/DEPENDENTLOADFLAG (既定依存読み込みフラグを設定します)/DEPENDENTLOADFLAG (Set default dependent load flags)

既定の負荷のフラグを設定するときに使用LoadLibraryDll を読み込むために使用します。Sets the default load flags used when LoadLibrary is used to load DLLs.

構文Syntax

/DEPENDENTLOADFLAG[:loadflags]/DEPENDENTLOADFLAG[:loadflags]

引数Arguments

loadflagsloadflags
10 進数、先行ゼロの場合は、8 進数または先頭の 16 進数のオプション"C"スタイル 16 ビット整数値0x、すべてに適用する依存読み込みフラグを指定するLoadLibrary呼び出し。An optional "C"-style 16-bit integer value in decimal, octal with a leading zero, or hexadecimal with a leading 0x, that specifies the dependent load flags to apply to all LoadLibrary calls. 既定値は 0 です。The default value is 0.

RemarksRemarks

このオプションは、Visual Studio 2017 の新機能は、Windows 10 RS1 以降で実行されているアプリにのみ適用されます。This option is new in Visual Studio 2017, and applies only to apps running on Windows 10 RS1 and later versions. このオプションは、アプリを実行するその他のオペレーティング システムで無視されます。This option is ignored by other operating systems that run the app.

サポートされるオペレーティング システムでは、このオプションがへの呼び出しを変更した効果LoadLibrary("dependent.dll")を同等のLoadLibraryEx("dependent.dll", 0, loadflags)します。On supported operating systems, this option has the effect of changing calls to LoadLibrary("dependent.dll") to the equivalent of LoadLibraryEx("dependent.dll", 0, loadflags). 呼び出すLoadLibraryExは影響を受けません。Calls to LoadLibraryEx are unaffected. このオプションでは、アプリを読み込んだ Dll を再帰的には適用されません。This option does not apply recursively to DLLs loaded by your app.

このフラグは、攻撃を仕掛ける DLL を防ぐために使用できます。This flag can be used to prevent DLL planting attacks. たとえば、アプリで使用LoadLibrary依存 DLL を読み込むには、攻撃者で使用される検索パスに同じ名前の DLL を工場でしたLoadLibrary、現在のディレクトリなどセーフ DLL の検索モードがある場合、システムのディレクトリの前にするチェック可能性があります無効になります。For example, if an app uses LoadLibrary to load a dependent DLL, an attacker could plant a DLL with the same name in the search path used by LoadLibrary, such as the current directory, which may be checked before system directories if safe DLL search mode is disabled. セーフ DLL の検索モードでは、検索の順序で後で、ユーザーの現在のディレクトリに配置し、Windows XP SP2 以降では既定で有効にします。Safe DLL search mode places the user's current directory later in the search order, and is enabled by default on Windows XP SP2 and later versions. 詳細については、ダイナミック リンク ライブラリの検索順序を参照してください。For more information, see Dynamic-Link Library Search Order.

リンク オプションを指定する場合/DEPENDENTLOADFLAG:0xA00(結合フラグの値LOAD_LIBRARY_SEARCH_APPLICATION_DIR | LOAD_LIBRARY_SEARCH_SYSTEM32)、DLL 検索パスは、攻撃者がより困難である保護されたディレクトリに制限ユーザーのコンピューターに安全な DLL の検索モードが無効の場合でも変更します。If you specify the link option /DEPENDENTLOADFLAG:0xA00 (the value of the combined flags LOAD_LIBRARY_SEARCH_APPLICATION_DIR | LOAD_LIBRARY_SEARCH_SYSTEM32), then even if safe DLL search mode is disabled on the user's computer, the DLL search path is limited to protected directories that are more difficult for an attacker to change. 使用可能なフラグと、そのシンボリックと数値の値は、、 dwFlagsパラメーターの説明をLoadLibraryExを参照してください。For information on the flags available, and their symbolic and numeric values, see the dwFlags parameter description in LoadLibraryEx.

Visual Studio 開発環境で DEPENDENTLOADFLAG リンカー オプションを設定するにはTo set the DEPENDENTLOADFLAG linker option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティを参照してください。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. 選択、構成プロパティ > リンカー > コマンドラインプロパティ ページ。Select the Configuration Properties > Linker > Command Line property page.

  3. オプションを入力して追加オプションします。Enter the option in Additional Options.

このリンカーをコードから設定するにはTo set this linker option programmatically

関連項目See also