_fdopen、_wfdopen_fdopen, _wfdopen

ストリームを前回下位入出力で開いたファイルに関連付けます。Associates a stream with a file that was previously opened for low-level I/O.

構文Syntax

FILE *_fdopen(
   int fd,
   const char *mode
);
FILE *_wfdopen(
   int fd,
   const wchar_t *mode
);

パラメーターParameters

fdfd
開いているファイルのファイル記述子。File descriptor of the open file.

モードmode
ファイル アクセスの種類。Type of file access.

戻り値Return Value

これらの各関数は、開いているストリームへのポインターを返します。Each of these functions returns a pointer to the open stream. エラーが発生すると、NULL のポインター値を返します。A null pointer value indicates an error. エラーが発生した場合は、「パラメーターの検証」に説明されているとおり、無効なパラメーター ハンドラーが呼び出されます。When an error occurs, the invalid parameter handler is invoked, as described in Parameter Validation. 実行の継続が許可された場合、 errnoは無効なファイル記述子を示すEBADFに設定されるか、またはモードが null ポインターであることを示すEINVALに設定されます。If execution is allowed to continue, errno is set either to EBADF, which indicates a bad file descriptor, or EINVAL, which indicates that mode was a null pointer.

エラー コードの詳細については、「_doserrno、errno、_sys_errlist、および _sys_nerr」を参照してください。For more information about these and other error codes, see _doserrno, errno, _sys_errlist, and _sys_nerr.

RemarksRemarks

_Fdopen関数は、 fdによって識別されるファイルに i/o ストリームを関連付けます。これにより、低レベル i/o 用に開かれているファイルをバッファーおよびフォーマットできるようになります。The _fdopen function associates an I/O stream with the file that is identified by fd, and thus allows a file that is opened for low-level I/O to be buffered and formatted. _wfdopenは、 _fdopenのワイド文字バージョンです。 _wfdopenmode引数は、ワイド文字列です。_wfdopen is a wide-character version of _fdopen; the mode argument to _wfdopen is a wide-character string. _wfdopen_fdopenは同じように動作します。_wfdopen and _fdopen otherwise behave identically.

_Fdopenに渡されるファイル記述子は、返された*ファイルストリームによって所有されます。File descriptors passed into _fdopen are owned by the returned FILE * stream. _Fdopenが成功した場合は、ファイル記述子の _closeを呼び出さないでください。If _fdopen is successful, do not call _close on the file descriptor. 返されたファイル*fcloseを呼び出すと、ファイル記述子も閉じられます。Calling fclose on the returned FILE * also closes the file descriptor.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

Tchar.h のルーチンTchar.h routine _UNICODE および_MBCS が定義されていません_UNICODE and _MBCS not defined _定義済みの MBCS_MBCS defined _UNICODE 定義_UNICODE defined
_tfdopen_tfdopen _fdopen_fdopen _fdopen_fdopen _wfdopen_wfdopen

モード文字列は、ファイルに対して要求されるファイルアクセスの種類を指定します。The mode character string specifies the type of file access requested for the file:

モードmode アクセスAccess
"r""r" 読み取り用に開きます。Opens for reading. ファイルが存在しないか見つからない場合、 fopen呼び出しは失敗します。If the file does not exist or cannot be found, the fopen call fails.
"w""w" 書き込み用に空のファイルを開きます。Opens an empty file for writing. 指定したファイルが既に存在すると、そのファイルの内容は破棄されます。If the given file exists, its contents are destroyed.
"a""a" ファイルの末尾に書き込みを行うために開きます (追加)。Opens for writing at the end of the file (appending). ファイルが存在しない場合は、作成します。Creates the file if it does not exist.
"r+""r+" 読み取りと書き込みの両方のモードで開きます。Opens for both reading and writing. ファイルが存在している必要があります。The file must exist.
"w+""w+" 読み取りと書き込みの両方のモードで空のファイルを開きます。Opens an empty file for both reading and writing. そのファイルが既に存在すると、そのファイルの内容は破棄されます。If the file exists, its contents are destroyed.
"a+""a+" 読み取りと追加の両方のモードでファイルを開きます。Opens for reading and appending. ファイルが存在しない場合は、作成します。Creates the file if it does not exist.

"A" または "a +" アクセスの種類を使用してファイルを開くと、すべての書き込み操作がファイルの末尾で行われます。When a file is opened with the "a" or "a+" access type, all write operations occur at the end of the file. ファイルポインターは、 fseekまたはrewindを使用して移動できますが、書き込み操作が実行される前に、常にファイルの末尾に戻されます。したがって、既存のデータは上書きされません。The file pointer can be repositioned by using fseek or rewind, but it is always moved back to the end of the file before any write operation is carried out. Thus, existing data cannot be overwritten. "R +""w +" 、または "a +" のアクセスの種類が指定されている場合は、読み取りと書き込みの両方が許可されます (ファイルは "更新" 用に開かれていると言います)。When the "r+", "w+", or "a+" access type is specified, both reading and writing are allowed (the file is said to be open for "update"). ただし、読み取りと書き込みを切り替える場合は、複数のfflushfsetposfseek、またはrewind操作が必要です。However, when you switch between reading and writing, there must be an intervening fflush, fsetpos, fseek, or rewind operation. 必要に応じて、 fsetposまたはfseek操作の現在位置を指定できます。You can specify the current position for the fsetpos or fseek operation, if you want to.

