CPathT クラスCPathT Class

このクラスは、パスを表します。This class represents a path.

重要

このクラスとそのメンバーは、Windows ランタイムで実行されるアプリケーションでは使用できません。This class and its members cannot be used in applications that execute in the Windows Runtime.

構文Syntax

template <typename StringType>
class CPathT

パラメーターParameters

StringTypeStringType
パスに使用する ATL/MFC 文字列クラス (「 CStringT」を参照)。The ATL/MFC string class to use for the path (see CStringT).

メンバーMembers

パブリック typedefPublic Typedefs

Name 説明Description
CPathT::P CXSTRCPathT::PCXSTR 定数文字列型。A constant string type.
CPathT::P XSTRCPathT::PXSTR 文字列型。A string type.
CPathT:: XCHARCPathT::XCHAR 文字型。A character type.

パブリック コンストラクターPublic Constructors

Name 説明Description
CPathT:: CPathTCPathT::CPathT パスのコンストラクター。The constructor for the path.

パブリック メソッドPublic Methods

Name 説明Description
CPathT:: AddBackslash ラッシュCPathT::AddBackslash パスの正しい構文を作成するために、このメソッドを呼び出して、文字列の末尾に円記号を追加します。Call this method to add a backslash to the end of a string to create the correct syntax for a path.
CPathT:: AddExtensionCPathT::AddExtension ファイル拡張子をパスに追加するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to add a file extension to a path.
CPathT:: AppendCPathT::Append 現在のパスに文字列を追加するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to append a string to the current path.
CPathT:: BuildRootCPathT::BuildRoot 指定したドライブ番号からルートパスを作成するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to create a root path from a given drive number.
CPathT:: 正規化CPathT::Canonicalize パスを正規の形式に変換するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to convert the path to canonical form.
CPathT:: 結合CPathT::Combine ディレクトリ名を表す文字列と、ファイルパス名を表す文字列を1つのパスに連結するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to concatenate a string representing a directory name and a string representing a file path name into one path.
CPathT:: CommonPrefixCPathT::CommonPrefix 指定したパスが現在のパスと共通のプレフィックスを共有するかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the specified path shares a common prefix with the current path.
CPathT:: CompactPathCPathT::CompactPath パスコンポーネントを省略記号に置き換えることにより、このメソッドを呼び出して、指定したピクセル幅に収まるようにファイルパスを切り捨てます。Call this method to truncate a file path to fit within a given pixel width by replacing path components with ellipses.
CPathT:: CompactPathExCPathT::CompactPathEx パスコンポーネントを省略記号で置き換えることにより、このメソッドを呼び出して、指定された文字数に収まるようにファイルパスを切り捨てます。Call this method to truncate a file path to fit within a given number of characters by replacing path components with ellipses.
CPathT:: FileExistsCPathT::FileExists このパス名のファイルが存在するかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to check whether the file at this path name exists.
CPathT:: FindExtensionCPathT::FindExtension パス内のファイル拡張子の位置を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to find the position of the file extension within the path.
CPathT:: FindFileNameCPathT::FindFileName パス内のファイル名の位置を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to find the position of the file name within the path.
CPathT:: GetDriveNumberCPathT::GetDriveNumber ' A ' ~ ' Z ' の範囲内のドライブ文字のパスを検索し、対応するドライブ番号を返すには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search the path for a drive letter within the range of 'A' to 'Z' and return the corresponding drive number.
CPathT:: GetExtensionCPathT::GetExtension パスからファイル拡張子を取得するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to get the file extension from the path.
CPathT:: IsDirectoryCPathT::IsDirectory パスが有効なディレクトリであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to check whether the path is a valid directory.
CPathT:: IsFileSpecCPathT::IsFileSpec パス区切り文字 (': '、' \ ' など) を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search a path for any path-delimiting characters (for example, ':' or '\' ). パス区切り文字が存在しない場合、パスはファイル仕様パスと見なされます。If there are no path-delimiting characters present, the path is considered to be a File Spec path.
CPathT:: IsPrefixCPathT::IsPrefix このメソッドを呼び出して、 Pszprefixによって渡された型の有効なプレフィックスがパスに含まれているかどうかを確認します。Call this method to determine whether a path contains a valid prefix of the type passed by pszPrefix.
