printf_p の位置指定パラメーターprintf_p Positional Parameters

位置指定パラメータを使用すると、書式指定文字列のフィールドに代入する引数を番号で指定することができます。Positional parameters provide the ability to specify by number which of the arguments is to be substituted into a field in a format string. 次の位置指定パラメーター printf 関数を使用できます。The following positional parameter printf functions are available:

位置指定以外の printf 関数Non-positional printf functions 対応する位置指定パラメーターPositional parameter equivalents
printf、_printf_l、wprintf、_wprintf_lprintf, _printf_l, wprintf, _wprintf_l _printf_p、_printf_p_l、_wprintf_p、_wprintf_p_l_printf_p, _printf_p_l, _wprintf_p, _wprintf_p_l
sprintf、_sprintf_l、swprintf、_swprintf_l、 _ _swprintf_lsprintf, _sprintf_l, swprintf, _swprintf_l, __swprintf_l _sprintf_p、_sprintf_p_l、_swprintf_p、_swprintf_p_l_sprintf_p, _sprintf_p_l, _swprintf_p, _swprintf_p_l
_cprintf、_cprintf_l、_cwprintf、_cwprintf_l_cprintf, _cprintf_l, _cwprintf, _cwprintf_l _cprintf_p、_cprintf_p_l、_cwprintf_p、_cwprintf_p_l_cprintf_p, _cprintf_p_l, _cwprintf_p, _cwprintf_p_l
fprintf、_fprintf_l、fwprintf、_fwprintf_lfprintf, _fprintf_l, fwprintf, _fwprintf_l _fprintf_p、_fprintf_p_l、_fwprintf_p、_fwprintf_p_l_fprintf_p, _fprintf_p_l, _fwprintf_p, _fwprintf_p_l
vprintf、_vprintf_l、vwprintf、_vwprintf_lvprintf, _vprintf_l, vwprintf, _vwprintf_l _vprintf_p、_vprintf_p_l、_vwprintf_p、_vwprintf_p_l_vprintf_p, _vprintf_p_l, _vwprintf_p, _vwprintf_p_l
vfprintf、_vfprintf_l、vfwprintf、_vfwprintf_lvfprintf, _vfprintf_l, vfwprintf, _vfwprintf_l _vfprintf_p、_vfprintf_p_l、_vfwprintf_p、_vfwprintf_p_l_vfprintf_p, _vfprintf_p_l, _vfwprintf_p, _vfwprintf_p_l
vsprintf、_vsprintf_l、vswprintf、_vswprintf_l、 _ _vswprintf_lvsprintf, _vsprintf_l, vswprintf, _vswprintf_l, __vswprintf_l _vsprintf_p、_vsprintf_p_l、_vswprintf_p、_vswprintf_p_l_vsprintf_p, _vsprintf_p_l, _vswprintf_p, _vswprintf_p_l

位置指定パラメーターの指定方法How to specify positional parameters

パラメーターのインデックス作成Parameter indexing

既定では、位置指定の書式設定がない場合、位置指定関数の動作は、位置指定でないものと同じです。By default, if no positional formatting is present, the positional functions behave identically to the non-positional ones. 書式設定する位置指定パラメーターは、書式指定子の先頭で %n$ を使用して指定します。ここで、n は、パラメーター リストでの書式設定するパラメーターの位置を示します。You specify the positional parameter to format by using %n$ at the beginning of the format specifier, where n is the position of the parameter to format in the parameter list. パラメーターの位置を示す値は、書式指定文字列の後の最初の引数を表す 1 から始まります。The parameter position starts at 1 for the first argument after the format string. 書式指定子の残りの部分には、printf の書式指定子と同じルールが適用されます。The remainder of the format specifier follows the same rules as the printf format specifier. 書式指定子の詳細については、「書式指定構文: printf 関数と wprintf 関数」 をご覧ください。For more information about format specfiers, see Format Specification Syntax: printf and wprintf Functions.

