[VC++ ディレクトリ] プロパティ ページ (Windows)VC++ Directories Property Page (Windows)

このプロパティ ページを使用して、現在選択されているプロジェクトをビルドするときに使用するディレクトリを Visual Studio に指示します。Use this property page to tell Visual Studio which directories to use when building the currently-selected project. ソリューション内の複数のプロジェクトのディレクトリを設定するには、「 Visual Studio C++プロジェクトの設定を共有または再利用する」の説明に従って、カスタムプロパティシートを使用します。To set directories for multiple projects in a solution, use a custom property sheet as described in Share or reuse Visual Studio C++ project settings.

このページの Linux バージョンについては、「VC++ ディレクトリ (Linux C++)」を参照してください。For the Linux version of this page, see VC++ Directories (Linux C++).

[VC++ ディレクトリ] プロパティ ページにアクセスするには:To access the VC++ Directories property page:

  1. ソリューション エクスプローラー ウィンドウが表示されない場合は、メイン メニューで [表示] > [ソリューション エクスプローラー] を選択します。If the Solution Explorer window is not visible, then on the main menu choose View > Solution Explorer.
  2. (最上位レベルのソリューションではなく) プロジェクト ノードを右クリックして、 [プロパティ] を選択します。Right-click on a project node (not the top-level solution) and choose Properties.
  3. [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスの左側のウィンドウで [構成プロパティ] > [VC++ ディレクトリ] の順に選択します。In the left pane of the Property Pages dialog box, select Configuration Properties > VC++ Directories.

[VC++ ディレクトリ] プロパティは、最上位のソリューション ノードではなく、プロジェクトに適用されます。VC++ Directories properties apply to a project, not the top-level solution node. [構成プロパティ] の下に [VC++ ディレクトリ] が表示されない場合は、 [ソリューション エクスプローラー] ウィンドウで C++ プロジェクト ノードを選択します。If you do not see VC++ Directories under Configuration Properties, select a C++ project node in the Solution Explorer window:

プロジェクト ノードを選択Select the project node

クロスプラット フォーム プロジェクトの [VC++ ディレクトリ] プロパティ ページは外観が異なることに注意してください。Note that the VC++ Directories property page for cross-platform projects looks different. Linux C++ プロジェクトに固有の情報については、「VC++ ディレクトリ (Linux C++)」を参照してください。For information specific to Linux C++ projects, see VC++ Directories (Linux C++).

Visual Studio のプロジェクトプロパティに慣れていない場合は、最初にVisual studio で Set C++コンパイラとビルドプロパティを読み取ると役立つことがあります。If you are not familiar with project properties in Visual Studio, you might find it helpful to first read Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

VC++ ディレクトリ プロパティの既定の設定は、プロジェクトの種類によって異なります。The default settings for VC++ Directories properties depend on project type. デスクトップ プロジェクトの場合、特定のプラットフォーム ツールセットの C++ ツールの場所と、Windows SDK の場所が含まれます。For desktop projects they include the C++ tools locations for a particular Platform Toolset and the Windows SDK location. プラットフォーム ツールセットWindows SDK バージョンは、 [構成プロパティ] > [全般] ページで変更できます。You can change the Platform Toolset and Windows SDK version on the Configuration Properties > General page.

いずれかのディレクトリの値を表示するには:To view the values for any of the directories:

  1. [VC++ ディレクトリ] ページで、プロパティのいずれか 1 つを選択します。Select one of the properties in the VC++ Directories page. たとえば、 [ライブラリ ディレクトリ] を選択します。For example, choose Library Directories.
  2. プロパティの値フィールドの末尾にある下向きの矢印ボタンを選択します。Choose the down-arrow button at the end of the property value field.
  3. ドロップダウン メニューで [編集] を選択します。In the drop-down menu, choose Edit.

ライブラリ ディレクトリの編集Edit Library Directories

次のようなダイアログ ボックスが表示されます。You now see a dialog box like this:

ライブラリ ディレクトリの表示Show Library Directories

現在のディレクトリを表示するには、このダイアログ ボックスを使用します。Use this dialog to view the current directories. ただし、ディレクトリを変更または追加する場合は、プロパティ マネージャーを使用してプロパティ シートを作成するか、既定のユーザー プロパティ シートを変更することをお勧めします。However, if you want to change or add a directory, it is better to use Property Manager to create a property sheet or modify the default user property sheet. 詳細については、「 Visual Studio C++プロジェクトの設定を共有または再利用する」を参照してください。For more information, see Share or reuse Visual Studio C++ project settings.

上記のように、継承されたパスの多くがマクロとして提供されます。As shown above, many of the inherited paths are given as macros. マクロの現在の値を調べるには、ダイアログ ボックスの右下隅の [マクロ] ボタンを選択します。To examine the current value of a macro, choose the Macros button in the lower right corner of the dialog box. 多くのマクロは、構成の種類に依存していることに注意してください。Note that many macros depend on the configuration type. デバッグ ビルドでのマクロは、リリース ビルドの同じマクロとは異なるパスに評価される場合があります。A macro in a debug build might evaluate to a different path than the same macro in a release build.

