Configuration Manager を Desktop Analytics に接続する方法How to connect Configuration Manager with Desktop Analytics

Desktop Analytics は、Configuration Manager と密接に統合されています。Desktop Analytics is tightly integrated with Configuration Manager. まず、最新の機能をサポートするために、確実にサイトを最新の状態にします。First, make sure the site is up to date to support the latest features. 次に、Configuration Manager で Desktop Analytics 接続を作成します。Then create the Desktop Analytics connection in Configuration Manager. 最後に、接続の正常性を監視します。Finally, monitor the health of the connection.

サイトを更新するUpdate the site

まず、お使いの Configuration Manager サイトでバージョン 1902 以降が実行されていることを確認します。First, make sure that your Configuration Manager site is running at least version 1902. 詳細については、コンソール内の更新プログラムのインストールに関するページを参照してください。For more information, see Install in-console updates.

また、Desktop Analytics との統合をサポートするために、バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップ (4500571) もインストールする必要があります。You also need to install the version 1902 update rollup (4500571) to support integration with Desktop Analytics. この更新プログラムの詳細については、「Configuration Manager Current Branch、バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップ 3」を参照してください。For more information on this update, see Update rollup for Configuration Manager current branch, version 1902.

  1. バージョン 1902 の更新プログラムのロールアップを使用してサイトを更新します。Update the site with the update rollup for version 1902. 詳細については、コンソール内の更新プログラムのインストールに関するページを参照してください。For more information, see Install in-console updates.

  2. クライアントを更新します。Update clients. このプロセスを簡単にするには、自動クライアント アップグレードの使用を検討します。To simplify this process, consider using automatic client upgrade. 詳細については、「クライアントをアップグレードする」をご覧ください。For more information, see Upgrade clients.

サービスに接続するConnect to the service

次の手順を使用して、Configuration Manager を Desktop Analytics に接続し、デバイス設定を構成します。Use this procedure to connect Configuration Manager to Desktop Analytics, and configure device settings. この手順は、階層をクラウド サービスにアタッチするための 1 回限りのプロセスです。This procedure is a one-time process to attach your hierarchy to the cloud service.

  1. Configuration Manager コンソールで、 [管理] ワークスペースに移動し、 [Cloud Services] を展開して [Azure サービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Azure Services node. リボンの [Azure サービスの構成] を選択します。Select Configure Azure Services in the ribbon.

    ヒント

    [Desktop Analytics サービス] ノードから、サービスに直接接続します。Connect to the service directly from the Desktop Analytics Servicing node. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースに移動し、 [Desktop Analytics サービス] ノードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, and select the Desktop Analytics Servicing node. [Desktop Analytics は初めてですか?] ボックスで、 [Connect Configuration Manager to the Desktop Analytics service](Configuration Manager を Desktop Analytics サービスに接続する) の 2 番目のリンクを選択します。In the New to Desktop Analytics? box, select the second link to Connect Configuration Manager to the Desktop Analytics service.

  2. Azure サービス ウィザードの [Azure サービス] ページで、次の設定を構成します。On the Azure Services page of the Azure Services Wizard, configure the following settings:

    • Configuration Manager でオブジェクトの名前を指定します。Specify a Name for the object in Configuration Manager.

    • 省略可能な説明を指定すれば、サービスを特定するのに役立ちます。Specify an optional Description to help you identify the service.

    • 利用可能なサービスの一覧から [Desktop Analytics] を選択します。Select Desktop Analytics from the list of available services.

    [次へ] を選択します。Select Next.

  3. [アプリ] ページで、適切な [Azure 環境] を選択します。On the App page, select the appropriate Azure environment. 次に、Web アプリの [参照] を選択します。Then select Browse for the web app.

  4. このサービスに再利用したい既存のアプリがある場合は、一覧からそれを選択して、 [OK] を選択します。If you have an existing app that you want to reuse for this service, choose it from the list, and select OK.

  5. ほとんどの場合、このウィザードを使用して Desktop Analytics 接続用のアプリを作成できます。In most cases, you can create an app for the Desktop Analytics connection with this wizard. [作成] を選択します。Select Create.

    ヒント

    このウィザードからアプリを作成できない場合は、Azure AD で手動でアプリを作成してから、Configuration Manager にインポートすることができます。If you can't create the app from this wizard, you can manually create the app in Azure AD, and then import into Configuration Manager. 詳細については、「Configuration Manager 用アプリの作成とインポート」をご覧ください。For more information, see Create and import app for Configuration Manager.

  6. [サーバー アプリケーションの作成] ウィンドウで、次の設定を構成します。Configure the following settings in the Create Server Application window:

    • アプリケーション名:Azure AD 内のアプリのフレンドリ名。Application Name: A friendly name for the app in Azure AD.

    • ホームページ URL:この値は Configuration Manager では使用されませんが、Azure AD で必要になります。HomePage URL: This value isn't used by Configuration Manager, but required by Azure AD. 既定値は https://ConfigMgrService です。By default this value is https://ConfigMgrService.

