/Tc、/Tp、/TC、/TP (ソース ファイル タイプの指定)/Tc, /Tp, /TC, /TP (Specify Source File Type)

/Tcオプション C ソース ファイルにそのファイル名引数が .c 拡張機能があるない場合でもを指定します。The /Tc option specifies that its filename argument is a C source file, even if it does not have a .c extension. /Tpオプションが .cpp または .cxx 拡張子があるない場合でも、ファイル名引数が、C++ ソース ファイルを指定します。The /Tp option specifies that its filename argument is a C++ source file, even if it doesn't have a .cpp or .cxx extension. オプションと、ファイル名の間にスペースは省略可能です。A space between the option and the filename is optional. 各オプションを 1 つのファイルを指定します追加のファイルを指定するには、オプションを繰り返します。Each option specifies one file; to specify additional files, repeat the option.

/TC/TPはさまざまなグローバル /Tc/Tpします。/TC and /TP are global variants of /Tc and /Tp. コンパイラ コマンドラインの C ソース ファイルとしてという名前のすべてのファイルを扱うにするため (/TC) または C++ ソース ファイル (/TP)、コマンド ライン オプションに関連上の場所に関係なく。They specify to the compiler to treat all files named on the command line as C source files (/TC) or C++ source files (/TP), without regard to location on the command line in relation to the option. これらのグローバル オプションの 1 つのファイルに上書きできます /Tcまたは /Tpします。These global options can be overridden on a single file by means of /Tc or /Tp.

構文Syntax

/Tc filename /Tp filename /TC /TP/Tc filename /Tp filename /TC /TP

引数Arguments

ファイル名filename
C または C++ ソース ファイル。A C or C++ source file.

RemarksRemarks

既定では、 CL .c ファイル拡張子を持つファイルは C ソース ファイルと .cpp または .cxx 拡張子のファイルは、C++ ソース ファイルのことを前提としています。By default, CL assumes that files with the .c extension are C source files and files with the .cpp or the .cxx extension are C++ source files.

ときにいずれか、 TCまたはTcオプションを指定すると、仕様、 /Zc:wchar_t (wchar_t をネイティブ型)オプションは無視されます。When either the TC or Tc option is specified, any specification of the /Zc:wchar_t (wchar_t Is Native Type) option is ignored.

Visual Studio 開発環境において、このコンパイラ オプションを設定する方法To set this compiler option in the Visual Studio development environment

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。Open the project's Property Pages dialog box. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio での設定の C++ コンパイラとビルド プロパティします。For details, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

  2. 選択、構成プロパティ > C/C++ > 詳細プロパティ ページ。Select the Configuration Properties > C/C++ > Advanced property page.

  3. 変更、としてコンパイルプロパティ。Modify the Compile As property. 選択OKまたは適用変更を適用します。Choose OK or Apply to apply your changes.

このコンパイラ オプションをコードから設定するにはTo set this compiler option programmatically

使用例Examples

CL コマンド行では、MAIN.c、TEST.prg と COLLATE.prg がすべての C ソース ファイルを指定します。This CL command line specifies that MAIN.c, TEST.prg, and COLLATE.prg are all C source files. CL will not recognize PRINT.prg.CL will not recognize PRINT.prg.

CL MAIN.C /TcTEST.PRG /TcCOLLATE.PRG PRINT.PRGCL MAIN.C /TcTEST.PRG /TcCOLLATE.PRG PRINT.PRG

CL コマンド行では、TEST1.c、TEST2.cxx、TEST3.huh、および TEST4.o は、C++ ファイルとしてコンパイルし、TEST5.z は C ファイルとしてコンパイルされたことを指定します。This CL command line specifies that TEST1.c, TEST2.cxx, TEST3.huh, and TEST4.o are compiled as C++ files, and TEST5.z is compiled as a C file.

CL TEST1 します。C TEST2 します。CXX である TEST3 します。ね TEST4 します。O/Tc TEST5 します。Z/TPCL TEST1.C TEST2.CXX TEST3.HUH TEST4.O /Tc TEST5.Z /TP

関連項目See also

MSVC コンパイラ オプションMSVC Compiler Options
MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文MSVC Compiler Command-Line Syntax