位置指定の書式設定の例を次に示します。Here's an example of positional formatting:

_printf_p("%1$s %2$s", "November", "10");

出力は次のとおりです。This prints:

November 10

使用する数値の順序は、引数の順序と一致している必要はありません。The order of the numbers used doesn't need to match the order of the arguments. たとえば、次の書式指定文字列は有効です。For example, this is a valid format string:

_printf_p("%2$s %1$s", "November", "10");

出力は次のとおりです。This prints:

10 November

従来の書式指定文字列とは異なり、位置指定パラメーターを書式指定文字列内に複数回使用できます。Unlike traditional format strings, positional parameters may be used more than once in a format string. たとえば、次のように入力します。For example,

_printf_p("%1$d times %1$d is %2$d", 10, 100);

出力は次のとおりです。This prints:

10 times 10 is 100

書式指定文字列のどこかに、すべての引数を必ず 1 回以上使用する必要があります。All arguments must be used at least once somewhere in the format string. 1 つの書式指定文字列で使用できる位置指定パラメータの最大数は、_ARGMAX で指定されます。The maximum number of positional parameters allowed in a format string is given by _ARGMAX.

幅と精度Width and precision

*n$ を使用して位置指定パラメーターを幅指定子または有効桁数指定子として指定できます。ここで、n は、パラメーター リストでの幅指定パラメーターまたは有効桁数のパラメーターの位置を示します。You can use *n$ to specify a positional parameter as a width or precision specifier, where n is the position of the width or precision parameter in the parameter list. 幅または有効桁数の値は、* シンボルの直後に指定する必要があります。The position of the width or precision value must appear immediately following the * symbol. たとえば、次のように入力します。For example,

_printf_p("%1$*2$s","Hello", 10);

またはor

_printf_p("%2$*1$s", 10, "Hello");

位置指定引数とそれ以外の引数の混在Mixing positional and non-positional arguments

同一の書式指定文字列では、位置指定パラメーターと位置指定以外のパラメーターは混在できません。Positional parameters may not be mixed with non-positional parameters in the same format string. 位置指定の書式を使用する場合は、すべての書式指定子で位置指定の書式設定を使用する必要があります。If any positional formatting is used, all format specifiers must use positional formatting. ただし、位置指定以外のパラメーターを含む書式指定文字列では、printf_p および関連する関数は、位置指定以外のパラメーターを引き続きサポートします。However, printf_p and related functions still support non-positional parameters in format strings containing no positional parameters.

Example

// positional_args.c
// Build by using: cl /W4 positional_args.c
// Positional arguments allow the specification of the order
// in which arguments are consumed in a formatting string.

#include <stdio.h>

int main()
{
    int     i = 1,
            j = 2,
            k = 3;
    double  x = 0.1,
            y = 2.22,
            z = 333.3333;
    char    *s1 = "abc",
            *s2 = "def",
            *s3 = "ghi";

    // If positional arguments are unspecified,
    // normal input order is used.
    _printf_p("%d %d %d\n", i, j, k);

    // Positional arguments are numbers followed by a $ character.
    _printf_p("%3$d %1$d %2$d\n", i, j, k);

    // The same positional argument may be reused.
    _printf_p("%1$d %2$d %1$d\n", i, j);

    // The positional arguments may appear in any order.
    _printf_p("%1$s %2$s %3$s\n", s1, s2, s3);
    _printf_p("%3$s %1$s %2$s\n", s1, s2, s3);

    // Precision and width specifiers must be int types.
    _printf_p("%3$*5$f %2$.*4$f %1$*4$.*5$f\n", x, y, z, j, k);
}
1 2 3
3 1 2
1 2 1
abc def ghi
ghi abc def
333.333300 2.22 0.100

関連項目See also

書式指定構文: printf 関数と wprintf 関数Format Specification Syntax: printf and wprintf Functions