Excel Online (Business)

Excel Online (Business) コネクタを使用すると、Microsoft Graph でサポートされているドキュメント ライブラリ (OneDrive for Business、SharePoint サイト、Office 365 Groups) 内の Excel ファイルを操作できます。

このコネクタは、次の製品および地域で利用可能です。

Service クラス 地域
Logic Apps 標準 以下を除くすべての Logic Apps 地域 :
     -   Azure China の地域
Power Automate Standard 以下を除くすべての Power Automate 地域 :
     -   21 Vianet が運用する中国のクラウド
Power Apps Standard 以下を除くすべての Power Apps 地域 :
     -   21 Vianet が運用する中国のクラウド
連絡先
件名 Microsoft
URL Microsoft LogicApps サポート
Microsoft Power Automate サポート
Microsoft Power Apps サポート
コネクタ メタデータ
パブリッシャー マイクロソフト
Web サイト https://products.office.com/excel

アクションの既知の問題と制限

簡単な説明 操作 長い説明
古いデータ 表内に存在する行を一覧表示します 表内に存在する行を一覧表示する アクションでフィルターまたは並べ替えが使用されている場合は、データが最新ではない可能性があります (遅延が発生する可能性があります)。
フィルタリング機能 表内に存在する行を一覧表示します テーブルに存在する行を一覧表示しますアクションは、基本的なフィルタリングと並べ替えをサポートしています。
- 次のフィルター関数をサポートします: eqnecontainsstartswithendswith
- 1 つの列に適用できるフィルター関数は 1 つだけです。
- 並べ替えに使用できる列は 1 つだけです。
ページ割り付け 表内に存在する行を一覧表示します テーブルに存在する行を一覧表示しますアクションは、既定で最大 256 行を返します。 すべての行を取得するには、ページ割り をオンにします。
連続していない行を選択する 表内に存在する行を一覧表示します テーブルに存在する行を一覧表示しますアクションで、コネクタは最大 500 列の行を取得します。 既定では、最初の 500 列の行が返されます。 Select Query パラメーターで取得する特定の列のコンマ区切りリストを提供できます。
キー列フィールド名 テーブルにキー列を追加する
行を削除する
行を取得する
行を更新する
キー列フィールドでは大文字と小文字が区別されます。
複数の行を更新/削除 行を削除する
行を更新する
行の更新行の削除などの操作で複数の一致がある場合、最初の行のみが更新/削除されます。
Microsoft Excel マクロ対応のスプレッドシートのサポート スクリプトの実行 スクリプトの実行 アクションはさらに、Microsoft Excel マクロ対応スプレッドシート (*.xlsm) フォーマットをサポートしています。 詳細については、Power Automate フローでマクロファイルを使用する方法 を参照してください。
テーブルの列ヘッダーの制限 行の追加
行を更新する
行を削除する
行の追加行の更新行の削除 などの操作によってコミットされた変更は、対応する 、Power Automate LogicApps または Power Apps のアクションからの応答が成功した直後に常に有効になるとは限りません。 基になるバックエンド サービスの制限により、最大 30 秒の遅延が予想されます。
スクリプト操作実行の制限 スクリプトの実行 スクリプトの実行 操作では、10 秒あたり最大 3 回の呼び出し、および 1 日あたり最大 1600 回の呼び出しが可能です。

一般的なエラー

エラー ソリューション
403 無効 ファイルに書き込みアクセス権があることを確認してください。
502 BadGateway これらのエラーは、スプレッドシートが読み取り専用モードの場合に表示されます。 読み取り専用モードの無効化については、Excel スプレッドシートを読み取り専用から変更するを参照してください。
429 リクエストが多すぎます これは、ユーザーが短期間にあまりにも多くのリクエストを行った場合に発生します。 スロットリング制限は各要求に固有であり、リクエスト数、使用メモリ、およびその他の重要な要素によって異なります。

