Configuration Manager でクライアントを管理する方法How to manage clients in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

デバイスに Configuration Manager クライアントがインストールされてサイトに正常に割り当てられると、 [デバイス] ノードの [資産とコンプライアンス] ワークスペース、および [デバイス コレクション] ノードの 1 つまたは複数のコレクションにデバイスが表示されます。When the Configuration Manager client installs on a device and successfully assigns to a site, you see the device in the Assets and Compliance workspace in the Devices node, and in one or more collections in the Device Collections node. デバイスまたはコレクションを選択し、管理操作を実行します。Select the device or a collection, and then run management operations. ただし、コンソールの他のワークスペースを使用するか、コンソールの外部のタスクを実行して、別の方法でクライアントを管理することもできます。However, there are other ways to manage the client, which might involve other workspaces in the console, or tasks outside of the console.

注意

Configuration Manager クライアントをインストールするが、まだサイトには正常に割り当てられていない場合、コンソールに表示されない可能性があります。If you install the Configuration Manager client, but it hasn't yet successfully assigned to a site, it might not display in the console. クライアントがサイトに割り当てられたら、コレクション メンバーシップを更新し、コンソール ビューを更新します。After the client assigns to a site, update collection membership, and then refresh the console view.

Configuration Manager クライアントがインストールされていないとき、デバイスがコンソールに表示されることもあります。A device can also display in the console when the Configuration Manager client isn't installed. この動作は、サイトでデバイスが検出されても、クライアントがインストールされておらず、割り当てられていない場合に発生します。This behavior happens if the site discovers a device but the client isn't installed and assigned.

Exchange Server コネクタまたはオンプレミス MDM で管理されるモバイル デバイスでは、Configuration Manager クライアントはインストールされません。Mobile devices managed with the Exchange Server connector or on-premises MDM don't install the Configuration Manager client.

コンソールからデバイスを管理するには、 [デバイス] ノードの [クライアント] 列を使用し、クライアントがインストールされているかどうかを判断します。To manage a device from the console, use the Client column in the Devices node to determine whether the client is installed.

[デバイス] ノードからクライアントを管理するManage clients from the Devices node

デバイスの種類によっては、一部のオプションを使用できません。Depending on the device type, some of these options might not be available.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動して、 [デバイス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Assets and Compliance workspace, and select the Devices node.

  2. 1 つまたは複数のデバイスを選択し、リボンからクライアント管理タスクのいずれかを選択します。Select one or more devices, and then select one of these client management tasks from the ribbon. デバイスを右クリックする方法もあります。You can also right-click the device.)

ユーザーとデバイスのアフィニティのインポートImport user device affinity

ユーザーとデバイスの関連付けを構成して、ユーザーにソフトウェアを効率的に展開することができます。Configure the associations between users and devices, so you can efficiently deploy software to users.

詳細については、「ユーザーとデバイスのアフィニティへのユーザーとデバイスの関連付け」を参照してください。For more information, see Link users and devices with user device affinity.

[コンピューター情報のインポート]Import computer information

コンピューター情報のインポート ウィザードを起動し、新しいコンピューター情報を Configuration Manager データベースにインポートします。Launch the Import Computer Information Wizard to import new computer information into the Configuration Manager database. ファイルを使用して複数のコンピューターをインポートしたり、1 台のコンピューターの情報を指定したりすることができます。You can import multiple computers using a file, or specify information for a single computer.

選択された項目の追加Add selected items

次のオプションが提供されます。Provides the following options:

  • [選択した項目を既存のデバイス コレクションに追加する] : [コレクションの選択] ダイアログ ボックスを開きます。Add selected items to existing device collection: Opens the Select Collection dialog box. このデバイスを追加するコレクションを選択します。Select the collection to which you want to add this device. ダイレクト メンバーシップの規則を使用することで、デバイスがこのコレクションに含まれます。The device is included in this collection by using a Direct membership rule.

  • [選択した項目を新しいデバイス コレクションに追加する] :新しいコレクションを作成できるデバイス コレクションの作成ウィザードを開きます。Add selected items to new device collection: Opens the Create Device Collection Wizard where you can create a new collection. ダイレクト メンバーシップの規則を使用することで、選択したコレクションがこのコレクションに含まれます。The selected collection is included in this collection by using a Direct membership rule.

詳しくは、「コレクションを作成する方法」をご覧ください。For more information, see How to create collections.

クライアントのインストールInstall client

クライアントのインストール ウィザードを開きます。Opens the Install Client Wizard. このウィザードでは、クライアント プッシュのインストールを使用し、選択したデバイスに Configuration Manager クライアントをインストールまたは再インストールします。This wizard uses client push installation to install or reinstall the Configuration Manager client on the selected device.

ヒント

Configuration Manager クライアントをインストールするには、さまざまな方法があります。There are many different ways to install the Configuration Manager client. クライアント プッシュ ウィザードにはコンソールからクライアントをインストールする便利な方法がありますが、この方法にはさまざまな依存関係があり、すべての環境に適しているわけではありません。Although the Client Push wizard offers a convenient client installation method from the console, this method has many dependencies and isn't suitable for all environments. 依存関係の詳細については、Windows コンピューターにクライアントを展開するための前提条件に関するページを参照してください。For more information about the dependencies, see Prerequisites for deploying clients to Windows computers. その他のクライアント インストール方法について詳しくは、クライアントのインストール方法に関するページをご覧ください。For more information about the other client installation methods, see Client installation methods.

