_RTC_SetErrorFuncW_RTC_SetErrorFuncW

実行時エラー チェック (RTC) を報告するためのハンドラーとして関数を指定します。Designates a function as the handler for the reporting of run-time error checks (RTCs).

構文Syntax

_RTC_error_fnW _RTC_SetErrorFuncW(
   _RTC_error_fnW function
);

パラメーターParameters

関数function
実行時エラー チェックを処理する関数のアドレス。The address of the function that will handle run-time error checks.

戻り値Return Value

以前に定義されたエラー関数。以前に定義された関数がない場合はNULLです。The previously defined error function; or NULL if there is no previously defined function.

RemarksRemarks

新しいコードでは、 _RTC_SetErrorFuncWのみを使用します。In new code, use only _RTC_SetErrorFuncW. _RTC_SetErrorFuncは、旧バージョンとの互換性のためにライブラリにのみ含まれています。_RTC_SetErrorFunc is only included in the library for backward compatibility.

_RTC_SetErrorFuncWコールバックは、リンク先のコンポーネントにのみ適用されますが、グローバルには適用されません。The _RTC_SetErrorFuncW callback applies only to the component that it was linked in, but not globally.

_RTC_SetErrorFuncWに渡すアドレスが、有効なエラー処理関数のアドレスであることを確認します。Make sure that the address that you pass to _RTC_SetErrorFuncW is that of a valid error handling function.

_RTC_SetErrorTypeを使用して1の型にエラーが割り当てられている場合、エラー処理関数は呼び出されません。If an error has been assigned a type of -1 by using _RTC_SetErrorType, the error handling function is not called.

この関数を呼び出すには、まず、実行時エラー チェックの初期化関数の 1 つを呼び出す必要があります。Before you can call this function, you must first call one of the run-time error-check initialization functions. 詳細については、「 Using Run-Time Checks Without the C Run-Time Library」を参照してください。For more information, see Using Run-Time Checks Without the C Run-Time Library.

_RTC_error_fnW は次のように定義されています。_RTC_error_fnW is defined as follows:

typedef int (__cdecl * _RTC_error_fnW)(
    int errorType,
    const wchar_t * filename,
    int linenumber,
    const wchar_t * moduleName,
    const wchar_t * format,
    ... );

それぞれの文字について以下に説明します。where:

errorTypeerrorType
_RTC_SetErrorTypeで指定したエラーの種類。The type of error that's specified by _RTC_SetErrorType.

ファイル名filename
障害が発生したソース ファイル。または、使用できるデバッグ情報がない場合は null。The source file where the failure occurred, or null if no debug information is available.

行番号linenumber
障害が発生した ファイル名 内の行番号。または、使用できるデバッグ情報がない場合は 0。The line in filename where the failure occurred, or 0 if no debug information is available.

moduleNamemoduleName
この障害が発生した DLL 名または実行可能ファイル名。The DLL or executable name where the failure occurred.

formatformat
残りのパラメーターを使用してエラー メッセージを表示するための printf スタイル文字列。printf style string to display an error message, using the remaining parameters. VA_ARGLIST の最初の引数は、発生した RTC エラーの番号です。The first argument of the VA_ARGLIST is the RTC Error number that occurred.

_RTC_error_fnW の使用例については、「ネイティブ ランタイム チェックのカスタマイズ」をご覧ください。For an example that shows how to use _RTC_error_fnW, see Native Run-Time Checks Customization.

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
_RTC_SetErrorFuncW_RTC_SetErrorFuncW <rtcapi.h><rtcapi.h>

詳細については、「互換性」をご覧ください。For more information, see Compatibility.

ライブラリLibraries

C ランタイム ライブラリのすべてのバージョン。All versions of the C run-time libraries.

関連項目See also

_CrtDbgReport、_CrtDbgReportW_CrtDbgReport, _CrtDbgReportW
ランタイム エラー チェックRun-Time Error Checking