_mbsnbcat_s、_mbsnbcat_s_l_mbsnbcat_s, _mbsnbcat_s_l

マルチバイト文字の文字列に、別のマルチバイト文字の文字列の先頭のnバイトを追加します。Appends to a multibyte character string, at most, the first n bytes of another multibyte-character string. これらは、「CRT のセキュリティ機能」の説明にあるとおり、セキュリティが強化されたバージョンの _mbsnbcat、_mbsnbcat_l です。These are versions of _mbsnbcat, _mbsnbcat_l that have security enhancements, as described in Security Features in the CRT.

重要

この API は、Windows ランタイムで実行するアプリケーションでは使用できません。This API cannot be used in applications that execute in the Windows Runtime. 詳細については、「ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリでサポートされていない CRT 関数」を参照してください。For more information, see CRT functions not supported in Universal Windows Platform apps.

構文Syntax

errno_t _mbsnbcat_s(
   unsigned char *dest,
   size_t sizeInBytes,
   const unsigned char *src,
   size_t count
);
errno_t _mbsnbcat_s_l(
   unsigned char *dest,
   size_t sizeInBytes,
   const unsigned char *src,
   size_t count,
   _locale_t locale
);
template <size_t size>
errno_t _mbsnbcat_s(
   unsigned char (&dest)[size],
   const unsigned char *src,
   size_t count
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _mbsnbcat_s_l(
   unsigned char (&dest)[size],
   const unsigned char *src,
   size_t count,
   _locale_t locale
); // C++ only

パラメーターParameters

destdest
NULL で終わるマルチバイト文字のコピー先文字列。Null-terminated multibyte-character destination string.

sizeInBytessizeInBytes
Destバッファーのサイズ (バイト単位)。Size of the dest buffer in bytes.

srcsrc
NULL で終わるマルチバイト文字のコピー元文字列。Null-terminated multibyte-character source string.

countcount
Srcからdestに追記するバイト数。Number of bytes from src to append to dest.

localelocale
使用するロケール。Locale to use.

戻り値Return Value

正常に終了した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラー コードを返します。Zero if successful; otherwise, an error code.

エラー条件Error Conditions

Dest sizeInBytessizeInBytes srcsrc 戻り値Return value
空白NULL anyany anyany EINVALEINVAL
AnyAny <= 0<= 0 anyany EINVALEINVAL
AnyAny anyany 空白NULL EINVALEINVAL

いずれかのエラー条件が発生すると、この関数は、「パラメーターの検証」の説明にあるとおり無効なパラメーター エラーを生成します。If any of the error conditions occurs, the function generates an invalid parameter error, as described in Parameter Validation. エラーが処理された場合、関数はeinvalを返し、 errnoeinvalに設定します。If the error is handled, the function returns EINVAL and sets errno to EINVAL.

解説Remarks

_Mbsnbcat_s関数は、 src最大バイト数であるdestに追加します。The _mbsnbcat_s function appends to dest, at most, the first count bytes of src. Destの null 文字の直前にあるバイトが先頭バイトの場合、 srcの初期バイトによって上書きされます。If the byte that immediately precedes the null character in dest is a lead byte, it is overwritten by the initial byte of src. それ以外の場合、 srcの初期バイトはdestの終端の null 文字を上書きします。Otherwise, the initial byte of src overwrites the terminating null character of dest. Count bytes が追加される前にsrcに null バイトが含まれている場合、 _mbsnbcat_ssrcから null 文字までのすべてのバイトを追加します。If a null byte appears in src before count bytes are appended, _mbsnbcat_s appends all bytes from src, up to the null character. Countsrcの長さよりも大きい場合、 srcの長さはcountの代わりに使用されます。If count is greater than the length of src, the length of src is used in place of count. 結果の文字列は null 文字で終了します。The resulting string is terminated by a null character. 重なり合う文字列間でコピーした場合の動作は未定義です。If copying takes place between strings that overlap, the behavior is undefined.

