Configuration Manager での Windows 機能とネットワークのサポートSupport for Windows features and networks in Configuration Manager

「オブジェクトの適用対象: System Center Configuration Manager (Current Branch)Applies to: System Center Configuration Manager (Current Branch)

この記事では、Configuration Manager による一般的な Windows とネットワークの機能のサポートを示します。This article identifies Configuration Manager support for common Windows and networking features.

BranchCacheBranchCache

配布ポイントで Windows BranchCache を有効にしているときは Configuration Manager で BranchCache を使用し、分散キャッシュ モードでそれを使用するようにクライアントを構成します。Use Windows BranchCache with Configuration Manager when you enable it on distribution points, and configure clients to use it in distributed cache mode.

アプリケーションの展開の種類、パッケージの展開、およびタスク シーケンスに関する BranchCache の設定を構成します。Configure the BranchCache settings on a deployment type for applications, on the deployment for a package, and for task sequences. バージョン 1802 以降では、BranchCache は既定で有効になります。Starting in version 1802, BranchCache is enabled by default.

BranchCache の要件を満たしている場合、リモートの場所にあるクライアントは、この機能を使用して、コンテンツの最新のキャッシュを持っているローカルのクライアントからコンテンツを取得できます。When the requirements for BranchCache are met, this feature enables clients in remote locations to obtain content from local clients that have a current cache of the content.

たとえば、BranchCache が有効な最初のクライアントが、BranchCache サーバーとして構成されている配布ポイントからコンテンツを要求するとき、クライアントはコンテンツをダウンロードしてキャッシュします。For example, when the first BranchCache-enabled client requests content from a distribution point that's configured as a BranchCache server, the client downloads and caches the content. これと同じコンテンツを要求する同じサブネット上のクライアントは、このコンテンツを利用できるようになります。This content is then made available for clients on the same subnet that requested this content.

これらのクライアントもそのコンテンツをキャッシュします。These clients also cache the content. 同じサブネット上の他のクライアントは、配布ポイントからコンテンツをダウンロードする必要はありません。Other clients on the same subnet don't have to download content from the distribution point. コンテンツは、今後の転送に備えて複数のクライアントに分散されます。The content is distributed across multiple clients for future transfers.

Configuration Manager で BranchCache をサポートするための要件Requirements to support BranchCache with Configuration Manager

配布ポイントを構成するConfigure distribution points

配布ポイントとして構成されたサイト システム サーバーに Windows BranchCache 機能を追加します。Add the Windows BranchCache feature to the site system server that's configured as a distribution point.

  • BranchCache をサポートするように構成されたサーバー上の配布ポイントには、追加の構成は必要ありません。Distribution points on servers that are configured to support BranchCache require no additional configuration.
  • Windows BranchCache をクラウド ベースの配布ポイントに追加することはできません。You can't add Windows BranchCache to a cloud-based distribution point. クラウドベースの配布ポイントは、Windows BranchCache が構成されているクライアントによるコンテンツのダウンロードをサポートしています。Cloud-based distribution points do support the download of content by clients that are configured for Windows BranchCache.

クライアントを構成するConfigure clients

  • BranchCache に対応したクライアントが、BranchCache 分散キャッシュ モード用に構成されている必要があります。The clients that can support BranchCache must be configured for BranchCache distributed cache mode.
  • BranchCache をサポートするには、BITS クライアント設定に対する OS 設定を有効にする必要があります。The OS setting for BITS client settings must be enabled to support BranchCache.

詳細については、Windows ドキュメントのBranchCache のクライアントの構成に関するページを参照してください。For information, see configure clients for BranchCache in the Windows documentation.

Configuration Manager でサポートされている OS バージョンと Windows BranchCacheConfiguration Manager supported OS versions with Windows BranchCache

オペレーティング システムOperating system サポートの詳細Support details
Windows 7 SP1Windows 7 with SP1 既定でサポートSupported by default
Windows 8Windows 8 既定でサポートSupported by default
Windows 8.1Windows 8.1 既定でサポートSupported by default
Windows 10Windows 10 既定でサポートSupported by default
Windows Server 2008 SP2Windows Server 2008 with SP2 BITS 4.0 が必要:BITS 4.0 リリースを構成マネージャー クライアントにインストールするには、ソフトウェアの更新プログラムまたはソフトウェアの配布を使用します。Requires BITS 4.0: Install the BITS 4.0 release on Configuration Manager clients by using software updates or software distribution. 詳細については、「Windows Management Framework Core」を参照してください。For more information, see Windows Management Framework.