詳細については、クライアント プッシュを使用した Configuration Manager クライアントのインストール方法に関する記述を参照してください。For more information, see How to install Configuration Manager clients by using client push.

スクリプトの実行Run script

スクリプトの実行ウィザードを起動し、選択したデバイスで PowerShell スクリプトを実行します。Opens the Run Script wizard to run a PowerShell script on the selected device.

詳しくは、「PowerShell スクリプトの作成と実行」をご覧ください。For more information, see Create and run PowerShell scripts.

アプリケーションのインストールInstall application

アプリケーションをデバイスにリアルタイムでインストールします。Install an application to a device in real time. この機能により、アプリケーションごとにコレクションを用意する必要性が減ります。This feature can help reduce the need for separate collections for every application.

詳しくは、「デバイスへのアプリケーションのインストール」をご覧ください。For more information, see Install applications for a device.

サイトの再割り当てReassign site

1 つまたは複数のクライアント (管理しているモバイル デバイスを含む) を、階層内の別のプライマリ サイトに再割り当てします。Reassign one or more clients, including managed mobile devices, to another primary site in the hierarchy. クライアントを個別に再割り当てするか、複数のクライアントを選択して一括で再割り当てをすることができます。You can individually reassign clients or select more than one to reassign them in bulk.

クライアント設定 - クライアントの設定の結果Client settings - Resultant client settings

同じデバイスに複数のクライアント設定を展開すると、設定の優先順位と組み合わせが複雑になります。When you deploy multiple client settings to the same device, the prioritization and combination of settings is complex. このオプションを使用すると、このデバイスに展開されるクライアント設定の結果セットが表示されます。Use this option to view the resultant set of client settings deployed to this device.

詳しくは、「クライアント設定を構成する方法」をご覧ください。For more information, see How to configure client settings.

開始Start

承認Approve

クライアントが HTTP および自己署名証明書を使用してサイト システムと通信する場合、信頼されるコンピューターとして識別されるように、これらのクライアントを承認する必要があります。When the client communicates with site systems using HTTP and a self-signed certificate, you must approve these clients to identify them as trusted computers. 既定では、サイト構成により、同じ Active Directory フォレストと信頼されるフォレストからのクライアントが自動的に承認されます。By default, the site configuration automatically approves clients from the same Active Directory forest and trusted forests. この既定の動作により、各クライアントを手動で承認する必要がありません。This default behavior means that you don't have to manually approve each client. 信頼できるワークグループ コンピューターと、信頼できるが承認されていないその他のコンピューターは手動で承認します。Manually approve workgroup computers that you trust, and any other unapproved computers that you trust.

重要

一部の管理機能は承認されていないクライアントでも動作する可能性がありますが、このシナリオは Configuration Manager ではサポートされていません。Although some management functions might work for unapproved clients, this is an unsupported scenario for Configuration Manager.

常に HTTPS を使用してサイト システムと通信するクライアントや、HTTP を使用してサイト システムと通信する際に PKI 証明書を使用するクライアントは、承認する必要はありません。You don't have to approve clients that always communicate to site systems using HTTPS, or clients that use a PKI certificate when they communicate to site systems using HTTP. これらのクライアントは、PKI 証明書を使用して信頼を確立します。These clients establish trust by using the PKI certificates.

ブロックまたはブロック解除するBlock or unblock

信頼できなくなったクライアントをブロックします。Block a client that you no longer trust. ブロックすると、クライアントはポリシーを受信できなくなり、サイト システムはクライアントと通信できなくなります。Blocking prevents the client from receiving policy, and prevents site systems from communicating with the client.

重要

クライアントをブロックすると、クライアントから Configuration Manager サイト システムへの通信のみ防ぐことができます。Blocking a client only prevents communication from the client to Configuration Manager site systems. 他のデバイスへの通信を防ぐことはできません。It doesn't prevent communication to other devices. HTTPS の代わりに HTTP を使用してクライアントがサイト システムに通信する場合、セキュリティ上の制限がいくつか生じます。When the client communicates to site systems by using HTTP instead of HTTPS, there are some security limitations.

ブロックされているクライアントのブロックを解除することもできます。You can also unblock a client that is blocked.

詳しくは、クライアントをブロックするかどうかの判断に関するページをご覧ください。For more information, see Determine whether to block clients.

必須の PXE 展開の消去Clear required PXE deployments

Configuration Manager コレクションまたはコンピューターに割り当てられた最終の PXE 展開の状態をクリアすることにより、必要な PXE 展開を再展開することができます。You can redeploy a required PXE deployment by clearing the status of the last PXE deployment assigned to a Configuration Manager collection or a computer. この操作でその展開の状態がリセットされ、最新の必要な展開が再インストールされます。This action resets the status of that deployment and reinstalls the most recent required deployments.

詳細については、「PXE を使用したネットワーク経由での Windows の展開」を参照してください。For more information, see Use PXE to deploy Windows over the network.

クライアント通知Client notification

詳細については、クライアント通知に関するページをご覧ください。For more information, see Client notifications.