一般的な既知の問題と制限

  • Excel Online (Business) コネクタでサポートされる Excel ファイルの最大サイズは 25 MBです。
  • Excel ファイルは、コネクタを最後に使用してから最大 6 分間、更新または削除のためにロックされることがあります。
  • 他のコネクタによるファイルの同時変更や手動での編集はサポートされていません。 ユーザーは、複数のクライアントから 1 つの Excel ファイルに同時にデータを書き込むのを避けてください (Excel デスクトップ、Excel Web、Power Automate、LogicApps または Power Apps)。 これにより、統合の競合やデータの不整合が発生する可能性があります。
  • コネクタは、Microsoft Excel Open XML スプレッドシート (*.xlsx) と Microsoft Excel Binary Workbook (*.xlxb) フォーマットのファイルをサポートしています。
  • コネクタのアクションによって予期される File プロパティは、次のいずれかのオプションを使用して入力する必要があります。
    • ファイル ピッカーからファイルを選択します。
    • ビジネス コネクタのトリガー/アクションの OneDrive からの出力を使用します (ファイルの Id または File identifier プロパティが、特定の OneDrive for Business のアクションまたはトリガーのどちらに存在するかによって異なる)。
    • SharePoint コネクタのトリガー/アクションからの出力を使用します (ファイルの Id または Identifier プロパティが、特定の Sharepoint のアクションまたはトリガーのどちらに存在するかによって異なる)。
    • Drive から始まるファイルへのパスを入力します。 例:
      • ファイルが OneDrive 下にあり、フルパスが OneDrive/file.xlsx、さらに Drive パラメーターが OneDrive の場合、file.xlsx を入力します。
      • ファイルが O365 グループ 下にあり、フルパスが Documents/Inner Documents/file.xlsx、さらに Drive パラメーターが Documents の場合、Inner Documents/file.xlsx を入力します。
  • このコネクタでは、非表示の列を含むテーブルに OData パラメーターを使用できません。
  • 再計算によって発生したコネクタ タイムアウトが発生する可能性があります。複雑な数式があったり、ワークシート内の行数が多すぎます。 どちらの場合も、再試行ポリシーにより、データを複数回挿入できます。 回避策として、数式を簡略化または削減できるかどうかを確認してください。 それ以外の場合は、このワークブックの計算モードを 手動 に設定できます。 詳細については、ここを参照してください
  • Filter Query / Order By / Select Query 操作パラメーターは、英数字の列名のみをサポートします。
  • Graph API の制限により、ピボット テーブルはサポートされていません。
  • コネクタは、[ドキュメント ライブラリ] ドロップダウン コントロールで使用可能なすべてのドキュメント ライブラリを常に返します。 ほとんどのユーザーにとって返されるドキュメント ライブラリは 1 つだけですが、使用可能なドキュメント ライブラリが複数ある場合は、それらすべてが一覧表示されます。 ドキュメント ライブラリ (ドライブリソースなど) とユーザー、グループ、サイトで予想される動作の詳細については、ドライブのリスト - 備考を参照してください。
  • Power Apps でテーブルのインポート中に 自動生成された ID を Exce lテーブルに挿入する オプションが選択された場合、コネクタは最大 64,000 行自動入力できます。
  • 数値のみを含むテーブルの列ヘッダーは、基になるバックエンド サービスの制限により行の更新行の削除 などの操作で予期しない動作を引き起こす可能性があります。 回避策として、そのような列の名前を変更して、他の文字も含むようにします。
  • Excel ファイルが変更され、"読み取り専用" アクションが実行された場合でも、新しいバージョンがファイルの バージョン履歴 に表示される場合があります。 この動作は、コネクタのバックエンド サービスの内部保存メカニズムによる設計によるものです。
  • メイン ユーザーとは異なるテナントのゲスト ユーザーはドキュメントにアクセスできません。 この場合、ユーザーには HTTP 404 (見つかりません) のエラーが表示されます。

列名の取り扱い

OData 形式との互換性を保つために、アクションの応答結果の列名が変換される場合があります:

文字 エンコードされた値
. _x002e_
@ _x0040_
: _x003a_
# _x0023_

例: Column [one]#1 -> Column [one]_x0023_1

一般的な制限

件名 価値
単一の Excel テーブルから行を取得/挿入/更新/削除するために使用できる ID 列のバリアントの最大数です。 現在の値は 2 に設定されており、これは、1 つの特定のテーブルのワークフロー全体で最大 2 つの列名バリアントを使用する必要があることを意味します。 2

