/DELAYSIGN (アセンブリの部分署名)/DELAYSIGN (Partially Sign an Assembly)

/DELAYSIGN[:NO]

引数Arguments

違いますNO
アセンブリが部分的に署名されていないことを指定します。Specifies that the assembly should not be partially signed.

RemarksRemarks

使用 /DELAYSIGN公開キーをアセンブリに配置する場合。Use /DELAYSIGN if you only want to place the public key in the assembly. 既定値は /delaysign:no ですします。The default is /DELAYSIGN:NO.

/DELAYSIGNオプションも何も起こりません併用しない限り、 /KEYFILEまたは/KEYCONTAINERします。The /DELAYSIGN option has no effect unless used with /KEYFILE or /KEYCONTAINER.

アセンブリに完全に署名するように指定すると、コンパイラはマニフェスト (アセンブリ メタデータ) を含むファイルをハッシュし、秘密キーでそのハッシュに署名します。When you request a fully signed assembly, the compiler hashes the file that contains the manifest (assembly metadata) and signs that hash with the private key. 結果として得られるデジタル署名は、マニフェストを含むファイルに格納されます。The resulting digital signature is stored in the file that contains the manifest. アセンブリが遅延署名されたときに、リンカーはいないコンピューティングし、署名を後で追加できるように、署名が予約領域をファイルに保存します。When an assembly is delay signed, the linker does not compute and store the signature, but reserves space in the file so the signature can be added later.

たとえばを使用して /DELAYSIGNと、テスト時に、アセンブリをグローバル キャッシュに格納できます。For example, using /DELAYSIGN allows a tester to put the assembly in the global cache. テスト後に、アセンブリに秘密キーを配置することで、アセンブリを完全署名できます。After testing, you can fully sign the assembly by placing the private key in the assembly.

参照してください厳密な名前のアセンブリ (アセンブリ署名) (C +/cli CLI)Delay Signing an Assemblyアセンブリへの署名の詳細についてはします。See Strong Name Assemblies (Assembly Signing) (C++/CLI) and Delay Signing an Assembly for more information on signing an assembly.

アセンブリの生成に影響するその他のリンカー オプションがあります。Other linker options that affect assembly generation are:

Visual Studio 開発環境でこのリンカー オプションを設定するにはTo set this linker option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. をクリックして、リンカーフォルダー。Click the Linker folder.

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。Click the Command Line property page.

  4. オプションを入力、追加オプションボックス。Type the option into the Additional Options box.

このリンカーをコードから設定するにはTo set this linker option programmatically

関連項目See also

MSVC リンカーのリファレンスMSVC linker reference
MSVC リンカー オプションMSVC Linker Options