コネクタの概要

注意

Power Platform 接続のニーズとシナリオを理解し、接続エクスペリエンスを向上させるために、以下の調査にご協力ください: https://aka.ms/connectorscenarios

コネクタ は、基盤になるサービスが Microsoft Power Automate、Microsoft Power Apps、Azure Logic Apps と通信できるようにする API のプロキシまたはラッパーです。 それにより、ユーザーがアカウントを接続し、事前に構築された アクショントリガー のセットを活用して、アプリとワークフローを構築します。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) コネクタの大規模なエコシステムを使用すると、クラウドでアプリ、データ、およびデバイスを接続できます。 一般的なコネクタの例としては、Salesforce、Office 365、Twitter、Dropbox、Google サービスなどがあります。

建築業

ラン タイム フロー

コネクタ アーキテクチャ - ランタイム フロー

アーキテクチャ コンポーネント

アーキテクチャ コンポーネントとその機能は次のとおりです。

  • 認証情報とメタデータストア—コネクタ メタデータ (スワッガー、接続、ACL など)、および接続に関連付けられた資格情報を格納するサービス。

  • コネクタ

    • すべての Swagger とポリシーをホストする Azure APIM (API マネージャー)。 Azure APIM は、コネクタ呼び出しとやり取りするすべての呼び出しのエントリ ポイントであることに加えて、キー、トークン、証明書、その他の資格情報を検証します。
    • コネクタ webapps をホストするための App Service Environment。

コネクタ コンポーネント

各コネクタは、アクショントリガー に分類される一連の操作を提供します。 基盤となるサービスに接続すると、アプリやワークフロー内でこれらの操作を簡単に活用することができます。

アクション​​

アクションは、ユーザーによって指示された変更です。 たとえば、アクションを使用して SQL データベース内のデータを検索、書き込み、更新、削除します。 すべてのアクションは、Swagger で定義された操作に直接マッピングされます。

トリガー

いくつかのコネクタは、特定のイベントが発生したときにアプリに通知できるトリガーを提供しています。 たとえば、FTP コネクタには OnUpdatedFile トリガーがあります。 このトリガーをリッスンし、トリガーが起動するたびにアクションを実行するロジック アプリまたはフローのいずれかを構築できます。

トリガーには次の 2 つの種類があります。

  • ポーリング トリガー—指定された頻度でサービスを呼び出して、新しいデータをチェックします。 新しいデータが利用可能になると、データを入力としてワークフロー インスタンスを新規に実行します。

  • プッシュ トリガー—これらのトリガーは、エンドポイントのデータをリッスンし、イベントが発生を待機します。 このイベントが発生すると、ワークフロー インスタンスが新たに実行されます。

注意

Power Apps では、トリガーに対応していません。 アプリでフローを開始する方法を説明します。

コネクタを使用する

コネクタは複数の製品で使用できます。

Power Automate ロゴ

Power Automate

ワークフローを構築し、アプリやサービス全体のプロセスを自動化することで、よりスマートに作業を進めることができます。 その例としては、通知の効率化、システム間のデータ同期、承認の自動化などがあります。

フローの構築接続の管理 について説明します。

Power Apps ロゴ

Power Apps

Power Apps では、クリックと最小限のコードでクラウドに接続されたやクロスプラット フォームのビジネス アプリを構築できるようになりました。 Web、携帯電話、タブレットを横断して上質のユーザー エクスペリエンスが実現されます。 フォームを組み立て、ビジネス ロジックを追加し、完全な創造的自由を備えたデバイス機能を活用します。

アプリを最初から作成する方法数式パレットの使用方法接続の管理方法について説明します。

Logic Apps

Logic Apps

Logic Apps は、Power Automate のワークフローエンジンです。 プロの開発者が Azure でワークフローを視覚的に作成したり、プログラムで設定したりすることができます。 Logic Apps のコネクタを使用すると、EAI、企業間 (B2B)、企業-消費者間 (B2C) の各シナリオを自動化しつつも、ソース管理、テスト、サポート、操作といった利点を得ることができます。

Logic Apps では、エンタープライズ コネクタを使用してロジック アプリのワークフローを作成するし、クラウド アプリとクラウド サービス間のプロセスを自動化することができます。

カスタム コネクタ

さまざまなコネクタを提供していますが、ビルド済みのコネクタとして利用できない API、サービス、システムを呼び出すこともできます。 より具体的なシナリオに対応する場合、独自のトリガーとアクションを持つ カスタム コネクタ を作成できます。 これらのコネクタは 関数ベース です。—データは、基礎となるサービスの特定の関数の呼び出しに基づいて返されます。 詳細については、ユーザー定義のコネクタの概要を参照してください。

フィードバックを提供する

コネクタ プラットフォームの問題点や新機能のアイデアなどのフィードバックをお待ちしています。 フィードバックを提供するには、「問題を送信するか、コネクタに関するヘルプを入手する」にアクセスし、フィードバックの種類を選択します。