/LARGEADDRESSAWARE (大きいアドレスの処理)/LARGEADDRESSAWARE (Handle Large Addresses)

/LARGEADDRESSAWARE[:NO]

RemarksRemarks

/LARGEADDRESSAWARE オプションは、アプリケーションが、2 ギガバイトを超えるアドレスを処理できることをリンカーに指示します。The /LARGEADDRESSAWARE option tells the linker that the application can handle addresses larger than 2 gigabytes. 64 ビットのコンパイラでは、このオプションは既定で有効にします。In the 64-bit compilers, this option is enabled by default. 32 ビットのコンパイラでは、リンカーのコマンドラインで/LARGEADDRESSAWARE が指定されない場合/LARGEADDRESSAWARE:NO が有効にします。In the 32-bit compilers, /LARGEADDRESSAWARE:NO is enabled if /LARGEADDRESSAWARE is not otherwise specified on the linker line.

アプリケーションの/LARGEADDRESSAWARE、DUMPBIN は関連付け/HEADERSそれに対応する情報が表示されます。If an application was linked with /LARGEADDRESSAWARE, DUMPBIN /HEADERS will display information to that effect.

Visual Studio 開発環境でこのリンカー オプションを設定するにはTo set this linker option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. をクリックして、リンカーフォルダー。Click the Linker folder.

  3. をクリックして、システムプロパティ ページ。Click the System property page.

  4. 変更、大きいサイズのアドレスを有効にするプロパティ。Modify the Enable Large Addresses property.

このリンカーをコードから設定するにはTo set this linker option programmatically

関連項目See also

MSVC リンカーのリファレンスMSVC linker reference
MSVC リンカー オプションMSVC Linker Options