この OS では、BranchCache クライアント機能はネットワークから実行されるソフトウェアの配布または SMB ファイル転送ではサポートされません。On this OS, the BranchCache client functionality isn't supported for software distribution that's run from the network or for SMB file transfers. 加えてこの OS では、BranchCache の機能をクラウド ベースの配布ポイントで使用することができません。Additionally, this OS can't use BranchCache functionality with cloud-based distribution points.
Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 既定でサポートSupported by default
Windows Server 2012Windows Server 2012 既定でサポートSupported by default
Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2 既定でサポートSupported by default
Windows Server 2016Windows Server 2016 既定でサポートSupported by default

BranchCache の詳細については、Windows Server ドキュメントの Windows の BranchCache に関するページを参照してください。For more information, see BranchCache for Windows in the Windows Server documentation.

ワークグループ内のコンピューターComputers in workgroups

Configuration Manager では、ワークグループ内のクライアントがサポートされます。Configuration Manager provides support for clients in workgroups.

注意

ワークグループのクライアントはサポートされますが、すべてのサイト システムは、サポートされた Active Directory ドメインのメンバーである必要があります。Although clients in workgroups are supported, all site systems must be members of a supported Active Directory domain.

データ重複除去Data deduplication

Configuration Manager は、次に示すオペレーティング システム上の配布ポイントで、データ重複除去の使用をサポートしています。Configuration Manager supports the use of data deduplication with distribution points on the following operating systems:

  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012Windows Server 2012

重要

パッケージ ソース ファイルをホストするボリュームは、データ重複除去の対象としてマークできません。The volume that hosts package source files can't be marked for data deduplication. この制限は、データ重複除去で再解析ポイントが使用されることから発生します。This limitation is because data deduplication uses reparse points. Configuration Manager では、再解析ポイントで保存したファイルが含まれるコンテンツ ソースの場所の使用はサポートされていません。Configuration Manager doesn't support using a content source location with files stored on reparse points.

詳細については、Configuration Manager チームのブログ「 Configuration Manager Distribution Points and Windows Server 2012 Data Deduplication」(Configuration Manager の配布ポイントと Windows Server 2012 のデータ重複除去) および Windows Server ドキュメントの「データ重複除去の概要」を参照してください。For more information, see Configuration Manager Distribution Points and Windows Server 2012 Data Deduplication on the Configuration Manager team blog, and Data Deduplication Overview in the Windows Server documentation.

DirectAccessDirectAccess

Configuration Manager では、クライアントとサイト サーバー システム間の通信用に DirectAccess 機能をサポートしています。Configuration Manager supports the DirectAccess feature for communication between clients and site server systems.

  • DirectAccess の要件がすべて満たされている場合、DirectAccess を使用することで、インターネット上の Configuration Manager クライアントは、イントラネット上にいるかのように割り当て先のサイトと通信できます。When all the requirements for DirectAccess are met, it enables Configuration Manager clients on the internet to communicate with their assigned site as if they were on the intranet.

  • リモート コントロールやクライアント プッシュ インストールなど、サーバーで開始されるアクションについては、開始するコンピューターで IPv6 が実行されている必要があります。For server-initiated actions, such as remote control and client push installation, the initiating computer must be running IPv6. 介在するネットワーク デバイスのすべてで、このプロトコルがサポートされている必要があります。This protocol must be supported on all intervening networking devices.

Configuration Manager では、次に示す DirectAccess を利用した機能はサポートされていません。Configuration Manager doesn't support the following functionality over DirectAccess:

  • OS の展開OS deployment

  • Configuration Manager サイト間の通信Communication between Configuration Manager sites

  • サイト内の Configuration Manager サイト システム サーバー間の通信Communication between Configuration Manager site system servers within a site

デュアル ブート コンピューターDual-boot computers

Configuration Manager では、1 台のコンピューター上の複数の OS を管理できません。Configuration Manager can't manage more than one OS on a single computer. 1 台の管理対象コンピューターに複数の OS がある場合は、管理対象の OS のみに構成マネージャー クライアントがインストールされるようにするためにサイトの探索方法およびインストール方法を調整します。If there's more than one OS on a computer to manage, adjust the site's discovery and client installation methods to ensure that the Configuration Manager client is installed only on the OS that has to be managed.

IPv6IPv6

Configuration Manager では、インターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4) に加えて、インターネット プロトコル バージョン 6 (IPv6) をサポートしています。ただし次の例外があります。In addition to Internet Protocol version 4 (IPv4), Configuration Manager supports Internet Protocol version 6 (IPv6), with the following exceptions:

