コネクタConnectors

コネクタは、基になるサービスが Microsoft Flow、PowerApps、および Logic Apps と対話できるようにする API のプロキシまたはラッパーとして機能します。A connector is a proxy or a wrapper around an API that allows the underlying service to talk to Microsoft Flow, PowerApps and Logic Apps. ユーザーはこれを使用して自分のアカウントに接続し、一連の事前作成済みのアクショントリガーを活用してアプリやワークフローを構築することができます。It provides a way for users to connect their accounts and leverage a set of pre-built actions and triggers to build their apps and workflows.

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) コネクタの大規模なエコシステムを使用すると、クラウドでアプリ、データ、およびデバイスを接続できます。Our large ecosystem of software as a service (SaaS) connectors enable you to connect apps, data and devices in the cloud. 人気のあるコネクタの例としては、Salesforce、Office 365、Twitter、Dropbox、Google サービスなどがあります。Examples of popular connectors include Salesforce, Office 365, Twitter, Dropbox, Google services, and more.

コネクタのコンポーネントComponents of a Connector

各コネクタにより、"アクション" と "トリガー" に分類される一連の操作が提供されます。Each connector offers a set of operations classified as 'Actions' and 'Triggers'. 基になるサービスに接続すると、アプリとワークフロー内でこれらの操作を簡単に活用できます。Once you connect to the underlying service, these operations can be easily leveraged within your apps and workflows.

アクションActions

アクションとは、ユーザーが指示した変更のことです。Actions are changes directed by a user. たとえば、アクションを使用して SQL データベース内のデータを検索、書き込み、更新、または削除します。For example, you would use an action to look up, write, update, or delete data in a SQL database. すべてのアクションは、Swagger で定義された操作に直接マップされています。All actions directly map to operations defined in the Swagger.

トリガーTriggers

一部のコネクタは、特定のイベントが発生したときにアプリに通知できるトリガーを備えています。Several connectors provide triggers that can notify your app when specific events occur. たとえば、FTP コネクタには OnUpdatedFile トリガーがあります。For example, the FTP connector has the OnUpdatedFile trigger. このトリガーをリッスンし、トリガーが起動されるたびにアクションを実行するロジック アプリまたはフローを作成できます。You can build either a Logic App or Flow that listens to this trigger and performs an action whenever the trigger fires.

トリガーには 2 種類あります。There are two types of trigger.

  • ポーリング トリガー: このトリガーは、指定された頻度でサービスを呼び出して、新しいデータをチェックします。Polling Triggers: These triggers call your service at a specified frequency to check for new data. 新しいデータを利用できる場合、そのデータを入力値としてワークフロー インスタンスが新たに実行されます。When new data is available, it causes a new run of your workflow instance with the data as input.

  • プッシュ トリガー: このトリガーは、エンドポイント上のデータをリッスンします。つまり、イベントの発生を待機します。Push Triggers: These triggers listen for data on an endpoint, that is, they wait for an event to occur. このイベントの発生により、ワークフロー インスタンスが新たに実行されます。The occurrence of this event causes a new run of your workflow instance.

注: トリガーは、PowerApps ではサポートされていません。Note : Triggers are not supported in PowerApps. アプリのフローを開始する方法をご確認ください。Learn how to start a flow in an app.

コネクタの使用Using Connectors

コネクタは複数の製品内で使用できます。Connectors are available for use within multiple products.

Flow ロゴFlow Logo

Microsoft FlowMicrosoft Flow

アプリおよびサービス全体のワークフローを構築してプロセスを自動化することで、業務をよりスマートにします。Work smarter by building workflows and automating processes across your apps and services. その例としては、通知の効率化、システム間のデータ同期、承認の自動化などがあります。Streamline notifications, sync data between systems, automate approval and more.

フローを構築して接続を管理する方法をご確認ください。Learn how to build flows and manage your connections.

PowerApps ロゴPowerApps Logo

PowerAppsPowerApps

PowerApps 使用すると、クリックと最小限のコードを使用して、クラウドに接続されたクロス プラットフォーム ビジネス アプリを構築できます。PowerApps enables users to build cloud connected and cross platform business apps using clicks and minimal code. Web、携帯電話、およびタブレットにわたって上質のユーザー エクスペリエンスが実現されます。Create rich user experiences across the web, phones and tablets. フォームをアセンブルし、ビジネス ロジックを追加して、創造性に富んだデバイス機能を活用します。Assemble forms, add business logic, and take advantage of device capabilities with full creative freedom.

アプリを最初から作成する方法、数式パレットの使用方法、接続の管理方法をご確認ください。Learn how to create an app from scratch, use the formula builder and manage your connections.

Logic AppsLogic Apps

Logic AppsLogic Apps

Logic Apps は、Microsoft Flow に対応したワークフロー エンジンです。Logic Apps is the workflow engine for Flow. プロの開発者はこれを使用することで、Azure でのワークフローを視覚的に作成し、プログラムを使用して構成できます。It enables pro-developers to visually create or programmatically configure workflows in Azure. Logic Apps でコネクタを使用すると、EAI、企業間 (B2B)、企業-消費者間 (B2C) の各シナリオを自動化しながら、ソース管理、テスト、サポート、操作といった利点を得ることができます。A connector in Logic Apps enables users to automate EAI, Business to business (B2B) and Business to consumer (B2C) scenarios while reaping the benefits of source control, testing, support, and operations.

Logic Apps では、エンタープライズ コネクタを使用してロジック アプリのワークフローを作成したり、クラウド アプリとクラウド サービスの間のプロセスを自動化したりできます。In Logic Apps, you can use enterprise connectors to create logic app workflows and automate processes between cloud apps and cloud services.

カスタム コネクタCustom connectors

Microsoft では幅広く各種コネクタを用意していますが、事前作成済みのコネクタとして使用できない API、サービス、およびシステムを呼び出すことが必要な場合もあります。We offer a wide variety of connectors, but sometimes you might want to call APIs, services, and systems that aren't available as prebuilt connectors. カスタマイズされたシナリオをサポートするために、独自のトリガーとアクションを備えた "カスタム コネクタ" を作成することができます。To support more tailored scenarios, you can build custom connectors with their own triggers and actions. これらのコネクタは "関数ベース" です。つまり、基になるサービスの特定の関数の呼び出しに基づいてデータが返されます。These connectors are function-based - data is returned based on calling specific functions in the underlying service. 詳細については、「Custom connectors overview (カスタム コネクタの概要)」を参照してください。For more information, see Custom connectors overview.