Configuration Manager から削除された機能と非推奨の機能Removed and deprecated features for Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: Configuration Manager (Current Branch)Applies to: Configuration Manager (current branch)

この記事では、Configuration Manager のサポートから非推奨になった、または削除された機能を示します。This article lists the features that are deprecated or removed from support for Configuration Manager. 非推奨の機能は、今後の更新で削除されます。Deprecated features will be removed in a future update. これらの将来的な変更は、Configuration Manager の使用に影響する可能性があります。These future changes might affect your use of Configuration Manager.

この情報は今後のリリースで変更されます。This information is subject to change with future releases. Configuration Manager の非推奨の機能は個別に含まれないことがあります。It might not include each deprecated Configuration Manager feature.

非推奨の機能Deprecated features

次の機能は非推奨とされます。The following features are deprecated. 今でも使用できますが、Microsoft は将来のサポート終了を計画しています。You can still use them now, but Microsoft plans to end support in the future.

機能Feature 最初に非推奨と発表Deprecation first announced 削除されたサポート Support removed
Windows AnalyticsUpgrade Readiness の統合。Windows Analytics and Upgrade Readiness integration. 詳細については、KB 4521815:Windows Analytics の廃止 (2020 年 1 月 31 日) に関するページをご確認ください。For more information, see KB 4521815: Windows Analytics retirement on January 31, 2020. 2019 年 10 月 14 日October 14, 2019 2020 年 1 月 31 日January 31, 2020
Azure からコンテンツを共有するための実装が変更されました。The implementation for sharing content from Azure has changed. コンテンツが有効なクラウド管理ゲートウェイを使用します。Use a content-enabled cloud management gateway. 今後は、従来のクラウド配布ポイントを作成できなくなります。You won't be able to create a traditional cloud distribution point in the future. 2019 年 2 月February 2019 未定注 1TBDNote 1
クラウド管理ゲートウェイとクラウドの配布ポイントのための Azure への従来のサービス展開。Classic service deployment to Azure for cloud management gateway and cloud distribution point. 詳細については、CMG の計画に関するページを参照してください。For more information, see Plan for CMG. 2018 年 11 月November 2018 未定注 1TBDNote 1

注 1:サポートの削除 TBDNote 1: Support removed TBD

特定の時間枠は TBD (未定) です。The specific timeframe is to be determined (TBD). Microsoft では、新しいプロセスまたは機能に変更することをおすすめしていますが、しばらくの間は、非推奨であるプロセスや機能を引き続き使用できます。Microsoft recommends that you change to the new process or feature, but you can continue to use the deprecated process or feature for the near future.

サポートされていない機能と削除された機能Unsupported and removed features

次の機能はサポート対象外となりました。The following features are no longer supported. 製品に含まれていない場合もあります。In some cases, they're no longer in the product.

機能Feature 最初に非推奨と発表Deprecation first announced 削除されたサポート Support removed
条件付きアクセス コンプライアンス ポリシーに対するデバイス正常性構成証明の評価Device health attestation assessment for conditional access compliance policies 詳細については、Configuration Manager で管理されている PC の Office 365 サービスへのアクセスの管理に関する記事をご覧ください。For more information, see Manage access to Office 365 services for PCs managed by Configuration Manager. 2019 年 7 月 3 日July 3, 2019 バージョン 1910Version 1910
Configuration Manager ポータル サイト アプリThe Configuration Manager Company Portal app 2019 年 5 月 21 日May 21, 2019 バージョン 1910Version 1910
アプリケーション カタログ Web サイト ポイントとアプリケーション カタログ Web サービス ポイントというサイト システムの役割を両方含む、アプリケーション カタログ:The application catalog, including both site system roles: the application catalog website point and web service point. 詳細については、「アプリケーション カタログの削除」を参照してください。For more information, see Remove the application catalog. 2019 年 5 月 21 日May 21, 2019 バージョン 1910Version 1910
Configuration Manager で Windows Hello for Business 設定を使用した証明書ベースの認証Certificate-based authentication with Windows Hello for Business settings in Configuration Manager
詳細については、Windows Hello for Business の設定 に関するページを参照してください。For more information, see Windows Hello for Business settings.
2017 年 12 月December 2017 バージョン 1910Version 1910
Mac および Linux 用 System Center Endpoint ProtectionSystem Center Endpoint Protection for Mac and Linux
詳しくは、サポートの終了ブログ投稿をご覧ください。For more information, see End of support blog post.
2018 年 10 月October 2018 2018 年 12 月 31 日December 31, 2018
オンプレミスの条件付きアクセスOn-premises conditional access
詳細については、ハイブリッド MDM の概要に関するページを参照してください。For more information, see What is hybrid MDM.
2019 年 1 月 30 日January 30, 2019 2019 年 9 月 1 日September 1, 2019
ハイブリッド モバイル デバイス管理 (MDM)Hybrid mobile device management (MDM)
詳細については、ハイブリッド MDM の概要に関するページを参照してください。For more information, see What is hybrid MDM.

2019 年 2 月末に予定されている 1902 Intune サービス リリース以降、新規のお客様は新しいハイブリッド接続を作成できなくなります。Starting with the 1902 Intune service release, expected at the end of February 2019, new customers can't create a new hybrid connection.
2018 年 8 月 14 日August 14, 2018 2019 年 9 月 1 日September 1, 2019
アプリケーション カタログ Web サイト ポイントの Silverlight ユーザー エクスペリエンスは現在サポートされていません。The Silverlight user experience for the application catalog website point is no longer supported. 新しいソフトウェア センターを使う必要があります。Users should use the new Software Center. 詳しくは、「ソフトウェア センターの構成」をご覧ください。For more information, see Configure Software Center. 2017 年 8 月 11 日August 11, 2017 バージョン 1806Version 1806
以前のバージョンのソフトウェア センター。The previous version of Software Center.