出力値は、ロケールのLC_CTYPEカテゴリの設定に影響されます。詳細については、「setlocale、_wsetlocale 」を参照してください。The output value is affected by the setting of the LC_CTYPE category setting of the locale; see setlocale, _wsetlocale for more information. これらの関数のバージョンは同じですが、 _lサフィックスが付いていないバージョンが現在のロケールを使用し、 _lサフィックスが付いているものは、渡されたロケールパラメーターを代わりに使用する点が異なります。The versions of these functions are identical, except that the ones that don't have the _l suffix use the current locale and the ones that do have the _l suffix instead use the locale parameter that's passed in. 詳細については、「 Locale」を参照してください。For more information, see Locale.

C++ では、テンプレートのオーバーロードを利用すると、これらの関数の使用が簡素化されます。オーバーロードでは、バッファー長が自動的に推論されるのでサイズ引数を指定する必要がなくなるだけでなく、古くてセキュリティが万全ではない関数を新しくてセキュリティが強化された関数に自動的に置き換えることができます。In C++, the use of these functions is simplified by template overloads; the overloads can infer buffer length automatically and thereby eliminate the need to specify a size argument, and they can automatically use their newer, more secure functions to replace older, less-secure functions. 詳細については、「セキュリティ保護されたテンプレート オーバーロード」を参照してください。For more information, see Secure Template Overloads.

これらの関数のデバッグライブラリバージョンは、最初にバッファーを0xFE で埋めます。The debug library versions of these functions first fill the buffer with 0xFE. この動作を無効にするには、_CrtSetDebugFillThreshold を使用します。To disable this behavior, use _CrtSetDebugFillThreshold.

既定では、この関数のグローバル状態はアプリケーションにスコープが設定されています。By default, this function's global state is scoped to the application. これを変更するには、「 CRT でのグローバル状態」を参照してください。To change this, see Global state in the CRT.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

Tchar.h のルーチンTchar.h routine _UNICODE および _MBCS が未定義の場合_UNICODE and _MBCS not defined _MBCS が定義されている場合_MBCS defined _UNICODE が定義されている場合_UNICODE defined
_tcsncat_tcsncat strncatstrncat _mbsnbcat_s_mbsnbcat_s wcsncatwcsncat
_tcsncat_s_l_tcsncat_s_l _strncat_s_l_strncat_s_l _mbsnbcat_s_l_mbsnbcat_s_l _wcsncat_s_l_wcsncat_s_l

必要条件Requirements

ルーチンRoutine 必須ヘッダーRequired header
_mbsnbcat_s_mbsnbcat_s <mbstring.h><mbstring.h>
_mbsnbcat_s_l_mbsnbcat_s_l <mbstring.h><mbstring.h>

互換性について詳しくは、「 Compatibility」をご覧ください。For more compatibility information, see Compatibility.

関連項目See also

文字列操作String Manipulation
_mbsnbcmp、_mbsnbcmp_l_mbsnbcmp, _mbsnbcmp_l
_strncnt、_wcsncnt、_mbsnbcnt、_mbsnbcnt_l、_mbsnccnt、_mbsnccnt_l_strncnt, _wcsncnt, _mbsnbcnt, _mbsnbcnt_l, _mbsnccnt, _mbsnccnt_l
_mbsnbcpy、_mbsnbcpy_l_mbsnbcpy, _mbsnbcpy_l
_mbsnbcpy_s、_mbsnbcpy_s_l_mbsnbcpy_s, _mbsnbcpy_s_l
_mbsnbset、_mbsnbset_l_mbsnbset, _mbsnbset_l
strncat、_strncat_l、wcsncat、_wcsncat_l、_mbsncat、_mbsncat_lstrncat, _strncat_l, wcsncat, _wcsncat_l, _mbsncat, _mbsncat_l
strncat_s、_strncat_s_l、wcsncat_s、_wcsncat_s_l、_mbsncat_s、_mbsncat_s_lstrncat_s, _strncat_s_l, wcsncat_s, _wcsncat_s_l, _mbsncat_s, _mbsncat_s_l