チュートリアル: コマンドラインでの C プログラムをコンパイルします。Walkthrough: Compile a C program on the command line

Visual C には、完全な Windows デスクトップ アプリケーション、モバイル アプリは、基本的なコンソール プログラムから作成するすべてのものを使用できる C コンパイラが含まれています。Visual C++ includes a C compiler that you can use to create everything from basic console programs to full Windows Desktop applications, mobile apps, and more.

このチュートリアルは、basic、「こんにちは, World」を作成する方法を示します-エディターでテキストを使用して C プログラムをスタイル設定し、それをコマンドラインでコンパイルします。This walkthrough shows how to create a basic, "Hello, World"-style C program by using a text editor, and then compile it on the command line. 場合は、コマンドラインで C で作業する場合ではなくを参照してください。チュートリアル。コマンドラインでネイティブ C++ プログラムのコンパイルします。If you'd rather work in C++ on the command line, see Walkthrough: Compiling a Native C++ Program on the Command Line. コマンドラインを使用する代わりに、Visual Studio IDE を再試行してくださいを参照してくださいしたい場合チュートリアル。プロジェクトとソリューション (C++)またはC++ デスクトップ開発用 Visual Studio IDE を使用してします。If you'd like to try the Visual Studio IDE instead of using the command line, see Walkthrough: Working with Projects and Solutions (C++) or Using the Visual Studio IDE for C++ Desktop Development.

必須コンポーネントPrerequisites

このチュートリアルを完了するには、必要がありますまたはインストールしたか、Visual Studio と、オプションの Visual C コンポーネント Build Tools for Visual Studio。To complete this walkthrough, you must have installed either Visual Studio and the optional Visual C++ components, or the Build Tools for Visual Studio.

Visual Studio は、多くの言語とプラットフォームの全機能装備のエディター、リソース マネージャー、デバッガー、およびコンパイラをサポートする強力な統合開発環境です。Visual Studio is a powerful integrated development environment that supports a full-featured editor, resource managers, debuggers, and compilers for many languages and platforms. これらの機能とをダウンロードして無料の Visual Studio Community edition など、Visual Studio をインストールする方法についてを参照してください。 Visual Studio のインストールします。For information on these features and how to download and install Visual Studio, including the free Visual Studio Community edition, see Install Visual Studio.

Visual Studio のバージョンの Visual Studio の Build Tools は、のみコマンド ライン ツールセット、コンパイラ、ツール、および C および C++ プログラムの構築に必要なライブラリをインストールします。The Build Tools for Visual Studio version of Visual Studio installs only the command-line toolset, the compilers, tools, and libraries you need to build C and C++ programs. ビルド環境に最適なまたはと比較的高速インストールを実行します。It's perfect for build labs or classroom exercises and installs relatively quickly. コマンド ライン ツールセットのみをインストールするには、ダウンロードfor Visual Studio Build Toolsし、インストーラーを実行します。To install only the command-line toolset, download Build Tools for Visual Studio and run the installer.

C または C++ プログラムを作成するには、コマンドラインで、前に、ツールがインストールされているし、コマンドラインからアクセスできることを確認する必要があります。Before you can build a C or C++ program on the command line, you must verify that the tools are installed, and that you can access them from the command line. Visual C には、コマンド ライン ツール、ヘッダー、および使用するライブラリを検索する環境の複雑な要件があります。Visual C++ has complex requirements for the command-line environment to find the tools, headers, and libraries it uses. 普通のコマンド プロンプト ウィンドウで、Visual C を使用することはできません準備なし。You can't use Visual C++ in a plain command prompt window without some preparation. 必要があります、開発者コマンド プロンプトウィンドウで、これは通常のコマンド プロンプト ウィンドウを持つすべての必要な環境変数を設定します。You need a developer command prompt window, which is a regular command prompt window that has all the required environment variables set. さいわい、Visual C では、コマンド ライン ビルドを設定する環境の開発者コマンド プロンプトを起動するためのショートカットをインストールします。Fortunately, Visual C++ installs shortcuts for you to launch developer command prompts that have the environment set up for command line builds. 残念ながら、開発者コマンド プロンプトのショートカットとされている名前は、ほぼすべてのバージョンの Visual C とに異なるバージョンの Windows で異なる。Unfortunately, the names of the developer command prompt shortcuts and where they're located are different in almost every version of Visual C++ and on different versions of Windows. 最初のチュートリアル タスクを使用する適切なショートカットを検索します。Your first walkthrough task is to find the right shortcut to use.