上記の値に加えて、次の文字をモードで使用して、改行文字の変換モードを指定することもできます。In addition to the above values, the following characters can also be included in mode to specify the translation mode for newline characters:

モード修飾子mode modifier 動作Behavior
tt ファイルをテキスト (変換) モードで開きます。Open in text (translated) mode. このモードでは、復帰と改行 (CR-LF) の組み合わせは入力時に 1 つの改行 (LF) 文字に変換され、LF 文字は出力時に CR-LF の組み合わせに変換されます。In this mode, carriage return-line feed (CR-LF) combinations are translated into one-line feeds (LF) on input, and LF characters are translated to CR-LF combinations on output. また、Ctrl + Z は入力時に EOF (end-of-file) 文字として解釈されます。Also, Ctrl+Z is interpreted as an end-of-file character on input.
bb バイナリ (無変換) モードで開きます。Open in binary (untranslated) mode. Tモードからの変換は抑制されます。Any translations from t mode are suppressed.
cc 関連付けられているファイル名のコミットフラグを有効にして、 fflushまたは _flushallが呼び出された場合に、ファイルバッファーの内容がディスクに直接書き込まれるようにします。Enable the commit flag for the associated filename so that the contents of the file buffer are written directly to disk if either fflush or _flushall is called.
nn 関連付けられているファイル名のコミットフラグを "コミットなし" にリセットします。Reset the commit flag for the associated filename to "no-commit." 既定値です。This is the default. プログラムを Commode.obj とリンクする場合は、グローバル コミット フラグもオーバーライドします。プログラムを明示的に Commode.obj とリンクしない場合、グローバル コミット フラグの既定の設定は "コミットなし" です。It also overrides the global commit flag if you link your program with Commode.obj. The global commit flag default is "no-commit" unless you explicitly link your program with Commode.obj.

Tc、およびn モードオプションは、Microsoft extensions for fopen and _fdopenです。The t, c, and n mode options are Microsoft extensions for fopen and _fdopen. ANSI の移植性を維持する場合には使用しないでください。Do not use them if you want to preserve ANSI portability.

Tまたはbモードで指定しない場合、既定の変換モードはグローバル変数 _fmodeによって定義されます。If t or b is not given in mode, the default translation mode is defined by the global variable _fmode. Tまたはbが引数の前に付加されている場合、関数は失敗し、NULL を返します。If t or b is prefixed to the argument, the function fails and returns NULL. テキスト モードと binary モードの詳細については、「テキスト モードとバイナリ モードのファイル入出力」を参照してください。For a discussion of text and binary modes, see Text and Binary Mode File I/O.

Fopen_fdopenで使用されるモード文字列に有効な文字は、次の表に示すように、 _openおよび _sopenで使用されるoflag引数に対応しています。Valid characters for the mode string used in fopen and _fdopen correspond to oflag arguments used in _open and _sopen, as shown in this table:

Mode文字列の文字Characters in mode string _Open_sopenに相当するoflagEquivalent oflag value for _open and _sopen
aa _| O wronly_oAPPEND_(通常は o wronly_ oが_ o を付ける| ___ _ | _追加)_O_WRONLY | _O_APPEND (usually _O_WRONLY | _O_CREAT | _O_APPEND)
+a+ _O_ | RDWRoappend_(通常は o RDWR o append _ | __ | __ __ )_O_RDWR | _O_APPEND (usually _O_RDWR | _O_APPEND | _O_CREAT )
rr _O_RDONLY_O_RDONLY
r +r+ _O_RDWR_O_RDWR
ww _O_wronly (通常、o _ | | wronly _oは_oTRUNC)__ __O_WRONLY (usually _O_WRONLY | _O_CREAT | _O_TRUNC)
w +w+ _O_RDWR _ (通常_は o | RDWR o| TRUNC を持っている)_ ____O_RDWR (usually _O_RDWR | _O_CREAT | _O_TRUNC)
bb _O_バイナリ_O_BINARY
tt _O_TEXT_O_TEXT
cc なしNone
nn なしNone

必要条件Requirements

関数Function 必須ヘッダーRequired header
_fdopen_fdopen <stdio.h><stdio.h>
_wfdopen_wfdopen <stdio.h> または <wchar.h><stdio.h> or <wchar.h>

互換性の詳細については、「 互換性」を参照してください。For more compatibility information, see Compatibility.

Example

// crt_fdopen.c
// This program opens a file by using low-level
// I/O, then uses _fdopen to switch to stream
// access. It counts the lines in the file.

#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>
#include <fcntl.h>
#include <io.h>
#include <share.h>

int main( void )
{
   FILE *stream;
   int  fd, count = 0;
   char inbuf[128];

   // Open a file.
   if( _sopen_s( &fd, "crt_fdopen.txt", _O_RDONLY, _SH_DENYNO, 0 ) )
      exit( 1 );

   // Get stream from file descriptor.
   if( (stream = _fdopen( fd, "r" )) == NULL )
      exit( 1 );

   while( fgets( inbuf, 128, stream ) != NULL )
      count++;

   // After _fdopen, close by using fclose, not _close.
   fclose( stream );
   printf( "Lines in file: %d\n", count );
}

入力: crt_fdopen.txtInput: crt_fdopen.txt

Line one
Line two

OutputOutput

Lines in file: 2

関連項目See also

ストリーム入出力Stream I/O
_dup、 _dup2_dup, _dup2
fclose、 _fcloseallfclose, _fcloseall
fopen、 _すべてのファイルを開くfopen, _wfopen
freopen、 _wfreopenfreopen, _wfreopen
_開く、 _wopen_open, _wopen