strerror、_strerror、_wcserror、__wcserrorstrerror, _strerror, _wcserror, __wcserror

システム エラー メッセージ文字列を取得します (strerror_wcserror) またはユーザー提供のエラー メッセージ文字列を書式設定 (_strerror__wcserror).Gets a system error message string (strerror, _wcserror) or formats a user-supplied error message string (_strerror, __wcserror). これらの関数にはセキュリティが強化されたバージョンがあります。「strerror_s、_strerror_s、_wcserror_s、__wcserror_s」をご覧ください。More secure versions of these functions are available; see strerror_s, _strerror_s, _wcserror_s, __wcserror_s.

構文Syntax

char *strerror(
   int errnum
);
char *_strerror(
   const char *strErrMsg
);
wchar_t * _wcserror(
   int errnum
);
wchar_t * __wcserror(
   const wchar_t *strErrMsg
);

パラメーターParameters

errnumerrnum
エラー番号。Error number.

strErrMsgstrErrMsg
ユーザーが指定したメッセージ。User-supplied message.

戻り値Return Value

これらの関数はすべて、エラー メッセージの文字列へのポインターを返します。All of these functions return a pointer to the error-message string. 文字列は後続の呼び出しによって上書きされる可能性があります。Subsequent calls can overwrite the string.

RemarksRemarks

Strerror関数のマップerrnumエラー メッセージ文字列を文字列にポインターを返します。The strerror function maps errnum to an error-message string and returns a pointer to the string. どちらもstrerror_strerror実際には、メッセージを出力します。そのため、出力関数を呼び出す必要があるfprintf:Neither strerror nor _strerror actually prints the message: For that, you have to call an output function such as fprintf:

if (( _access( "datafile",2 )) == -1 )
   fprintf( stderr, _strerror(NULL) );

場合strErrMsgとして渡されるNULL_strerrorエラーを生成した最後のライブラリ呼び出しのシステム エラー メッセージを含む文字列へのポインターを返します。If strErrMsg is passed as NULL, _strerror returns a pointer to a string that contains the system error message for the last library call that produced an error. エラー メッセージ文字列は、改行文字 (「\n」) で終了します。The error-message string is terminated by the newline character ('\n'). 場合strErrMsgが等しくないNULL、し _strerror (順番に) 文字列のメッセージ、コロン、スペース、システム エラーを含む文字列へのポインターを返します最後のライブラリの呼び出し、および改行文字を生成するメッセージ。If strErrMsg is not equal to NULL, then _strerror returns a pointer to a string that contains (in order) your string message, a colon, a space, the system error message for the last library call that produces an error, and a newline character. 文字列のメッセージの長さは、最大で 94 文字です。Your string message can be, at most, 94 characters long.

実際のエラー番号 _strerrorが変数に格納されているerrnoします。The actual error number for _strerror is stored in the variable errno. 正確な結果を生成するために呼び出す _strerrorライブラリ ルーチンがエラーを返した後すぐにします。To produce accurate results, call _strerror immediately after a library routine returns with an error. それ以外の場合、後続の呼び出しをstrerrorまたは _strerrorを上書きできる、 errno値。Otherwise, subsequent calls to strerror or _strerror can overwrite the errno value.

_wcserror_ _wcserrorのワイド文字バージョンstrerror_strerror、それぞれします。_wcserror and __wcserror are wide-character versions of strerror and _strerror, respectively.

_strerror_wcserror、および _ _wcserror ANSI 定義の一部ではない; は Microsoft 拡張機能とは使用しないことに移植可能なコードの先をお勧めします。_strerror, _wcserror, and __wcserror are not part of the ANSI definition; they are Microsoft extensions and we recommend that you do not use them where you want portable code. ANSI 互換性を使用してstrerror代わりにします。For ANSI compatibility, use strerror instead.

エラー文字列を取得する勧めstrerrorまたは _wcserror非推奨のマクロではなく_sys_errlist_sys_nerrと非推奨の内部関数 __sys_errlist__sys_nerrします。To get error strings, we recommend strerror or _wcserror instead of the deprecated macros _sys_errlist and _sys_nerr and the deprecated internal functions __sys_errlist and __sys_nerr.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

TCHAR.H のルーチンTCHAR.H routine _UNICODE および _MBCS が未定義の場合_UNICODE & _MBCS not defined _MBCS が定義されている場合_MBCS defined _UNICODE が定義されている場合_UNICODE defined
_tcserror_tcserror strerrorstrerror strerrorstrerror _wcserror_wcserror

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
strerrorstrerror <string.h><string.h>
_strerror_strerror <string.h><string.h>
_wcserror_ _wcserror_wcserror, __wcserror <string.h><string.h>

互換性の詳細については、「 互換性」を参照してください。For additional compatibility information, see Compatibility.

Example

perror」の例をご覧ください。See the example for perror.

関連項目See also

文字列操作String Manipulation
clearerrclearerr
ferrorferror
perror、_wperrorperror, _wperror