/FI (強制インクルード ファイルの名前の指定)

プリプロセッサで、指定したヘッダー ファイルが処理されます。

構文

/FI[ ]pathname

解説

このオプションは、コマンド ライン、CL 環境変数、またはコマンド ファイルで指定するすべてのソース ファイルの最初の行で、#include ディレクティブで二重引用符を使ってファイルを指定するのと同じ効果があります。 複数の /FI オプションを使用する場合、ファイルは CL によって処理される順序でインクルードされます。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、Visual Studio での C++ コンパイラとビルド プロパティの設定に関するページを参照してください。

  2. [構成プロパティ]>[C/C++]>[詳細] プロパティ ページを選択します。

  3. [必ず使用されるインクルード ファイル] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

関連項目

出力ファイル (/F) オプション
MSVC コンパイラ オプション
MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文
パス名の指定