Configuration Manager で Windows Analytics を使用するUse Windows Analytics with Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

重要

2019 年 10 月以降、Configuration Manager での Windows Analytics の統合は非推奨の機能です。As of October 2019, Windows Analytics integration in Configuration Manager is a deprecated feature. Windows Analytics サービスは、2020 年 1 月 31 日に廃止されます。The Windows Analytics service will retire on January 31, 2020.

Desktop Analytics が Windows Analytics の進化版です。Desktop Analytics is the evolution of Windows Analytics. 既存の Windows Analytics のお客様は、Desktop Analytics にデータを移行できます。Existing Windows Analytics customers can migrate data to Desktop Analytics.

詳細については、KB 4521815:Windows Analytics の廃止 (2020 年 1 月 31 日) に関するページをご確認ください。For more information, see KB 4521815: Windows Analytics retirement on January 31, 2020.

Windows Analytics は、環境の現在の状態に関する有益な分析情報が得られるソリューションのセットです。Windows Analytics is a set of solutions that allow you to gain insight into the current state of your environment. 環境内の Windows デバイスによって Microsoft に報告されたデータに、ソリューションからアクセスして分析できます。Windows devices in your environment report data to Microsoft, which you can access and analyze through these solutions. たとえば、Upgrade Readiness を Configuration Manager と接続することで、Configuration Manager コンソールの監視ワークスペースでデータに直接アクセスすることができます。For example, connect Upgrade Readiness to Configuration Manager to directly access the data in the Monitoring workspace of the Configuration Manager console.

Windows Analytics によって使用されるデータは、Configuration Manager サイト サーバーに直接転送されることはありません。The data used by Windows Analytics isn't transferred directly to the Configuration Manager site server. クライアント コンピューターは、Windows クラウド サービスにデータを送信します。Client computers send data to the Windows cloud service. その後、このサービスにより関連するデータが、組織のワークスペースのいずれかでホストされている Windows Analytics ソリューションに転送されます。This service then transfers the relevant data to Windows Analytics solutions hosted in one of your organization's workspaces. その後 Configuration Manager は、コンテキスト内リンクで Web ポータル内の関連データにユーザーを誘導します。Configuration Manager then directs you to relevant data in the web portal with in-context links. Configuration Manager に接続するソリューションの一部であるデータを直接表示することもできます。It can also directly display data that's part of solutions that you connect to Configuration Manager.

重要

Configuration Manager では、診断と使用状況のデータが Microsoft に報告されます。Configuration Manager reports diagnostics and usage data to Microsoft. このデータは、Windows Analytics のデータとは別のものです。This data is separate from Windows Analytics data. 詳細については、「診断結果と使用状況データ」を参照してください。For more information, see Diagnostics and usage data.

Windows Analytics にデータをレポートするようにクライアントを構成するConfigure Clients to report data to Windows Analytics

クライアント デバイスが Windows Analytics にデータを報告するには、"商用 ID キー" でデバイスを構成します。For client devices to report data to Windows Analytics, configure them with a commercial ID key. このキーは、Windows Analytics のデータをホストする Azure Log Analytics ワークスペースです。This key is Azure Log Analytics workspace that hosts your Windows Analytics data. また、使用する特定のソリューションに適したレベルでデータをレポートするようにデバイスを構成します。Also configure devices to report data at a level appropriate for the specific solutions that you want to use.

Windows Analytics クライアント設定の構成Configure Windows Analytics client settings

Windows Analytics を構成するには:To configure Windows Analytics:

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動して、 [クライアント設定] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, and select the Client Settings node.
  2. リボンで [カスタム クライアント デバイス設定の作成] を選択します。In the ribbon, select Create Custom Device Client Settings.
  3. Windows Analytics グループをこのカスタム デバイス クライアント設定ポリシーに追加します。Add the Windows Analytics group to this custom device client settings policy.

カスタム デバイス クライアント設定の作成方法について詳しくは、「クライアント設定を構成する方法」をご覧ください。For more information on creating custom device client settings, see How to configure client settings.

[Windows Analytics] 設定タブを選択し、次の設定を構成します。Select the Windows Analytics settings tab, and configure the following settings:

Configuration Manager を使用して、Windows テレメトリ設定を管理しますManage Windows telemetry settings with Configuration Manager

Windows クライアントで Windows 診断データの設定を構成するには、この設定を [はい] に構成します。Configure this setting to Yes to configure Windows diagnostic data settings on Windows clients.