    • アプリ ID URI:この値は、Azure AD テナント内で一意である必要があります。App ID URI: This value needs to be unique in your Azure AD tenant. これは、サービスへのアクセスを要求するために Configuration Manager クライアントで使用されるアクセス トークンに含まれます。It's in the access token used by the Configuration Manager client to request access to the service. 既定値は https://ConfigMgrService です。By default this value is https://ConfigMgrService.

    • 秘密鍵の有効期間: ドロップダウン リストから、 [1 年] または [2 年] を選択します。Secret Key validity period: choose either 1 year or 2 years from the drop-down list. 1 年が既定値です。One year is the default value.

    [サインイン] を選択します。Select Sign in . Azure への認証が正常に行われると、ページに参照用の Azure AD テナント名が表示されます。After successfully authenticating to Azure, the page shows the Azure AD Tenant Name for reference.

    注意

    この手順は、グローバル管理者として実行してください。Complete this step as a Global administrator. これらの資格情報は Configuration Manager では保存されません。These credentials aren't saved by Configuration Manager. この管理者には Configuration Manager のアクセス許可は必要ありません。また、Azure サービス ウィザードを実行するアカウントと同じものである必要もありません。This persona doesn't require permissions in Configuration Manager, and doesn't need to be the same account that runs the Azure Services Wizard.

    [OK] を選択して Azure AD で Web アプリを作成し、サーバー アプリケーションの作成ダイアログを閉じます。Select OK to create the web app in Azure AD and close the Create Server Application dialog. [サーバー アプリ] ダイアログで、 [OK] を選択します。On the Server App dialog, select OK. 次に、Azure サービス ウィザードの [アプリ] ページで、[次へ] を選択します。Then select Next on the App page of the Azure Services Wizard.

  7. [診断データ] ページで、次の設定を構成します。On the Diagnostic Data page, configure the following settings:

    • [商用 ID] : この値には、ご自分の組織の ID が自動的に入力されます。Commercial ID: this value should automatically populate with your organization's ID. そうでない場合は、お使いのプロキシ サーバーが、必要なすべてのエンドポイントが許可されるように構成されていることを確認してから、次に進んでください。If it doesn't, make sure your proxy server is configured to allow all required endpoints before continuing. または、Desktop Analytics ポータルから、手動で商用 ID を取得します。Alternatively, retrieve your Commercial ID manually from the Desktop Analytics portal.

    • [Windows 10 診断データ レベル] : 最低でも [基本] を選択します。Windows 10 diagnostic data level: select at least Basic. 診断データのレベル」をご覧くださいSee Diagnostic data levels

    • [診断データでデバイス名を許可する] : [有効にする] を選択しますAllow Device Name in diagnostic data: select Enable

      注意

      Windows 10 バージョン 1803 からは、既定ではデバイス名が Microsoft に送信されません。Starting with Windows 10 version 1803, the device name isn't sent to Microsoft by default. デバイス名を送信しない場合、それは Desktop Analytics で "不明" として表示されます。If you don't send the device name, it appears in Desktop Analytics as "Unknown". この動作によって、デバイスの特定と評価が困難になる場合があります。This behavior can make it difficult to identify and assess devices.

    [次へ] を選択します。Select Next. [利用可能な機能] ページには、前のページの診断データの設定で使用できる Desktop Analytics 機能が表示されます。The Available functionality page shows the Desktop Analytics functionality that's available with the diagnostic data settings from the previous page. [次へ] を選択して続行するか、 [前へ] を選択して変更を加えます。Select Next to continue or Previous to make changes.

    Azure サービス ウィザードの [利用可能な機能] ページの例

  1. [コレクション] ページで、次の設定を構成します。On the Collections page, configure the following settings:

    • [表示名] :Desktop Analytics ポータルでは、この Configuration Manager 接続が、この名前を使用して表示されます。Display name: The Desktop Analytics portal displays this Configuration Manager connection using this name. これは、異なる階層を区別し、別の階層からコレクションを識別するために使用します。Use it to differentiate between different hierarchies, and to identify collections from separate hierarchies. 環境内の複数の階層を簡単に区別できる用語を使用します。たとえば、"テスト ラボ" や "実稼働" などです。Use terms to easily distinguish multiple hierarchies in your environment, for example: test lab or production.

    • ターゲット コレクション:このコレクションには、商用 ID と診断データの設定を使用して Configuration Manager によって構成されるすべてのデバイスが含まれます。Target collection: This collection includes all devices that Configuration Manager configures with your commercial ID and diagnostic data settings. それは、Configuration Manager によって Desktop Analytics サービスに接続されるデバイスの完全なセットです。It's the full set of devices that Configuration Manager connects to the Desktop Analytics service.

    • ターゲット コレクション内のデバイスでは、送信方向の通信にユーザー認証済みプロキシが使用されます:既定では、この値は [いいえ] です。Devices in the target collection use a user-authenticated proxy for outbound communication: By default, this value is No. 環境内で必要な場合は、 [はい] に設定します。If needed in your environment, set to Yes.