Endpoint ProtectionEndpoint Protection

詳細については、クライアント通知に関するページをご覧ください。For more information, see Client notifications.

プライマリ ユーザーの編集Edit primary users

過去 90 日間を対象にこのデバイスのユーザーを表示するか、このデバイスのプライマリ ユーザーを指定します。View users of this device in the last 90 days, or specify the primary users of this device.

詳細については、「ユーザーとデバイスのアフィニティへのユーザーとデバイスの関連付け」を参照してください。For more information, see Link users and devices with user device affinity.

モバイル デバイスをワイプするWipe a mobile device

ワイプ コマンドをサポートするモバイル デバイスをワイプできます。You can wipe mobile devices that support the wipe command. この操作により、個人設定や個人データを含め、モバイル デバイスのすべてのデータが削除されます。This action permanently removes all data on the mobile device, including personal settings and personal data. 通常、この操作で、モバイル デバイスが工場出荷時の設定にリセットされます。Typically, this action resets the mobile device back to factory defaults. 信頼されなくなったモバイル デバイスをワイプします。Wipe a mobile device when it's no longer trusted. たとえば、デバイスの紛失時や盗難時などです。For example, if the device is lost or stolen.

ヒント

モバイル デバイスでリモート ワイプ コマンドがどのように処理されるかについては、製造元のドキュメントを参照してください。Check the manufacturer's documentation for more information about how the mobile device processes a remote wipe command.

モバイル デバイスがワイプ コマンドを受信するまで、通常、待ち時間が発生します。There's often a delay until the mobile device receives the wipe command:

  • モバイル デバイスが Configuration Manager によって登録されている場合、クライアントはそのクライアント ポリシーのダウンロード時にコマンドを受信します。If the mobile device is enrolled by Configuration Manager, the client receives the command when it downloads its client policy.

  • モバイル デバイスが Exchange Server コネクタによって管理されている場合、Exchange との同期時にコマンドを受信します。If the mobile device is managed by the Exchange Server connector, it receives the command when it synchronizes with Exchange.

デバイスがワイプ コマンドを受信するタイミングを監視するには、 [ワイプのステータス] 列を使用します。To monitor when the device receives the wipe command, use the Wipe Status column. デバイスが Configuration Manager にワイプ確認を送信するまで、ワイプ コマンドをキャンセルできます。Until the device sends a wipe acknowledgment to Configuration Manager, you can cancel the wipe command.

モバイル デバイスをインベントリから削除するRetire a mobile device

[インベントリから削除する] オプションをサポートしているのは、オンプレミス MDM によって登録されたモバイル デバイスのみです。The Retire option is supported only by mobile devices enrolled by on-premises MDM.

詳細については、リモート ワイプ、リモート ロック、パスコードのリセットを使用したデータの保護に関するページを参照してください。For more information, see Help protect your data with remote wipe, remote lock, or passcode reset.

所有権の変更Change ownership

デバイスがドメインに参加しておらず、Configuration Manager クライアントがインストールされていない場合は、このオプションを使用し、所有権を [会社] または [個人] に変更できます。If a device isn't domain-joined and doesn't have the Configuration Manager client installed, use this option to change the ownership to Company or Personal.

アプリケーションの要件にこの値を使用して、展開を制御できます。また、ユーザー デバイスから収集するインベントリの量を制御できます。You can use this value in application requirements to control deployments, and to control how much inventory is collected from users' devices.

また、必要に応じて、列見出しを右クリックして選択し、ビューに [デバイスの所有者] 列を追加することもできます。You may need to add the Device Owner column to the view by right-clicking any column heading and choosing it.

削除Delete

警告

Configuration Manager クライアントをアンインストールする場合やコレクションから削除する際、クライアントを削除しないでください。Don't delete a client if you want to uninstall the Configuration Manager client or remove it from a collection.

削除操作では、Configuration Manager データベースからクライアント レコードを手動で削除します。The Delete action manually removes the client record from the Configuration Manager database. この操作は、問題を解決する目的でのみ使用します。Only use this action to troubleshoot a problem. オブジェクトを削除しても、クライアントがまだインストールされており、サイトと通信している場合は、定期探索によりクライアント レコードが再作成されます。If you delete the object, but the client is still installed and communicating with the site, Heartbeat Discovery recreates the client record. クライアント履歴とすべての以前の関連付けは失われますが、Configuration Manager コンソールにはクライアント レコードが再表示されます。It reappears in the Configuration Manager console, although the client history and any previous associations are lost.

注意

Configuration Manager によって登録されたモバイル デバイス クライアントを削除すると、発行された PKI 証明書も失効します。When you delete a mobile device client that was enrolled by Configuration Manager, this action also revokes the issued PKI certificate. この証明書は、IIS で証明書失効リスト (CRL) が確認されなくても、管理ポイントによって拒否されます。This certificate is then rejected by the management point, even if IIS doesn't check the certificate revocation list (CRL).

モバイル デバイス レガシ クライアントを削除しても、これらのクライアントの証明書は失効しません。Certificates on mobile device legacy clients are not revoked when you delete these clients.

クライアントをアンインストールするには、Configuration Manager クライアントのアンインストールに関するセクションを参照してください。To uninstall the client, see Uninstall the Configuration Manager client.

