_creat、_wcreat_creat, _wcreat

新しいファイルを作成します。Creates a new file. _creat_wcreatは非推奨とされました。代わりに、_sopen_s、_wsopen_sを使用してください。_creat and _wcreat have been deprecated; use _sopen_s, _wsopen_s instead.

構文Syntax

int _creat(
   const char *filename,
   int pmode
);
int _wcreat(
   const wchar_t *filename,
   int pmode
);

パラメーターParameters

ファイル名filename
新しいファイルの名前。Name of new file.

pmodepmode
アクセス許可の設定。Permission setting.

戻り値Return Value

これらの関数は正常に実行された場合、作成されたファイルにファイル記述子を返します。These functions, if successful, return a file descriptor to the created file. それ以外の場合、次の表に示すように、関数は-1 を返し、 errnoを設定します。Otherwise, the functions return -1 and set errno as shown in the following table.

errnoの設定errno setting 説明Description
EACCESEACCES filenameには、既存の読み取り専用ファイルを指定するか、ファイルの代わりにディレクトリを指定します。filename specifies an existing read-only file or specifies a directory instead of a file.
EMFILEEMFILE ファイル記述子をこれ以上使用できません。No more file descriptors are available.
ENOENTENOENT 指定されたファイルが見つかりませんでした。Specified file could not be found.

FilenameNULLの場合、「パラメーターの検証」で説明されているように、これらの関数は無効なパラメーターハンドラーを呼び出します。If filename is NULL, these functions invoke the invalid parameter handler, as described in Parameter Validation. 実行の継続が許可された場合、これらの関数はerrnoEINVALに設定し、-1 を返します。If execution is allowed to continue, these functions set errno to EINVAL and return -1.

リターン コードの詳細については、「 _doserrno、errno、_sys_errlist、および _sys_nerr」を参照してください。For more information about these and other return codes, see _doserrno, errno, _sys_errlist, and _sys_nerr.

RemarksRemarks

_Creat関数は、新しいファイルを作成するか、既存のファイルを開き、切り捨てます。The _creat function creates a new file or opens and truncates an existing one. _wcreatは、 _creatのワイド文字バージョンです。 _wcreatfilename引数はワイド文字列です。_wcreat is a wide-character version of _creat; the filename argument to _wcreat is a wide-character string. それ以外では、 _wcreat_creatは同じように動作します。_wcreat and _creat behave identically otherwise.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

Tchar.h のルーチンTchar.h routine _UNICODE および _MBCS が未定義の場合_UNICODE and _MBCS not defined _MBCS が定義されている場合_MBCS defined _UNICODE が定義されている場合_UNICODE defined
_tcreat_tcreat _creat_creat _creat_creat _wcreat_wcreat

Filenameによって指定されたファイルが存在しない場合は、指定されたアクセス許可の設定で新しいファイルが作成され、書き込み用に開かれます。If the file specified by filename does not exist, a new file is created with the given permission setting and is opened for writing. ファイルが既に存在し、そのアクセス許可の設定で書き込みが許可されている場合、 _creatはファイルを長さ0に切り詰め、前の内容を破棄して、書き込み用に開きます。If the file already exists and its permission setting allows writing, _creat truncates the file to length 0, destroying the previous contents, and opens it for writing. アクセス許可の設定であるpmodeは、新しく作成されたファイルにのみ適用されます。The permission setting, pmode, applies to newly created files only. 新しいファイルは、最初に閉じた後に、指定されたアクセス許可設定を受け取ります。The new file receives the specified permission setting after it is closed for the first time. 整数式pmodeには、 _S_IWRITEおよび _S_IREADで定義されているマニフェスト定数の1つまたは両方が含まれています。The integer expression pmode contains one or both of the manifest constants _S_IWRITE and _S_IREAD, defined in SYS\Stat.h. 両方の定数が指定されている場合は、ビットごとの | or 演算子 () と結合されます。When both constants are given, they are joined with the bitwise or operator ( | ). Pmodeパラメーターは、次のいずれかの値に設定されます。The pmode parameter is set to one of the following values.

Value 定義Definition
_S_IWRITE_S_IWRITE 書き込みが許可されます。Writing permitted.
_S_IREAD_S_IREAD 読み取りが許可されます。Reading permitted.
_S_IREAD| _S_IWRITE_S_IREAD | _S_IWRITE 読み取りと書き込みが許可されます。Reading and writing permitted.

書き込みアクセス許可が与えられない場合、ファイルは読み取り専用になります。If write permission is not given, the file is read-only. ファイルはすべて常に読み取り可能です。書き込みのみのアクセス許可を与えることはできません。All files are always readable; it is impossible to give write-only permission. これらのモード _S_IWRITE_S_IREAD | _S_IWRITEは同等です。The modes _S_IWRITE and _S_IREAD | _S_IWRITE are then equivalent. _Creatを使用して開いたファイルは常に互換モード ( _sopenを参照) で開かれますFiles opened using _creat are always opened in compatibility mode (see _sopen) with _SH_DENYNO.

_creatは、アクセス許可を設定する前に、現在のファイルアクセス許可マスクをpmodeに適用します ( _umaskを参照)。_creat applies the current file-permission mask to pmode before setting the permissions (see _umask). _creatは、主に以前のライブラリとの互換性のために用意されています。_creat is provided primarily for compatibility with previous libraries. Oflagパラメーターで _O_CREAT_O_TRUNCを指定して _openを呼び出すと、 _creatに相当し、新しいコードに適しています。A call to _open with _O_CREAT and _O_TRUNC in the oflag parameter is equivalent to _creat and is preferable for new code.

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header オプション ヘッダーOptional header
_creat_creat <io.h><io.h> <sys/types.h>、<sys/stat.h>、<errno.h><sys/types.h>, <sys/stat.h>, <errno.h>
_wcreat_wcreat <io.h> または <wchar.h><io.h> or <wchar.h> <sys/types.h>、<sys/stat.h>、<errno.h><sys/types.h>, <sys/stat.h>, <errno.h>

互換性の詳細については、「 互換性」を参照してください。For more compatibility information, see Compatibility.

Example

// crt_creat.c
// compile with: /W3
// This program uses _creat to create
// the file (or truncate the existing file)
// named data and open it for writing.

#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>
#include <io.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main( void )
{
   int fh;

   fh = _creat( "data", _S_IREAD | _S_IWRITE ); // C4996
   // Note: _creat is deprecated; use _sopen_s instead
   if( fh == -1 )
      perror( "Couldn't create data file" );
   else
   {
      printf( "Created data file.\n" );
      _close( fh );
   }
}
Created data file.

関連項目See also

下位入出力Low-Level I/O
_chmod、_wchmod_chmod, _wchmod
_chsize_chsize
_close_close
_dup、_dup2_dup, _dup2
_open、_wopen_open, _wopen
_sopen、_wsopen_sopen, _wsopen
_umask_umask