概念と例

  • キー列: 値 (キー値) の検索に使用されるテーブルの列。
  • キー値: 特定の行を識別するために使用されるキー列の値。

次のテーブルは一例です。 テーブルの 2 番目の行で行操作を実行するには、key columnColumn 1 に、key value200 にする必要があります。

列 1 列 2 列 3
100 A-2 A-3
200 B-2 B-3
300 C-2 C-3

調整制限

名前 呼び出し 更新期間
接続ごとの API 呼び出し10060 秒

アクション

スクリプトの実行

Excel ブックに対して Office スクリプトを実行します。

テーブルにキー列を追加する

Excel テーブルにキー列を追加します。 新しい列が右側に追加されます。

テーブルに行を追加する

Excel テーブルに新しい行を追加します。

テーブルに行を追加する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりにテーブルに行を追加する を使用します。

Excel テーブルに新しい行を追加します。

テーブルの作成

Excel ワークブックに新しいテーブルを作成します。

テーブルを取得する

Excel ワークブックでテーブルの一覧を取得します。

テーブル内に存在する行を一覧表示する

テーブル内に存在する行を一覧表示します。

ワークシートの作成

Excel ワークブックに新しいワークシートを作成します。

ワークシートの取得

Excel ワークブックでワークシートの一覧を取得します。

行を削除する

キー列を使用して行を削除します。

行を取得する

キー列を使用して行を取得します。

行を更新する

キー列を使用して行を更新します。 入力値は指定されたセルを上書きし、空白のままにされた列は更新されません。 値を (上書きする代わりに) 追加するには、「行を取得」 アクションを使用して最初にコンテンツを取得します。

スクリプトの実行

Excel ブックに対して Office スクリプトを実行します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

スクリプト
scriptId True string

ドロップダウンから実行する Office スクリプトを選択します。

ScriptParameters
ScriptParameters True dynamic

Office スクリプトのパラメーターを指定します。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

テーブルにキー列を追加する

Excel テーブルにキー列を追加します。 新しい列が右側に追加されます。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn string

キー列名を入力します。

テーブルに行を追加する

Excel テーブルに新しい行を追加します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

item True dynamic

指定された Excel テーブルに追加する行です。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

テーブルに行を追加する [非推奨]

このアクションは非推奨になりました。 代わりにテーブルに行を追加する を使用します。

Excel テーブルに新しい行を追加します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

item True dynamic

指定された Excel テーブルに挿入する行です。

戻り値

テーブルの作成

Excel ワークブックに新しいテーブルを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル名
TableName string

Excel テーブル名を入力します。

テーブル範囲
Range True string

A1 表記を使用してテーブル アドレスを入力します。

列名
ColumnsNames string

「;」 または 「,」 で区切って列名を入力します。

戻り値

テーブル メタデータ

本文​​
TableMetadata

テーブルを取得する

Excel ワークブックでテーブルの一覧を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

戻り値

名前 パス 説明
value array of object
ID
value.id string

テーブル ID です。

件名
value.name string

テーブル名です。

帯状の列を表示する
value.showBandedColumns boolean

帯状の列を表示します。

最初の列を強調する
value.highlightFirstColumn boolean

最初の列を強調します。

最後の列を強調する
value.highlightLastColumn boolean

最後の列を強調します。

帯状の行を表示する
value.showBandedRows boolean

帯状の行を表示します。

フィルター ボタンを表示する
value.showFilterButton boolean

フィルター ボタンを表示します。

ヘッダーの表示
value.showHeaders boolean

ヘッダーを表示します。

合計の表示
value.showTotals boolean

合計を表示します。

スタイル
value.style string

テーブルのスタイルです。

テーブル内に存在する行を一覧表示する

テーブル内に存在する行を一覧表示します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

フィルター クエリ
$filter string

返されるエントリを制限するための ODATA フィルター クエリです。

並べ替え順
$orderby string

エントリの順序を指定するための ODATA orderBy クエリです。

上から順に取得
$top integer

取得するエントリの合計数です (既定値 = すべて)。

スキップ数
$skip integer

スキップするエントリ数です (既定値 = 0)。

クエリを選択する
$select string

取得する列のコンマ区切りリストです (既定では最初の 500)。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

ワークシートの作成

Excel ワークブックに新しいワークシートを作成します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