注意

開発者コマンド プロンプトのショートカットは、コンパイラおよびツール、および必要なヘッダーとライブラリによって正しいパスを自動的に設定します。A developer command prompt shortcut automatically sets the correct paths for the compiler and tools, and for any required headers and libraries. これらの値の一部は、ビルド構成ごとに異なります。Some of these values are different for each build configuration. 必要がありますこれらの環境値自分で設定した場合は、ショートカットのいずれかを使用しないでください。You must set these environment values yourself if you don't use one of the shortcuts. 詳細については、次を参照してください。コマンド ライン ビルドのパスと環境変数を設定するします。For more information, see Set the Path and Environment Variables for Command-Line Builds. ビルド環境は複雑なため、開発者コマンド プロンプト ショートカットを使用して、独自に構築する代わりを強くお勧めします。Because the build environment is complex, we strongly recommend you use a developer command prompt shortcut instead of building your own.

開発者コマンド プロンプトを開きますOpen a developer command prompt

  1. Windows 10 に Visual Studio 2017 をインストールした場合、スタート メニューを開きし、下へスクロールしとを開く、 Visual Studio 2017フォルダー (Visual Studio 2017 のアプリとは異なる)。If you have installed Visual Studio 2017 on Windows 10, open the Start menu, and then scroll down and open the Visual Studio 2017 folder (not the Visual Studio 2017 app). 選択開発者コマンド プロンプト for VS 2017コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Choose Developer Command Prompt for VS 2017 to open the command prompt window.

    Windows 10 に Microsoft Visual C Build Tools 2015 をインストールした場合は、開く、開始] メニューの [下へスクロールして開く、 Visual C Build Toolsフォルダー。If you have installed Microsoft Visual C++ Build Tools 2015 on Windows 10, open the Start menu, and then scroll down and open the Visual C++ Build Tools folder. 選択Visual C 2015 x86 Native Tools コマンド プロンプトコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Choose Visual C++ 2015 x86 Native Tools Command Prompt to open the command prompt window.

    異なるバージョンの Visual Studio を使用しているか、異なるバージョンの Windows を実行している場合は、[スタート] メニューでは、ファイルの場所か、開発者コマンド プロンプトのショートカットが含まれる Visual Studio ツール フォルダーのページを開始します。If you're using a different version of Visual Studio or are running a different version of Windows, look in your Start menu or Start page for a Visual Studio tools folder that contains a developer command prompt shortcut. 「開発者コマンド プロンプト」を検索し、Visual Studio のインストールされているバージョンと一致するものを選択して、Windows 検索機能を使用することもできます。You can also use the Windows search function to search for "developer command prompt" and choose one that matches your installed version of Visual Studio. ショートカットを使用して、コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。Use the shortcut to open the command prompt window.

  2. 次に、Visual C の開発者コマンド プロンプトが正しく設定されていることを確認します。Next, verify that the Visual C++ developer command prompt is set up correctly. コマンド プロンプト ウィンドウで、入力clし、出力は次ようなコードのことを確認します。In the command prompt window, enter cl and verify that the output looks something like this:

    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Enterprise>cl
    Microsoft (R) C/C++ Optimizing Compiler Version 19.10.25017 for x86
    Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    usage: cl [ option... ] filename... [ /link linkoption... ]
    

    現在のディレクトリまたは Visual C と更新プログラムがインストールされている任意のバージョンに応じて、バージョン番号の相違がある可能性があります。There may be differences in the current directory or version numbers, depending on the version of Visual C++ and any updates installed. 上記の出力が表示される内容のような場合は、コマンドラインでの C または C++ プログラムを作成する準備ができました。If the above output is similar to what you see, then you're ready to build C or C++ programs at the command line.

