vcpkg: Windows、Linux、および macOS 用の C++ パッケージ マネージャーvcpkg: a C++ package manager for Windows, Linux, and macOS

vcpkg は、C++ のコマンド ライン パッケージ マネージャーです。vcpkg is a command-line package manager for C++. これにより、Windows、Linux、および macOS でのサードパーティ ライブラリの取得とインストール作業を大幅に簡素化できます。It greatly simplifies the acquisition and installation of third-party libraries on Windows, Linux, and macOS. プロジェクトでサードパーティ ライブラリを使用する場合は、vcpkg を使用して、それらをインストールすることをお勧めします。If your project uses third-party libraries, we recommend that you use vcpkg to install them. vcpkg では、オープン ソース ライブラリと専用ライブラリの両方がサポートされています。vcpkg supports both open-source and proprietary libraries. vcpkg Windows カタログ内のすべてのライブラリは、Visual Studio 2015、Visual Studio 2017、Visual Studio 2019 との互換性がテストされています。All libraries in the vcpkg Windows catalog have been tested for compatibility with Visual Studio 2015, Visual Studio 2017, and Visual Studio 2019. vcpkg は現在、Windows カタログと Linux/macOS のカタログの間で、1,900 以上のライブラリをサポートしています。Between the Windows and Linux/macOS catalogs, vcpkg now supports over 1900 libraries. C++ コミュニティでは、両方のカタログに継続的にライブラリが追加されています。The C++ community is adding more libraries to both catalogs on an ongoing basis.

簡単かつ柔軟Simple yet flexible

単一のコマンドで、ソースをダウンロードして、ライブラリをビルドすることができます。With a single command, you can download sources and build a library. vcpkg はそれ自体がオープン ソース プロジェクトであり、GitHub で入手できます。vcpkg is itself an open-source project, available on GitHub. 個人で複製した vcpkg は任意の方法でカスタマイズできます。It's possible to customize your private vcpkg clones in any way you like. たとえば、パブリック カタログのとは異なるライブラリを指定したり、別のバージョンのライブラリを指定することができます。For example, specify different libraries, or different versions of libraries than the ones found in the public catalog. 1 台のコンピューターに vcpkg のクローンを複数持つことができます。You can have multiple clones of vcpkg on a single machine. それぞれは、独自のコンパイル スイッチを使用して、ライブラリのカスタム コレクションを生成するように設定できます。Each one may be set to produce a custom collection of libraries, with your preferred compilation switches. 各クローンは自己完結型の環境であり、独自の階層でのみ動作する vcpkg.exe の独自のコピーが含まれます。Each clone is a self-contained environment with its own copy of vcpkg.exe that operates only on its own hierarchy. vcpkg はどの環境変数にも追加されず、Windows レジストリや Visual Studio に依存していません。vcpkg isn't added to any environment variables, and has no dependency on the Windows Registry or Visual Studio.

バイナリではなくソースSources, not binaries

vcpkg は Windows カタログ内のライブラリに、バイナリ1 ではなく、ソースをダウンロードします。For libraries in the Windows catalog, vcpkg downloads sources instead of binaries1. 発見できる最新バージョンの Visual Studio を使って、それらのソースをコンパイルします。It compiles those sources using the most recent version of Visual Studio that it can find. C++ では、アプリケーション コードと使用されるすべてのライブラリの両方が、同じバージョンのコンパイラでコンパイルされていることが重要です。In C++, it's important that both your application code and any libraries you use are compiled by the same compiler, and compiler version. vcpkg を使用すると、バイナリが一致しない可能性と、それによって問題が生じる可能性がなくなるか、大幅に減少します。By using vcpkg, you eliminate or at least greatly reduce the potential for mismatched binaries and the problems they can cause. 特定のバージョンのコンパイラを標準で使用しているチームでは、1 人のチーム メンバーが vcpkg を使用してソースをダウンロードし、一連のバイナリをコンパイルします。In teams that are standardized on a specific version of a compiler, one team member can use vcpkg to download sources and compile a set of binaries. その後、他のチーム メンバー用にエクスポート コマンドを使用してバイナリとヘッダーを圧縮します。Then they can use the export command to zip up the binaries and headers for other team members. 詳細については、以下の「コンパイル済みのバイナリとヘッダーをエクスポートする」を参照してください。For more information, see Export compiled binaries and headers below.