    • [Select specific collections to synchronize with Desktop Analytics](Desktop Analytics と同期する特定のコレクションを選択する) :ご自分の [ターゲット コレクション] 階層のコレクションを追加するには、 [追加] を選択します。Select specific collections to synchronize with Desktop Analytics: Select Add to include additional collections from your Target collection hierarchy. これらのコレクションは、Desktop Analytics ポータルで展開計画を使用してグループ化するために使用できます。These collections are available in the Desktop Analytics portal for grouping with deployment plans. パイロット コレクションとパイロット除外コレクションが含まれていることを確認してください。Make sure to include pilot and pilot exclusion collections.

      ヒント

      [コレクションの選択] ウィンドウには、 [ターゲット コレクション] によって制限されているコレクションのみが表示されます。The Select Collections window displays only the collections that are limited by the Target collection.

      次の例では、使用するターゲット コレクションとして CollectionA を選択します。In the following example, you select CollectionA as your target collection. その後、さらにコレクションを追加すると、CollectionA、CollectionB、および CollectionC が表示されます。Then when you add additional collections, you see CollectionA, CollectionB, and CollectionC. CollectionD を追加することはできません。You can't add CollectionD.

      • CollectionA: [すべてのシステム] コレクションによって制限されますCollectionA: limited by the All Systems collection
        • CollectionB: CollectionA によって制限されますCollectionB: limited by CollectionA
          • CollectionC: CollectionB によって制限されますCollectionC: limited by CollectionB
      • CollectionD: [すべてのシステム] コレクションによって制限されますCollectionD: limited by All Systems collection

      Desktop Analytics で展開プランを使用してグループ化するために利用できるコレクションを管理するには、Configuration Manager コンソールで [管理] ワークスペースにアクセスし、 [クラウド サービス] を展開して、 [Azure サービス] ノードを選択します。To manage the collections available in the Desktop Analytics portal for grouping with deployment plans, in the Configuration Manager console, go to the Administration workspace, expand Cloud Services, and select the Azure Services node. Desktop Analytics Azure サービスに関連付けられているエントリを選択し、 [Desktop Analytics コレクション] ページでご利用の設定を更新します。Select the entry associated with Desktop Analytics Azure Service and update your settings in the Desktop Analytics Collection page.

      重要

      これらのコレクションは、メンバーシップが変更されても引き続き同期されます。These collections continue to sync as their membership changes. たとえば、ご利用のターゲット コレクションで、Windows 7 のメンバーシップ規則付きのコレクションを使用するとします。For example, your Target collection uses a collection with a Windows 7 membership rule. これらのデバイスが Windows 10 にアップグレードされ、Configuration Manager によってコレクションのメンバーシップが評価されると、これらのデバイスはコレクションと Desktop Analytics から削除されます。As those devices upgrade to Windows 10, and Configuration Manager evaluates the collection membership, those devices drop out of the collection and Desktop Analytics.

  2. ウィザードを完了します。Complete the wizard.

Configuration Manager によって、ターゲット コレクション内にデバイスを構成するための設定ポリシーが作成されます。Configuration Manager creates a settings policy to configure devices in the Target Collection. このポリシーには、デバイスが Microsoft にデータを送信できるようにする診断データの設定が含まれています。This policy includes the diagnostic data settings to enable devices to send data to Microsoft. 既定では、クライアントでのポリシーの更新は 1 時間ごとに行われます。By default, clients update policy every hour. 新しい設定を受信した後、Desktop Analytics でデータが使用できるようになるまでに数時間以上かかる可能性があります。After receiving the new settings, it can be several hours more before the data is available in Desktop Analytics.

接続の正常性の監視Monitor connection health

Desktop Analytics 用のデバイスの構成を監視します。Monitor the configuration of your devices for Desktop Analytics. Configuration Manager コンソールで、 [ソフトウェア ライブラリ] ワークスペースにアクセスし、 [Desktop Analytics サービス] ノードを展開し、 [接続の正常性] ダッシュボードを選択します。In the Configuration Manager console, go to the Software Library workspace, expand the Desktop Analytics Servicing node, and select the Connection Health dashboard.

詳細については、「接続の正常性の監視」をご覧ください。For more information, see Monitor connection health.

接続の作成後、コレクションは、Configuration Manager によって 60 分以内に同期されます。Configuration Manager synchronizes your collections within 60 minutes of creating the connection. Desktop Analytics ポータルで、 [グローバル パイロット] にアクセスし、Configuration Manager デバイス コレクションを確認します。In the Desktop Analytics portal, go to Global Pilot, and see your Configuration Manager device collections.

注意

Desktop Analytics への Configuration Manager 接続は、サービス接続ポイントに依存します。The Configuration Manager connection to Desktop Analytics relies upon the service connection point. このサイトシステムの役割に対する変更は、クラウド サービスとの同期に影響する可能性があります。Any changes to this site system role may impact synchronization with the cloud service. 詳細については、「About the service connection point」 (サービスの接続ポイントについて) を参照してください。For more information, see About the service connection point.

次のステップNext steps

次の記事に進み、デバイスを Desktop Analytics に登録します。Advance to the next article to enroll devices to Desktop Analytics.