    注意

    「'Cl' は、内部または外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとしては認識されません"など、エラーが発生した場合エラー C1034 またはエラー LNK1104 を実行すると、 clコマンドを使用するか、開発者コマンド プロンプトを使用しない、またはVisual C のインストールに問題があります。If you get an error such as "'cl' is not recognized as an internal or external command, operable program or batch file," error C1034, or error LNK1104 when you run the cl command, then either you are not using a developer command prompt, or something is wrong with your installation of Visual C++. 続行するには、この問題を修正する必要があります。You must fix this issue before you can continue.

    開発者コマンド プロンプトのショートカットを見つけられない場合、または入力すると、エラー メッセージが表示された場合cl、Visual C インストール問題がある可能性があります。If you can't find the developer command prompt shortcut, or if you get an error message when you enter cl, then your Visual C++ installation may have a problem. Visual Studio 2017 を使用している場合は、再インストールしてください。、 C++ によるデスクトップ開発Visual Studio インストーラーのワークロード。If you're using Visual Studio 2017, try reinstalling the Desktop development with C++ workload in the Visual Studio installer. 詳細については、次を参照してください。 Visual Studio で C++ のインストール サポートします。For details, see Install C++ support in Visual Studio. または、再インストール、 for Visual Studio Build Toolsします。Or, reinstall the Build Tools for Visual Studio. を接続しない次のセクションにはこれまでです。Don't go on to the next section until this works. インストールして、Visual Studio のトラブルシューティングの詳細については、次を参照してください。 Visual Studio のインストールします。For more information about installing and troubleshooting Visual Studio, see Install Visual Studio.

    注意

    によって、コンピューターとシステムのセキュリティ構成の Windows のバージョンを右クリックすると、開発者コマンド プロンプト ショートカットのショートカット メニューを開き、選択し、必要があります管理者として実行に正常にビルドして、このチュートリアルで作成するプログラムを実行します。Depending on the version of Windows on the computer and the system security configuration, you might have to right-click to open the shortcut menu for the developer command prompt shortcut and then choose Run as Administrator to successfully build and run the program that you create by following this walkthrough.

C ソース ファイルを作成し、コマンドラインでコンパイルCreate a C source file and compile it on the command line

  1. 開発者コマンド プロンプト ウィンドウで次のように入力します。 cd c:\ 、c: ドライブのルートに現在の作業ディレクトリを変更します。In the developer command prompt window, enter cd c:\ to change the current working directory to the root of your C: drive. 次に、入力md c:\simpleディレクトリを作成し、入力cd c:\simpleをそのディレクトリに変更します。Next, enter md c:\simple to create a directory, and then enter cd c:\simple to change to that directory. このディレクトリは、ソース ファイルとコンパイル済みのプログラムに保持されます。This directory will hold your source file and the compiled program.

  2. 入力notepad simple.c開発者コマンド プロンプトでします。Enter notepad simple.c at the developer command prompt. メモ帳アラート ダイアログ ボックスが表示されたら、次のように選択します。はい作業ディレクトリに新しい simple.c ファイルを作成します。In the Notepad alert dialog that pops up, choose Yes to create a new simple.c file in your working directory.

  3. メモ帳で、次のコード行を入力します。In Notepad, enter the following lines of code:

    #include <stdio.h>
    
    int main()
    {
        printf("Hello, World! This is a native C program compiled on the command line.\n");
        return 0;
    }
    
  4. メモ帳のメニュー バー、ファイル > 保存simple.c を作業ディレクトリに保存します。On the Notepad menu bar, choose File > Save to save simple.c in your working directory.