CPathT:: IsRelativeCPathT::IsRelative パスが相対パスかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine if the path is relative.
CPathT:: IsRootCPathT::IsRoot パスがディレクトリルートであるかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine if the path is a directory root.
CPathT:: IsSameRootCPathT::IsSameRoot 現在のパスを持つ共通のルートコンポーネントが別のパスにあるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether another path has a common root component with the current path.
CPathT:: IsUNCCPathT::IsUNC パスがサーバーと共有の有効な UNC (汎用名前付け規則) パスであるかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) path for a server and share.
CPathT:: IsデストラクタサーバーCPathT::IsUNCServer パスがサーバーの有効な UNC (汎用名前付け規則) パスであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) path for a server only.
CPathT:: Isデストラクタ ServershareCPathT::IsUNCServerShare パスが有効な UNC (汎用名前付け規則) 共有パスであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。 \ サーバー \ 共有\ ます。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) share path, \\ server\ share.
CPathT:: MakePrettyCPathT::MakePretty パスをすべて小文字に変換して、パスを一貫した外観にするには、このメソッドを呼び出します。Call this method to convert a path to all lowercase characters to give the path a consistent appearance.
CPathT:: MatchSpecCPathT::MatchSpec ワイルドカードの一致の種類を含む文字列のパスを検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search the path for a string containing a wildcard match type.
CPathT:: QuoteSpacesCPathT::QuoteSpaces スペースが含まれている場合は、このメソッドを呼び出して、パスを引用符で囲みます。Call this method to enclose the path in quotation marks if it contains any spaces.
CPathT:: RelativePathToCPathT::RelativePathTo ファイルまたはフォルダー間で相対パスを作成するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to create a relative path from one file or folder to another.
CPathT:: RemoveArgsCPathT::RemoveArgs パスからコマンドライン引数を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove any command-line arguments from the path.
CPathT:: RemoveBackslash ラッシュCPathT::RemoveBackslash パスから末尾の円記号を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the trailing backslash from the path.
CPathT:: RemoveBlanksCPathT::RemoveBlanks パスから先頭と末尾の空白をすべて削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove all leading and trailing spaces from the path.
CPathT:: RemoveExtensionCPathT::RemoveExtension パスからファイル拡張子を削除するには、このメソッドを呼び出します (存在する場合)。Call this method to remove the file extension from the path, if there is one.
CPathT:: RemoveFileSpecCPathT::RemoveFileSpec パスの末尾にあるファイル名と円記号を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the trailing file name and backslash from the path, if it has them.
CPathT:: RenameExtensionCPathT::RenameExtension パスのファイル名拡張子を新しい拡張子に置き換えるには、このメソッドを呼び出します。Call this method to replace the file name extension in the path with a new extension. ファイル名に拡張子が含まれていない場合は、文字列の末尾に拡張子が付けられます。If the file name does not contain an extension, the extension will be attached to the end of the string.
CPathT:: SkipRootCPathT::SkipRoot パスを解析するには、ドライブ文字または UNC サーバー/共有パスの部分を無視して、このメソッドを呼び出します。Call this method to parse a path, ignoring the drive letter or UNC server/share path parts.
CPathT:: という PpathCPathT::StripPath 完全修飾パスとファイル名のパス部分を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the path portion of a fully qualified path and file name.
CPathT:: トーラスCPathT::StripToRoot ルート情報を除くパスのすべての部分を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove all parts of the path except for the root information.
CPathT:: UnquoteSpacesCPathT::UnquoteSpaces パスの先頭と末尾から引用符を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove quotation marks from the beginning and end of a path.

パブリック演算子Public Operators

Name 説明Description
CPathT:: operator const StringType &CPathT::operator const StringType & この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.
CPathT:: operator CPathT::P CXSTRCPathT::operator CPathT::PCXSTR この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.
CPathT:: operator StringType &CPathT::operator StringType & この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.
CPathT:: operator + =CPathT::operator += この演算子は、パスに文字列を追加します。This operator appends a string to the path.