機能Function IPv6 のサポートの例外Exception to IPv6 support
クラウドベースの配布ポイントCloud-based distribution points Microsoft Azure とクラウド ベースの配布ポイントをサポートするには、IPv4 が必要です。IPv4 is required to support Microsoft Azure and cloud-based distribution points.
クラウド管理ゲートウェイCloud management gateway Microsoft Azure とクラウド管理ゲートウェイをサポートするには、IPv4 が必要です。IPv4 is required to support Microsoft Azure and the cloud management gateway.
Microsoft Intune および Microsoft サービス コネクタで登録されるモバイル デバイスMobile devices that are enrolled by Microsoft Intune and the Microsoft service connector Microsoft Intune および Microsoft サービス コネクタで登録されるモバイル デバイスをサポートするには、IPv4 が必要です。IPv4 is required to support mobile devices that are enrolled by Microsoft Intune and the Microsoft service connector.
ネットワーク探索Network Discovery ネットワーク探索で検索するように DHCP サーバーを構成した場合は、IPv4 が必要です。IPv4 is required when you configure a DHCP server to search in Network Discovery.
OS の展開OS deployment バージョン 1802 以前では、OS の展開をサポートするには IPv4 が必要です。In version 1802 and prior, IPv4 is required to support OS deployment.

バージョン 1806 以降では、Windows 展開サービスなしで、配布ポイントで PXE レスポンダーを有効にします。Starting in version 1806, enable a PXE responder on a distribution point without Windows Deployment Service. この新しい PXE レスポンダー サービスは、IPv6 をサポートします。This new PXE responder service supports IPv6. タスク シーケンス中の静的 IP アドレスのキャプチャや設定など、OS 展開機能の他の部分では、引き続き IPv4 が必要です。Other aspects of the OS deployment feature, such as capturing or setting static IP addresses during the task sequence, continue to require IPv4.
ウェイクアップ プロキシ通信Wake-up proxy communication クライアントのウェイクアップ プロキシ パケットをサポートするには、IPv4 が必要です。IPv4 is required to support the client wake-up proxy packets.
Windows CEWindows CE Windows CE デバイスで Configuration Manager クライアントをサポートするには、IPv4 が必要です。IPv4 is required to support the Configuration Manager client on Windows CE devices.

ネットワーク アドレス変換Network Address Translation

Configuration Manager では、ネットワーク アドレス変換 (NAT) はサポートされていません。ただし、サイトがインターネット上のクライアントをサポートしていて、クライアントがインターネットに接続されていることを検出する場合を除きます。Network Address Translation (NAT) isn't supported in Configuration Manager, unless the site supports clients that are on the internet and the client detects that it's connected to the internet. インターネットベースのクライアント管理の詳細については、インターネット ベースのクライアント管理の計画に関するページを参照してください。For more information about internet-based client management, see Plan for managing internet-based clients.

特殊なストレージ技術Specialized storage technology

Configuration Manager は、Configuration Manager コンポーネントがインストールされている OS のバージョン用の Windows ハードウェア互換性リストで認定されているハードウェアで動作するように設計されています。Configuration Manager works with any hardware that's certified on the Windows Hardware Compatibility List for the version of the OS that the Configuration Manager component is installed on.

System Center Configuration Manager でディレクトリとファイルのアクセス許可を設定できるようにするために、サイト サーバーの役割では NTFS が必要です。Site server roles require NTFS, so that Configuration Manager can set directory and file permissions. Configuration Manager では、論理ドライブの完全な所有権が与えられていることを前提としています。Configuration Manager assumes that it has complete ownership of a logical drive. 個別のコンピューター上で実行されているサイト システムは、ストレージ技術を問わず論理パーティションを共有できません。Site systems that run on separate computers can't share a logical partition on any storage technology. ただし、各コンピューターは、共有ストレージ デバイスの同じ物理パーティションにある個別の論理パーティションを使用できます。However, each computer can use a separate logical partition on the same physical partition of a shared storage device.

サポートに関する考慮事項Support considerations

  • 記憶域ネットワーク:記憶域ネットワーク (SAN) は、サポート対象の Windows ベースのサーバーが、SAN でホストされているボリュームに直接接続されている場合にサポートされます。Storage Area Network: A Storage Area Network (SAN) is supported when a supported Windows-based server is attached directly to the volume that's hosted by the SAN.

  • 単一インスタンス記憶域:Configuration Manager では、単一インスタンス記憶域 (SIS) が有効なボリューム上の配布ポイント パッケージと署名フォルダーの構成はサポートされていません。Single Instance Storage: Configuration Manager doesn't support configuration of distribution point package and signature folders on a Single Instance Storage (SIS)-enabled volume.

    さらに、構成マネージャー クライアントのキャッシュは、SIS が有効なボリュームではサポートされていません。Additionally, the cache of a Configuration Manager client isn't supported on a SIS-enabled volume.

  • リムーバブル ディスク ドライブ:Configuration Manager では、リムーバブル ディスク ドライブへの Configuration Manager サイト システムまたはクライアントのインストールはサポートされていません。Removable disk drive: Configuration Manager doesn't support the installation of Configuration Manager site systems or clients on a removable disk drive.