また、ポートのコレクションにプライベート ライブラリを持つ vcpkg クローンを作成することもできます。You can also create a vcpkg clone that has private libraries in the ports collection. 作成済みのバイナリとヘッダーをダウンロードするポートを追加します。Add a port that downloads your prebuilt binaries and headers. 次に、それらのファイルを適切な場所に単にコピーする portfile.cmake ファイルを記述します。Then, write a portfile.cmake file that simply copies those files to the preferred location.

1 注: 一部の専用のライブラリでは、ソースは入手できません。vcpkg では、このような場合に互換性のあるビルド済みのバイナリをダウンロードします。1 Note: sources are unavailable for some proprietary libraries. In these cases, vcpkg downloads compatible prebuilt binaries.

インストールInstallation

vcpkg リポジトリを GitHub から 複製します (https://github.com/Microsoft/vcpkg)。Clone the vcpkg repo from GitHub: https://github.com/Microsoft/vcpkg. 任意のフォルダーの場所にダウンロードすることができます。You can download to any folder location you prefer. この場所は、vcpkg "ルート" です。This location is the vcpkg root. ダウンロードが完了したら、コマンド シェルでそのディレクトリに変更します。Once the download is complete, change to that directory in your command shell.

vcpkg ルート ディレクトリで、vcpkg ブートストラップを実行します。In the vcpkg root directory, run the vcpkg bootstrapper:

  • bootstrap-vcpkg.bat (Windows)bootstrap-vcpkg.bat (Windows)
  • ./bootstrap-vcpkg.sh (Linux、macOS)./bootstrap-vcpkg.sh (Linux, macOS)

Linux または macOS では、次の例の ./ を使用して、vcpkg コマンドにプレフィックスを付ける必要がある場合があります。On Linux or macOS, you may need to prefix vcpkg commands by using ./ in the examples that follow. これらのコマンドは、必ず vcpkg ルート ディレクトリから実行してください。Remember to run these commands from the vcpkg root directory.

入手可能なライブラリのリストを検索するSearch the list of available libraries

入手可能なパッケージを確認するには、コマンド プロンプトで vcpkg search を入力します。To see what packages are available, type vcpkg search at the command prompt.

このコマンドは、vcpkg/ports サブフォルダーにあるコントロール ファイルを列挙します。This command enumerates the control files in the vcpkg/ports subfolders. リストは以下のようになります。You'll see a listing like this:

ace       6.4.3   The ADAPTIVE Communication Environment
anax      2.1.0-1 An open source C++ entity system. \<https://github...
antlr4    4.6-1   ANother Tool for Language Recognition
apr       1.5.2   The Apache Portable Runtime (APR) is a C library ...
asio      1.10.8  Asio is a cross-platform C++ library for network ...
assimp    3.3.1   The Open Asset import library
atk       2.24.0  GNOME Accessibility Toolkit
...

vcpkg search ta などのパターンでフィルター処理できます。You can filter on a pattern, for example vcpkg search ta:

botan       2.0.1      A cryptography library written in C++11
portaudio   19.0.6.00  PortAudio Portable Cross-platform Audio I/O API P...
taglib      1.11.1-2   TagLib Audio Meta-Data Library

ローカル コンピューターにライブラリをインストールするInstall a library on your local machine

vcpkg search を使用してライブラリの名前を取得したら、 vcpkg install を使用してライブラリをダウンロードしてからコンパイルします。After you get the name of a library by using vcpkg search, you use vcpkg install to download the library and compile it. vcpkg では、ports ディレクトリ内にあるライブラリの portfile を使用します。vcpkg uses the library's portfile in the ports directory. トリプレットが指定されていない場合は、vcpkg によってターゲット プラットフォームの既定のトリプレット (x86-windows、x64-linux.cmake、または x64-osx.cmake) がインストールされ、コンパイルされます。If a triplet isn't specified, vcpkg installs and compiles for the default triplet for the target platform: x86-windows, x64-linux.cmake, or x64-osx.cmake.

