_CrtSetDebugFillThreshold

デバッグ関数でバッファーへの格納動作を制御するしきい値を取得または変更します。

構文

size_t _CrtSetDebugFillThreshold( size_t newThreshold );

パラメーター

newThreshold
新しいしきい値のサイズ (バイト単位)。

戻り値

前のしきい値。

Remarks

一部のセキュリティが強化された CRT 関数のデバッグバージョンでは、特殊文字 (0xFE) を使用して渡されたバッファーがいっぱいになります。 このフィル文字は、間違ったサイズが関数に渡されたケースを見つけるのに役立ちます。 残念ながら、パフォーマンスを低下させます。 パフォーマンスを向上させるには、 _CrtSetDebugFillThresholdを使用して、 newthresholdしきい値を超えるバッファーの入力を無効にします。 Newthreshold値が0の場合は、すべてのバッファーで無効になります。

既定のしきい値はSIZE_T_MAXです。

影響を受ける関数の一覧は次のようになります。

[要件]

ルーチンによって返される値 必須ヘッダー
_CrtSetDebugFillThreshold <crtdbg.h>

この関数は、Microsoft 固有の関数です。 互換性について詳しくは、「互換性」を参照してください。

ライブラリ

C ランタイムライブラリのデバッグバージョンのみ。

// crt_crtsetdebugfillthreshold.c
// compile with: cl /MTd crt_crtsetdebugfillthreshold.c
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <crtdbg.h>

void Clear( char buff[], size_t size )
{
   for( int i=0; i<size; ++i )
      buff[i] = 0;
}

void Print( char buff[], size_t size )
{
   for( int i=0; i<size; ++i )
      printf( "%02x  %c\n", (unsigned char)buff[i], buff[i] );
}

int main( void )
{
   char buff[10];

   printf( "With buffer-filling on:\n" );
   strcpy_s( buff, _countof(buff), "howdy" );
   Print( buff, _countof(buff) );

   _CrtSetDebugFillThreshold( 0 );

   printf( "With buffer-filling off:\n" );
   Clear( buff, _countof(buff) );
   strcpy_s( buff, _countof(buff), "howdy" );
   Print( buff, _countof(buff) );
}
With buffer-filling on:
68  h
6f  o
77  w
64  d
79  y
00
fe  ■
fe  ■
fe  ■
fe  ■
With buffer-filling off:
68  h
6f  o
77  w
64  d
79  y
00
00
00
00
00

関連項目

デバッグ ルーチン