C/C++ 分離アプリケーションおよび side-by-side アセンブリのビルドBuilding C/C++ Isolated Applications and Side-by-side Assemblies

Visual Studio では、分離アプリケーション および side-by-side アセンブリという概念に基づく、Windows クライアント アプリケーションの配置モデルがサポートされます。Visual Studio supports a deployment model for Windows client applications based on the idea of isolated applications and side-by-side assemblies. Visual Studio では、既定では、すべてのネイティブ C/C++ アプリケーションが、マニフェストを使用して Visual C++ ライブラリへの依存関係を記述する分離アプリケーションとしてビルドされます。By default, Visual Studio builds all native C/C++ applications as isolated applications that use manifests to describe their dependencies on Visual C++ libraries.

C/C++ プログラムを分離アプリケーションとしてビルドすることには、さまざまな利点があります。Building C/C++ programs as isolated applications presents a range of advantages. たとえば、分離アプリケーションは、他の C/C++ アプリケーションによって Visual C++ ライブラリがインストールまたはアンインストールされる場合に影響を受けません。For example, an isolated application is unaffected when other C/C++ applications install or uninstall Visual C++ libraries. 分離アプリケーションで使用される Visual C++ ライブラリは、アプリケーションのローカル フォルダーに、またはネイティブ アセンブリ キャッシュ (WinSxS) へのインストールによって、再配布される場合もあります。ただし、 発行者構成ファイルを使用することによって、既に配置されているアプリケーションの Visual C++ ライブラリのサービス提供を簡略化できます。Visual C++ libraries used by isolated applications may still be redistributed in either the application's local folder, or by installation to the native assembly cache (WinSxS); however, servicing of Visual C++ libraries for already deployed applications can be simplified by using a publisher configuration file. 分離アプリケーションの配置モデルにより、特定のコンピューターで実行されている C/C++ アプリケーションで最新バージョンの Visual C++ ライブラリが使用されるようにすることが簡単になります。一方で、アプリケーションが依存する DLL に対する明示的なバージョン バインディングは、引き続きシステム管理者およびアプリケーション作成者が制御できます。The isolated application deployment model makes it easier to ensure that C/C++ applications that are running on a specific computer use the most recent version of Visual C++ libraries, while still leaving open the possibility for system administrators and application authors to control explicit version binding of applications to their dependent DLLs.

このセクションでは、C/C++ アプリケーションを分離アプリケーションとしてビルドし、マニフェストを使用して Visual C++ ライブラリにバインドされるようにする方法について説明します。This section discusses how you can build your C/C++ application as an isolated application and ensure that it binds to Visual C++ libraries using a manifest. このセクションの情報は、主にネイティブの (アンマネージド) C++ アプリケーションに適用されます。The information in this section primarily applies to native, or unmanaged, C++ applications. Visual Studio でビルドされたネイティブ C++ アプリケーションの配置の詳細については、「Visual C++ ファイルの再配布」を参照してください。For information about deploying native C++ applications built with Visual Studio, see Redistributing Visual C++ Files.

このセクションの内容In This Section

分離アプリケーションおよび side-by-side アセンブリの概念Concepts of Isolated Applications and Side-by-side Assemblies

C/C++ 分離アプリケーションのビルドBuilding C/C++ Isolated Applications

C/C++ side-by-side アセンブリのビルドBuilding C/C++ Side-by-side Assemblies

方法: 登録を必要としない COM コンポーネントをビルドするHow to: Build Registration-Free COM Components

方法: COM コンポーネントを使用する分離アプリケーションをビルドするHow to: Build Isolated Applications to Consume COM Components

C/C++ プログラムのマニフェスト生成についての理解Understanding Manifest Generation for C/C++ Programs

C/C++ 分離アプリケーションおよび side-by-side アセンブリのトラブルシューティングTroubleshooting C/C++ Isolated Applications and Side-by-side Assemblies

分離アプリケーションと side-by-side アセンブリIsolated Applications and Side-by-side Assemblies

デスクトップ アプリケーションの配置Deploying Desktop Applications