編集ボックスで部分一致または完全一致を検索することができます。You can search for partial or complete matches in the edit box. 次の図は、文字列 "WindowsSDK" が含まれるすべてのマクロと、マクロが評価される現在のパスも示しています。The following illustration shows all the macros that contain the string "WindowsSDK" and it also shows the current path that the macro evaluates to:

マクロ値の参照See macro values

メモ:入力すると、一覧に値が入力されます。Note: The list is populated as you type. Enter キーを押さないでください。Don't press Enter.

マクロの詳細と、可能な限りハードコーディングされたパスではなく、マクロを使用する必要がある理由については、「 Visual Studio でのC++コンパイラとビルドプロパティの設定」を参照してください。For more information about macros and why you should use them instead of hard-coded paths whenever possible, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.

一般的に使用されるマクロの一覧については、「ビルドコマンドとプロパティの一般的なマクロ」を参照してください。For a list of commonly used macros, see Common macros for build commands and properties.

独自のマクロは次の 2 通りの方法で定義できます。You can define your own macros in two ways:

  • 開発者コマンド プロンプトで環境変数を設定します。Set environment variables in a developer command prompt. すべての環境変数は、MSBuild プロパティ/マクロとして扱われます。All environment variables are treated as MSBuild properties/macros.

  • .props ファイルでユーザー マクロを定義します。Define user macros in a .props file. 詳細については、「Property page macros」 (プロパティ ページ マクロ) を参照してください。For more information, see Property page macros.

詳細については、次のブログ投稿を参照してください。VC + + ディレクトリ、継承されたプロパティとプロパティシート、およびVisual Studio 2010 C++プロジェクトアップグレードガイドFor more information, see these blog posts: VC++ Directories, Inherited Properties and Property Sheets, and Visual Studio 2010 C++ Project Upgrade Guide.

ディレクトリの種類Directory Types

また、次のように、その他のディレクトリも指定できます。You can also specify other directories, as follows.

実行ファイル ディレクトリExecutable Directories
実行可能ファイルを検索するディレクトリ。Directories in which to search for executable files. PATH 環境変数に対応します。Corresponds to the PATH environment variable.

インクルード ディレクトリInclude Directories
ソース コードで参照されるインクルード ファイルを検索するディレクトリ。Directories in which to search for include files that are referenced in the source code. INCLUDE 環境変数に対応します。Corresponds to the INCLUDE environment variable.

参照ディレクトリReference Directories
#using ディレクティブによってソース コード内で参照されるアセンブリおよびモジュール (メタデータ) ファイルを検索するディレクトリ。Directories in which to search for assembly and module (metadata) files that are referenced in the source code by the #using directive. LIBPATH 環境変数に対応します。Corresponds to the LIBPATH environment variable.

ライブラリ ディレクトリLibrary Directories
ライブラリ (.lib) ファイル (ランタイム ライブラリを含む) を検索するディレクトリ。Directories in which to search for libraries (.lib) files; this includes run-time libraries. LIB 環境変数に対応します。Corresponds to the LIB environment variable. この設定は、.obj ファイルには適用されません。 .obj ファイルにリンクするには、 [構成プロパティ] > [リンカー] > [全般] プロパティ ページで [Additional Library Dependencies](追加のライブラリ依存関係) を選択してファイルの相対パスを指定します。This setting does not apply to .obj files; to link to an .obj file, on the Configuration Properties > Linker > General property page, select Additional Library Dependencies and then specify the relative path of the file. 詳細については、「[リンカー] プロパティ ページ」を参照してください。For more information, see Linker property pages.

ライブラリ WinRT ディレクトリLibrary WinRT Directories
ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリで WinRT ライブラリ ファイルを検索するためのディレクトリ。Directories to search for WinRT library files for use in Universal Windows Platform (UWP) apps.

ソース ディレクトリSource Directories
IntelliSense で使用されるソース ファイルを検索するディレクトリ。Directories in which to search for source files to use for IntelliSense.

ディレクトリの除外Exclude Directories
各コンパイルの前に、Visual Studio によってすべてのファイルのタイムスタンプが照会され、前回のコンパイルから変更されているものがあるかどうかが判断されます。Before each compilation, Visual Studio queries the timestamp on all files to determine whether any have been modified since the previous compilation. プロジェクトに多数の安定したライブラリがある場合は、タイムスタンプ チェックからこれらのディレクトリを除外することで、ビルド時間を短縮できる場合があります。If your project has large stable libraries, you can potentially speed up build times by excluding those directories from the timestamp check.

設定の共有Sharing the Settings

プロジェクトのプロパティを、他のユーザーと共有したり、複数のコンピューター間で共有したりできます。You can share project properties with other users or across multiple computers. 詳しくは、「Visual Studio で C++ コンパイラとビルド プロパティを設定する」をご覧ください。For more information, see Set C++ compiler and build properties in Visual Studio.