Linux ライブラリの場合、vcpkg はローカル コンピューターにインストールされている gcc に依存します。For Linux libraries, vcpkg depends on gcc being installed on the local machine. macOS では、vcpkg は Clang を使用します。On macOS, vcpkg uses Clang.

portfile で依存関係が指定されている場合、vcpkg ではそれらもダウンロードしてインストールします。When the portfile specifies dependencies, vcpkg downloads and installs them too. ダウンロードの後、vcpkg はライブラリで使用されるのと同じビルド システムを使用して、ライブラリをビルドします。After downloading, vcpkg builds the library by using the same build system the library uses. CMake および (Windows 上の) MSBuild プロジェクト ファイルが優先されますが、MAKE は他のビルド システムと共にサポートされます。CMake and (on Windows) MSBuild projects are preferred, but MAKE is supported along with any other build system. vcpkg がローカル コンピューターで指定されたビルド システムを見つけられない場合、それをダウンロードし、インストールします。If vcpkg can't find the specified build system on the local machine, it downloads and installs it.

> vcpkg install boost:x86-windows

The following packages will be built and installed:
    boost:x86-windows
  * bzip2:x86-windows
  * zlib:x86-windows
Additional packages (*) will be installed to complete this operation.

CMake プロジェクトの場合は、CMAKE_TOOLCHAIN_FILE を使用して、ライブラリを find_package() で使用できるようにします。For CMake projects, use CMAKE_TOOLCHAIN_FILE to make libraries available with find_package(). たとえば、Linux または macOS の場合は次のようになります。For example, on Linux or macOS:

cmake .. -DCMAKE_TOOLCHAIN_FILE=vcpkg/scripts/buildsystems/vcpkg.cmake

Windows の場合:On Windows:

cmake .. -DCMAKE_TOOLCHAIN_FILE=vcpkg\scripts\buildsystems\vcpkg.cmake

一部のライブラリには、インストール可能なオプションが含まれています。Some libraries include installable options. たとえば、curl ライブラリを検索すると、サポートされているオプションの一覧が角かっこで囲まれて表示されます。For example, when you search for the curl library, you'll also see a list of supported options in square brackets:

> vcpkg search curl
curl                 7.68.0-3         A library for transferring data with URLs
curl[tool]                            Builds curl executable
curl[non-http]                        Enables protocols beyond HTTP/HTTPS/HTTP2
curl[http2]                           HTTP2 support
curl[ssl]                             Default SSL backend
curl[ssh]                             SSH support via libssh2
curl[openssl]                         SSL support (OpenSSL)
curl[winssl]                          SSL support (Secure Channel / "WinSSL")
curl[mbedtls]                         SSL support (mbedTLS)
curl[sectransp]                       SSL support (sectransp)
curl[c-ares]                          c-ares support
curl[sspi]                            SSPI support
curl[brotli]                          brotli support (brotli)
curlpp               2018-06-15-3     C++ wrapper around libcURL

この場合、角かっこ [ および ] は、メタ文字ではなく、リテラルです。In this case, the square brackets [ and ] are literals, not metacharacters.

コマンド ラインにインストールする特定のオプションを指定できます。You can specify a specific option to install on the command line. たとえば、Windows 用の既定の SSL バックエンドを使用して curl 用のライブラリをインストールするには、 vcpkg install curl[ssl]:x86-windows コマンドを使用します。For example, to install libraries for curl using the default SSL backend for Windows, use the vcpkg install curl[ssl]:x86-windows command. このコマンドを実行すると、必要な前提条件がすべてインストールされます。コア ライブラリも、必要に応じてインストールされます。The command installs any required prerequisites, including the core library, if needed:

