ファイル処理File Handling

ファイル処理ルーチンは、ファイルの作成、削除、操作、およびファイル アクセス許可の設定、チェックに使用します。Use these routines to create, delete, and manipulate files and to set and check file-access permissions.

C ランタイム ライブラリには、同時に開くことのできるファイル数の上限が 512 に設定されています。The C run-time libraries have a 512 limit for the number of files that can be open at any one time. 上限を超える数のファイル記述子またはファイル ストリームを開こうとすると、プログラム エラーが発生します。Attempting to open more than the maximum number of file descriptors or file streams causes program failure. 上限のファイル数を変更するには、 _setmaxstdio を使用します。Use _setmaxstdio to change this number.

ファイル処理ルーチン (ファイル記述子)File-Handling Routines (File Descriptor)

ファイル記述子で指定されたファイルを操作するには、次のルーチンを使います。These routines operate on files designated by a file descriptor.

ルーチンによって返される値Routine 上限のファイル数を変更するには、Use
_chsize_chsize_s_chsize,_chsize_s ファイル サイズを変更します。Change file size
_filelength、_filelengthi64_filelength, _filelengthi64 ファイル長を取得します。Get file length
_fstat、_fstat32、_fstat64、_fstati64、_fstat32i64、_fstat64i32_fstat, _fstat32, _fstat64, _fstati64, _fstat32i64, _fstat64i32 記述子のファイル ステータス情報を取得します。Get file-status information on descriptor
_get_osfhandle_get_osfhandle C ランタイムの既存のファイル記述子に関連付けられたオペレーティング システムのファイル ハンドルを返します。Return operating-system file handle associated with existing C run-time file descriptor
_isatty_isatty キャラクター デバイスをチェックします。Check for character device
_locking_locking ファイル領域をロックします。Lock areas of file
_open_osfhandle_open_osfhandle C ランタイムのファイル記述子を既存のオペレーティング システムのファイル ハンドルに関連付けます。Associate C run-time file descriptor with existing operating-system file handle
_setmode_setmode ファイルの変換モードを設定します。Set file-translation mode

ファイル処理ルーチン (パスまたはファイル名)File-Handling Routines (Path or Filename)

パスまたはファイル名で指定されたファイルを操作するには、次のルーチンを使います。These routines operate on files specified by a path or filename.

ルーチンによって返される値Routine 使用Use
_access, _waccess, _access_s, _waccess_s_access, _waccess, _access_s, _waccess_s ファイルのアクセス許可の設定をチェックします。Check file-permission setting
_chmod、_wchmod_chmod, _wchmod ファイルのアクセス許可の設定を変更します。Change file-permission setting
_fullpath、_wfullpath_fullpath, _wfullpath 相対パス名を絶対パス名に展開します。Expand a relative path to its absolute path name
_makepath, _wmakepath, _makepath_s, _wmakepath_s_makepath, _wmakepath, _makepath_s, _wmakepath_s パス コンポーネントを単一の完全パスにマージします。Merge path components into single, full path
_mktemp、_wmktemp_mktemp_s, _wmktemp_s_mktemp, _wmktemp, _mktemp_s, _wmktemp_s 一意のファイル名を作成します。Create unique filename
remove、_wremoveremove, _wremove ファイルの削除Delete file
rename、_wrenamerename, _wrename ファイル名の変更Rename file
_splitpath、_wsplitpath_splitpath_s, _wsplitpath_s_splitpath, _wsplitpath, _splitpath_s, _wsplitpath_s コンポーネントのパスを解析します。Parse path into components
_stat、_stat64、_stati64、_wstat、_wstat64、_wstati64_stat, _stat64, _stati64, _wstat, _wstat64, _wstati64 名前付きファイルのファイル ステータス情報を取得します。Get file-status information on named file
_umask, _umask_s_umask, _umask_s プログラムが新しく作成したファイルに、既定のアクセス許可マスクを設定します。Set default permission mask for new files created by program
_unlink、_wunlink_unlink, _wunlink ファイルの削除Delete file

ファイル処理ルーチン (開いているファイル)File-Handling Routines (Open File)

これらのルーチンは、ファイルを開きます。These routines open files.

ルーチンによって返される値Routine 使用Use
fopen, _wfopen, fopen_s, _wfopen_sfopen, _wfopen, fopen_s, _wfopen_s ファイルを開き、開いているファイルへのポインターを返します。Opens a file and returns a pointer to the open file.
_fsopen、_wfsopen_fsopen, _wfsopen ファイル共有でストリームを開き、開いているファイルへのポインターを返します。Open a stream with file sharing and returns a pointer to the open file.
_open、_wopen_open, _wopen ファイルを開き、開いているファイルへのファイル記述子を返します。Opens a file and returns a file descriptor to the opened file.
_sopen, _wsopen, _sopen_s, _wsopen_s_sopen, _wsopen, _sopen_s, _wsopen_s ファイル共有でファイルを開き、開いているファイルへのファイル記述子を返します。Open a file with file sharing and returns a file descriptor to the open file.
_pipe_pipe 読み取りおよび書き込み用のパイプを作成します。Creates a pipe for reading and writing.
freopen, _wfreopen, freopen_s, _wfreopen_sfreopen, _wfreopen, freopen_s, _wfreopen_s ファイル ポインターを再度割り当てます。Reassign a file pointer.

次のルーチンを使うと、FILE 構造体、ファイル記述子、および Win32 ファイル ハンドル間でファイルの表示を変更できます。These routines provide a way to change the representation of the file between a FILE structure, a file descriptor, and a Win32 file handle.

ルーチンによって返される値Routine 使用Use
_fdopen、wfdopen_fdopen, _wfdopen ストリームを前回下位入出力で開いたファイルに関連付け、オープン ストリームへのポインターを返します。Associates a stream with a file that was previously opened for low-level I/O and returns a pointer to the open stream.
_fileno_fileno ストリームに関連付けられているファイル記述子を取得します。Gets the file descriptor associated with a stream.
_get_osfhandle_get_osfhandle C ランタイムの既存のファイル記述子に関連付けられたオペレーティング システムのファイル ハンドルを返します。Return operating-system file handle associated with existing C run-time file descriptor
_open_osfhandle_open_osfhandle C ランタイム ファイル記述子を既存のオペレーティング システムのファイル ハンドルに関連付けます。Associates C run-time file descriptor with an existing operating-system file handle.

ファイルおよびパイプは、次の Win32 関数でも開くことができます。The following Win32 functions also open files and pipes:

関連項目See also

カテゴリ別ユニバーサル C ランタイム ルーチンUniversal C runtime routines by category
ディレクトリ制御Directory Control
システム コールSystem Calls