クライアントを新しいプライマリ サイトに割り当てるには、サイトにクライアントを割り当てる方法に関するページをご覧ください。To assign the client to a new primary site, see How to assign clients to a site.

クライアントをコレクションから削除するには、コレクションのプロパティを再構成します。To remove the client from a collection, reconfigure the collection properties. 詳しくは、「コレクションを管理する方法」をご覧ください。For more information, see How to manage collections.

最新の情報に更新Refresh

データベースの最新データでコンソール ビューを更新します。Refresh the console view with the latest data in the database. たとえば、デバイスが検出からの一覧に表示されるが、インストール済みとして表示されないことがあります。For example, if a device appears in the list from discovery, but doesn't show as installed. クライアントをインストールし、サイトに割り当てられていることを確認したら、 [最新の情報に更新] を選択します。After you install the client and make sure it's assigned to the site, select Refresh.

プロパティProperties

クライアントを対象とした探索データと展開を表示します。View the discovery data and deployments targeted for the client.

また、OS をデバイスに展開するためにタスク シーケンスで使用される変数を構成できます。You can also configure variables that task sequences use to deploy an OS to the device. 詳細については、デバイスおよびコレクションのタスク シーケンスの変数の作成に関する記事を参照してください。For more information, se Create task sequence variables for devices and collections.

[デバイス コレクション] ノードからクライアントを管理するManage clients from the Device Collections node

[デバイス] ノードのデバイスで使用可能なタスクの多くは、コレクションでも使用可能です。Many of the tasks that are available for devices in the Devices node are also available on collections. コンソールは、コレクション内の対象となるすべてのデバイスに操作を自動的に適用します。The console automatically applies the operation to all eligible devices in the collection. コレクション全体でのこのアクションにより、追加のネットワーク パケットが生成され、サイト サーバー上の CPU 使用率が増加します。This action on an entire collection generates additional network packets and increases CPU usage on the site server.

コレクション レベルのタスクを実行する前に、次の点を考慮してください。Consider the following questions before you run collection-level tasks. タスクの開始後にコンソールからタスクを停止することはできません。Once started, you can't stop the task from the console.

  • コレクション内のデバイス数How many devices are in the collection?
  • デバイスが低帯域幅のネットワーク接続で接続されているかどうかAre the devices connected by low-bandwidth network connections?
  • すべてのデバイスでこのタスクを完了するのに必要な時間はどれくらいかHow much time does this task need to complete for all the devices?

詳しくは、「コレクションを管理する方法」をご覧ください。For more information, see How to manage collections.

クライアントの再起動Restart clients

Configuration Manager コンソールを使用して、再起動が必要なクライアントを識別します。Use the Configuration Manager console to identify clients that require a restart. その後、クライアント通知アクションを使用して、再開します。Then use a client notification action to restart them.

ヒント

自動クライアント アップグレードを有効にすると、より少ない作業量でクライアントを最新の状態に保つことができます。Enable automatic client upgrade to keep your clients up-to-date with less effort. 詳しくは、「自動クライアント アップグレードについて」をご覧ください。For more information, see About automatic client upgrade.

再起動が保留されているデバイスを識別するには、Configuration Manager コンソールで [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動して、 [デバイス] ノードを選択します。To identify devices that are pending a restart, go to the Assets and Compliance workspace in the Configuration Manager console and select the Devices node. 次に、詳細ウィンドウの [再起動を保留中] という名前の新しい列で、各デバイスの状態を表示します。Then view the status for each device in the details pane in a new column named Pending Restart. 各デバイスには次の 1 つ以上の値が示されます。Each device has one or more of the following values:

  • いいえ: 再起動は保留されていませんNo: there's no pending restart
  • Configuration Manager: この値は、クライアントの再起動コーディネーター コンポーネント (RebootCoordinator.log) からのものですConfiguration Manager: this value comes from the client reboot coordinator component (RebootCoordinator.log)
  • ファイル名の変更: この値は Windows から、ファイル名の変更操作が保留中であることが報告されているものです (HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager, PendingFileRenameOperations)File rename: this value comes from Windows reporting a pending file rename operation (HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager, PendingFileRenameOperations)
  • Windows Update: この値は Windows Update エージェントから、1 つ以上の更新プログラムに対して再起動の保留が必要であることが報告されているものです (HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RebootRequired)Windows Update: this value comes from the Windows Update Agent reporting a pending restart is required for one or more updates (HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update\RebootRequired)
  • 機能の追加または削除: この値は Windows コンポーネント ベースのサービスから、Windows 機能を追加または削除するには再起動が必要であることが報告されているものです (HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Reboot Pending)Add or remove feature: this value comes from the Windows component-based servicing reporting the addition or removal of a Windows feature requires a restart (HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\Reboot Pending)

クライアント通知を作成してデバイスを再起動するCreate the client notification to restart a device

  1. コンソールの [デバイス コレクション] ノードで、コレクション内の再起動するデバイスを選択します。Select the device you want to restart within a collection in the Device Collections node of the console.
  2. リボンで [クライアント通知] を選択し、 [再起動] を選択します。In the ribbon, select Client Notification, and then select Restart. 再起動に関する情報ウィンドウが開きます。An information window opens about the restart. [OK] を選択し、再起動要求を確定します。Select OK to confirm the restart request.