パブリック データ メンバーPublic Data Members

Name 説明Description
CPathT:: m_strPathCPathT::m_strPath パス。The path.

RemarksRemarks

CPathCPathA、および CPathW は、次のように定義された CPathT のインスタンス化です。CPath, CPathA, and CPathW are instantiations of CPathT defined as follows:

typedef CPathT< CString > CPath;

typedef CPathT< CStringA > CPathA;

typedef CPathT< CStringW > CPathW;

[要件]Requirements

ヘッダー: atlpath .hHeader: atlpath.h

CPathT:: AddBackslash ラッシュCPathT::AddBackslash

パスの正しい構文を作成するために、このメソッドを呼び出して、文字列の末尾に円記号を追加します。Call this method to add a backslash to the end of a string to create the correct syntax for a path. パスの末尾に円記号が既に含まれている場合、円記号は追加されません。If the path already has a trailing backslash, no backslash will be added.

void AddBackslash();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathaddbackslash ラッシュ」を参照してください。For more information, see PathAddBackSlash.

CPathT:: AddExtensionCPathT::AddExtension

ファイル拡張子をパスに追加するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to add a file extension to a path.

BOOL AddExtension(PCXSTR pszExtension);

パラメーターParameters

pszExtensionpszExtension
追加するファイル拡張子。The file extension to add.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathaddextension」を参照してください。For more information, see PathAddExtension.

CPathT:: AppendCPathT::Append

現在のパスに文字列を追加するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to append a string to the current path.

BOOL Append(PCXSTR pszMore);

パラメーターParameters

pszMorepszMore
追加する文字列。The string to append.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathappend」を参照してください。For more information, see PathAppend.

CPathT:: BuildRootCPathT::BuildRoot

指定したドライブ番号からルートパスを作成するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to create a root path from a given drive number.

void BuildRoot(int iDrive);

パラメーターParameters

iDriveiDrive
ドライブ番号 (0 は A:、1は B: など)。The drive number (0 is A:, 1 is B:, and so on).

RemarksRemarks

詳細については、「 PathBuildRoot」を参照してください。For more information, see PathBuildRoot.

CPathT:: 正規化CPathT::Canonicalize

パスを正規の形式に変換するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to convert the path to canonical form.

void Canonicalize();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathcanonicalize」を参照してください。For more information, see PathCanonicalize.

CPathT:: 結合CPathT::Combine

ディレクトリ名を表す文字列と、ファイルパス名を表す文字列を1つのパスに連結するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to concatenate a string representing a directory name and a string representing a file path name into one path.

void Combine(PCXSTR pszDir, PCXSTR  pszFile);

パラメーターParameters

pszDirpszDir
ディレクトリパス。The directory path.

pszFilepszFile
ファイルパス。The file path.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathcombine」を参照してください。For more information, see PathCombine.

CPathT:: CommonPrefixCPathT::CommonPrefix

指定したパスが現在のパスと共通のプレフィックスを共有するかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the specified path shares a common prefix with the current path.

CPathT<StringType> CommonPrefix(PCXSTR pszOther);

パラメーターParameters

pszOtherpszOther
現在のものと比較するパス。The path to compare to the current one.

戻り値Return Value

共通のプレフィックスを返します。Returns the common prefix.

RemarksRemarks

プレフィックスは次のいずれかの型です: "C: \ \"、"."、".."、"..\ \ "。A prefix is one of these types: "C:\\", ".", "..", "..\\". 詳細については、「 Pathcommonprefix」を参照してください。For more information, see PathCommonPrefix.

CPathT:: CompactPathCPathT::CompactPath

パスコンポーネントを省略記号に置き換えることにより、このメソッドを呼び出して、指定したピクセル幅に収まるようにファイルパスを切り捨てます。Call this method to truncate a file path to fit within a given pixel width by replacing path components with ellipses.

BOOL CompactPath(HDC hDC, UINT nWidth);

パラメーターParameters

hDChDC
フォントメトリックに使用されるデバイスコンテキスト。The device context used for font metrics.

nWidthnWidth
文字列が強制的に格納される幅 (ピクセル単位)。The width, in pixels, that the string will be forced to fit in.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathCompactPath」を参照してください。For more information, see PathCompactPath.

