リンク オプションLink Options

CRT lib ディレクトリには、コード変更を加えずに特定の CRT 機能を有効にする複数のオブジェクト ファイルが含まれます。The CRT lib directory includes a number of small object files that enable specific CRT features without any code change. これらは、リンカー コマンド ラインに追加するだけで使用することができるため、「リンク オプション」と呼ばれます。These are called "link options" since you just have to add them to the linker command line to use them.

これらのオブジェクトの CLR ピュア モード バージョンは、Visual Studio 2015 で非推奨となり、Visual Studio 2017 ではサポートされていません。CLR pure mode versions of these objects are deprecated in Visual Studio 2015 and unsupported in Visual Studio 2017. ネイティブおよび /clr コードに標準のバージョンを使用してください。Use the regular versions for native and /clr code.

ネイティブおよび /clrNative and /clr ピュア モードPure mode 説明Description
binmode.objbinmode.obj pbinmode.objpbinmode.obj 既定のファイルの変換モードをバイナリに設定します。Sets the default file-translation mode to binary. _fmode をご覧ください。See _fmode.
chkstk.objchkstk.obj 該当なしn/a CRT を使用していない場合にスタック チェックと alloca サポートを提供します。Provides stack-checking and alloca support when not using the CRT.
commode.objcommode.obj pcommode.objpcommode.obj グローバル コミット フラグを "コミット" に設定します。Sets the global commit flag to "commit". fopen、_wfopen および fopen_s、_wfopen_s をご覧ください。See fopen, _wfopen and fopen_s, _wfopen_s.
exe_initialize_mta.libexe_initialize_mta.lib 該当なしn/a EXE のセットアップ中に MTA アパートメントが初期化され、グローバルなスマート ポインターで COM オブジェクトが使用できるようになります。Initializes the MTA apartment during EXE startup, which allows the use of COM objects in global smart pointers. このオプションではシャットダウン中に MTA アパートメントの参照がリークされるため、DLL では使用しないでください。Because this option leaks an MTA apartment reference during shutdown, do not use it for DLLs. このリンクは、combase.h を含め、_EXE_INITIALIZE_MTA を定義する場合と同等です。Linking to this is equivalent to including combase.h and defining _EXE_INITIALIZE_MTA.
fp10.objfp10.obj 該当なしn/a 既定の精度制御を 64 ビットに変更します。Changes the default precision control to 64 bits. 浮動小数点サポート」をご覧ください。See Floating-Point Support.
invalidcontinue.objinvalidcontinue.obj pinvalidcontinue.objpinvalidcontinue.obj 何もしない既定の無効なパラメーター ハンドラーを設定します。つまり、CRT 関数に渡される無効なパラメーターによってエラー番号が設定され、エラーの結果が返されます。Sets a default invalid parameter handler that does nothing, meaning that invalid parameters passed to CRT functions will just set errno and return an error result.
legacy_stdio_float_rounding .objlegacy_stdio_float_rounding.obj 該当なしn/a Windows 10 19041 Universal C ランタイムでの浮動小数点値の印刷 (たとえば、 printfを使用する場合) が修正されました。Printing floating-point values (for example, when using printf) with the Windows 10 19041 Universal C Runtime has been fixed. これで、正確に表現可能な浮動小数点数が正しく丸められ、 fesetroundによって要求される浮動小数点の丸め処理が行われるようになりました。It now properly rounds exactly representable floating-point numbers, and respects the floating-point rounding requested by fesetround. この動作更新プログラムは、Visual Studio 2019 バージョン16.2 以降で使用できます。This behavior update is available in Visual Studio 2019 version 16.2 and later. 従来の動作は、以前のバージョンの Visual Studio で使用されるか、またはこのリンクオプションを指定することによって使用されます。Legacy behavior is used in earlier versions of Visual Studio, or by providing this link option.
loosefpmath.objloosefpmath.obj 該当なしn/a 浮動小数点コードが非正規化値を許容するようにします。Ensures that floating point code tolerates denormal values.
newmode.objnewmode.obj pnewmode.objpnewmode.obj 失敗時に malloc が新しいハンドラーを呼び出すようにします。Causes malloc to call the new handler on failure. _set_new_mode_set_new_handlercallocrealloc をご覧ください。See _set_new_mode, _set_new_handler, calloc, and realloc.
noarg.objnoarg.obj pnoarg.objpnoarg.obj argc および argv のすべてのプロセスを無効にします。Disables all processing of argc and argv.
nochkclr.objnochkclr.obj 該当なしn/a 何も実行しません。Does nothing. プロジェクトから削除してください。Remove from your project.
noenv.objnoenv.obj pnoenv.objpnoenv.obj CRT のキャッシュ済み環境の作成を無効にします。Disables the creation of a cached environment for the CRT.
nothrownew.objnothrownew.obj pnothrownew.objpnothrownew.obj CRT で new のスローしないバージョンを有効にします。Enables the non-throwing version of new in the CRT. new および delete 演算子」をご覧ください。See new and delete Operators.
setargv.objsetargv.obj psetargv.objpsetargv.obj コマンド ライン引数のワイルドカードの展開を有効にします。Enables command-line argument wildcard expansion. ワイルドカード引数の展開」をご覧ください。See Expanding Wildcard Arguments.
threadlocale.objthreadlocale.obj pthreadlocale.objpthreadlocale.obj 既定ですべての新しいスレッドに対してスレッド単位のロケールを有効にします。Enables per-thread locale for all new threads by default.
wsetargv.objwsetargv.obj pwsetargv.objpwsetargv.obj コマンド ライン引数のワイルドカードの展開を有効にします。Enables command-line argument wildcard expansion. ワイルドカード引数の展開」をご覧ください。See Expanding Wildcard Arguments.

関連項目See also