クライアントが通知を受信すると、 [ソフトウェア センター] 通知ウィンドウが開き、ユーザーに再起動について通知されます。When the notification is received by a client, a Software Center notification window opens to inform the user about the restart. 既定では、再起動は 90 分後に行われます。By default, the restart occurs after 90 minutes. クライアント設定を構成すると、再起動の時間を変更できます。You can modify the restart time by configuring client settings. 再起動の動作に関する設定は、既定の設定の [コンピューターの再起動] タブにあります。Settings for the restart behavior are found on the Computer restart tab of the default settings.

クライアント キャッシュを構成するConfigure the client cache

クライアントでアプリケーションとプログラムをインストールすると、一時ファイルがクライアント キャッシュに格納されます。The client cache stores temporary files for when clients install applications and programs. ソフトウェアの更新ではクライアント キャッシュも使用されますが、サイズ設定に関係なく、常にキャッシュへのダウンロードが試みられます。Software updates also use the client cache, but always attempt to download to the cache regardless of the size setting. クライアントを手動でインストールする場合、クライアント プッシュ インストールを使用する場合、またはインストール後に、サイズや場所など、キャッシュ設定を構成します。Configure the cache settings, such as size and location, when you manually install the client, when you use client push installation, or after installation.

Configuration Manager コンソールのクライアント設定を利用し、キャッシュ フォルダーのサイズを指定できます。You can specify the cache folder size using client settings in the Configuration Manager console. 詳細については、「クライアントのキャッシュ設定」を参照してください。For more information, see Client cache settings.

Configuration Manager クライアント キャッシュの規定の場所は %windir%\ccmcache であり、既定のディスク容量は 5,120 MB です。The default location for the Configuration Manager client cache is %windir%\ccmcache and the default disk space is 5120 MB.

重要

クライアント キャッシュに使用するフォルダーは暗号化しないでください。Don't encrypt the folder used for the client cache. Configuration Manager では、暗号化されているフォルダーにコンテンツをダウンロードできません。Configuration Manager can't download content to an encrypted folder.

クライアント キャッシュについてAbout the client cache

Configuration Manager クライアントは、展開を受けた後まもなく要求されたソフトウェアのコンテンツをダウンロードしますが、スケジュールされた展開時刻まで、それを実行しません。The Configuration Manager client downloads the content for required software soon after it receives the deployment but waits to run it until the deployment scheduled time. スケジュールされた時刻になると、Configuration Manager クライアントはコンテンツがキャッシュで利用可能かどうかを確認します。At the scheduled time, the Configuration Manager client checks to see whether the content is available in the cache. コンテンツがキャッシュ内にあり、バージョンが正しい場合、クライアントではキャッシュされたコンテンツが使用されます。If content is in the cache and it's the correct version, the client uses the cached content. 要求されたコンテンツのバージョンが変更されたり、クライアントが別のパッケージのためにコンテンツを削除したりした場合、クライアントは再びコンテンツをキャッシュにダウンロードします。When the required version of the content changes, or if the client deletes the content to make room for another package, the client downloads the content to the cache again.

クライアントがキャッシュのサイズより大きいプログラムまたはアプリケーションのコンテンツをダウンロードしようとすると、キャッシュ サイズが十分でないため、展開が失敗します。If the client attempts to download content for a program or application that is greater than the size of the cache, the deployment fails because of insufficient cache size. キャッシュ サイズが十分でない場合、クライアントはステータス メッセージ 10050 を生成します。The client generates status message 10050 for insufficient cache size. 後でキャッシュ サイズを増やすと、結果は次のようになります。If you increase the cache size later, the result is:

  • 要求されるプログラムの場合:クライアントでは、コンテンツのダウンロードが自動的に再試行されることはありません。For a required program: The client doesn't automatically retry to download the content. クライアントにパッケージとプログラムを再展開します。Redeploy the package and program to the client.
  • 要求されるアプリケーションの場合:クライアントは、クライアント ポリシーをダウンロードするときに、自動的にコンテンツのダウンロードを再試行します。For a required application: The client automatically retries to download the content when it downloads its client policy.

クライアントがダウンロードしようとするパッケージのサイズがキャッシュ サイズより小さくても、キャッシュに空きがない場合、次の状態になるまで、要求されたすべての展開は再試行を繰り返します。If the client attempts to download a package that's less than the size of the cache, but the cache is full, all required deployments keep retrying until:

  • キャッシュ領域が利用可能になるThe cache space is available
  • ダウンロードがタイムアウトするThe download times out
  • 再試行回数の制限に達するThe retry count reaches its limit

後でキャッシュ サイズを増やせば、クライアントでは、次回の再試行時にパッケージの再ダウンロードが試行されます。If you later increase the cache size, the client attempts to download the package again during the next retry interval. クライアントは試行回数が 18 回になるまで 4 時間ごとにコンテンツのダウンロードを試みます。The client tries to download the content every four hours until it tries 18 times.

