コンパイラ オプション

cl.exeは、Microsoft C++ (MSVC) C および C++ コンパイラとリンカーを制御するツールです。 cl.exeをサポートするオペレーティング システムでのみMicrosoft Visual Studio実行Windows。

Note

このツールは Visual Studio 開発者コマンド プロンプトからのみ起動できます。 システム コマンド プロンプトやエクスプローラーからは開始できません。 詳細については、「コマンド ラインから MSVC ツールセットを使用する」を参照してください。

コンパイラは、COFF (Common Object File Format) 形式のオブジェクト (.obj) ファイルを生成します。 リンカーは、実行可能 (.exe) ファイルまたはダイナミック リンク ライブラリ (DLL: Dynamic-Link Library) を生成します。

すべてのコンパイラ オプションでは、大文字と小文字が区別されます。 コンパイラ オプションを指定するには、スラッシュ ( ) またはダッシュ / ( - ) を使用できます。

リンクせずにコンパイルするには、/c オプションを使用 します。

コンパイラ オプションを検索する

特定のコンパイラ オプションを見つけるには、次のいずれかの一覧を参照してください。

コンパイラ オプションを指定する

開発環境での設定方法は、コンパイラの各オプションのトピックで説明します。 開発環境以外からオプションを指定する方法の詳細については、下記を参照してください。

MSVCオプションは、プログラムのビルド方法にも影響します。

関連項目

C/C++ ビルドのリファレンス
CL がリンカーを呼び出す