strcat_s, wcscat_s, _mbscat_s, _mbscat_s_l

文字列を追加します。 これらの strcatwcscat_mbscat のバージョンは、「CRT のセキュリティ機能」で説明されているように、セキュリティが強化されています。

重要

_mbscat_s および _mbscat_s_l は、Windows ランタイムで実行するアプリケーションでは使用できません。 詳細については、「ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリでサポートされていない CRT 関数」を参照してください。

構文

errno_t strcat_s(
   char *strDestination,
   size_t numberOfElements,
   const char *strSource
);
errno_t wcscat_s(
   wchar_t *strDestination,
   size_t numberOfElements,
   const wchar_t *strSource
);
errno_t _mbscat_s(
   unsigned char *strDestination,
   size_t numberOfElements,
   const unsigned char *strSource
);
errno_t _mbscat_s_l(
   unsigned char *strDestination,
   size_t numberOfElements,
   const unsigned char *strSource,
   _locale_t locale
);
template <size_t size>
errno_t strcat_s(
   char (&strDestination)[size],
   const char *strSource
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t wcscat_s(
   wchar_t (&strDestination)[size],
   const wchar_t *strSource
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _mbscat_s(
   unsigned char (&strDestination)[size],
   const unsigned char *strSource
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _mbscat_s_l(
   unsigned char (&strDestination)[size],
   const unsigned char *strSource,
   _locale_t locale
); // C++ only

パラメーター

strDestination
null で終わる追加先の文字列バッファー。

numberOfElements
追加先の文字列バッファーのサイズ。

strSource
null で終わる元の文字列バッファー。

locale
使用するロケール。

戻り値

正常終了した場合は 0 を返します。失敗した場合はエラー コードを返します。

エラー条件

strDestination numberOfElements strSource 戻り値 strDestination の内容
NULL または終端文字なし any any EINVAL 変更されない
any any NULL EINVAL 0 に設定された strDestination[0]
any 0 または小さすぎる any ERANGE 0 に設定された strDestination[0]

解説

strcat_s 関数は、strSourcestrDestination に追加し、結果の文字列の終端に null 文字を付けます。 strSource の先頭の文字は、strDestination の終端の null 文字を上書きします。 コピー元とコピー先の文字列が重なり合っている場合の strcat_s 関数の動作は未定義です。

2 つ目のパラメーターは、バッファーの残りのサイズではなく、合計サイズであることに注意してください。

char buf[16];
strcpy_s(buf, 16, "Start");
strcat_s(buf, 16, " End");               // Correct
strcat_s(buf, 16 - strlen(buf), " End"); // Incorrect

wcscat_s 関数と _mbscat_s 関数は、 strcat_s関数のワイド文字バージョンとマルチバイト文字バージョンです。 wcscat_s 関数の引数と戻り値はワイド文字列で、_mbscat_s 関数の引数と戻り値はマルチバイト文字列です。 それ以外では、これらの関数の動作は同じです。

strDestination が null ポインターであるか null で終わらない場合、strSourceNULL ポインターである場合、またはコピー先文字列が小さすぎる場合は、「パラメーターの検証」で説明されているように、無効なパラメーター ハンドラーが呼び出されます。 実行の継続が許可された場合、これらの関数は EINVAL を返し、errnoEINVAL に設定します。

_l サフィックスが付けられている関数のバージョンでは、動作は同じですが、現在のロケールの代わりに渡されたロケール パラメーターを使用します。 詳細については、「 Locale」を参照してください。

C++ では、これらの関数の使用はテンプレートのオーバーロードによって簡素化されます。オーバーロードでは、バッファー長を自動的に推論できる (サイズの引数を指定する必要がなくなる) だけでなく、古くてセキュリティが万全ではない関数を新しく安全な関数に自動的に置き換えることができます。 詳細については、「セキュリティ保護されたテンプレート オーバーロード」を参照してください。

これらの関数のデバッグ ライブラリ バージョンでは、最初にバッファーを 0xFE で埋めます。 この動作を無効にするには、_CrtSetDebugFillThreshold を使用します。

既定では、この関数のグローバル状態の適用対象は、アプリケーションになります。 これを変更するには、「CRT でのグローバル状態」を参照してください。

汎用テキスト ルーチンのマップ

TCHAR.H ルーチン _UNICODE&_MBCS が定義されていない _MBCS が定義されている _UNICODE が定義されている
_tcscat_s strcat_s _mbscat_s wcscat_s

必要条件

ルーチンによって返される値 必須ヘッダー
strcat_s <string.h>
wcscat_s <string.h> または <wchar.h>
_mbscat_s <mbstring.h>

互換性の詳細については、「互換性」を参照してください。

strcpy_swcscpy_s_mbscpy_s のコード例を参照してください。

関連項目

文字列操作
strncat, _strncat_l, wcsncat, _wcsncat_l, _mbsncat, _mbsncat_l
strncmp, wcsncmp, _mbsncmp, _mbsncmp_l
strncpy, _strncpy_l, wcsncpy, _wcsncpy_l, _mbsncpy, _mbsncpy_l
_strnicmp, _wcsnicmp, _mbsnicmp, _strnicmp_l, _wcsnicmp_l, _mbsnicmp_l
strrchr, wcsrchr, _mbsrchr, _mbsrchr_l
strspn, wcsspn, _mbsspn, _mbsspn_l