CL のコマンド ファイルCL Command Files

コマンドファイルは、コマンドラインに入力するオプションやファイル名が含まれているテキストファイルです。また、 CL 環境変数を使用して指定することもできます。A command file is a text file that contains options and filenames you would otherwise type on the command line or specify using the CL environment variable. CL では、コンパイラコマンドファイルを引数として CL 環境変数またはコマンドラインで受け取ることができます。CL accepts a compiler command file as an argument in the CL environment variable or on the command line. コマンド ラインまたは環境変数 CL ではオプションとファイル名を 1 行しか指定できませんが、コマンド ファイルでは複数行指定できます。Unlike either the command line or the CL environment variable, a command file allows you to use multiple lines of options and filenames.

コマンドファイル内のオプションとファイル名は、CL 環境変数またはコマンドライン内のコマンドファイル名の場所に従って処理されます。Options and filenames in a command file are processed according to the location of a command filename within the CL environment variable or on the command line. ただし、コマンドファイルに/link オプションが指定されている場合は、行の残りのすべてのオプションがリンカーに渡されます。However, if the /link option appears in the command file, all options on the rest of the line are passed to the linker. コマンドファイル内の後続の行のオプションと、コマンドファイルの呼び出し後のコマンドラインのオプションは、コンパイラオプションとしても受け入れられます。Options in subsequent lines in the command file and options on the command line after the command file invocation are still accepted as compiler options. オプションの順序が解釈に与える影響の詳細については、「 CL オプションの順序」を参照してください。For more information on how the order of options affects their interpretation, see Order of CL Options.

コマンドファイルには、CL コマンドを含めることはできません。A command file must not contain the CL command. 各オプションの先頭と末尾は同じ行である必要があります。円記号 ( \ ) を使用して、2つの行でオプションを結合することはできません。Each option must begin and end on the same line; you cannot use the backslash (\) to combine an option across two lines.

コマンドファイルは、アットマーク ( @ ) とファイル名の順で指定されます。ファイル名には、絶対パスまたは相対パスを指定できます。A command file is specified by an at sign (@) followed by a filename; the filename can specify an absolute or relative path.

たとえば、次のコマンドが RESP という名前のファイルに含まれているとします。For example, if the following command is in a file named RESP:

/Og /link LIBC.LIB

次の CL コマンドを指定します。and you specify the following CL command:

CL /Ob2 @RESP MYAPP.C

CL のコマンドは次のとおりです。the command to CL is as follows:

CL /Ob2 /Og MYAPP.C /link LIBC.LIB

コマンドラインとコマンドファイルのコマンドは、効果的に結合されることに注意してください。Note that the command line and the command-file commands are effectively combined.

参照See also

MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文MSVC Compiler Command-Line Syntax
MSVC コンパイラ オプションMSVC Compiler Options