キャッシュされたコンテンツが自動的に削除されることはありません。Cached content isn't automatically deleted. クライアントでそのコンテンツが使用された後、少なくとも 1 日はキャッシュに残ります。It remains in the cache for at least one day after the client uses that content. クライアント キャッシュの内容を保持するオプションでパッケージのプロパティを構成すると、クライアントでは内容が自動的に削除されません。If you configure the package properties with the option to persist content in the client cache, the client doesn't automatically delete it. 24 時間以内にダウンロードされたパッケージによってキャッシュ領域が使用されているときに、クライアントが新しいパッケージをダウンロードする必要がある場合は、キャッシュ サイズを増やすか、保持しているキャッシュ コンテンツを削除するためのオプションを選択してください。If the cache space is used by packages that were downloaded within the last 24 hours, and the client must download new packages, either increase the cache size or choose the option to delete persisted cache content.

手動によるクライアントのインストール中またはクライアントのインストール後に、クライアント キャッシュを構成するには、次の手順を使用します。Use the following procedures to configure the client cache during manual client installation, or after the client is installed.

クライアントの手動インストール中にキャッシュを構成するConfigure the cache during manual client installation

必要に応じて次のプロパティを指定して、インストール ソースの場所から CCMSetup.exe コマンドを実行します。プロパティはスペースで区切ります。Run the CCMSetup.exe command from the install source location and specify the following properties that you require, and separated by spaces:

  • DISABLECACHEOPTDISABLECACHEOPT

    • SMSCACHEDIRSMSCACHEDIR

    • SMSCACHEFLAGSSMSCACHEFLAGS

    • SMSCACHESIZESMSCACHESIZE

      注意

      SMSCACHESIZE ではなく Configuration Manager コンソールの [クライアント設定] で使用可能なキャッシュ サイズ設定を使用します。Use the cache size settings available in Client Settings in the Configuration Manager console instead of SMSCACHESIZE. 詳細については、「クライアントのキャッシュ設定」を参照してください。For more information, see Client cache settings.

CCMSetup.exe のこれらのコマンド ライン プロパティの使用方法の詳細については、「クライアント インストールのプロパティについて」を参照してください。For more information about how to use these command-line properties for CCMSetup.exe, see About client installation properties.

クライアントのプッシュ インストール中にキャッシュを構成するConfigure the cache during client push installation

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node.

  2. 適切なサイトを選択します。Select the appropriate site. リボンの [ホーム] タブの [設定] グループで、 [クライアント インストール設定] を選択し、 [クライアント プッシュ インストール] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Settings group, select Client Installation Settings, and choose Client Push Installation. [インストールのプロパティ] タブに切り替えます。Switch to the Installation Properties tab.

  3. スペース区切りで次のプロパティを指定します。Specify the following properties, separated by spaces:

    • DISABLECACHEOPTDISABLECACHEOPT

    • SMSCACHEDIRSMSCACHEDIR

    • SMSCACHEFLAGSSMSCACHEFLAGS

    • SMSCACHESIZESMSCACHESIZE

      注意

      SMSCACHESIZE ではなく Configuration Manager コンソールの [クライアント設定] で使用可能なキャッシュ サイズ設定を使用します。Use the cache size settings available in Client Settings in the Configuration Manager console instead of SMSCACHESIZE. 詳細については、「クライアントのキャッシュ設定」を参照してください。For more information, see Client cache settings.

      CCMSetup.exe のこれらのコマンド ライン プロパティの使用方法の詳細については、「クライアント インストールのプロパティについて」を参照してください。For more information about how to use these command-line properties for CCMSetup.exe, see About client installation properties.

クライアント コンピューターでキャッシュを構成するConfigure the cache on the client computer

  1. クライアント コンピューターで [Configuration Manager] コントロール パネルを開きます。On the client computer, open the Configuration Manager control panel.

  2. [キャッシュ] タブに切り替えます。領域と場所のプロパティを設定します。Switch to the Cache tab. Set the space and location properties. 既定の場所は %windir%\ccmcache です。The default location is %windir%\ccmcache.

  3. キャッシュ フォルダーのファイルを削除するには、 [ファイルの削除] を選択します。To delete the files in the cache folder, choose Delete Files.

[クライアント設定] でクライアント キャッシュ サイズを構成するConfigure client cache size in Client Settings

クライアント キャッシュ フォルダーのサイズを調整するとき、クライアントを再インストールする必要がありません。Adjust the size of the client cache without having to reinstall the client. Configuration Manager コンソールの [クライアント設定] で使用可能なキャッシュ サイズ設定を使用します。Use the cache size settings available in Client Settings in the Configuration Manager console. 詳細については、「クライアントのキャッシュ設定」を参照してください。For more information, see Client cache settings.

クライアントをアンインストールするUninstall the client

/Uninstall プロパティを付けて CCMSetup.exe を使用すると、Configuration Manager クライアント ソフトウェアをコンピューターからアンインストールできます。You can uninstall the Configuration Manager client software from a computer by using CCMSetup.exe with the /Uninstall property. 個々のコンピューター上でコマンド プロンプトから CCMSetup.exe を実行するか、パッケージを展開して、コンピューターのコレクションからクライアントをアンインストールします。Run CCMSetup.exe on an individual computer from the command prompt, or deploy a package to uninstall the client for a collection of computers.