商用 ID キーCommercial ID key

商用 ID キーは、管理するデバイスから組織の Windows Analytics データをホストする Log Analytics ワークスペースに情報をマップします。The commercial ID key maps information from devices you manage to the Log Analytics workspace that hosts your organization's Windows Analytics data. 使用する商用 ID キーを Upgrade Readiness で既に構成している場合は、その ID を使用します。If you've already configured a commercial ID key for use with Upgrade Readiness, use that ID. まだ商用 ID キーがない場合は、「Copy your commercial ID key」(商用 ID キーをコピーする) をご覧ください。If you don't yet have a commercial ID key, see Copy your commercial ID key.

Windows 10 テレメトリWindows 10 telemetry

詳しくは、「組織内の Windows 診断データの構成」をご覧ください。For more information, see Configure Windows diagnostic data in your organization.

注意

Windows 10 データ コレクション レベルを [拡張 (制限あり)] に設定することもできます。You can also set the Windows 10 data collection level to Enhanced (Limited). この設定を行うと、デバイスから [拡張] レベルのデータのすべてを報告されなくても、Windows 10 バージョン 1709 以降で、ご利用の環境のデバイスに関する、アクションにつながる有用な情報を得ることができます。This setting enables you to gain actionable insight about devices in your environment without devices reporting all of the data in the Enhanced level with Windows 10 version 1709 or later. [拡張 (制限あり)] レベルには、基本レベルから収集されたメトリックとともに、Windows Analytics に関連する [拡張] レベルから収集されたデータのサブセットも含まれます。The Enhanced (Limited) level includes metrics from the Basic level, as well as a subset of data collected from the Enhanced level relevant to Windows Analytics.

Windows 8.1 以前のテレメトリWindows 8.1 and earlier telemetry

詳細については、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 の利用統計情報のイベントとフィールドに関するドキュメント (PDF ファイル) を参照してください。For more information, see Windows 7, Windows 8, and Windows 8.1 appraiser telemetry events and fields.

Windows 8.1 以前の Internet Explorer データ コレクションを有効化Enable Windows 8.1 and earlier Internet Explorer data collection

Windows 8.1 以前を実行しているデバイスでは、Internet Explorer で Web アプリに関するデータを収集できます。On devices running Windows 8.1 or earlier, Internet Explorer can collect data about web apps. このデータによって、Upgrade Readiness は、Windows 10 へのスムーズなアップグレードが妨げられる可能性のある Web アプリケーションの非互換性を検出できます。This data can allow Upgrade Readiness to detect web application incompatibilities that could prevent a smooth upgrade to Windows 10. インターネット ゾーンに基づく Internet Explorer のデータ収集を有効にします。Enable Internet Explorer data collection based on the internet zone. インターネット ゾーンの詳細については、「About URL Security Zones (セキュリティ ゾーンについて)」をご覧ください。For more information about internet zones, see About URL Security Zones.

Upgrade Readiness を使用して Windows 10 の互換性の問題を特定するUse Upgrade Readiness to identify Windows 10 compatibility issues

Upgrade Readiness を使用すると、デバイスの準備と Windows 10 との互換性を分析できます。Upgrade Readiness enables you to analyze device readiness and compatibility with Windows 10. この評価ではスムーズなアップグレードが可能です。This assessment allows for smoother upgrades. Configuration Manager と Upgrade Readiness を接続すると、Configuration Manager コンソールからこのクライアントのアップグレードの互換性データに直接アクセスできます。After connecting Configuration Manager to Upgrade Readiness, access this client upgrade compatibility data directly in the Configuration Manager console. その後、デバイス リストからアップグレードまたは修復対象のデバイスを指定できます。Then target devices for upgrade or remediation from the device list.

Upgrade Readiness を構成および接続する方法の詳細については、Upgrade Readinessに関するページを参照してください。For more information and details on how to configure and connect to Upgrade Readiness, see Upgrade Readiness.

Windows Analytics を使用して Windows 情報保護ポリシー内のギャップを識別するUse Windows Analytics to identify gaps in Windows Information Protection Policies

Windows Information Protection (WIP) ポリシーで Windows 10 バージョン 1703 以降のデバイスを構成できます。You can configure Windows 10 version 1703 and later devices with a Windows Information Protection (WIP) policy. これにより、環境内の会社データにアクセスしているのにポリシー適用規則に含まれないアプリケーションについての診断データが報告されます。They report diagnostic data on applications that access corporate data in your environment but aren't included in the policy application rules. ユーザーがこれらのアプリケーションの生産性を維持する必要があっても、WIP によってユーザーのアクセスがブロックされます。Users may need these applications to stay productive, but WIP blocks the users' access. この情報は、Configuration Manager において Windows Information Protection ポリシーを維持するのに役立ちます。This information is useful to maintain your Windows Information Protection policies in Configuration Manager.