CPathT:: CompactPathExCPathT::CompactPathEx

パスコンポーネントを省略記号で置き換えることにより、このメソッドを呼び出して、指定された文字数に収まるようにファイルパスを切り捨てます。Call this method to truncate a file path to fit within a given number of characters by replacing path components with ellipses.

BOOL CompactPathEx(UINT nMaxChars, DWORD dwFlags = 0);

パラメーターParameters

nMaxCharsnMaxChars
新しい文字列に格納される最大文字数 (終端の NULL 文字を含む)。The maximum number of characters to be contained in the new string, including the terminating NULL character.

dwFlagsdwFlags
予約済み。Reserved.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathCompactPathEx」を参照してください。For more information, see PathCompactPathEx.

CPathT:: CPathTCPathT::CPathT

コンストラクターです。The constructor.

CPathT(PCXSTR pszPath);
CPathT(const CPathT<StringType>& path);
CPathT() throw();

パラメーターParameters

pszPathpszPath
パス文字列へのポインター。The pointer to a path string.

pathpath
パス文字列。The path string.

CPathT:: FileExistsCPathT::FileExists

このパス名のファイルが存在するかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to check whether the file at this path name exists.

BOOL FileExists() const;

戻り値Return Value

ファイルが存在する場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the file exists, FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathfileexists」を参照してください。For more information, see PathFileExists.

CPathT:: FindExtensionCPathT::FindExtension

パス内のファイル拡張子の位置を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to find the position of the file extension within the path.

int FindExtension() const;

戻り値Return Value

拡張子の前の "." の位置を返します。Returns the position of the "." preceding the extension. 拡張機能が見つからない場合は、-1 を返します。If no extension is found, returns -1.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathfindextension」を参照してください。For more information, see PathFindExtension.

CPathT:: FindFileNameCPathT::FindFileName

パス内のファイル名の位置を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to find the position of the file name within the path.

int FindFileName() const;

戻り値Return Value

ファイル名の位置を返します。Returns the position of the file name. ファイル名が見つからない場合は、-1 を返します。If no file name is found, returns -1.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathfindfilename」を参照してください。For more information, see PathFindFileName.

CPathT:: GetDriveNumberCPathT::GetDriveNumber

' A ' ~ ' Z ' の範囲内のドライブ文字のパスを検索し、対応するドライブ番号を返すには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search the path for a drive letter within the range of 'A' to 'Z' and return the corresponding drive number.

int GetDriveNumber() const;

戻り値Return Value

ドライブ番号を 0 ~ 25 (' A ' から ' Z ' に対応する) の整数として返します。パスにドライブ文字がある場合は、それ以外の場合は-1 を返します。Returns the drive number as an integer from 0 through 25 (corresponding to 'A' through 'Z') if the path has a drive letter, or -1 otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathGetDriveNumber」を参照してください。For more information, see PathGetDriveNumber.

CPathT:: GetExtensionCPathT::GetExtension

パスからファイル拡張子を取得するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to get the file extension from the path.

StringType GetExtension() const;

戻り値Return Value

ファイル拡張子を返します。Returns the file extension.

CPathT:: IsDirectoryCPathT::IsDirectory

パスが有効なディレクトリであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to check whether the path is a valid directory.

BOOL IsDirectory() const;

戻り値Return Value

パスがディレクトリである場合は0以外の値 (16) を返します。それ以外の場合は FALSE を返します。Returns a non-zero value (16) if the path is a directory, FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisdirectory」を参照してください。For more information, see PathIsDirectory.

CPathT:: IsFileSpecCPathT::IsFileSpec

パス区切り文字 (': '、' \ ' など) を検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search a path for any path-delimiting characters (for example, ':' or '\' ). パス区切り文字が存在しない場合、パスはファイル仕様パスと見なされます。If there are no path-delimiting characters present, the path is considered to be a File Spec path.

BOOL IsFileSpec() const;

戻り値Return Value

パス内にパス区切り文字がない場合は TRUE を返します。パス区切り文字がある場合は FALSE を返します。Returns TRUE if there are no path-delimiting characters within the path, or FALSE if there are path-delimiting characters.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisfilespec」を参照してください。For more information, see PathIsFileSpec.