> vcpkg list
curl:x86-windows            7.68.0-3   A library for transferring data with URLs
curl[non-http]:x86-windows             Enables protocols beyond HTTP/HTTPS/HTTP2
curl[ssl]:x86-windows                  Default SSL backend
curl[sspi]:x86-windows                 SSPI support
curl[winssl]:x86-windows               SSL support (Secure Channel / "WinSSL")
zlib:x86-windows            1.2.11-6   A compression library

既にインストールされているライブラリをリストするList the libraries already installed

いくつかのライブラリをインストールした後で、 vcpkg list を使用して、その内容を確認できます。After you've installed some libraries, you can use vcpkg list to see what you have:

> vcpkg list

boost:x86-windows       1.64-3   Peer-reviewed portable C++ source libraries
bzip2:x86-windows       1.0.6-1  High-quality data compressor.
cpprestsdk:x86-windows  2.9.0-2  C++11 JSON, REST, and OAuth library The C++ REST ...
openssl:x86-windows     1.0.2k-2 OpenSSL is an open source project that provides a...
websocketpp:x86-windows 0.7.0    Library that implements RFC6455 The WebSocket Pro...
zlib:x86-windows        1.2.11   A compression library

Visual Studio (Windows) との統合Integrate with Visual Studio (Windows)

ユーザーごとPer-user

vcpkg integrate install を実行して、ユーザーごとにすべての vcpkg ヘッダー ファイルとバイナリを検索するように Visual Studio を構成します。Run vcpkg integrate install to configure Visual Studio to locate all vcpkg header files and binaries on a per-user basis. VC++ のディレクトリ パスを手動で編集する必要はありません。There's no need for manual editing of VC++ Directories paths. vcpkg のクローンが複数ある場合、このコマンドを実行するクローンが新しい既定の場所となります。If you have multiple clones of vcpkg, the clone you run this command from becomes the new default location.

これで、フォルダー/ヘッダーを入力するだけでヘッダーを #include でインクルードできるようになり、オートコンプリートが支援してくれます。Now you can #include headers simply by typing the folder/header, and autocomplete assists you. ライブラリにリンクする場合や、プロジェクト参照を追加する場合は、追加の手順が必要になります。No additional steps are required for linking to libs or adding project references. 次の図は、Visual Studio が azure-storage-cpp ヘッダーをどのように検索するかを示しています。The following illustration shows how Visual Studio finds the azure-storage-cpp headers. vcpkg は、ターゲット プラットフォームでパーティション分割される、 /installed サブフォルダーにそのヘッダーを配置します。vcpkg places its headers in the /installed subfolder, partitioned by target platform. 以下の図は、ライブラリの /was サブフォルダーにあるインクルード ファイルのリストを示しています。The following diagram shows the list of include files in the /was subfolder for the library:

vcpkg と IntelliSensevcpkg and IntelliSense

プロジェクトごとPer project

アクティブになっている vcpkg インスタンスのバージョンとは異なる特定のバージョンのライブラリを使用する必要がある場合は、次の手順に従います。If you need to use a specific version of a library that's different from the version in your active vcpkg instance, follow these steps:

  1. vcpkg の新しいクローンを作成します。Make a new clone of vcpkg
  2. ライブラリの portfile を変更して、必要なバージョンを取得します。Modify the portfile for the library to obtain the version you need
  3. vcpkg install <library> を実行します。Run vcpkg install <library>.
  4. vcpkg integrate project を使用して、プロジェクトごとにそのライブラリを参照する NuGet パッケージを作成します。Use vcpkg integrate project to create a NuGet package that references that library on a per-project basis.

Visual Studio Code (Linux/macOS) との統合Integrate with Visual Studio Code (Linux/macOS)

vcpkg integrate install を実行して、Visual Studio Code (Linux/macOS) を構成します。Run vcpkg integrate install to configure Visual Studio Code on Linux/macOS. このコマンドは、vcpkg 登録の場所を設定し、ソース ファイルで IntelliSense を有効にします。This command sets the location of the vcpkg enlistment and enables IntelliSense on source files.

