方法: ターゲット フレームワークおよびプラットフォームのツールセットを変更するHow to: Modify the Target Framework and Platform Toolset

Visual Studio C++プロジェクトファイルを編集して、異なるバージョンのC++プラットフォームツールセット、Windows SDK と .NET Framework (C++/cli プロジェクトのみ) を対象にすることができます。You can edit a Visual Studio C++ project file to target different versions of the C++ platform toolset, the Windows SDK and the .NET Framework (C++/CLI projects only). 既定では、プロジェクト システムは、プロジェクトの作成に使用する Visual Studio のバージョンに対応する .NET Framework のバージョンおよびツールセットのバージョンを使用します。By default, the project system uses the .NET Framework version and the toolset version that correspond to the version of Visual Studio that you use to create the project. .Vcxproj ファイルでこれらのすべての値を変更して、すべてのコンパイルターゲットで同じコードベースを使用できるようにすることができます。You can modify all these values in the .vcxproj file so that you can use the same code base for every compilation target.

プラットフォームツールセットPlatform toolset

プラットフォームツールセットは、 C++コンパイラ (cl.exe) とリンカー (setup.exe) と共に、C/C++標準ライブラリと共に構成されます。The platform toolset consists of the C++ compiler (cl.exe) and linker (link.exe), along with the C/C++ standard libraries. Visual Studio 2015 以降、ツールセットのメジャーバージョンは14にとどまりました。つまり、visual studio 2019 または Visual Studio 2017 でコンパイルされたプロジェクトは、Visual Studio 2015 でコンパイルされたプロジェクトとの下位互換性があります。Since Visual Studio 2015, the major version of the toolset has remained at 14, which means that projects compiled with Visual Studio 2019 or Visual Studio 2017 are ABI-backwards-compatible with projects compiled with Visual Studio 2015. マイナーバージョンは、Visual Studio 2015 以降のバージョンごとに1ずつ更新されています。The minor version has updated by 1 for each version since Visual Studio 2015:

  • Visual Studio 2015: v140Visual Studio 2015: v140
  • Visual Studio 2017: v141Visual Studio 2017: v141
  • Visual Studio 2019: v142Visual Studio 2019: v142

これらのツールセットは、4.5 以降の .NET Framework をサポートしています。These toolsets support .NET Framework 4.5 and later.

Visual Studio では、プロジェクトC++のマルチターゲットもサポートしています。Visual Studio also supports multitargeting for C++ projects. Visual Studio IDE を使用して、以前のバージョンの Visual Studio で作成されたプロジェクトを編集およびビルドできます。新しいバージョンのツールセットを使用するようにアップグレードする必要はありません。You can use the Visual Studio IDE to edit and build projects that were created with older versions of Visual Studio, without upgrading them to use a new version of the toolset. コンピューターに古いツールセットがインストールされている必要があります。You do need to have the older toolsets installed on your computer. 詳細については、「 Visual Studio でネイティブマルチターゲットを使用する方法」を参照してください。For more information, see How to use native multi-targeting in Visual Studio. たとえば、Visual Studio 2015 では .NET Framework 2.0 をターゲットにすることができますが、それをサポートする以前のツールセットを使用する必要があります。For example, in Visual Studio 2015, you can target .NET Framework 2.0 but you must use an earlier toolset that supports it.

ターゲットフレームワーク (C++/cli プロジェクトのみ)Target framework (C++/CLI project only)

ターゲット フレームワークを変更すると、プラットフォーム ツールセットのバージョンもそのターゲット フレームワークをサポートするように変更されます。When you change the target Framework, also change the platform toolset to a version that supports that Framework. たとえば、.NET Framework 4.5 を対象とする場合、Visual Studio 2015 (v140)、Visual Studio 2013 (v120)、Visual Studio 2012 (v110) のような互換性のあるプラットフォーム ツールセットを使用する必要があります。For example, to target the .NET Framework 4.5, you must use a compatible platform toolset such as Visual Studio 2015 (v140), Visual Studio 2013 (v120) or Visual Studio 2012 (v110). Windows 7.1 SDKプラットフォームツールセットを使用して、.NET Framework 2.0、3.0、3.5、4、および x86/x64 プラットフォームを対象にすることができます。You can use the Windows 7.1 SDK platform toolset to target the .NET Framework 2.0, 3.0, 3.5, and 4, and the x86/x64 platforms.

カスタム プラットフォーム ツールセットを作成することで、さらにターゲット フレームワークを拡張できます。You can extend the target platform further by creating a custom platform toolset. 詳細については、Visual C++ チーム ブログの C++ Native Multi-Targeting (C++ ネイティブ マルチ ターゲット) をご覧ください。For more information, see C++ Native Multi-Targeting on the Visual C++ blog.

