テキスト モードとバイナリ モードのファイル入出力

ファイル I/O 操作は、ファイルを開いたモードによって、2 つの変換モード、"テキスト" または "バイナリ" のいずれかで行われます。 通常、データ ファイルはテキスト モードで処理されます。 ファイル変換モードを制御するには、以下を行います。

  • 現在の既定の設定を保持し、選択したファイルを開く場合にのみ、別のモードを指定します。

  • 関数 _set_fmode を使用して、新しく開くファイルの既定のモードを変更します。 _get_fmode を使用して、現在の既定のモードを取得します。 初期の既定値はテキスト モード (_O_TEXT) です。

  • プログラム内でグローバル変数 _fmode を設定することで、既定の変換モードを直接変更します。 関数 _set_fmode でこの変数の値を設定しますが、直接設定することもできます。

_openfopenfopen_sfreopenfreopen_s_fsopen、または_sopen_s などのファイルを開く関数を呼び出すときに、関数 _set_fmode に適切な引数を指定することで、_fmode の現在の既定の設定をオーバーライドすることができます。 stdinstdoutstderr ストリームは常に既定でテキスト モードで開きます。これらのファイルのいずれかを開くときに、この既定の設定をオーバーライドすることもできます。 ファイルを開いた後、ファイル記述子を使用して変換モードを変更するには、_setmode を使用します。

関連項目

入力と出力
カテゴリ別ユニバーサル C ランタイム ルーチン