WSL 経由で Windows から Linux をターゲットにするTarget Linux from Windows via WSL

Linux 用 Windows サブシステム (WSL) を使用すると、Windows コンピューターから Linux バイナリを生成できます。You can produce Linux binaries on a Windows machine by using the Windows Subsystem for Linux, or WSL. 指示に従って、Windows 10 で WSL を設定します。Follow the instructions to Set up WSL on Windows 10. 次に、Linux 用の Visual Studio 拡張機能を使用して構成します。Then, configure it with the Visual Studio extension for Linux. Windows と Linux のすべてのビルド済みのライブラリは同じフォルダーに配置できます。It's okay to put all your built libraries for Windows and Linux into the same folder. これらは、Windows と WSL の両方からアクセスできます。They're accessible from both Windows and WSL.

コンパイル済みのバイナリとヘッダーをエクスポートするExport compiled binaries and headers

チームのすべてのユーザーが同じライブラリをダウンロードしてビルドすることは、効率的ではありません。It's inefficient to make everyone on a team download and build common libraries. 1 人のチーム メンバーが vcpkg export コマンドを使用して、バイナリとヘッダー、または NuGet パッケージの共用の zip ファイルを作成します。A single team member can use the vcpkg export command to create a common zip file of the binaries and headers, or a NuGet package. その後、他のチーム メンバーと共有すると簡単です。Then, it's easy to share it with other team members.

インストールされているライブラリを更新/アップグレードするUpdate/upgrade installed libraries

パブリック カタログは、ライブラリの最新バージョンで最新の状態に保たれます。The public catalog is kept up to date with the latest versions of the libraries. 古いローカル ライブラリを特定するには、 vcpkg update を使用します。To determine which of your local libraries are out-of-date, use vcpkg update. ポート コレクションをパブリック カタログの最新バージョンに更新する準備ができたら、 vcpkg upgrade コマンドを実行します。When you're ready to update your ports collection to the latest version of the public catalog, run the vcpkg upgrade command. これでは、インストールされている古いライブラリが自動的にダウンロードされ、再構築されます。It automatically downloads and rebuilds any or all of your installed libraries that are out of date.

既定では、 vcpkg upgrade コマンドを実行すると、古いライブラリがリストされるのみであり、アップグレードは行われません。By default, the vcpkg upgrade command only lists the libraries that are out of date; it doesn't upgrade them. 実際にライブラリをアップグレードするには、 --no-dry-run オプションを使用します。To actually upgrade the libraries, use the --no-dry-run option.

> vcpkg upgrade --no-dry-run

アップグレード オプションUpgrade Options

  • --no-dry-run アップグレードを実行します。このオプションが指定されていない場合、コマンドを実行しても、古いパッケージがリストされるのみとなります。--no-dry-run Perform the upgrade; when not specified, the command only lists the out-of-date packages.
  • --keep-going パッケージのいずれかがインストールに失敗した場合でも、インストールを続行します。--keep-going Continue installing packages even if one fails.
  • --triplet <t> 修飾されていないパッケージに既定のトリプレットを設定します。--triplet <t> Set the default triplet for unqualified packages.
  • --vcpkg-root <path> 現在のディレクトリまたはツール ディレクトリではなく、使用する vcpkg ディレクトリを指定します。--vcpkg-root <path> Specify the vcpkg directory to use instead of current directory or tool directory.

アップグレードの例Upgrade example

次の例では、指定したライブラリのみをアップグレードする方法を示します。The following example shows how to upgrade only specified libraries. vcpgk は必要に応じて依存関係を自動的に取得します。vcpkg automatically pulls in dependencies as necessary.

c:\users\satyan\vcpkg> vcpkg upgrade tiny-dnn:x86-windows zlib
The following packages are up-to-date:
   tiny-dnn:x86-windows

The following packages will be rebuilt:
    * libpng[core]:x86-windows
    * tiff[core]:x86-windows
      zlib[core]:x86-windows
Additional packages (*) will be modified to complete this operation.
If you are sure you want to rebuild the above packages, run this command with the --no-dry-run option.

