/FA、/Fa (リスティング ファイル)/FA, /Fa (Listing File)

アセンブラー コードを含むリスティング ファイルを作成します。Creates a listing file containing assembler code.

構文Syntax

/FA[c][s][u] /Fapathname/FA[c][s][u] /Fapathname

RemarksRemarks

/FAコンパイラ オプションでは、一般に、C または C++ ソース ファイルに対応するコンパイル時に各翻訳単位のアセンブラーのリスティング ファイルが生成されます。The /FA compiler option generates an assembler listing file for each translation unit in the compilation, which generally corresponds to a C or C++ source file. 既定では ANSI としてエンコードされるリスティング ファイルにのみアセンブラーが含まれます。By default, only assembler is included in the listing file, which is encoded as ANSI. 省略可能なcs、およびu引数 /FAマシン コードかどうかのコントロールまたはソース コードは、アセンブラーと出力この一覧を表示すると、一覧を utf-8 としてエンコードするかどうかとします。The optional c, s, and u arguments to /FA control whether machine code or source code are output together with the assembler listing, and whether the listing is encoded as UTF-8.

既定では、各リスティング ファイルは、ソース ファイルと同じ基本名を取得し、.asm 拡張機能があります。By default, each listing file gets the same base name as the source file, and has a .asm extension. 使用してマシン コードが含まれている場合、 cオプション、リスティング ファイル .cod 拡張子が付きます。When machine code is included by using the c option, the listing file has a .cod extension. リスティング ファイルを使用して作成されるディレクトリの拡張機能と名前を変更することができます、 /Faオプション。You can change the name and extension of the listing file and the directory where it is created by using the /Fa option.

/FA 引数/FA arguments

nonenone
アセンブラー言語だけでは、一覧に含まれます。Only assembler language is included in the listing.

cc
任意。Optional. 一覧で、マシン語コードが含まれています。Includes machine code in the listing.

ss
任意。Optional. 一覧で、ソース コードが含まれています。Includes source code in the listing.

uu
任意。Optional. Utf-8 形式でリスティング ファイルをエンコードし、バイト順マーカーが含まれています。Encodes the listing file in UTF-8 format, and includes a byte order marker. 既定では、ファイルは ANSI としてエンコードされます。By default, the file is encoded as ANSI. 使用u、任意のシステムに正しく表示される、リスティング ファイルを作成するコンパイラへの入力として Unicode を使用しているかどうか、またはソース コード ファイル。Use u to create a listing file that displays correctly on any system, or if you are using Unicode source code files as input to the compiler.

両方suが指定され、ソース コード ファイルの場合は、utf-8 では、その .asm ファイルにコード行が正しく表示されない場合があります以外の Unicode エンコーディングを使用します。If both s and u are specified, and if a source code file uses a Unicode encoding other than UTF-8, then the code lines in the .asm file may not display correctly.

/Fa 引数/Fa argument

nonenone
1 つソース.asm ファイルがコンパイル時にソース コード ファイルごとに作成されます。One source.asm file is created for each source code file in the compilation.

ファイル名filename
という名前の一覧ファイルfilename.asm は、現在のディレクトリに配置されます。A listing file named filename.asm is placed in the current directory. 1 つのソース コード ファイルをコンパイルするときにのみ有効です。This is only valid when compiling a single source code file.

filename.extensionfilename.extension
という名前の一覧ファイルfilename.extensionは、現在のディレクトリに配置されます。A listing file named filename.extension is placed in the current directory. 1 つのソース コード ファイルをコンパイルするときにのみ有効です。This is only valid when compiling a single source code file.

directory\directory\
1 つsource_file.asm ファイルが作成され、指定した配置ディレクトリコンパイル時にソース コード ファイルごとにします。One source_file.asm file is created and placed in the specified directory for each source code file in the compilation. 必要なバック スラッシュに注意してください。Note the required trailing backslash. 現在のディスク上のパスのみが許可されます。Only paths on the current disk are allowed.

directory\filenamedirectory\filename
という名前の一覧ファイルfilename.asm の配置で指定したディレクトリA listing file named filename.asm is placed in the specified directory. 1 つのソース コード ファイルをコンパイルするときにのみ有効です。This is only valid when compiling a single source code file.

directory\filename.extensiondirectory\filename.extension
という名前の一覧ファイルfilename.extensionに配置されますが、指定したディレクトリします。A listing file named filename.extension is placed in the specified directory. 1 つのソース コード ファイルをコンパイルするときにのみ有効です。This is only valid when compiling a single source code file.

Visual Studio 開発環境において、このコンパイラ オプションを設定する方法To set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. 選択、構成プロパティ > C/C++ > 出力ファイルプロパティ ページ。Select the Configuration Properties > C/C++ > Output Files property page.

  3. 変更、アセンブラー出力プロパティを設定する、 /FAc/FAsアセンブラー、コンピューター、およびソース コードのオプション。Modify the Assembler Output property to set the /FAc and /FAs options for assembler, machine, and source code. 変更、アセンブラー リストを使用して Unicodeプロパティを設定する、は/FAu ANSI または utf-8 の出力オプション。Modify the Use Unicode For Assembler Listing property to set the /FAu option for ANSI or UTF-8 output. 変更、 ASM リストの場所を設定する、 /Faファイルの名前と場所を一覧表示するためのオプション。Modify the ASM List Location to set the /Fa option for listing file name and location.

どちらもその設定に注意してください。アセンブラー出力アセンブラー リストを使用して Unicodeプロパティが発生することができますコマンドラインの警告 D9025します。Note that setting both Assembler Output and Use Unicode For Assembler Listing properties can cause Command-Line Warning D9025. IDE でこれらのオプションを結合する、追加オプションフィールドに、コマンド ラインプロパティ ページの代わりにします。To combine these options in the IDE, use the Additional Options field in the Command Line property page instead.

このコンパイラ オプションをコードから設定するにはTo set this compiler option programmatically

Example

次のコマンドラインは、結合されたソースを生成し、マシン語コード リスティング ファイル hello.cod:The following command line produces a combined source and machine-code listing called HELLO.cod:

CL /FAcs HELLO.CPP

関連項目See also

出力ファイル (/F) オプションOutput-File (/F) Options
MSVC コンパイラ オプションMSVC Compiler Options
MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文MSVC Compiler Command-Line Syntax
パス名の指定Specifying the Pathname