CPathT:: IsPrefixCPathT::IsPrefix

このメソッドを呼び出して、 Pszprefixによって渡された型の有効なプレフィックスがパスに含まれているかどうかを確認します。Call this method to determine whether a path contains a valid prefix of the type passed by pszPrefix.

BOOL IsPrefix(PCXSTR pszPrefix) const;

パラメーターParameters

pszPrefixpszPrefix
検索対象のプレフィックス。The prefix for which to search. プレフィックスは次のいずれかの型です: "C: \ \"、"."、".."、"..\ \ "。A prefix is one of these types: "C:\\", ".", "..", "..\\".

戻り値Return Value

パスにプレフィックスが含まれている場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path contains the prefix, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathIsPrefix」を参照してください。For more information, see PathIsPrefix.

CPathT:: IsRelativeCPathT::IsRelative

パスが相対パスかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine if the path is relative.

BOOL IsRelative() const;

戻り値Return Value

相対パスの場合は TRUE、絶対パスの場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path is relative, or FALSE if it is absolute.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisrelative」を参照してください。For more information, see PathIsRelative.

CPathT:: IsRootCPathT::IsRoot

パスがディレクトリルートであるかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine if the path is a directory root.

BOOL IsRoot() const;

戻り値Return Value

パスがルートの場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path is a root, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathIsRoot」を参照してください。For more information, see PathIsRoot.

CPathT:: IsSameRootCPathT::IsSameRoot

現在のパスを持つ共通のルートコンポーネントが別のパスにあるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether another path has a common root component with the current path.

BOOL IsSameRoot(PCXSTR pszOther) const;

パラメーターParameters

pszOtherpszOther
もう1つのパス。The other path.

戻り値Return Value

両方の文字列が同じルートコンポーネントを持つ場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if both strings have the same root component, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathissameroot」を参照してください。For more information, see PathIsSameRoot.

CPathT:: IsUNCCPathT::IsUNC

パスがサーバーと共有の有効な UNC (汎用名前付け規則) パスであるかどうかを判断するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) path for a server and share.

BOOL IsUNC() const;

戻り値Return Value

パスが有効な UNC パスである場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path is a valid UNC path, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisunc」を参照してください。For more information, see PathIsUNC.

CPathT:: IsデストラクタサーバーCPathT::IsUNCServer

パスがサーバーの有効な UNC (汎用名前付け規則) パスであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) path for a server only.

BOOL IsUNCServer() const;

戻り値Return Value

文字列がサーバーの有効な UNC パスである (共有名がない) 場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the string is a valid UNC path for a server only (no share name), or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisを使用しないサーバー」を参照してください。For more information, see PathIsUNCServer.

CPathT:: Isデストラクタ ServershareCPathT::IsUNCServerShare

パスが有効な UNC (汎用名前付け規則) 共有パスであるかどうかを確認するには、このメソッドを呼び出します。 \ サーバー \ 共有\ ます。Call this method to determine whether the path is a valid UNC (universal naming convention) share path, \\ server\ share.

BOOL IsUNCServerShare() const;

戻り値Return Value

パスが \ \ サーバー \ 共有の形式である場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path is in the form \\ server\ share, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathisのサーバー共有」を参照してください。For more information, see PathIsUNCServerShare.

CPathT:: m_strPathCPathT::m_strPath

パス。The path.

StringType m_strPath;

RemarksRemarks

StringType は、CPathT するテンプレートパラメーターです。StringType is the template parameter to CPathT.

CPathT:: MakePrettyCPathT::MakePretty

パスをすべて小文字に変換して、パスを一貫した外観にするには、このメソッドを呼び出します。Call this method to convert a path to all lowercase characters to give the path a consistent appearance.

BOOL MakePretty();

戻り値Return Value

パスが変換されている場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the path has been converted, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathmakepretty」を参照してください。For more information, see PathMakePretty.

CPathT:: MatchSpecCPathT::MatchSpec

ワイルドカードの一致の種類を含む文字列のパスを検索するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to search the path for a string containing a wildcard match type.

