_RTC_SetErrorFunc_RTC_SetErrorFunc

実行時エラー チェック (RTC) を報告するためのハンドラーとして関数を指定します。Designates a function as the handler for reporting run-time error checks (RTCs). この関数は非推奨とされます。代わりに _RTC_SetErrorFuncWを使用してください。This function is deprecated; use _RTC_SetErrorFuncW instead.

構文Syntax

_RTC_error_fn _RTC_SetErrorFunc(
   _RTC_error_fn function
);

パラメーターParameters

関数function
実行時エラー チェックを処理する関数のアドレス。The address of the function that will handle run-time error checks.

戻り値Return Value

以前に定義されたエラーの関数。The previously defined error function. 以前に定義された関数がない場合、はNULLを返します。If there is no previously defined function, returns NULL.

RemarksRemarks

この関数は使用しないでください。代わりに、 _RTC_SetErrorFuncWを使用してください。Do not use this function; instead, use _RTC_SetErrorFuncW. これは下位互換性のためだけに残されています。It is retained only for backward compatibility.

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
_RTC_SetErrorFunc_RTC_SetErrorFunc <rtcapi.h><rtcapi.h>

詳細については、「互換性」をご覧ください。For more information, see Compatibility.

ライブラリLibraries

C ランタイム ライブラリのすべてのバージョン。All versions of the C run-time libraries.

関連項目See also

_CrtDbgReport、_CrtDbgReportW_CrtDbgReport, _CrtDbgReportW
ランタイム エラー チェックRun-Time Error Checking