CL オプションの指定順序Order of CL Options

オプションは、最後に実行する必要がある/link オプションを除き、CL コマンドライン上の任意の場所に表示できます。Options can appear anywhere on the CL command line, except for the /link option, which must occur last. コンパイラは、 CL 環境変数で指定されたオプションを使用して開始し、コマンドラインを左から右に読み取ります。コマンドファイルは、その順序で処理されます。The compiler begins with options specified in the CL environment variable and then reads the command line from left to right — processing command files in the order it encounters them. 各オプションは、コマンドラインのすべてのファイルに適用されます。Each option applies to all files on the command line. CL で競合するオプションが検出されると、右端のオプションが使用されます。If CL encounters conflicting options, it uses the rightmost option.

参照See also

MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文MSVC Compiler Command-Line Syntax