コンパイラ オプションCompiler Options

cl.exe は、Microsoft を制御するツールC++(MSVC) C とC++コンパイラとリンカーします。cl.exe is a tool that controls the Microsoft C++ (MSVC) C and C++ compilers and linker. cl.exe は、Microsoft Visual Studio for Windows をサポートするオペレーティング システムでのみ実行できます。cl.exe can be run only on operating systems that support Microsoft Visual Studio for Windows.

注意

このツールは、Visual Studio 開発者コマンド プロンプトからのみ起動できます。You can start this tool only from a Visual Studio developer command prompt. システム コマンド プロンプトやエクスプローラーからは開始できません。You cannot start it from a system command prompt or from File Explorer. 詳細については、次を参照してください。コマンドラインから MSVC ツールセットを使用してします。For more information, see Use the MSVC toolset from the command line.

コンパイラは、COFF (Common Object File Format) 形式のオブジェクト (.obj) ファイルを生成します。The compilers produce Common Object File Format (COFF) object (.obj) files. リンカーは、実行可能 (.exe) ファイルまたはダイナミック リンク ライブラリ (DLL: Dynamic-Link Library) を生成します。The linker produces executable (.exe) files or dynamic-link libraries (DLLs).

すべてのコンパイラ オプションで、大文字小文字を区別します。Note that all compiler options are case sensitive. いずれかにスラッシュを使用することがあります (/) またはダッシュ (-) コンパイラ オプションを指定します。You may use either a forward slash (/) or a dash (-) to specify a compiler option.

リンクなしでコンパイルを使用して、 /cオプション。To compile without linking, use the /c option.

コンパイラ オプションを見つけるFind a compiler option

特定のコンパイラ オプションを見つけるには、次のいずれかの一覧を参照してください。To find a particular compiler option, see one of the following lists:

コンパイラ オプションを指定しますSpecify compiler options

開発環境での設定方法は、コンパイラの各オプションのトピックで説明します。The topic for each compiler option discusses how it can be set in the development environment. 開発環境以外からオプションを指定する方法の詳細については、下記を参照してください。For information on specifying options outside the development environment, see:

MSVC リンカー オプションプログラムの構築方法にも影響します。MSVC Linker Options also affect how your program is built.

関連項目See also

C/C++ ビルドのリファレンスC/C++ Building Reference
リンカーを呼び出す CLCL Invokes the Linker