ターゲット フレームワークを変更するにはTo change the target Framework

  1. Visual Studio の ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトを選びます。In Visual Studio, in Solution Explorer, select your project. メニュー バーで [プロジェクト] メニューを開き、 [プロジェクトのアンロード] を選択します。On the menu bar, open the Project menu and choose Unload project. これによって、プロジェクトのプロジェクト (.vcxproj) ファイルをアンロードします。This unloads the project (.vcxproj) file for your project.

    注意

    Visual Studio ではプロジェクト ファイルの変更中には、C ++ プロジェクトを読み込むことはできません。A C++ project cannot be loaded while the project file is being modified in Visual Studio. ただし、プロジェクトが Visual Studio に読み込まれるとき、メモ帳などの別のエディターを使用して、プロジェクト ファイルを変更することができます。However, you can use another editor such as Notepad to modify the project file while the project is loaded in Visual Studio. Visual Studio はプロジェクト ファイルが変更されたことを検知して、プロジェクトを再度読み込むように求めるメッセージが表示されます。Visual Studio will detect that the project file has changed and prompt you to reload the project.

  2. メニュー バーで、 [ファイル][開く][ファイル] の順に選択します。On the menu bar, select File, Open, File. [ファイルを開く] のダイアログ ボックスで、プロジェクトのフォルダーに移動し、プロジェクト (.vcxproj) ファイルを開きます。In the Open File dialog box, navigate to your project folder, and then open the project (.vcxproj) file.

  3. プロジェクト ファイルで、ターゲット フレームワークのバージョンに対するエントリを見つけます。In the project file, locate the entry for the target Framework version. たとえば、.NET Framework 4.5 を使用するプロジェクトの場合は、 <TargetFrameworkVersion>v4.5</TargetFrameworkVersion> 要素の <PropertyGroup Label="Globals"> 要素の中の <Project> を探します。For example, if your project is designed to use the .NET Framework 4.5, locate <TargetFrameworkVersion>v4.5</TargetFrameworkVersion> in the <PropertyGroup Label="Globals"> element of the <Project> element. <TargetFrameworkVersion> 要素が存在しない場合には、プロジェクトは .NET Framework を使用しないため、変更の必要はありません。If the <TargetFrameworkVersion> element isn't present, your project doesn't use the .NET Framework and no change is required.

  4. その値を、使用するフレームワークのバージョン (v3.5 または v4.6 など) に更新します。Change the value to the Framework version you want, such as v3.5 or v4.6.

  5. 変更を保存してエディターを閉じます。Save the changes and close the editor.

  6. ソリューション エクスプローラーで、プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [プロジェクトの再読み込み] をクリックします。In Solution Explorer, open the shortcut menu for your project and then choose Reload Project.

  7. 変更内容を確認するには、 ソリューション エクスプローラーで、右クリックして (ソリューションではなく) プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [プロパティ] を選択してプロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。To verify the change, in Solution Explorer, right-click to open the shortcut menu for your project (not for your solution) and then choose Properties to open your project Property Pages dialog box. ダイアログ ボックスの左ペインで、 [構成プロパティ] を展開し、 [全般] を選択します。In the left pane of the dialog box, expand Configuration Properties and then select General. .NET Target 対象バージョン が新しいバージョンのフレームワークを示していることを確認します。Verify that .NET Target Framework Version shows the new Framework version.

プラットフォームツールセットを変更するにはTo change the platform toolset

  1. Visual Studio の ソリューション エクスプローラーで、(ソリューションではなく) プロジェクトのショートカット メニューを開き、 [プロパティ] を選択してプロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。In Visual Studio, in Solution Explorer, open the shortcut menu for your project (not for your solution) and then choose Properties to open your project Property Pages dialog box.

  2. [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで、 [構成] ドロップダウン リストを開き、 [すべての構成] を選択します。In the Property Pages dialog box, open the Configuration drop-down list and then select All Configurations.

  3. ダイアログ ボックスの左ペインで、 [構成プロパティ] を展開し、 [全般] を選択します。In the left pane of the dialog box, expand Configuration Properties and then select General.

  4. 右ペインで、 [プラットフォーム ツールセット] をクリックして、ドロップダウン リストから使用するツールセットを選択します。In the right pane, select Platform Toolset and then select the toolset you want from the drop-down list. たとえば、Visual Studio 2010 ツールセットがインストールされている場合は、 Visual studio 2010 (v100) を選択してプロジェクトに使用します。For example, if you have installed the Visual Studio 2010 toolset, select Visual Studio 2010 (v100) to use it for your project.

  5. [OK] を選択します。Choose the OK button.

関連項目See also

コマンド ラインでの MSBuild - C++MSBuild on the command line - C++