BOOL MatchSpec(PCXSTR pszSpec) const;

パラメーターParameters

pszSpecpszSpec
検索対象のファイルの種類を持つ null で終わる文字列へのポインター。Pointer to a null-terminated string with the file type for which to search. たとえば、現在のパスにあるファイルが DOC ファイルであるかどうかをテストするには、 Pszspecを "* .doc" に設定する必要があります。For example, to test whether the file at the current path is a DOC file, pszSpec should be set to "*.doc".

戻り値Return Value

文字列がと一致する場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if the string matches, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathmatchspec」を参照してください。For more information, see PathMatchSpec.

CPathT:: operator + =CPathT::operator +=

この演算子は、パスに文字列を追加します。This operator appends a string to the path.

CPathT<StringType>& operator+=(PCXSTR pszMore);

パラメーターParameters

pszMorepszMore
追加する文字列。The string to append.

戻り値Return Value

更新されたパスを返します。Returns the updated path.

CPathT:: operator const StringType &CPathT::operator const StringType &

この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.

operator const StringType&() const throw();

戻り値Return Value

このオブジェクトによって管理されている現在のパスを表す文字列を返します。Returns a string representing the current path managed by this object.

CPathT:: operator CPathT::P CXSTRCPathT::operator CPathT::PCXSTR

この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.

operator PCXSTR() const throw();

戻り値Return Value

このオブジェクトによって管理されている現在のパスを表す文字列を返します。Returns a string representing the current path managed by this object.

CPathT:: operator StringType &CPathT::operator StringType &

この演算子を使用すると、オブジェクトを文字列のように扱うことができます。This operator allows the object to be treated like a string.

operator StringType&() throw();

戻り値Return Value

このオブジェクトによって管理されている現在のパスを表す文字列を返します。Returns a string representing the current path managed by this object.

CPathT::P CXSTRCPathT::PCXSTR

定数文字列型。A constant string type.

typedef StringType::PCXSTR PCXSTR;

RemarksRemarks

StringType は、CPathT するテンプレートパラメーターです。StringType is the template parameter to CPathT.

CPathT::P XSTRCPathT::PXSTR

文字列型。A string type.

typedef StringType::PXSTR PXSTR;

RemarksRemarks

StringType は、CPathT するテンプレートパラメーターです。StringType is the template parameter to CPathT.

CPathT:: QuoteSpacesCPathT::QuoteSpaces

スペースが含まれている場合は、このメソッドを呼び出して、パスを引用符で囲みます。Call this method to enclose the path in quotation marks if it contains any spaces.

void QuoteSpaces();

RemarksRemarks

詳細については、「 PathQuoteSpaces」を参照してください。For more information, see PathQuoteSpaces.

CPathT:: RelativePathToCPathT::RelativePathTo

ファイルまたはフォルダー間で相対パスを作成するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to create a relative path from one file or folder to another.

BOOL RelativePathTo(
    PCXSTR pszFrom,
    DWORD dwAttrFrom,
    PCXSTR pszTo,
    DWORD dwAttrTo);

パラメーターParameters

pszpszFrom
相対パスの開始。The start of the relative path.

dwAttrFromdwAttrFrom
Pszfromのファイル属性。The File attributes of pszFrom. この値に FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY が含まれている場合、 Pszfromはディレクトリであると見なされます。それ以外の場合、の pszfromファイルと見なされます。If this value contains FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY, pszFrom is assumed to be a directory; otherwise, pszFrom is assumed to be a file.

pszTopszTo
相対パスの終点。The end point of the relative path.

dwAttrTodwAttrTo
Pszto へのファイル属性。The File attributes of pszTo. この値に FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY が含まれている場合、 Psztoはディレクトリであると見なされます。それ以外の場合、 psztoはファイルと見なされます。If this value contains FILE_ATTRIBUTE_DIRECTORY, pszTo is assumed to be a directory; otherwise, pszTo is assumed to be a file.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 PathRelativePathTo」を参照してください。For more information, see PathRelativePathTo.

