/NOASSEMBLY (MSIL モジュールの作成)/NOASSEMBLY (Create a MSIL Module)

/NOASSEMBLY

RemarksRemarks

/NOASSEMBLY オプションを使用すると、リンカーは、.NET Framework アセンブリなしの現在の出力ファイルのイメージを作成します。The /NOASSEMBLY option tells the linker to create an image for the current output file without a .NET Framework assembly. アセンブリ マニフェストのない MSIL 出力ファイルには、モジュールは呼び出されます。An MSIL output file without an assembly manifest is called a module.

既定では、アセンブリが作成されます。By default, an assembly is created. 使用することも、 /LN (MSIL モジュールの作成)コンパイラ オプション、モジュールを作成します。You can also use the /LN (Create MSIL Module) compiler option to create a module.

アセンブリの生成に影響するその他のリンカー オプションがあります。Other linker options that affect assembly generation are:

Visual Studio 開発環境でこのリンカー オプションを設定するにはTo set this linker option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. をクリックして、リンカーフォルダー。Click the Linker folder.

  3. をクリックして、詳細プロパティ ページ。Click the Advanced property page.

  4. 変更、アセンブリの生成を無効にするプロパティ。Modify the Turn Off Assembly Generation property.

このリンカーをコードから設定するにはTo set this linker option programmatically

関連項目See also

MSVC リンカーのリファレンスMSVC linker reference
MSVC リンカー オプションMSVC Linker Options