_alloca_alloca

スタックにメモリを割り当てます。Allocates memory on the stack. 安全なバージョンがあるため、この関数は非推奨します。参照してください_mallocaします。This function is deprecated because a more secure version is available; see _malloca.

構文Syntax

void *_alloca(
   size_t size
);

パラメーターParameters

sizesize
スタックから割り当てられるバイト数。Bytes to be allocated from the stack.

戻り値Return Value

_Allocaルーチンを返します、 voidどの型のオブジェクトの記憶域の適切なアラインメントが保証されている、割り当てられた領域へのポインター。The _alloca routine returns a void pointer to the allocated space, which is guaranteed to be suitably aligned for storage of any type of object. 場合サイズは 0 です。 _alloca長さ 0 の項目を割り当てると、その項目の有効なポインターを返します。If size is 0, _alloca allocates a zero-length item and returns a valid pointer to that item.

領域の割り当てができない場合、スタック オーバーフロー例外が生成されます。A stack overflow exception is generated if the space cannot be allocated. スタック オーバーフロー例外は C++ 例外ではなく、構造化例外です。The stack overflow exception is not a C++ exception; it is a structured exception. C++ 例外処理を使用する代わりに、構造化例外処理 (SEH) を使用する必要があります。Instead of using C++ exception handling, you must use Structured Exception Handling (SEH).

RemarksRemarks

_alloca割り当てますサイズプログラム スタックからのバイト数。_alloca allocates size bytes from the program stack. (ときではなく、割り当てがスコープ外に渡すだけです)、呼び出し元関数の終了時に割り当てられた領域は自動的に解放されます。The allocated space is automatically freed when the calling function exits (not when the allocation merely passes out of scope). そのため、によって返されるポインター値を渡していない _allocaへの引数として無料します。Therefore, do not pass the pointer value returned by _alloca as an argument to free.

明示的に呼び出すには制限 _alloca例外ハンドラー (EH)。There are restrictions to explicitly calling _alloca in an exception handler (EH). X86 クラスのプロセッサ上で実行される EH ルーチンは、独自のメモリ フレームで動作します。外側の関数のスタック ポインターの現在の場所には基づいていないメモリ領域でタスクを実行します。EH routines that run on x86-class processors operate in their own memory frame: They perform their tasks in memory space that is not based on the current location of the stack pointer of the enclosing function. 最も一般的な実装には、Windows NT 構造化例外処理 (SEH) や C++ catch 句の式などがあります。The most common implementations include Windows NT structured exception handling (SEH) and C++ catch clause expressions. そのため、明示的に呼び出す _alloca呼び出した EH ルーチンへの復帰時にプログラム エラー シナリオ結果は次のいずれかで。Therefore, explicitly calling _alloca in any of the following scenarios results in program failure during the return to the calling EH routine:

  • Windows NT SEH 例外フィルター式: __except ( _alloca() )Windows NT SEH exception filter expression: __except ( _alloca() )

  • Windows NT SEH 最終例外ハンドラー: __finally { _alloca() }Windows NT SEH final exception handler: __finally { _alloca() }

  • C++ EH catch 句の式C++ EH catch clause expression

ただし、 _allocaできますから直接呼び出すを EH ルーチン内、または呼び出されるアプリケーションによって提供されるコールバックから以前にリストされた EH シナリオのいずれか。However, _alloca can be called directly from within an EH routine or from an application-supplied callback that gets invoked by one of the EH scenarios previously listed.

重要

Windows XP で場合 _allocaが呼び出されます、try/catch ブロック内で呼び出す必要がある_resetstkoflwの catch ブロックでします。In Windows XP, if _alloca is called inside a try/catch block, you must call _resetstkoflw in the catch block.

使用する場合、上記の制限だけでなく、/clr (共通言語ランタイムのコンパイル)オプション、 _allocaでは使用できません _ _exceptブロックします。In addition to the above restrictions, when using the/clr (Common Language Runtime Compilation) option, _alloca cannot be used in __except blocks. 詳細については、「 /clr Restrictions」を参照してください。For more information, see /clr Restrictions.

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
_alloca_alloca <malloc.h><malloc.h>

Example

// crt_alloca.c
// This program demonstrates the use of
// _alloca and trapping any exceptions
// that may occur.

#include <windows.h>
#include <stdio.h>
#include <malloc.h>

int main()
{
    int     size = 1000;
    int     errcode = 0;
    void    *pData = NULL;

    // Note: Do not use try/catch for _alloca,
    // use __try/__except, since _alloca throws
    // Structured Exceptions, not C++ exceptions.

    __try {
        // An unbounded _alloca can easily result in a
        // stack overflow.
        // Checking for a size < 1024 bytes is recommended.
        if (size > 0 && size < 1024)
        {
            pData = _alloca( size );
            printf_s( "Allocated %d bytes of stack at 0x%p",
                      size, pData);
        }
        else
        {
            printf_s("Tried to allocate too many bytes.\n");
        }
    }

    // If an exception occured with the _alloca function
    __except( GetExceptionCode() == STATUS_STACK_OVERFLOW )
    {
        printf_s("_alloca failed!\n");

        // If the stack overflows, use this function to restore.
        errcode = _resetstkoflw();
        if (errcode)
        {
            printf_s("Could not reset the stack!\n");
            _exit(1);
        }
    };
}
Allocated 1000 bytes of stack at 0x0012FB50

関連項目See also

メモリ割り当てMemory Allocation
calloccalloc
mallocmalloc
reallocrealloc
_resetstkoflw_resetstkoflw
_malloca_malloca