新しいライブラリを投稿するContribute new libraries

プライベート ポート コレクションに好きなライブラリを含めることができます。You can include any libraries you like in your private ports collection. パブリック カタログ用の新しいライブラリを提案するには、GitHub vcpkg の issue ページで案件を開きます。To suggest a new library for the public catalog, open an issue on the GitHub vcpkg issue page.

ライブラリを削除するRemove a library

vcpkg remove を入力して、インストールされているライブラリを削除します。Type vcpkg remove to remove an installed library. 他のライブラリがそれに依存している場合は、 --recurse を指定してコマンドを再実行するよう求められます。実行すると、すべてのダウンストリーム ライブラリが削除されます。If any other libraries depend on it, you're asked to rerun the command with --recurse, which causes all downstream libraries to be removed.

vcpkg をカスタマイズするCustomize vcpkg

好きなように vcpkg のクローンを変更することができます。You can modify your clone of vcpkg in any way you like. vcpkg のクローンを複数作成し、それぞれの portfile を変更することもできます。You can even create multiple vcpkg clones, then modify the portfiles in each one. このようにすると、簡単に特定のバージョンのライブラリを取得したり、特定のコマンド ライン パラメーターを指定できます。That's a simple way to obtain specific library versions, or to specify particular command-line parameters. たとえば、1 つの企業内にある開発者グループがそれぞれ、そのグループに固有の依存関係を持つソフトウェアで作業しているとします。For example, individual groups of developers in an enterprise might work on software that has dependencies specific to their group. この問題は、各チームに vcpkg のクローンを設定することで解決できます。The solution is to set up a clone of vcpkg for each team. 次に、クローンを変更してライブラリのバージョンをダウンロードし、各チームが必要とするコンパイル スイッチを設定します。Then, modify the clones to download the library versions and set the compilation switches that each team needs.

vcpkg の更新Update vcpkg

Vcpkg パッケージ マネージャーは、GitHub で定期的に更新されます。The vcpkg package manager is updated regularly on GitHub. vcpkg のクローンを最新バージョンに更新するには、vcpkg ルート ディレクトリから git pull を実行します。To update your clone of vcpkg to the latest version, from the vcpkg root directory, run git pull. このコマンドを実行すると、vcpkg のコピーが GitHub でのバージョンと同期されます。This command syncs your copy of vcpkg with the version on GitHub. ダウンロードが完了したら、再度ブートストラップを実行します。After download is complete, run the bootstrapper again. ブートストラップによって vcpkg プログラムが再構築されますが、インストールされているライブラリはそのままです。The bootstrapper rebuilds the vcpkg program, but leaves your installed libraries in place.

vcpkg をアンインストールするUninstall vcpkg

vcpkg をアンインストールするには、vcpkg ディレクトリを削除するだけです。To uninstall vcpkg, just delete the vcpkg directory. このディレクトリを削除すると、vcpkg ディストリビューションと、vcpkg によってインストールされたすべてのライブラリがアンインストールされます。Deleting this directory uninstalls the vcpkg distribution, and all the libraries that vcpkg has installed.

vcpkg のフィードバックを送信するSend feedback about vcpkg

バグ報告や機能の提案など、vcpkg に関するフィードバックを Microsoft に送信するには、 vcpkg contact --survey コマンドを使用します。Use the vcpkg contact --survey command to send feedback to Microsoft about vcpkg, including bug reports and suggestions for features.

vcpkg のフォルダー階層The vcpkg folder hierarchy

vcpkg のすべての機能とデータは、''インスタンス'' という 1 つのディレクトリ階層内で自己完結しています。All vcpkg functionality and data is self-contained in a single directory hierarchy, called an "instance". レジストリの設定や環境変数はありません。There are no registry settings or environment variables. 1 台のコンピューターで、相互に干渉しない vcpkg のインスタンスはいくつでも使用できます。You can have any number of instances of vcpkg on a machine, and they won't interfere with each other.

vcpkg インスタンスの内容は次のとおりです。The contents of a vcpkg instance are:

