_strupr_s、_strupr_s_l、_mbsupr_s、_mbsupr_s_l、_wcsupr_s、_wcsupr_s_l_strupr_s, _strupr_s_l, _mbsupr_s, _mbsupr_s_l, _wcsupr_s, _wcsupr_s_l

渡された現在のロケールまたは指定のロケールを使用して、文字列を大文字に変換します。Converts a string to uppercase, by using the current locale or a specified locale that's passed in. これらのバージョンの _strupr、_strupr_l、_mbsupr、_mbsupr_l、_wcsupr_l、_wcsupr は、「CRT のセキュリティ機能」にあるとおり、セキュリティが強化されています。These versions of _strupr, _strupr_l, _mbsupr, _mbsupr_l, _wcsupr_l, _wcsupr have security enhancements, as described in Security Features in the CRT.

重要

_mbsupr_s_mbsupr_s_l Windows ランタイムで実行するアプリケーションでは使用できません。_mbsupr_s and _mbsupr_s_l cannot be used in applications that execute in the Windows Runtime. 詳細については、「ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリでサポートされていない CRT 関数」を参照してください。For more information, see CRT functions not supported in Universal Windows Platform apps.

構文Syntax

errno_t _strupr_s(
   char *str,
   size_t numberOfElements
);
errno_t _wcsupr_s(
   wchar_t * str,
   size_t numberOfElements
);
errno_t _strupr_s_l(
   char * str,
   size_t numberOfElements,
   _locale_t locale
);
errno_t _wcsupr_s_l(
   wchar_t * str,
   size_t numberOfElements,
   _locale_t locale
);
errno_t _mbsupr_s(
   unsigned char *str,
   size_t numberOfElements
);
errno_t _mbsupr_s_l(
   unsigned char *str,
   size_t numberOfElements,
   _locale_t locale
);
template <size_t size>
errno_t _strupr_s(
   char (&str)[size]
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _wcsupr_s(
   wchar_t (&str)[size]
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _strupr_s_l(
   char (&str)[size],
   _locale_t locale
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _wcsupr_s_l(
   wchar_t (&str)[size],
   _locale_t locale
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _mbsupr_s(
   unsigned char (&str)[size]
); // C++ only
template <size_t size>
errno_t _mbsupr_s_l(
   unsigned char (&str)[size],
   _locale_t locale
); // C++ only

パラメーターParameters

strstr
大文字にする文字列。String to capitalize.

numberOfElementsnumberOfElements
バッファーのサイズ。Size of the buffer.

localelocale
使用するロケール。The locale to use.

戻り値Return Value

正常終了した場合は 0 を返します。失敗した場合は 0 以外のエラー コードを返します。Zero if successful; a non-zero error code on failure.

これらの関数では、パラメーターの検証が行われます。These functions validate their parameters. 場合strは、 NULL 」の説明に従って、ポインター、無効なパラメーター ハンドラーが呼び出されるパラメーターの検証です。If str is a NULL pointer, the invalid parameter handler is invoked, as described in Parameter Validation . 関数を返すかどうかは、引き続き実行が許可された、 EINVAL設定とerrnoEINVALします。If execution is allowed to continue, the functions return EINVAL and set errno to EINVAL. 場合numberOfElements 、関数を返しますが、文字列の長さより小さいERANGE設定とerrnoERANGEします。If numberOfElements is less than the length of the string, the functions return ERANGE and set errno to ERANGE.

RemarksRemarks

_Strupr_sインプレースでの小文字の変換関数strを大文字にします。The _strupr_s function converts, in place, each lowercase letter in str to uppercase. _wcsupr_sのワイド文字バージョンは、 _strupr_sします。_wcsupr_s is the wide-character version of _strupr_s. _mbsupr_sのマルチバイト文字バージョンです _strupr_sします。_mbsupr_s is the multi-byte character version of _strupr_s.

変換がによって決定されます、 LC_CTYPEロケールのカテゴリの設定。The conversion is determined by the LC_CTYPE category setting of the locale. 他の文字は影響を受けません。Other characters are not affected. 詳細についてはLC_CTYPEを参照してくださいsetlocaleします。For more information on LC_CTYPE, see setlocale. この関数のバージョン、 _lサフィックスを使用して、現在のロケール; は現在、 _l代わりに渡されたロケールを使用する点を除いて、サフィックスは同じです。The versions of these functions without the _l suffix use the current locale; the visions with the _l suffix are identical except that they use the locale passed in instead. 詳細については、「 Locale」を参照してください。For more information, see Locale.

C++ では、これらの関数の使用はテンプレートのオーバーロードによって簡素化されます。オーバーロードでは、バッファー長を自動的に推論できる (サイズの引数を指定する必要がなくなる) だけでなく、古くてセキュリティが万全ではない関数を新しく安全な関数に自動的に置き換えることができます。In C++, using these functions is simplified by template overloads; the overloads can infer buffer length automatically (eliminating the need to specify a size argument) and they can automatically replace older, non-secure functions with their newer, secure counterparts. 詳細については、「 Secure Template Overloads」を参照してください。For more information, see Secure Template Overloads.

これらの関数のデバッグ バージョンは、最初にバッファーを 0xFD で埋めます。The debug versions of these functions first fill the buffer with 0xFD. この動作を無効にするには、_CrtSetDebugFillThreshold を使用します。To disable this behavior, use _CrtSetDebugFillThreshold.

汎用テキスト ルーチンのマップGeneric-Text Routine Mappings

TCHAR.H のルーチンTCHAR.H routine _UNICODE および _MBCS が未定義の場合_UNICODE & _MBCS not defined _MBCS が定義されている場合_MBCS defined _UNICODE が定義されている場合_UNICODE defined
_tcsupr_s_tcsupr_s _strupr_s_strupr_s _mbsupr_s_mbsupr_s _wcsupr_s_wcsupr_s
_tcsupr_s_l_tcsupr_s_l _strupr_s_l_strupr_s_l _mbsupr_s_l_mbsupr_s_l _wcsupr_s_l_wcsupr_s_l

必要条件Requirements

ルーチンによって返される値Routine 必須ヘッダーRequired header
_strupr_s_strupr_s_l_strupr_s, _strupr_s_l <string.h><string.h>
_wcsupr_s_wcsupr_s_l_mbsupr_s_mbsupr_s_l_wcsupr_s, _wcsupr_s_l, _mbsupr_s, _mbsupr_s_l <string.h> または <wchar.h><string.h> or <wchar.h>

互換性の詳細については、「 互換性」を参照してください。For additional compatibility information, see Compatibility.

Example

_strlwr_s、_strlwr_s_l、_mbslwr_s、_mbslwr_s_l、_wcslwr_s、_wcslwr_s_lの例を参照してください。See the example for _strlwr_s, _strlwr_s_l, _mbslwr_s, _mbslwr_s_l, _wcslwr_s, _wcslwr_s_l .

関連項目See also

ロケールLocale
マルチバイト文字のシーケンスの解釈Interpretation of Multibyte-Character Sequences
文字列操作String Manipulation
_strlwr_s、_strlwr_s_l、_mbslwr_s、_mbslwr_s_l、_wcslwr_s、_wcslwr_s_l_strlwr_s, _strlwr_s_l, _mbslwr_s, _mbslwr_s_l, _wcslwr_s, _wcslwr_s_l