注意

Configuration Manager クライアントをモバイル デバイスからアンインストールすることはできません。You can't uninstall the Configuration Manager client from a mobile device. Configuration Manager クライアントをモバイル デバイスから除去する必要がある場合は、デバイスをワイプする必要があります。ワイプはモバイル デバイス上のすべてのデータを削除します。If you must remove the Configuration Manager client from a mobile device, you must wipe the device, which deletes all data on the mobile device.

  1. Windows コマンド プロンプトを管理者として開きます。Open a Windows command prompt as an administrator. CCMSetup.exe のある場所にフォルダーを変更します (例: cd %windir%\ccmsetup)。Change the folder to the location in which CCMSetup.exe is located, for example: cd %windir%\ccmsetup

  2. 次のコマンドを実行します。CCMSetup.exe /uninstallRun the following command: CCMSetup.exe /uninstall

ヒント

アンインストールを実行しても、画面に結果は表示されません。The uninstall process displays no results on the screen. クライアントが正常にアンインストールされたことを確認するには、ログ ファイル %windir%\ccmsetup\logs\CCMSetup.log を参照します。To verify that the client successfully uninstalls, see the following log file: %windir%\ccmsetup\logs\CCMSetup.log

別の何かを行う前にアンインストール プロセスの完了を待たなければならない場合、PowerShell で Wait-Process CCMSetup を実行します。If you need to wait for the uninstall process to complete before doing something else, run Wait-Process CCMSetup in PowerShell. このコマンドでは、CCMSetup プロセスが完了する前にスクリプトを一時停止できます。This command can pause a script until the CCMSetup process completes.

競合しているレコードを管理するManage conflicting records

Configuration Manager はハードウェア ID を使用して、重複している可能性のあるクライアントを特定し、競合するレコードについて警告を発します。Configuration Manager uses the hardware identifier to attempt to identify clients that might be duplicates and alert you to the conflicting records. たとえば、コンピューターを再インストールする場合、ハードウェア ID が同じであっても Configuration Manager で使用される GUID が異なる可能性があります。For example, if you reinstall a computer, the hardware identifier would be the same but the GUID used by Configuration Manager might be changed.

Configuration Manager は、コンピューター アカウントの Windows 認証または信頼されたソースからの PKI 証明書を使用して、競合を自動的に解決します。Configuration Manager automatically resolves conflicts by using Windows authentication of the computer account or a PKI certificate from a trusted source. 重複するハードウェア識別子の競合を Configuration Manager で解決できないとき、階層設定により動作が決定されます。When Configuration Manager can't resolve the conflict of duplicate hardware identifiers, a hierarchy setting determines the behavior.

競合しているレコードの管理に関する階層の設定を変更するChange the hierarchy setting for managing conflicting records

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node.

  2. リボンで [階層設定] を選択します。In the ribbon, select Hierarchy Settings.

  3. [クライアントの承認と競合レコードの処理] タブに切り替え、次のいずれかのオプションを選択します。Switch to the Client Approval and Conflicting Records tab, and select one of the following options:

    • 競合しているレコードを自動で解決するAutomatically resolve conflicting records
    • 競合しているレコードを手動で解決するManually resolve conflicting records

競合しているレコードを手動で解決するManually resolve conflicting records

  1. Configuration Manager コンソールで、 [監視] ワークスペースに移動し、 [システム ステータス] を展開し、 [競合しているレコード] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Monitoring workspace, expand System Status, and select the Conflicting Records node.

  2. 1 つまたは複数の競合しているレコードを選択し、 [競合しているレコード] をクリックします。Select one or more conflicting records, and then choose Conflicting Record.

  3. 次のいずれかのオプションを選択します。Select one of the following options:

    • [結合] :新しく検出されたレコードを既存のクライアント レコードと結合します。Merge: Combine the newly detected record with the existing client record.

    • [新規] :競合しているクライアント レコードに対して新しいレコードを作成します。New: Create a new record for the conflicting client record.

    • [ブロック] :競合しているクライアント レコードに対して新しいレコードを作成しますが、ブロックに設定します。Block: Create a new record for the conflicting client record, but mark it as blocked.

重複するハードウェア識別子を管理するManage duplicate hardware identifiers

PXE ブートとクライアント登録で Configuration Manager に無視されるハードウェア ID の一覧を指定できます。You can provide a list of hardware identifiers that Configuration Manager ignores for PXE boot and client registration. この一覧は、次の 2 つの一般的な問題に対処するのに役立ちます。This list helps to address two common issues:

  1. 新しいデバイスの多くにイーサネット ポートが搭載されていません。Many new devices don't include an onboard Ethernet port. 技術者は、OS 展開のために有線接続を確立する場合、USB/イーサネット アダプターを使用します。Technicians use a USB-to-Ethernet adapter to establish a wired connection for purposes of OS deployment. コストや汎用性に起因し、多くの場合、これらのアダプターは共有されます。These adapters are often shared because of cost and general usability. サイトでは、このアダプターの MAC アドレスを使用してデバイスが識別されます。The site uses the MAC address of this adapter to identify the device. そのため、展開のたびに管理者が追加措置を行わなければ、アダプターの再利用が問題を引き起こします。So reusing the adapter becomes problematic without additional administrator actions between each deployment. このシナリオでアダプターを再利用するには、その MAC アドレスを除外します。To reuse the adapter in this scenario, exclude its MAC address.

