの設定][追加] の順に選択します。Select Hardware Inventory, then Set Classes, and Add.

  3. [接続] ボタンをクリックします。Click the Connect button.

  4. [コンピューター名][WMI 名前空間] を入力し、必要に応じて [再帰] を選択します。Fill in Computer Name, WMI namespace, select recursive if needed. 接続するために必要な場合は、資格情報を指定します。Provide credentials if necessary to connect. [接続] をクリックして、名前空間クラスを表示します。Click Connect to view the namespace classes.

  5. 新しいクラスを選択してから [編集] をクリックします。Select a new class then click Edit.

  6. キー以外の、文字列であるプロパティの [長さ] を変更し、255 より大きい値になるようにします。Change the Length of your property that is a string, other than the key, to be greater than 255. [ OK] をクリックします。Click OK.

  7. [ハードウェア インベントリ クラスの追加] で編集したプロパティが選択されていることを確認して、[OK] をクリックします。Ensure that the edited property is selected for Add Hardware Inventory Class and click OK.

管理情報フォーマット ファイル (MIF ファイル) を使用してハードウェア インベントリを拡張する方法How to Use Management Information Files (MIF Files) to extend hardware inventory

管理情報フォーマット (MIF) ファイルを使用して、Configuration Manager によってクライアントから収集されるハードウェア インベントリ情報を拡張します。Use Management Information Format (MIF) files to extend hardware inventory information collected from clients by Configuration Manager. ハードウェアのインベントリ時に、MIF ファイルに保存された情報はクライアント インベントリ レポートに追加され、サイト データベースに保存されます。サイト データベースでは、既定のクライアント インベントリ データを使用するのと同じようにデータを使用できます。During hardware inventory, the information stored in MIF files is added to the client inventory report and stored in the site database, where you can use the data in the same ways that you use default client inventory data. NOIDMIF および IDMIF の 2 種類の MIF ファイルを使用できます。There are two types of MIF files, NOIDMIF, and IDMIF.

重要

MIF ファイルの情報を Configuration Manager データベースに追加する前に、そのクラス情報を作成またはインポートする必要があります。Before you can add information from MIF files to the Configuration Manager database, you must create or import class information for them. 詳細については、この記事の「 新しいインベントリ クラスを追加するには 」セクションと「 ハードウェア インベントリ クラスをインポートするには 」セクションを参照してください。For more information, see the sections To add a new inventory class and To import hardware inventory classes in this article.

NOIDMIF ファイルを作成するにはTo create NOIDMIF files

NOIDMIF ファイルを使用すると、Configuration Manager では通常収集できない、特定のクライアント デバイスに関連付けられている情報をクライアント ハードウェア インベントリに追加できます。NOIDMIF files can be used to add information to a client hardware inventory that can't normally be collected by Configuration Manager and is associated with a particular client device. たとえば、多くの企業では、組織内の各コンピューターに資産番号を示すラベルを付けてから、これらの番号を手動でカタログ化しています。For example, many companies label each computer in the organization with an asset number and then catalog these numbers manually. NOIDMIF ファイルを作成すると、この情報を Configuration Manager データベースに追加してクエリやレポートに使用できます。When you create a NOIDMIF file, this information can be added to the Configuration Manager database and be used for queries and reporting. NOIDMIF ファイルの作成の詳細については、Configuration Manager の SDK ドキュメントをご覧ください。For information about creating NOIDMIF files, see the Configuration Manager SDK documentation.

重要

NOIDMIF ファイルを作成するときに、ANSI でエンコードされた形式で保存する必要があります。When you create a NOIDMIF file, it must be saved in an ANSI encoded format. NOIDMIF ファイルを UTF-8 でエンコードされた形式で保存すると、Configuration Manager で読み取ることができません。NOIDMIF files saved in UTF-8 encoded format cannot be read by Configuration Manager.

NOIDMIF ファイルを作成したら、各クライアントの %Windir%\CCM\Inventory\Noidmifs フォルダーに保存します。After you create a NOIDMIF file, store it in the %Windir%\CCM\Inventory\Noidmifs folder on each client. Configuration Manager は、次回のスケジュールされたハードウェア インベントリ サイクル中に、このフォルダーの NODMIF ファイルから情報を収集します。Configuration Manager will collect information from NODMIF files in this folder during the next scheduled hardware inventory cycle.

IDMIF ファイルを作成するにはTo create IDMIF files

IDMIF ファイルを使用すると、Configuration Manager では通常インベントリできない、特定のクライアント デバイスに関連付けられていない資産に関する情報を Configuration Manager データベースに追加できます。IDMIF files can be used to add information about assets that couldn't normally be inventoried by Configuration Manager and isn't associated with a particular client device, to the Configuration Manager database. たとえば、IDMIFS を使用して、プロジェクター、DVD プレーヤー、複写機、または構成マネージャー クライアントが含まれていないその他の機器に関する情報を収集できます。For example, you could use IDMIFS to collect information about projectors, DVD players, photocopiers, or other equipment that doesn't have a Configuration Manager client. IDMIF ファイルの作成の詳細については、Configuration Manager の SDK ドキュメントをご覧ください。For information about creating IDMIF files, see the Configuration Manager SDK documentation.

IDMIF ファイルを作成したら、クライアント コンピューターの %Windir%\CCM\Inventory\Idmifs フォルダーに保存します。After you create an IDMIF file, store it in the %Windir%\CCM\Inventory\Idmifs folder on client computers. Configuration Manager は、次回のスケジュールされたハードウェア インベントリ サイクル中に、このファイルから情報を収集します。Configuration Manager will collect information from this file during the next scheduled hardware inventory cycle. クラスを追加またはインポートして、ファイルに含まれる情報の新しいクラスを宣言する必要があります。You must declare new classes for information contained in the file by adding or importing them.

注意

MIF ファイルは大量のデータを格納することができ、このデータを収集するのはサイトのパフォーマンスに悪影響を与える場合があります。MIF files could contain large amounts of data and collecting this data could negatively affect the performance of your site. MIF コレクションは必要なときだけ有効化し、ハードウェア インベントリ設定の [カスタム MIF ファイルの最大サイズ (KB)] オプションを構成します。Enable MIF collection only when required and configure the option Maximum custom MIF file size (KB) in the hardware inventory settings. 詳しくは、「ハードウェア インベントリの概要」をご覧ください。For more information, see Introduction to hardware inventory.