  • buildtrees - 各ライブラリの作成元となるソースのサブフォルダーが含まれています。buildtrees - contains subfolders of sources from which each library is built
  • docs - ドキュメントと例docs - documentation and examples
  • downloads - ダウンロードしたツールまたはソースのキャッシュ コピー。downloads - cached copies of any downloaded tools or sources. vcpkg は、インストール コマンドの実行時に最初にここを検索します。vcpkg searches here first when you run the install command.
  • installed - インストールされている各ライブラリのヘッダーとバイナリが含まれています。installed - Contains the headers and binaries for each installed library. Visual Studio と統合する場合、基本的にこのフォルダーがその検索パスに追加されます。When you integrate with Visual Studio, you're essentially telling it add this folder to its search paths.
  • packages - インストール間のステージング用の内部フォルダー。packages - Internal folder for staging between installs.
  • ports - カタログ内の各ライブラリ、そのバージョン、およびダウンロード場所を記述するファイル。ports - Files that describe each library in the catalog, its version, and where to download it. 必要に応じて、独自のポートを追加できます。You can add your own ports if needed.
  • scripts - vcpkg で使用されるスクリプト (CMake、PowerShell)。scripts - Scripts (CMake, PowerShell) used by vcpkg.
  • toolsrc - vcpkg および関連するコンポーネントの C++ ソース コードtoolsrc - C++ source code for vcpkg and related components
  • triplets - サポートされているターゲット プラットフォーム (x86-windows や x64-uwp など) の設定が含まれます。triplets - Contains the settings for each supported target platform (for example, x86-windows or x64-uwp).

コマンド ライン リファレンスCommand-line reference

コマンドCommand 説明Description
vcpkg search [pat] インストールに使用できるパッケージを検索しますSearch for packages available to install
vcpkg install <pkg>... パッケージをインストールしますInstall a package
vcpkg remove <pkg>... パッケージをアンインストールしますUninstall a package
vcpkg remove --outdated 古いパッケージをアンインストールしますUninstall all out-of-date packages
vcpkg list インストールされているパッケージをリストしますList installed packages
vcpkg update 更新対象のパッケージのリストを表示しますDisplay list of packages for updating
vcpkg upgrade すべての古いパッケージをリビルドします。Rebuild all outdated packages
vcpkg hash <file> [alg] 特定のアルゴリズム (既定では SHA512) を使用して、ファイルをハッシュしますHash a file by specific algorithm, default SHA512
vcpkg integrate install インストールされているパッケージをユーザー全体で使用できるようにします。Make installed packages available user-wide. 初回使用時は管理特権が必要ですRequires admin privileges on first use
vcpkg integrate remove ユーザー全体の統合を削除しますRemove user-wide integration
vcpkg integrate project 個々の VS プロジェクト使用のために参照する NuGet パッケージを生成しますGenerate a referencing NuGet package for individual VS project use
vcpkg export <pkg>... [opt]... パッケージをエクスポートしますExport a package
vcpkg edit <pkg> 編集対象のポートを開きます (既定の 'コード' %EDITOR% を使用)Open up a port for editing (uses %EDITOR%, default 'code')
vcpkg create <pkg> <url> [archivename] 新しいパッケージを作成しますCreate a new package
vcpkg cache キャッシュされたコンパイル済みのパッケージをリストしますList cached compiled packages
vcpkg version バージョン情報を表示しますDisplay version information
vcpkg contact --survey フィードバックを送信する連絡先の情報を表示します。Display contact information to send feedback.

オプションOptions

オプションOption 説明Description
--triplet <t> ターゲット アーキテクチャのトリプレットを指定します。Specify the target architecture triplet. (既定値: %VCPKG_DEFAULT_TRIPLET%vcpkg help triplet も参照してください)(default: %VCPKG_DEFAULT_TRIPLET%, see also vcpkg help triplet)
--vcpkg-root <path> vcpkg ルート ディレクトリを指定します (既定値: %VCPKG_ROOT%)Specify the vcpkg root directory (default: %VCPKG_ROOT%)