fsetposfsetpos

ストリームの位置インジケーターを設定します。Sets the stream-position indicator.

構文Syntax

int fsetpos(
   FILE *stream,
   const fpos_t *pos
);

パラメーターParameters

一連stream
FILE 構造体へのポインター。Pointer to FILE structure.

popos
位置インジケーターのストレージ。Position-indicator storage.

戻り値Return Value

成功した場合、 fsetposは0を返します。If successful, fsetpos returns 0. エラーが発生した場合、関数は0以外の値を返し、 errnoに次のマニフェスト定数のいずれかを設定します (errno に定義されています)。H):EBADF。ファイルにアクセスできないか、ストリームが指すオブジェクトが有効なファイル構造ではありません。またはEINVALストリームまたはposの無効な値が渡されたことを意味します。On failure, the function returns a nonzero value and sets errno to one of the following manifest constants (defined in ERRNO.H): EBADF, which means the file is not accessible or the object that stream points to is not a valid file structure; or EINVAL, which means an invalid value for stream or pos was passed. 無効なパラメーターが渡されると、「パラメーターの検証」で説明されているように、これらの関数は無効なパラメーター ハンドラーを呼び出します。If an invalid parameter is passed in, these functions invoke the invalid parameter handler, as described in Parameter Validation.

リターン コードの詳細については、「_doserrno、errno、_sys_errlist、_sys_nerr」をご覧ください。See _doserrno, errno, _sys_errlist, and _sys_nerr for more information on these, and other, return codes.

RemarksRemarks

Fsetpos関数は 、ストリームのファイル位置インジケーターをposの値に設定します。これは、ストリームに対してfgetposを呼び出す前の呼び出しで取得されます。The fsetpos function sets the file-position indicator for stream to the value of pos, which is obtained in a prior call to fgetpos against stream. 関数は、ファイルの終端のインジケーターをクリアし、ストリームungetcのすべての効果を元に戻します。The function clears the end-of-file indicator and undoes any effects of ungetc on stream. Fsetposを呼び出した後、ストリームに対する次の操作は、入力または出力のいずれかになります。After calling fsetpos, the next operation on stream may be either input or output.

必要条件Requirements

関数Function 必須ヘッダーRequired header
fsetposfsetpos <stdio.h><stdio.h>

互換性の詳細については、「互換性」を参照してください。For additional compatibility information, see Compatibility.

Example

fgetpos」の例を参照してください。See the example for fgetpos.

関連項目See also

ストリーム入出力Stream I/O
fgetposfgetpos