CPathT:: RemoveArgsCPathT::RemoveArgs

パスからコマンドライン引数を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove any command-line arguments from the path.

void RemoveArgs();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathremoveargs」を参照してください。For more information, see PathRemoveArgs.

CPathT:: RemoveBackslash ラッシュCPathT::RemoveBackslash

パスから末尾の円記号を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the trailing backslash from the path.

void RemoveBackslash();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathremovebackslash ラッシュ」を参照してください。For more information, see PathRemoveBackslash.

CPathT:: RemoveBlanksCPathT::RemoveBlanks

パスから先頭と末尾の空白をすべて削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove all leading and trailing spaces from the path.

void RemoveBlanks();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathremoveblanks」を参照してください。For more information, see PathRemoveBlanks.

CPathT:: RemoveExtensionCPathT::RemoveExtension

パスからファイル拡張子を削除するには、このメソッドを呼び出します (存在する場合)。Call this method to remove the file extension from the path, if there is one.

void RemoveExtension();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathremoveextension」を参照してください。For more information, see PathRemoveExtension.

CPathT:: RemoveFileSpecCPathT::RemoveFileSpec

パスの末尾にあるファイル名と円記号を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the trailing file name and backslash from the path, if it has them.

BOOL RemoveFileSpec();

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathremovefilespec」を参照してください。For more information, see PathRemoveFileSpec.

CPathT:: RenameExtensionCPathT::RenameExtension

パスのファイル名拡張子を新しい拡張子に置き換えるには、このメソッドを呼び出します。Call this method to replace the file name extension in the path with a new extension. ファイル名に拡張子が含まれていない場合は、パスの末尾に拡張子が付けられます。If the file name does not contain an extension, the extension will be attached to the end of the path.

BOOL RenameExtension(PCXSTR pszExtension);

パラメーターParameters

pszExtensionpszExtension
新しいファイル名の拡張子。前に "." 文字が付きます。The new file name extension, preceded by a "." character.

戻り値Return Value

成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE を返します。Returns TRUE on success, FALSE on failure.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathrenameextension」を参照してください。For more information, see PathRenameExtension.

CPathT:: SkipRootCPathT::SkipRoot

パスを解析するには、ドライブ文字または UNC (汎用名前付け規則) サーバー/共有パスの部分を無視して、このメソッドを呼び出します。Call this method to parse a path, ignoring the drive letter or UNC (universal naming convention) server/share path parts.

int SkipRoot() const;

戻り値Return Value

ルート (ドライブ文字または UNC サーバー/共有) の後にあるサブパスの先頭の位置を返します。Returns the position of the beginning of the subpath that follows the root (drive letter or UNC server/share).

RemarksRemarks

詳細については、「 PathSkipRoot」を参照してください。For more information, see PathSkipRoot.

CPathT:: という PpathCPathT::StripPath

完全修飾パスとファイル名のパス部分を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove the path portion of a fully qualified path and file name.

void StripPath();

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathの Ppath」を参照してください。For more information, see PathStripPath.

CPathT:: トーラスCPathT::StripToRoot

ルート情報を除くパスのすべての部分を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove all parts of the path except for the root information.

BOOL StripToRoot();

戻り値Return Value

有効なドライブ文字がパスで見つかった場合は TRUE、それ以外の場合は FALSE を返します。Returns TRUE if a valid drive letter was found in the path, or FALSE otherwise.

RemarksRemarks

詳細については、「 Pathstriptoroot」を参照してください。For more information, see PathStripToRoot.

CPathT:: UnquoteSpacesCPathT::UnquoteSpaces

パスの先頭と末尾から引用符を削除するには、このメソッドを呼び出します。Call this method to remove quotation marks from the beginning and end of a path.

void UnquoteSpaces();

RemarksRemarks

詳細については、「 PathUnquoteSpaces」を参照してください。For more information, see PathUnquoteSpaces.

CPathT:: XCHARCPathT::XCHAR

文字型。A character type.

typedef StringType::XCHAR XCHAR;

RemarksRemarks

StringType は、CPathT するテンプレートパラメーターです。StringType is the template parameter to CPathT.

関連項目See also

クラスClasses
CStringT クラスCStringT Class