数値演算定数

構文

#define _USE_MATH_DEFINES // for C++
#include <cmath>

#define _USE_MATH_DEFINES // for C
#include <math.h>

解説

指定された式の値として、次のシンボルが定義されています。

Symbol Expression
M_E e 2.71828182845904523536
M_LOG2E log2(e) 1.44269504088896340736
M_LOG10E log10(e) 0.434294481903251827651
M_LN2 ln(2) 0.693147180559945309417
M_LN10 ln(10) 2.30258509299404568402
M_PI pi 3.14159265358979323846
M_PI_2 pi/2 1.57079632679489661923
M_PI_4 pi/4 0.785398163397448309616
M_1_PI 1/pi 0.318309886183790671538
M_2_PI 2/pi 0.636619772367581343076
M_2_SQRTPI 2/sqrt(pi) 1.12837916709551257390
M_SQRT2 sqrt(2) 1.41421356237309504880
M_SQRT1_2 1/sqrt(2) 0.707106781186547524401

数値演算定数は標準 C/C++ では定義されていません。 これらを使用するには、最初に _USE_MATH_DEFINES を定義してから、cmath または math.h をインクルードする必要があります。

リリース モードでプロジェクトをビルドする場合は、ファイル ATLComTime.hmath.h が含まれます。 ATLComTime.h をインクルードしているプロジェクトで 1 つまたは複数の数値演算定数を使用する場合は、ATLComTime.h をインクルードする前に _USE_MATH_DEFINES を定義する必要があります。

関連項目

グローバル定数