_mbccpy、_mbccpy_l_mbccpy, _mbccpy_l

文字列のマルチバイト文字を他の文字列にコピーします。Copies a multibyte character from one string to another string. これらの関数にはセキュリティが強化されたバージョンがあります。「_mbccpy_s、_mbccpy_s_l」をご覧ください。More secure versions of these functions are available; see _mbccpy_s, _mbccpy_s_l.

重要

この API は、Windows ランタイムで実行するアプリケーションでは使用できません。This API cannot be used in applications that execute in the Windows Runtime. 詳細については、「ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリでサポートされていない CRT 関数」を参照してください。For more information, see CRT functions not supported in Universal Windows Platform apps.

構文Syntax

void _mbccpy(
   unsigned char *dest,
   const unsigned char *src
);
void _mbccpy_l(
   unsigned char *dest,
   const unsigned char *src,
   _locale_t locale
);

パラメーターParameters

destdest
コピー先。Copy destination.

srcsrc
コピーするマルチバイト文字。Multibyte character to copy.

localelocale
使用するロケール。Locale to use.

RemarksRemarks

_Mbccpy関数は、 srcからdestに1つのマルチバイト文字をコピーします。The _mbccpy function copies one multibyte character from src to dest.

この関数は、パラメーターを検証します。This function validates its parameters. _Mbccpydestまたはsrcの null ポインターが渡された場合、「パラメーターの検証」で説明されているように、無効なパラメーターハンドラーが呼び出されます。If _mbccpy is passed a null pointer for dest or src, the invalid parameter handler is invoked, as described in Parameter Validation. 実行の継続が許可された場合、 errnoEINVALに設定されます。If execution is allowed to continue, errno is set to EINVAL.

_mbccpyは、ロケールに依存する動作に現在のロケールを使用します。_mbccpy uses the current locale for any locale-dependent behavior. _mbccpy_l_mbccpyと同じですが、ロケールに依存する動作に対して渡されたロケールが _mbccpy_lで使用される点が異なります。_mbccpy_l is identical to _mbccpy except that _mbccpy_l uses the locale passed in for any locale-dependent behavior. 詳細については、「 Locale」を参照してください。For more information, see Locale.

セキュリティに関するメモ null で終わる文字列をご使用ください。Security Note Use a null-terminated string. null で終わる文字列はターゲット バッファーのサイズを超えないようにしてください。The null-terminated string must not exceed the size of the destination buffer. 詳しくは、「 バッファー オーバーランの回避」をご覧ください。For more information, see Avoiding Buffer Overruns. バッファー オーバーランは、システムを攻撃するときによく使用される方法であり、その結果、認められていない権限が昇格されます。Buffer overrun problems are a frequent method of system attack, resulting in an unwarranted elevation of privilege.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

Tchar.h のルーチンTchar.h routine _UNICODE および _MBCS が未定義の場合_UNICODE and _MBCS not defined _MBCS が定義されている場合_MBCS defined _UNICODE が定義されている場合_UNICODE defined
_tccpy_tccpy マクロまたはインライン関数にマップされますMaps to macro or inline function _mbccpy_mbccpy マクロまたはインライン関数にマップされますMaps to macro or inline function
_tccpy_l_tccpy_l N/An/a _mbccpy_l_mbccpy_l N/An/a

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
_mbccpy_mbccpy <mbctype.h><mbctype.h>
_mbccpy_l_mbccpy_l <mbctype.h><mbctype.h>

互換性の詳細については、「 互換性」を参照してください。For more compatibility information, see Compatibility.

関連項目See also

ロケールLocale
マルチバイト文字のシーケンスの解釈Interpretation of Multibyte-Character Sequences
_mbclen、mblen、_mblen_l_mbclen, mblen, _mblen_l