件名
name string

ワークシート名です。

戻り値

本文​​
WorksheetMetadata

ワークシートの取得

Excel ワークブックでワークシートの一覧を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、「me」 、「SharePoint Site URL」 、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」 、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要です) のいずれかを指定します。

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

戻り値

名前 パス 説明
value array of WorksheetMetadata

行を削除する

キー列を使用して行を削除します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

行を取得する

キー列を使用して行を取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

行を更新する

キー列を使用して行を更新します。 入力値は指定されたセルを上書きし、空白のままにされた列は更新されません。 値を (上書きする代わりに) 追加するには、「行を取得」 アクションを使用して最初にコンテンツを取得します。

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
source True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePoint Site URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

ドキュメント ライブラリ
drive True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択します。

ファイル
file True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択します。

テーブル
table True string

ドロップダウンからテーブルを選択します。

キー列
idColumn True string

ドロップダウンから列を選択します。

キー値
id True string

キー値を入力します。

項目のプロパティを指定する
item True dynamic

項目のプロパティを指定します。

DateTime 形式
dateTimeFormat string

DateTime 形式です。

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

トリガー

選択した行の場合

Excel テーブルで選択した行のフローをトリガーします。 (Power Automate にのみ使用可能です。)

選択した行の場合

Excel テーブルで選択した行のフローをトリガーします。 (Power Automate にのみ使用可能です。)

パラメーター

名前 キー 必須 説明
場所
Location True string

ドロップダウンから選択するか、次のいずれかを指定します。「me」、「SharePointsSite URL」、「users/someone's UPN」、「groups/group Id」、「sites/ SharePoint Site URL:/teams/team name:」 (コロンは必要)

DocumentLibrary
DocumentLibrary True string

ドロップダウンからドキュメント ライブラリを選択する

ファイル
File True string

ファイルの参照で Excel ファイルを選択する

テーブル
Table True string

ドロップダウンからテーブルを選択する

戻り値

この操作の出力は状況に応じて変わります。

定義

TableMetadata

テーブル メタデータ

名前 パス 説明
名前
name string

テーブル名

タイトル
title string

テーブルのタイトル

x-ms-permission
x-ms-permission string

テーブルのアクセス許可

x-ms-capabilities
x-ms-capabilities TableCapabilitiesMetadata

テーブルのメタデータ (機能)

スキーマ
schema Object
referencedEntities
referencedEntities Object
webUrl
webUrl string

URL のリンク

TableCapabilitiesMetadata

テーブルのメタデータ (機能)

名前 パス 説明
sortRestrictions
sortRestrictions TableSortRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (並べ替えの制限)

filterRestrictions
filterRestrictions TableFilterRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (フィルターの制限)

selectRestrictions
selectRestrictions TableSelectRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (選択の制限)

isOnlyServerPagable
isOnlyServerPagable boolean

サーバーのページング制限

filterFunctionSupport
filterFunctionSupport array of string

サポートされているフィルター機能の一覧

serverPagingOptions
serverPagingOptions array of string

サポートされているサーバー駆動型ページング機能の一覧

オブジェクト

TableSortRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (並べ替えの制限)

名前 パス 説明
sortable
sortable boolean

このテーブルに並べ替え可能な列があるかどうかを示します

unsortableProperties
unsortableProperties array of string

並べ替え不可能なプロパティの一覧

ascendingOnlyProperties
ascendingOnlyProperties array of string

昇順のみをサポートするプロパティの一覧

TableFilterRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (フィルターの制限)

名前 パス 説明
filterable
filterable boolean

このテーブルにフィルター処理可能な列があるかどうかを示す

nonFilterableProperties
nonFilterableProperties array of string

フィルター処理不可能なプロパティの一覧

requiredProperties
requiredProperties array of string

すべての必須プロパティの一覧

TableSelectRestrictionsMetadata

テーブルのメタデータ (選択の制限)

名前 パス 説明
selectable
selectable boolean

このテーブルに選択可能な列があるかどうかを示す

WorksheetMetadata

名前 パス 説明
ID
id string

ワークシート IDです。

件名
name string

ワークシート名です。

位置
position integer

ワークシートの位置です。

可視性
visibility string

ワークシートの可視性です。