  2. SMBIOS 属性を一意にする必要がありますが、専門的なハードウェア デバイスには ID が重複するものもあります。While the SMBIOS attribute should be unique, some specialty hardware devices have duplicate identifiers. この重複する ID を除外し、各デバイスの一意の MAC アドレスに依存します。Exclude this duplicate identifier and rely on the unique MAC address of each device.

Configuration Manager で無視するハードウェア識別子は次の手順で追加します。Use the following process to add hardware identifiers for Configuration Manager to ignore:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [サイトの構成] を展開して [サイト] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Site Configuration, and select the Sites node.

  2. リボンの [ホーム] タブの [サイト] グループで、 [階層設定] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Sites group, choose Hierarchy Settings.

  3. [クライアントの承認と競合レコードの処理] タブに切り替えます。新しいハードウェア識別子を追加するには、 [重複するハードウェア ID] セクションで [追加] を選択します。Switch to the Client Approval and Conflicting Records tab. To add new hardware identifiers, choose Add in the Duplicate hardware identifiers section.

ヒント

バージョン 1910 以降、次の PowerShell コマンドレットを使用して、重複するハードウェア識別子の管理を自動化します。Starting in version 1910, use the following PowerShell cmdlets to automate the management of duplicate hardware identifiers:

  • New-CMDuplicateHardwareIdGuidNew-CMDuplicateHardwareIdGuid
  • Remove-CMDuplicateHardwareIdGuidRemove-CMDuplicateHardwareIdGuid
  • New-CMDuplicateHardwareIdMacAddressNew-CMDuplicateHardwareIdMacAddress
  • Remove-CMDuplicateHardwareIdMacAddressRemove-CMDuplicateHardwareIdMacAddress

ポリシーの取得を開始するStart policy retrieval

Configuration Manager クライアントでは、クライアント設定として構成されているスケジュールに従ってクライアント ポリシーがダウンロードされます。A Configuration Manager client downloads its client policy on a schedule that you configure as a client setting. クライアントからオンデマンド ポリシー取得を開始することもできます。You can also start on-demand policy retrieval from the client. たとえば、トラブルシューティングやテストの場合に行います。For example, for troubleshooting or testing situations.

クライアント通知を使用してクライアント ポリシーの取得を開始するStart client policy retrieval with client notification

  1. Configuration Manager コンソールで、 [資産とコンプライアンス] ワークスペースに移動し、 [デバイス] を選択します。In the Configuration Manager console, go to the Assets and Compliance workspace, and select Devices.

  2. ポリシーをダウンロードするデバイスを選択します。Select the device that you want to download policy. リボンの [ホーム] タブの [デバイス] グループで、 [クライアント通知] を選択し、 [コンピューター ポリシーのダウンロード] を選択します。On the Home tab of the ribbon, in the Device group, select Client Notification, and then choose Download Computer Policy.

    注意

    クライアント通知を使用し、あるコレクション内のすべてのデバイスを対象にポリシー取得を開始することもできます。You can also use client notification to start policy retrieval for all devices in a collection.

Configuration Manager のクライアント コントロール パネルからクライアント ポリシー取得を開始するStart client policy retrieval from the Configuration Manager client control panel

  1. コンピューターで Configuration Manager コントロール パネルを開きます。Open the Configuration Manager control panel on the computer.

  2. [操作] タブに切り替えます。 [コンピューター ポリシーの取得および評価サイクル] を選択してコンピューター ポリシーを開始し、 [直ちに実行] を選択します。Switch to the Actions tab. Select Machine Policy Retrieval & Evaluation Cycle to start the computer policy, and then select Run Now.

  3. [OK] を選択してプロンプトを確定します。Select OK to confirm the prompt.

  4. その他の操作については、前の手順を繰り返します。Repeat the previous steps for any other actions. たとえば、ユーザー クライアント設定のユーザー ポリシーの取得および評価サイクルに対して行います。For example, User Policy Retrieval & Evaluation Cycle for user client settings.

サポート センターを使用してクライアント ポリシーの取得を開始するStart client policy retrieval with Support Center

サポート センターを使用し、クライアント ポリシーを要求し、表示するUse Support Center to request and view client policy. 詳しくは、サポート センターのリファレンス ページをご覧ください。For more information, see Support Center reference.

スクリプトを使用してクライアント ポリシーの取得を開始するStart client policy retrieval by script

  1. メモ帳や Windows PowerShell ISE などのスクリプト エディターを開きます。Open a script editor, such as Notepad or Windows PowerShell ISE.

  2. 次のサンプル PowerShell コードをコピーし、Copy and insert the following sample PowerShell code ファイルに挿入します。into the file:

    $trigger = "{00000000-0000-0000-0000-000000000021}"
    Invoke-WmiMethod -Namespace root\ccm -Class sms_client -Name TriggerSchedule $trigger
    

    ヒント

    スケジュール ID の詳細については、「メッセージ ID」を参照してください。For more information about the schedule IDs, see Message IDs.

  3. 拡張子 .ps1 を使ってファイルを保存します。Save the file with a .ps1 extension.

  4. クライアントでスクリプトを実行します。Run the script on the client.