ソフトウェア センターの詳細については、「アプリケーション管理の計画と構成」をご覧ください。For more information about the new Software Center, see Plan for and configure application management.
2016 年 12 月 13 日December 13, 2016 バージョン 1802Version 1802
Configuration Manager によるバーチャル ハード ディスク (VHD) の管理。Management of Virtual Hard Disks (VHDs) with Configuration Manager.

この非推奨機能には、新しい VHD の作成オプション、またはタスク シーケンスを使用した VHD の管理オプションの削除と、Configuration Manager コンソールからのバーチャル ハード ディスクのノードの削除が含まれます。This deprecation includes removal of options to create a new VHD or manage a VHD using a task sequence, and the removal of the Virtual Hard Disks node from the Configuration Manager console.

既存の VHD は削除されませんが、Configuration Manager コンソール内からはアクセスできなくなります。Existing VHDs are not deleted, but are no longer accessible from within the Configuration Manager console.
2017 年 1 月 6 日January 6, 2017 バージョン 1710Version 1710
タスク シーケンス:Task sequences:
- ディスクをダイナミックに変換- Convert Disk to Dynamic
- 展開ツールのインストール- Install Deployment Tools
2016 年 11 月 18 日November 18, 2016 バージョン 1710Version 1710
Upgrade Assessment ToolUpgrade Assessment Tool

Upgrade Assessment Tool は、Configuration Manager と Application Compatibility Toolkit (ACT) 6.x の両方に依存します。The Upgrade Assessment Tool depends on both Configuration Manager and the Application Compatibility Toolkit (ACT) 6.x. ACT の最終バージョンは、Windows 10 v1511 ADK に同梱されていました。The final version of ACT was shipped in the Windows 10 v1511 ADK. 今後、ACT が更新されることはないため、Upgrade Assessment Tool のサポートは廃止されます。As there are no further updates to ACT, support for the Upgrade Assessment Tool is discontinued.

Upgrade Assessment Tool は、アップグレードの準備機能に置き換えられます。The Upgrade Assessment Tool is replaced by the Upgrade Readiness feature. 非推奨に関する注記は、2016 年 9 月 12 日に UAT のダウンロード ページに追加されました。Deprecation notice was added to the download page for UAT on September 12, 2016.
2016 年 9 月 12 日September 12, 2016 2017 年 7 月 11 日July 11, 2017
ネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターを備えたソフトウェアの更新ポイントSoftware update points with a network load balancing (NLB) cluster 2016 年 2 月 27 日February 27, 2016 バージョン 1702Version 1702
タスク シーケンス:Task sequences:
- OSDPreserveDriveLetter- OSDPreserveDriveLetter

既定で、オペレーティング システムの展開中に、Windows セットアップが使用する最適なドライブ文字を決定するようになりました (通常は C:)。During an operating system deployment, by default, Windows Setup now determines the best drive letter to use (typically C:). 別のドライブを使用するように指定する場合は、オペレーティング システムの適用タスク シーケンスのステップで場所を変更できます。If you want to specify a different drive to use, you can change the location in the Apply Operating System task sequence step. [このオペレーティング システムの適用先を選択してください。] の設定に進みます。Go to the Select the location where you want to apply this operating system setting. [特定の論理ドライブ文字] を選び、使うドライブを選びます。Select Specific logical drive letter and choose the drive that you want to use.
2016 年 6 月 20 日June 20, 2016 バージョン 1606Version 1606
ネットワーク アクセス保護 (NAP) - System Center 2012 Configuration Manager の機能Network Access Protection (NAP) - as found in System Center 2012 Configuration Manager 2015 年 7 月 10 日July 10, 2015 バージョン 1511Version 1511
帯域外管理 - System Center 2012 Configuration Manager の機能Out of Band Management - as found in System Center 2012 Configuration Manager 2015 年 10 月 16 日October 16, 2015 バージョン 1511Version 1511

バージョン 1511 で削除された機能Features removed in version 1511

次のセクションでは、バージョン 1511 で削除された機能の詳細を示します。The following sections include additional details for features removed with version 1511:

帯域外管理Out of Band Management

Configuration Manager では、Configuration Manager コンソール内からの AMT ベースのコンピューターに対するネイティブ サポートは削除されました。With Configuration Manager, native support for AMT-based computers from within the Configuration Manager console has been removed.

  • Configuration Manager 用 Intel SCS アドオンを使用すれば、AMT ベースのコンピューターは引き続き完全に管理されます。AMT-based computers remain fully managed when you use the Intel SCS Add-on for Configuration Manager. アドオンを使用することで、最新の機能にアクセスして AMT を管理できます。Configuration Manager にこれらの変更が組み込まれるまでに適用されていた制限は解除されます。The add-on provides you access to the latest capabilities to manage AMT, while removing limitations introduced until Configuration Manager could incorporate those changes.

  • System Center 2012 Configuration Manager での帯域外管理は、この変更の影響を受けません。Out of Band Management in System Center 2012 Configuration Manager is not affected by this change.

ネットワーク アクセス保護Network Access Protection

Configuration Manager では、ネットワーク アクセス保護のサポートが削除されました。Configuration Manager has removed support for Network Access Protection. この機能は Windows Server 2012 R2 で非推奨となり、Windows 10 からは削除されています。The feature has been deprecated in Windows Server 2012 R2, and is removed from Windows 10.

ネットワーク アクセス保護の代替方法については、「 ネットワーク ポリシーとアクセス サービスの概要 」で 非推奨の機能に関する説明を参照してください。For network access protection alternatives, see the Deprecated functionality section of Network Policy and Access Services Overview.

関連項目See also