/NODEFAULTLIB (ライブラリを無視する)/NODEFAULTLIB (Ignore Libraries)

/NODEFAULTLIB[:library]/NODEFAULTLIB[:library]

引数Arguments

ライブラリlibrary
外部参照を解決するときに無視するライブラリ。A library that you want the linker to ignore when it resolves external references.

RemarksRemarks

/NODEFAULTLIB オプションは、外部参照を解決するときに検索するライブラリの一覧から 1 つまたは複数の既定のライブラリを削除するリンカーに指示します。The /NODEFAULTLIB option tells the linker to remove one or more default libraries from the list of libraries it searches when resolving external references.

既定のライブラリへの参照が含まれていない .obj ファイルを作成するには、使用/Zl (既定ライブラリ名の省略)します。To create an .obj file that contains no references to default libraries, use /Zl (Omit Default Library Name).

既定では、/NODEFAULTLIB は外部参照を解決するときに検索するライブラリの一覧から既定ライブラリをすべて削除します。By default, /NODEFAULTLIB removes all default libraries from the list of libraries it searches when resolving external references. 省略可能なライブラリパラメーターを使用して、外部参照を解決するときに検索するライブラリの一覧から指定したライブラリを削除できます。The optional library parameter lets you remove a specified library from the list of libraries it searches when resolving external references. /NODEFAULTLIB オプションを除外する各ライブラリの 1 つを指定します。Specify one /NODEFAULTLIB option for each library you want to exclude.

リンカーを明示的に指定すると、その後で指定したライブラリの既定のライブラリを最初に検索して外部定義への参照を解決、 /DEFAULTLIB:オプション、し、既定のライブラリという名前の .obj とファイル。The linker resolves references to external definitions by searching first in libraries that you explicitly specify, then in default libraries specified with the /DEFAULTLIB: option, and then in default libraries named in .obj files.

/NODEFAULTLIB:ライブラリ/DEFAULTLIB よりも優先されます:ライブラリとき同じライブラリ両方で名前が指定されています。/NODEFAULTLIB:library overrides /DEFAULTLIB:library when the same library name is specified in both.

/NODEFAULTLIB を使用して C ランタイム ライブラリなし、プログラムをビルドする場合にも使用して、必要に応じて/ENTRYをプログラムで、エントリ ポイント関数を指定します。If you use /NODEFAULTLIB to build your program without the C run-time library, you may have to also use /ENTRY to specify the entry-point function in your program. 詳しくは、「CRT ライブラリの機能」をご覧ください。For more information, see CRT Library Features.

Visual Studio 開発環境でこのリンカー オプションを設定するにはTo set this linker option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. 選択、構成プロパティ > リンカー > 入力プロパティ ページ。Select the Configuration Properties > Linker > Input property page.

  3. 選択、すべて既定のライブラリの無視プロパティ。Select the Ignore All Default Libraries property. またはで無視するライブラリのセミコロン区切りのリストを指定、特定の既定のライブラリの無視プロパティ。Or, specify a semicolon-separated list of the libraries you want to ignore in the Ignore Specific Default Libraries property. コマンドラインプロパティ ページは、これらのプロパティに加えた変更の効果を示しています。The Command Line property page shows the effect of the changes you make to these properties.

このリンカーをコードから設定するにはTo set this linker option programmatically

関連項目See also

MSVC リンカーのリファレンスMSVC linker reference
MSVC リンカー オプションMSVC Linker Options