ワイルドカード引数の展開Expanding Wildcard Arguments

Microsoft 固有の仕様Microsoft Specific

C プログラムを実行する際、コマンド ラインのファイル名引数とパス引数の指定に、2 つのワイルドカード (疑問符 (?) およびアスタリスク (*)) のいずれかを使用できます。When you run a C program, you can use either of the two wildcards — the question mark (?) and the asterisk (*) — to specify filename and path arguments on the command line.

既定では、ワイルドカードはコマンドラインの引数では展開されません。By default, wildcards are not expanded in command-line arguments. setargv.obj または wsetargv.obj ファイルとリンクしてワイルドカードを展開し、標準の引数ベクターの argv 読み込みルーチンをワイルドカードを展開するバージョンと置き換えることができます。You can replace the normal argument vector argv loading routine with a version that does expand wildcards by linking with the setargv.obj or wsetargv.obj file. プログラムが main 関数を使用している場合は、setargv.obj とリンクします。プログラムが wmain 関数を使用している場合は、wsetargv.obj とリンクします。これら両方の動作は同等です。If your program uses a main function, link with setargv.obj. If your program uses a wmain function, link with wsetargv.obj. Both of these have equivalent behavior.

setargv.obj または wsetargv.obj とリンクするには、 /link オプションを使用します。To link with setargv.obj or wsetargv.obj, use the /link option. 次に例を示します。For example:

cl example.c /link setargv.objcl example.c /link setargv.obj

ワイルドカードはオペレーティング システム コマンドと同じように展開されますThe wildcards are expanded in the same manner as operating system commands. (ワイルドカードの使用経験がない場合は、オペレーティング システムのユーザー ガイドを参照)。(See your operating system user's guide if you are unfamiliar with wildcards.)

Microsoft 固有の仕様はここまでEND Microsoft Specific

関連項目See also

リンク オプションLink Options
main 関数とプログラム実行main Function and Program Execution