  5. 開発者コマンド プロンプト ウィンドウに切り替えます。Switch back to the developer command prompt window. 入力dirc:\simple のディレクトリの内容を一覧表示するコマンド プロンプトでします。Enter dir at the command prompt to list the contents of the c:\simple directory. ように、ディレクトリのリストにソース ファイル simple.c が表示されます。You should see the source file simple.c in the directory listing, which looks something like:

    C:\simple>dir
     Volume in drive C has no label.
     Volume Serial Number is CC62-6545
    
     Directory of C:\simple
    
    10/02/2017  03:46 PM    <DIR>          .
    10/02/2017  03:46 PM    <DIR>          ..
    10/02/2017  03:36 PM               143 simple.c
                   1 File(s)            143 bytes
                   2 Dir(s)  514,900,566,016 bytes free
    
    

    日付とその他の詳細については、コンピューターに異なります。The dates and other details will differ on your computer. ソース コード ファイルが見つからない場合 simple.c は、作成した c:\simple のディレクトリに変更したかどうかを確認し、メモ帳でこのディレクトリにソース ファイルを保存することを確認します。If you don't see your source code file, simple.c, make sure you've changed to the c:\simple directory you created, and in Notepad, make sure that you saved your source file in this directory. また、.c ファイル名拡張子を .txt という拡張子ではないと、ソース コードを保存したことを確認します。Also make sure that you saved the source code with a .c file name extension, not a .txt extension.

  6. プログラムをコンパイルするには、次のように入力します。cl simple.c開発者コマンド プロンプトでします。To compile your program, enter cl simple.c at the developer command prompt.

    Simple.exe、コンパイラによって表示される出力情報の行で、実行可能プログラム名を確認できます。You can see the executable program name, simple.exe, in the lines of output information that the compiler displays:

    c:\simple>cl simple.c
    Microsoft (R) C/C++ Optimizing Compiler Version 19.10.25017 for x86
    Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    simple.c
    Microsoft (R) Incremental Linker Version 14.10.25017.0
    Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
    
    /out:simple.exe
    simple.obj
    

    注意

    「'Cl' は、内部または外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとしては認識されません"など、エラーが発生した場合エラー C1034 またはエラー LNK1104、開発者コマンド プロンプトが正しくセットアップされていません。If you get an error such as "'cl' is not recognized as an internal or external command, operable program or batch file," error C1034, or error LNK1104, your developer command prompt is not set up correctly. この問題を解決する方法についてに戻り、開発者コマンド プロンプトを開きセクション。For information on how to fix this issue, go back to the Open a developer command prompt section.

    注意

    別のコンパイラまたはリンカーのエラーまたは警告が発生した場合、エラーを修正し、保存およびコンパイラをもう一度実行するソース コードを確認します。If you get a different compiler or linker error or warning, review your source code to correct any errors, then save it and run the compiler again. 特定のエラーについては、このページの上部にある検索ボックスを使用して、エラー番号を検索します。For information about specific errors, use the search box at the top of this page to look for the error number.

  7. プログラムを実行するには、次のように入力します。simpleコマンド プロンプトでします。To run your program, enter simple at the command prompt.

    プログラムは、次のテキストを表示して終了します。The program displays this text and then exits:

    Hello, World! This is a native C program compiled on the command line.
    

    これで、コンパイルし、コマンドラインを使用して C プログラムを実行します。Congratulations, you've compiled and run a C program by using the command line.

次の手順Next steps

この「こんにちは, World」の例は、単純な C プログラムを取得できます。This "Hello, World" example is about as simple as a C program can get. 実際のプログラムがあるヘッダー ファイルと複数のソース ファイルは、ライブラリでは、リンクし、有益な処理を実行します。Real world programs have header files and more source files, link in libraries, and do useful work.

このチュートリアルで示したサンプル コードを入力する代わりに C# コードをビルドするのに手順を使用できます。You can use the steps in this walkthrough to build your own C code instead of typing the sample code shown. 別の場所に表示されている多くの C コード サンプル プログラムを構築することもできます。You can also build many C code sample programs that you find elsewhere. 追加のソース コード ファイルのあるプログラムをコンパイルするには、コマンドラインですべてのようにそれらを入力します。To compile a program that has additional source code files, enter them all on the command line, like:

cl file1.c file2.c file3.c

コンパイラは、file1.exe と呼ばれるプログラムを出力します。The compiler outputs a program called file1.exe. Program1.exe に名前を変更するには、追加、 /outリンカー オプション。To change the name to program1.exe, add an /out linker option:

cl file1.c file2.c file3.c /link /out:program1.exe

複数のプログラミングのミスを自動的にキャッチするをお勧めするかを使用してコンパイルして、 /W3または/W4警告レベル オプション。And to catch more programming mistakes automatically, we recommend you compile by using either the /W3 or /W4 warning level option:

cl /W4 file1.c file2.c file3.c /link /out:program1.exe

コンパイラ (cl.exe) はその他の多くのオプションをビルド、最適化、デバッグ、適用し、コードを分析することができます。The compiler, cl.exe, has many more options you can apply to build, optimize, debug, and analyze your code. クイック一覧は、次のように入力します。cl /?開発者コマンド プロンプトでします。For a quick list, enter cl /? at the developer command prompt. コンパイル、リンクを別々 にし、およびより複雑なビルド シナリオでリンカー オプションの適用もできます。You can also compile and link separately and apply linker options in more complex build scenarios. コンパイラとリンカー オプション、使用状況の詳細については、次を参照してください。 c/c++ ビルドのリファレンスします。For more information on compiler and linker options and usage, see C/C++ Building Reference.

構成して、コマンドラインでより複雑なプロジェクトをビルドする NMAKE やメイクファイル、MSBuild とプロジェクト ファイルを使用できます。You can use NMAKE and makefiles, or MSBuild and project files to configure and build more complex projects on the command line. これらのツールの使用に関する詳細については、次を参照してください。 NMAKE リファレンスMSBuildします。For more information on using these tools, see NMAKE Reference and MSBuild.

C および C++ 言語は似ていますが、同じではありません。The C and C++ languages are similar, but not the same. MSVC コンパイラでは、単純なルールを使用して、コードをコンパイルするときに使用する言語を決定します。The MSVC compiler uses a simple rule to determine which language to use when it compiles your code. 既定では、MSVC コンパイラは C ソース コード、.c で終わるすべてのファイルと C++ ソース コードとして .cpp で終わるすべてのファイルを扱います。By default, the MSVC compiler treats all files that end in .c as C source code, and all files that end in .cpp as C++ source code. C 非依存のファイル名拡張子としてすべてのファイルを処理するコンパイラが使用して、 /Tcコンパイラ オプション。To force the compiler to treat all files as C non-dependent of file name extension, use the /Tc compiler option.

C++ の Visual C コンパイラは、ISO C99 標準と互換性が厳密に準拠していないです。The Visual C++ C compiler is compatible with the ISO C99 standard, but not strictly compliant. ほとんどの場合、移植可能な C コードはコンパイルし、想定どおりに実行します。In most cases, portable C code will compile and run as expected. Visual C では、ISO c11 変更のほとんどをサポートしていません。Visual C++ doesn't support most of the changes in ISO C11. MSVC コンパイラでは、特定のライブラリの関数と POSIX 関数名は非推奨します。Certain library functions and POSIX function names are deprecated by the MSVC compiler. 関数がサポートされますが、優先名が変更されました。The functions are supported, but the preferred names have changed. 詳細については、次を参照してください。 CRT のセキュリティ機能コンパイラの警告 (レベル 3) C4996します。For more information, see Security Features in the CRT and Compiler Warning (level 3) C4996.

関連項目See also

チュートリアル: 標準 C++ プログラム (C++) の作成Walkthrough: Creating a Standard C++ Program (C++)
C 言語リファレンスC Language Reference
プロジェクトおよびビルド システムProjects and build systems
互換性Compatibility